旧暦の正月‥中華風で言えば春節は一年のうちで一番寒い時期で‥金毘羅さんも雪の中だ。

海上安全祈願も兼ねて長く通うが雪の中の金毘羅さんに詣でた記憶は数度しかない‥今年は運が良いのか悪いのか分からないが 取りあえず(日にちのせいもあるが)参拝客が少ないから785段の石段は右側でも左側でも自由に歩ける。

金毘羅さんの長い階段は数えながら上がり下りしても百段あたりで数を間違うが,今回は語呂を教えてもらった。
”悩む一歩手前”の785段 だそうだ。
何の役にもたたないが知っていても荷物にはならない。

今年はお札(ふだ)の使用料の意味合いもあって例年よりもおさい銭をはずんだから‥大きな事故なしに遊べるだろう。

二十四節気の大寒が過ぎてもうすぐ立春を迎える。 春になると海はヨットで賑わう,お会いする皆さん 今年もヨロシクです!