Large Vessel・・大型貨物船

1_2 パナマ船籍・・

2_2 大型船舶・・

大型の貨物船の船名は

”GOLDEN  KIKU”・・・和名では ”金菊”
と表示されている。

貨物船の船籍は PANAMA・・だ。

で、日本の国際航路の船会社の
国内船籍はきわめて少なくなり、
日本人の外航船員は激減・?

なんでか?


どうも、日本船籍の外航船の人件費は
他国の外航船に比べると高給取り!?・・

で、経費を控えるために
日本船籍である国際航路の船員は
減り続ける・・

しかし、国内航路の船員の人件費はそれほど
高くはないので内航船の船員の人数は増えにくい!

困ったモンだ・・down down
         
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の海水浴に・? 続

05221 海水浴の・・

05231 三点セット・・

残暑厳しき九月でしたが ここ数日 朝夕の気温は
二十度を下回り、十五度とか十七度とかの秋らしい
気温になりました。

寝相の悪いお方は風邪を引かぬようにご注意を・・
・・ハァックション!!

日に日に海水浴に向かぬ日が増える・・が

先日 悪天候のためにとりやめた船底掃除だが
いつまでも知らぬ顔で済ます訳にはいかず、

数日前のちょうどこの日は

”最高気温は三十度! の予報です”・・
を 信用して

09;00 気温十八度の中を 南の島へ向けて出港だ・・
 ・・チョット涼しい・・

目的は富士壷が付いていると思われる船底と
プロペラの掃除。
持って行く道具は  ↓ に写るブラシだ。
 http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-0945.html

船底には心配していたほどの富士壷はないが、
プロペラには小さな富士壷が生息中!

・・で ↑ の道具を使ってゴリゴリ・ゴリゴリ・ゴリゴリ・・

帰りは以前と変わらぬ速度表示だったので
下架当時と変わらぬ状況に近く、ピカピカ!よりも

少々汚れた状態のヒカヒカ・・くらいか?・・down down
                        ブログランキング ヨット  

えっ?! パンツ? ちゃいま!

ライフラインの右側に見えるのは
スイミングキャップです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の海水浴に・・?

05161 ブラシを・・

先日 機走していて感じた。

”チョット 速力が落ちた・・かな?”

以前は2200rpmで5ノットの速力だったが、
先日 回転計とGPSを見比べていたら若干速度が
下がっている。
プロペラと船底に富士壷がついているように思える。

船底掃除のためには潜らなきゃならんが、
ここの泊地は水質の環境がよろしくないので 
透き通った海水が広がる 瀬戸内海中部の
白砂青松(はくさせいしょう)の島へと向かう。

船底掃除の道具は写真に写るブラシとスポンジで、
あまり潜らなくてもキールの底まで届くように
各々に2メートルの棒を縛りつけている。

09;00 出港、向かう島へは8マイルの距離で
      トロトロと走りながら
10;30 島へ近づく
      ・・と 後ろから黒い雲が迫る!

アレヨアレヨと思ううちに黒い雲は頭上に広がり
・・雨が・・ポツポツと・・段々激しく・・ザァザァッと!

三十分ほどで雨は上がったが 気温は下がり、
潜る意欲はなくなる。

仕方がないので雨が上がるのを待ってセーリングで
泊地へと帰る。

この夏は海水温度が高く、例年になく富士壷の
繁殖が多いから近所のボート・ヨットは
船底掃除に大忙しだ。

20フィートのボートなら浜の近くへ寄せて
ブラシでこすればある程度きれいになるが
フィンキールヨットの場合はそうは行かず・・・

来週になったらまた挑戦か?・・down down 
                  ブログランキング ヨット 

しかし来週は九月の終わり! 秋! 涼しい!
大丈夫だろうか? ・・down down 
             ブログランキング ヨット 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東へ!・・到着・・

4925  鎮守の森を・・

東へ! 東へ! と十日!(笑)

出入りする水路に沿って建つ神社の鎮守の森だ。

拍手(かしわで)を打ちながらここを通り過ぎると
もうすぐそこが泊地だ。

水路に沿う神社だが 神様が守るのは田畑・・らしく、
埋立地を守る堤防の上に建つが、正面の鳥居は
陸側の農地に向いて建立され、海には背を向けている。

西へ! と 東へ! で かれこれ二十日ほど費(つい)やして
しまったが、おかげで船底はピッカピカになった。


楽しい夏をひかえた今は 船底掃除のシーズンで
各地の上架場やマリーナは大忙し! だ。

夏場になると 島の入り江や港はヨットであふれて
エラク賑(にぎ)やかにな・・・って欲しいナ・・down down
                        ブログランキング ヨット 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東へ!・・part 7

03691   ・・!

”東へ!” と進んでいると東から小型の貨物船が近づく。

この時の風向は180度・・南風だから、東へ進む小型ヨットは
右舷真横から風を受けて帆走る。

東から近づいた小型貨物船も 真横から風!を受けて
西へと進む!

船体に当たる風の面積を考えると セールの効果は
??の感があるが ”ないよりはまし!” で、
少なくとも推進力の抵抗にはならないし、
P値はともかく、E値を見ると当方のメインセールよりも大きい。

おまけに双方とも反対方向に遠ざかるから 互いに感じる
速度感は大きく、アレヨアレヨと思う間もなく水平線の
彼方へと?遠ざかる・・速やッ!

限りある資源を使っての航行には限界があり、
遠くない将来には船舶の燃料は風か光、または
潮流か念力?になる。

反面 速度は今よりも落ち、相対的に地球は
大きくなってきれいになる。
ハワイに行くのに 八時間で行かなきゃならん
必要はないし・・down down
        ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東へ!・・Part 6

03841  ・・!波平さんか?

この小さな島を通り過ぎると もう泊地は近い!

東へ! と進み始めて 記事としては六日目になるが
ここまでに進んだ距離は32kmで、5kmづつの距離で
一回の記事を書いた事になる。

心に感じる時間は 距離とは関係なく、将来への時間は
”永遠” に等しく 過ぎ去った時間は ”一瞬” に等しい。

成虫になって十日ほどの蛍の一生(いっしょう)も、
成人になって六十年ほどの人間の一生も
終わってしまえば一瞬に等しいが、スタートした時は
永遠だと感じる。

で 45kmの回航は32kmを過ぎた辺りで やっとゴールが
見え始めた。
ゴールするとまたいつも通りの日常が始まり、
”船底が汚れやせんかいナ?” の心配が始まる。

もうすぐ泊地へ到着するので 今回が”東へ!”の
最終便かと思われるかも知れないが、
まだ14;00なのでエンジンの回転数を下げて進む・・

・・いつになったら着くんかいナァ・・down down
                    ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東へ!・・Part 5・・

03681  備後灘へ・・

帰ってきたゼ!  備後灘へ!

天気はいいし 風は追っ手だし まだ少し連れ潮も
残ってるし、ビールは冷えてるし、豪華?幕の内弁当は
テーブルに置いてあるし・・

まだ昼ご飯には早いが狭い水道を抜けたので・・
・・取りあえず グビッ!  プッハァー!

例年なら 夏場に潜って ある程度船底をきれいにしてから
上架船底掃除をするが、今年は富士壷の幼生が
浮遊する前に・・の期待をこめて夏前の掃除だ。

やや甘めの期待通りに 富士壷の防除ができれば
来年の今頃まで船底はピッカピカ!

頑張れ!
船底塗料!・・down down
       ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東へ!・・Part 4

03661 島並み海道を・・

03671 くぐって・・

前日に布刈瀬戸の潮汐表を調べ、それでも忘れる可能性が
なくもないから携帯電話のメモ欄に記入して出発する。

今回の通過目標時間は 満ち潮の最潮流だ。
時刻が合えば通常の速度 プラス 9km/hは加速する・・
距離5kmに渡って・・。

と 言うことは5kmの距離を18km/hで移動する計算に
なって、時間と燃料は相応に節約できる。

元々 速いヨットなら知らず、普通のヨットでの18km/hの
移動はワクワクドキドキもので、それなりに期待して
狭水道に進入するが 海面を見ても通常通りの
9km/hのスピード感しかなく、橋脚を見上げても
18km/hの速度なのでワクワクもしないしドキドキもしない。

”鯛ルアー!を潮に沿って流していくと 鯛が釣れるゾ!”

のうわさがあって 釣り船の集団が西から東へ流れ、
東から西へと登って来る。

どんだけ魚が好きなんだろうか?・・down down
                    ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東へ!・・Part Ⅲ・・

第26回笠岡市長杯ヨットレースに参加していたので
”東へ!” が二回ほど飛んでしまったが 今日からまた(笑)・・

03461 (遠くから見たら)・・

船底はしかるべき距離から見たら ピッカピカになって
いた。

で 東へ! と戻る。

○○時に出港したら 布刈瀬戸の通過は○○時・・
今日の転流が○○;○○で その後 引き潮になる。

引き潮になったら東に進めなくなるから 転流前に
布刈瀬戸を通過しないといけない。

各地の潮汐は ↓ に・・
 http://www6.kaiho.mlit.go.jp/onomichi/index.htm

サァ 泊地へ戻ろう!

東へ! 東へ!

と 出港する前に三日分の記事を書いてしまった。
この調子だとまた十日くらいかかるのか?

・・急がねば(汗)・・down down
            ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東へ!・・PartⅡ・・

03411  白滝山・・

 03431  不審者か?・・

バス停から振り返って 百メートルほど向こうの
山の斜面に因島名物の蜜柑畑が見える・・
夏みかんかも知れないが・・

そこの畑に妙にリアルな案山子(かかし)が見える。

人間から見たらリアルに見えるのかも知れないが
カラスやタヌキには そうは見えないらしく、獣害は
年々増えているそうだ。

で ”東へ!” のためにここのバス停から NWの
マリーナへ向けて歩く。
1200メートルほど・・。

当然だが マリーナはシーサイドに立地しているから
山中(さんちゅう)のバス停からの勾配はマイナス・・
下り坂だ。

急ぐ必要もないからユックリと歩く。
ビールを飲みながら・・。

かっては日本で唯一の ひとつの島でひとつの市(し)
だったが平成の大合併で尾道市になった。

尾道は小説や映画で有名な街なので全国的に知名度が
高く、他の地方からの観光客は多い。

去年までは他方からのクルージングヨットも訪れていたが
海の駅の料金アップにともなってヨット客が減った。

これくらいの料金はもらわんといかんナ!・・
で 価格設定をするのは需給バランスを考えてない
役所の発想・・ですナ・・down down 
             ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧