超大型船・・停泊中

3803 デカッ!

3805 島なみ!

近くの製鉄所に鉄鉱石を運んできた船で、
着岸順番待ちの大型船だ。

で、現在は錨泊中・・Anchoring・・

”島並みの大きさってのは大げさじゃないか?”

と お思いの人もおられようが瀬戸内海には
・・船よりも小さな島・・又は 島よりも大きな船・・
は 結構多い・・!

そして、大型船が出入りするこの港では
島よりも大きな船は決して珍しくはない。

1 大型船舶・・

ヨットではこんなでかい船には近づかないのが賢明で、
風上から近づいたらリーウエイで異常接近・・ニアミス・・になるし
風下から近づいても風陰・・ブランケット・・でニアミスに
なる可能性がある。

ニアミスってのは向こう側が判断する問題で、

”ワシは大丈夫だヨ!” などと言われると
大型船側がビビる!

なので、
”ワシは避けてるつもりなんじゃが・・!”

なんてのは ”寝言” に等しい。

先日 セーリングしていたら
左舷側から小型のボートが近づいて来た。

近づくまで・・近づいても・・ミートしそうになっても
針路を変えない!

仕方ないからスターボードのアビームからタックして
180度変針して航路を譲った。

彼等の考えではクリアーできるつもりだったのかも
知れないが、”近づかれる側”のワタシとしては
ニアミスだ!

コレ!○○○丸! 前を見てたのか?

より大きくて力のある船は ナニをしても良い・・
・・ってんだったら いろは丸は泣き寝入りだったし
規則なんか要らない・・・ down   down
              ブログランキング ヨット

     yacht          libra       libra         yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へいおん・・平穏・・Calmy・・

02  CALMY CORAL

Ship も Vessel  も Boat も 願いは同じ・・

静かで安全な航海を・・だ。

で こんな船名にしてみた・・のだと思う。

風を糧(かて)に帆走(はし)るセーリングボートですら
風だけあって波はない・・のが 好ましく、
できれば風力がⅡ またはⅢ 強くてもⅣが
望ましい。

ちなみに気温は18度~28度が望ましく、
この夏のようにキャビン内が42度!

なんてのはサウナに入ったようなものだ!・・

・・減量にはなるし体脂肪は下がるが・・

Calmy_coral1 穏やかなサンゴ礁・・?

現在は九月の下旬・・長月(ながつき)なので
徐々に気温は下がって夜が長びく・・で長月

十月からは神無月(かんなづき)・・

だが島根県 出雲では 神有月(かみありづき)・・
日本各地から神様がお集まりになるらしい・・

大気は澄んで月は近づき、特に満月の夜は
月は大きく見えて ウサギが餅をつく様子さえ
はっきりと?見える。

月の大きさは直径3400Km!

が、となりで月を見上げるカミさんの
頭よりははるかに小さく、
強(し)いて比較すれば
近視鏡のレンズ!・・

・・くらいか?・・ down down 
         ブログランキング ヨット  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

技術の進歩!・・?

0149  球状船首・・?

球状船首・・バルバスバウ・・か?。

で、バルバスバウの目的は敵艦の船側に穴を開ける!・・

・・のではなく、

船の航行時の造波抵抗を減らして燃費を控えることだ。

なので、あえてステムヘッドよりも前方に船体を
突き出す必要はなく、航行時の造波抵抗・・
・・波を造るエネルギー・・
・・を減らせれば速度に対しての燃費が減る。

で 造波抵抗が減少すれば燃料効率は向上して
航行時の燃料コストは減少するが・・ 

そもそも荷物を積んだり降ろしたり・・で、喫水線が
大きく変化する貨物船には球状船首の効果は
乏(とぼ)しい。

が それを考案するのが造船所の仕事で、
効果があれば注文が増える。

これほどまでのデザインになると ”球状船首” の
名称は難しく、じゃぁ ”直線船首” か?
と問われれば ”そうだ!” とも言い難い。

デザイン・・形状・・は変化し続けるが
輪廻転生の末に・・やがて元に戻る。

~が、百十年前の戦艦 ”三笠” の船首形状に
比べると
抵抗値は減るかも知れない・・down down 
                 ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進歩か?

01471 進歩か?・・

01481 途上中か?

造波抵抗を減らすための船首形状・・
・・球状船首・・バルバスバウ だが、未だに完成には至らず
伸ばしたり縮めたり、大きくしたり小さくしたり、
赤くしたり黒くしたり・・・○○か?

で 今回 近くの製鉄所の岸壁で見かけた貨物船の
船首の形がこれだ。

概(おうむ)ね 小型船の球状船首は船体に比べて
長く大きく、小型漁船のバルバスバウはLOAの20%
ほどになるが、反面 船が大型になるにしたがって
球状船首の大きさの比率は小さくなり、写真ほどの
大型船になると球状船首の大きさは零(ゼロ)に近づく。

いつまで経っても完成はなく、思考を繰り返しながら
前へ前へ・・と 進む。

前へ前へと進んでいるつもりだが やがて
ひと回りして元に戻る・・写真に写る船首は
日露戦争当時の戦艦のそれに似ていて
省エネのデザインよりは 砲弾に代わる武器・・
・・の 様相を現す・・down down
            ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

球状船首・バルバス?バウ・・

50851 きゅきゅ球状か?

50871 ちゃうやろッ?・・

ちゃいまへん!
これが最新の球状船首でおます!

突然 関西弁になったのには深くない訳が・・

丁度この日は 関西から来た友人が乗っていたのです。

【なんや この船首は?】
【バルバスバウじゃ!】
【どこがバルバス(球状)なんや?】
【・・・】

その通り!
この船首形状はバルバスバウとは言いにくい。

ほなら なんて言いまんねんでんねん?

知りまへん!

大阪に住む親戚がいて 時々訪ねて来る。

会話の途中で 何かで茶化すと 【何でやねん!】
と お決まりの突っ込みを入れてくれるので
会う度に どうやって茶化そうかと思案する。

ウチとこの裏に塀(へい)ができたんや!
ヘェッ! カッコイイ!・・囲いの洒落・・
何でやねん!

甘いナ!(泣)・・down down
        ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルバスバウ(球状船首)

また今日もバルバスバウの話だが・・

3232  逆光で見にくいが

3233  バルバスバウがややシャクレ気味?

コンテナ埠頭に入る直前のコンテナ船で
喫水線まで二メートルほどあるから満載では
ないが、相当数のコンテナがデッキに見えるから
空荷状態でもない。
バウトリムでもないしスターントリムでもなく
いわゆるイーブントリムだから このままコンテナを
積み込んで計画喫水まで下がったら、ややシャクレ気味の
バルバスバウは水面下二メートルを上目使いで
海中を行くんだろうか?


船の長い歴史に比べると、バルバスバウの歴史は
まだ赤ん坊の域を超えず、これなら!と言うデザインは
ないようで 船の大小新旧に関わらず色んな型がある。

最近の巨大船を見ると、そのバルバスバウはないに
等しく、申し訳程度にモビィディックの頭状?の出っ張りが
あるだけだから、大きければ良いってもんじゃない
時代になったのかも知れないが、新型でも小型船は
相変わらずLOAの10%近いバルバスバウを付けているし
近くの漁船なんかは その全部を水から出して猛スピードで
走っている。

バルバスバウを着けた船の 航行する姿を見ると
ステムがずんぐりとした貨物船は大きな引き波を立て
ステムがシャープな軍艦・失礼! 自衛艦は引き波が小さい。
が これは船体の縦横比によるものかも知れないし・・
設定速度のちがいによるものかも知れない。

聞く所によると バルバスバウの製造は糊(のり)しろのない
硬い紙でやや曲がった地球儀を作る・・くらいに
難しい・・らしい が どの程度の効果なんだろう。

 まだまだ発展途上の業界・・デス down  down  
                       
ブログランキング ヨット

     yacht            fullmoon         fullmoon         yacht

続きを読む "バルバスバウ(球状船首)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルバスバウ、係留方法

バルバスバウ、係留方法

ヨットを含む船の係留方法は大きさや状況で横付けや
バウツー、またはスタンツーがある。

小型ヨットは横付けとバウツーが多いが,
ある程度の大きさのヨットはポンツーンや岸壁の高さに
よってはスタンツーをする事もある。

色んな係留方法ができた方がいいが、
写真の船の場合はどんなに頑張ってもバウツーはできない。

慎重に慎重に近づいても最後の一メートルで
岸壁に当たるか,相手の船に当たって
それ以上は近づけない。

振れ回しのアンカリングでも,アンカーを揚げる時に
チェーンが 長いバルバスバウに当たるようで
船底塗料が剥がれてサビが浮いている。

水線長が延びるに連れて,造波抵抗/長さ は減るが,
船の長さや大きさには限界があってゼロにするのは
不可能で‥それならもう少し短くして係留方法を
増やした方がいいような気がするが‥。

一昨年 この港ではアスタンが効かなくなったロングノーズの
貨物船が停泊中の貨物船の船腹に穴を空けて
沈没させた事故があった。

昔の戦艦の攻撃のようだ。

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-59af.html

ここまで伸ばさないと造波抵抗は減少しないのか?

不用意に錨を入れたら 自身の鼻の頭に
当たりゃしないのか?・・ down down
  
punch      foot              ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルバスバウ(球状船首)

バルバスバウ(球状船首)

総トン数 1300トンと書いてある。 LOAが(多分)80メートル。

バルバスバウの長さがLOAの5%を占める,10メートルのマストに50センチのウインデックスを付けるようなもんで 近くで見たら奇妙だ。

5%は決して小さな数字ではなく 傍目で見れば異常な凸だ。 なければない方がスッキリするし 排水量型の船なら少しエンジンの回転数を下げた方が燃料の節約になる。

少しの節約をするつもりで無駄なモノを取り付けるのは 役所の発想で民間はそれに踊らされてはいけない。

まして その5%の効果すら疑わしいのに 10%にするなんて話しはエラク怪しい。

消費税と似たような数字だが 10%にする前に始末しなきゃならん無駄使いとやらなきゃならん対策があるんじゃないか?。

ウン? アソウさん

                yacht                rock              pout           ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

球状船首(バルバスバウ)

球状船首(バルバスバウ)

上甲板船首部よりも出っ張ってんじゃないか?‥と以前から思っていたバルバスバウだが,やはり出っ張っていた。

なんなんだろうか,ないかいい事でもあるんだろうか? つい先日もハルサイドにバルバスバウを当てられて穴が開いて沈没した貨物船がいる。 甲板の方が前に出っ張っていたら修理ですんでたのになァ。

新しそうに見える船にこの傾向がある‥と言う事は長い方が設計が新しいのか?

これだけ長くする理由をご存知の人がおられたら後学のために教えて頂きたい。

      ship              aquarius                          ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バルバスバゥ(球状船首)

バルバスバゥ(球状船首)

特殊な船‥ 例えば自動車運搬船や客船 etc‥ を除けば,ある程度の大きさの船の姿は美しい。 自動車運搬船や客船が美しくない訳ではないが,双方共 内容積を大きくするために船体が高くなりバゥからの姿やサイドからの姿がずんぐりむっくりになって スマートではない。

ゲストの中には客船を見て
”ワーッ 恰好イイ!”

等と喜ぶ人がいるが,客船が恰好よかったのは 氷川丸 迄で,最近のやたら客室が多い客船は その姿に安定感がない。 自動車運搬船もしかりだ。

百メートルあるかなしかのこの船の方が”飛鳥”よりスマートだとは思いませんか?

バゥのバルバスも似合う大きさだし 乾舷(喫水から甲板までの高さ)は無茶に高くない。

ただ スマートな姿に比べて残すウェーキ(引き波)は大きかった。 これはビームが広い貨物船の特性だから 仕方がない。

       baseball          bullettrain         ブログランキング ヨット

                     http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_73d2.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)