瀬戸内の夕凪(ゆうなぎ)

瀬戸内の夕凪(ゆうなぎ)
瀬戸内海での風の吹き方には典型的なパターンがある。

昼間は暖まった陸地へ海から吹き込む海風(うみかぜ)が吹き, 日が暮れて陸地が海よりも冷えたら暖かい海に向かって陸地から風が吹き込み始める(陸風)。
海風と陸風が入れ代わる時が 朝凪だったり夕凪だったりする

その時には写真のようにサザ波のひとつも立たない時間がある。

続きを読む "瀬戸内の夕凪(ゆうなぎ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二十一回笠岡市長抔 談

第二十一回笠岡市長抔

七月一日のヨットレースに友人のピンクのヨットで参加した。

幸いに風に恵まれ,心配していた雨も少し降っただけだった。

結局は三着で三位だったので私としては 満足だったのだが,スキッパーとしては 少々不満の表情が見えた。

優勝の祝賀パーティー用に漬け込んでおいた猪肉は、急遽三位入賞パーティー用の焼肉にして 美味しく頂いた。 

       http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_f258.html

      http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_0b15.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第21回笠岡市長杯

  岡山県 笠岡市 白石島では、毎年七月の第一日曜日にヨットレースが行われる。

  時期としては梅雨の終わりで、大雨の心配があり、実際 過去には百メートルの向こうが見えぬほどの雨に見舞われて 島への回航が出来ぬ時もあったが、不思議にスタート時間近くになると激しく降っていた雨が小降りになり、レース中に大雨に会った記憶は無い。

  主催 運営する人達は、古くからの友人達なので 今回も参加させて頂くことにした。
  

  残念ながら私のヨットではレースにならないので、これまた古い友人のヨットに乗せて頂く。 
  乗せて頂くヨットのハルカラーはピンクで、バウでヨタヨタと作業しているおっさんが見えたら  多分それが私なので、冷やかさずにやさしく見守って欲しい。 

  当日参加も受けているようなので、天気と相談して ゼヒ! ご参加をッ!!

  http://ww1.tiki.ne.jp/~mikaramu/2007kasaoka.htm

    http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_f36e.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バウハッチ雨漏り

バウハッチ雨漏り

自転車でも 車でもそうだし ヨットでも同じだが 年輪を重ねると,アチラコチラに不具合が出て来る。

今回はバウハッチからの雨漏りを発見した。
長い間紫外線に晒され続けたコーキングが硬化してアクリル板と肌別れを起こしたようだ。 得意のホームセンターの出番だ。

前回(三年前)の修理ではシリコンコーキングを使ったのだが,思ったより早くダメになったので、今回は浴槽の水漏れ修理剤なるものを買って来た。

        

続きを読む "バウハッチ雨漏り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワクワクヨット教室

ワクワクヨット教室
市の教育委員会の主催で小学生男女を対象にした ”ワクワクヨット教室” なる催しが近くの海水浴場であり,ボランティアのスタッフで参加した。

フィギュアオブエイトノットやボーラインノットを教わる子供達の目は興味津々に輝き,言っちゃあ悪いが 大人に教えるよりも数段楽しい。

この内の何人かがヨットに興味を持ち,将来クルーザーに ”乗せてもらえませんか” と言って来るようになると 逆ピラミッド型年齢構成のヨット(クルーザー)界の将来に希望が持てる。

この催しは,土曜日 日曜日と行われるが 私は所用で土曜日だけの参加にさせてもらった。 他のスタッフは日曜日もコーチを勤める。

ガンバレ!!!

    http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_983a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福山市 仙酔島

福山市 仙酔島
           
仙酔島は 温泉とタヌキの島だ。 観光客が面白がって餌をやるので島のタヌキは人間を恐れない。 温泉もあり 五百円で入浴できる。

  買い物はできないがクルージングの途中に立ち寄るには 静かでいい島だ。

  以前は簡単にさん橋に付けられたのだが 近年は少しやかましくなった。 やかましくなったとは言っても 付けてはならないとは言わない。 「許可を得てからにしてくれ」と言う。 参考までにお教えしておくが,許可の発行元は 広島港湾センター福山出張所 Tel 084 981 5760 だ。 五トン未満なら 一日が十五円だそうだ。

  

  

続きを読む "福山市 仙酔島"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙酔島の花火

仙酔島の花火
  福山市仙酔島(せんすいじま)の花火は毎年五月の最終土曜日午後七時半からの打ち上げで始まる。

  すぐ隣の 弁天島から打ち上げるので 陸からの観客も多いが、船からの観客は多い。
 私達が行うヨットレースは この時に この場所で開催する。

 自分達のヨットで 仲間と一緒に波にゆられながら 真下から見上げる花火は 楽しく、集まった皆さんには ご好評を頂く。

 多くの参加者 および参加艇に来ていてだいて 第二十九回の鯛網ヨットレースを終える事ができた。   この時期にしては珍しく 風にも恵まれ、ゼノアではチョットきついかな? と言うようなコンディションだった。

 皆さんとも 来年もヨロシク! との事だったので 来年もまた 頑張らねばならないかもシレナイ。 

     http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_302c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お人好し

お人好し
            すでに書いたが 私達のヨットクラブでは 年に一回草レースを行っていて 今年で 二十九回目を迎える。 私達が若者であった時に第一回を立ち上げた。

  始めた頃にはこれほど長く続けるとは考えておらず,それでも二十八年間続けて来られたので 毎回の参加者 参加艇には感謝しているが 開催する方も それなりの苦労がある。 開催場所が島なので 荷物は全部自分達の船で運ばねらならない。 その割りに 運営のスタッフは少ない(全国的にそうらしい)。

  今回の私の役割は コースを作って 本部船をする事 と決まった(毎度の事だが)。

  担当の人間が道具一式を 私のヨットに運んで来た。道具一式を積み込んで見ると,へこんだままのブイがある。 ”ブイを二個 膨らませてもらえませんか? ”
私の泊地には電源はない! そのためだけにインバータは買えない。 家で膨らましたブイは車には積めない。

  直径百センチ*長さ百二十センチを二個。  ざっと計算してニ立方メートル、二千リットル。 
  ヨットにあるのは エアーフェンダーを膨らます手動のポンプと 肺活量が三リットルチョイの私の肺 だけ。 

 

続きを読む "お人好し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帆走びより

帆走びより

今日の雲は段々に 取れて午後は晴れる模様(NHK天気予報)。
ヨットは二回目の人と二人で出港した,相変わらずワンボンと ファーリングは全部出した(全部でも120%だが)。

  待ち合わせの九時にはきっちりと 準備ができたので 即出港、三時に帰港するまでに近くの島を 二つ回る。   普段、外海でヨットに乗っている人には信じられないかも知れないが、私が遊ぶ海域では (島がじゃまをして)水平線が見えない。 眼高をゼロにすれば水平線は見えるが、通常ヨットに乗っていたら目の高さは 2.5メートルなので 回りに見えるのは 四国か本州 あるいは島の陸地だ。 
  霧や霞で何も見えない時もあるが・・・・。

 

続きを読む "帆走びより"

| | コメント (0) | トラックバック (0)