錨泊の振れ回し・・

     5005
     無人の浜に・・錨泊を・・                        
            
 

      04981   
     船尾側の錨・・      
        down
          
ブログランキング ヨット

要らぬ世話ではあるが・・

で 海水浴の錨泊だと・・
  ・・船尾側の・・アンカリングだ。

ご存じでしょうが、
 スターンアンカーでは
  アンカリングだと錨泊は
   安定します・・

振れ回しの場合、又は 潮流に対しても
 船尾側の錨泊は安定する。

 

 

           2
       スタンアンカー・・
   

なので 今回のアンカリングも
スタンアンカーだ。


スターンから入って来た
 乾いた空気は コクピットを
  通ってキャビンに入り、
   高温多湿のキャビン内の
空気をバウハッチから 
   遠く風下へと連れ去る。

錨を入れるのはバウ側から!・・は、
 単なる先入観で、
  船尾側から錨泊をする。

特にヨットの場合は船幅だけではなく
  艇体は主に丸くなるので・・
   錨はふらふらと 廻る・・


なので、ヨットの場合は
 バウアンカーである必要はなく、


特に夏場の場合は 風通しが良くなるので
スタンアンカーがお勧めです・・
down down 
                       ブログランキング ヨット 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沖へ沖へと・・

     4507
        アナログ海図・・

 

     4509
         ・・アナログ!

 

      03091 
            デジタル・・

先月の話だが・・

天気もよろしくないし風もなさそうだし・・

で コクピットでコーヒーを飲んで
いたら近所の釣り船が帰ってきた。

”オ~イ! 釣れたかいなァ?” 
        ・・・と問うと

”%&’() そっちに行くわぁ!” 
       ・・・ の返答だ


で 釣らぬ釣り師が手ぶらでコクピットに
来て今日の反省の弁だ。


”全然釣れん!
    もっと沖に行かんといかん!”

ご存知の通り、瀬戸内海は ほぼ内水面・・
・・周囲を陸地に囲まれた水域・・


なので、沖に出るってことは
途中からは
反対側の陸地に近づくってことだ。


が、釣れぬ釣り師は 釣れぬ理由を
海域のせいにする。

どうせ近くでは釣れないもんだから
遠くへ遠くへと足を延ばす。


が、沖合い十マイル・・
・・近いところなら沖合い五マイル
まで出ると それ以上は対岸の
岸に近づくことになる。


が、そんな小難しいことを
 言ってたんでは理想的な釣り場には
  行き着けない。

釣れない釣り師は魚を求めて
 沖へ沖へ・・で、途中からは
  岸へ岸へ・・となるが、

そんなことに構っちゃいられない。


途中で南から出て 北の釣り場へ、・・

そして、近くの釣り師に出会うが
彼らも遠くを目指して 沖へ沖へ・・


そして、途中からは 岸へ岸へ・・

海に限ったことではなく、
川の釣り師達も長い竿と
リールを使って 互いに対岸の近くまで
糸を放(ほう)る。


で 魚たちは中ほどの石の陰で・・
  ・・グゥ~グゥ~・・と


・・お昼寝中だ・・・ down down
            
ブログランキング ヨット

 Photo
  魚釣り・・ fish  fish  down
                 
ブログランキング ヨット

ちなみに紙面のサイズは25inch・・なので
見えやすい・・


・・・ヨットモーターボート参考図・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)