・・局所的な低気圧・・?

        02_2  低気圧発生!・・

近くの大手製鐵所の上空だ。

海に比べると陸は暖まりやすくて冷めやすい。

ナンデか?
海面よりも地面の方が比熱が低いからだ。

特に 製鐵所の業務の大半は ”熱を発する” 
ので、周りに広がる普通の地面よりはアッチッチになるし、
海面よりもはるかにアッチッチッチィになる。

で 製鐵所の地面の表面温度は上がって上昇気流を発生し
周辺からの湿気を含んだ空気が集合する。

で 雲が発生し、写真に写るような局所的な積乱雲・・
・・低気圧になる!・・

条件的には台風と同じだが、台風にはならない・・
のは、低気圧が発生する地域による。

で、太陽光が射(さ)さない夜間には製鐵所以外の
陸地の温度は下がって気圧が上がり、
陸から海に向けて風が吹く・・
・・陸風 or 陸軟風

で 陽が射し始めて、地面の温度が上がる昼間には
陸地の気圧が下がって 海から陸に向けて風が吹く・・
・・海風 or  海軟風

昼夜の気温の差が大きくなる この季節は
陸風と海風も強くなり、沖でベタ凪状態でも
ポンツーンに帰ると南風が強く吹いて、
着岸に手間取り、コンコンと周辺に当たりながら
バースに入る・・エッ?

で 着岸に手間取る様子を見ていたヨット乗りは
出港を戸惑う・・沖はベタ・・だが・・down down
                   ブログランキング ヨット 

 0668

局所的な低気圧・・ up down
           
ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴎(カモメ)を・・・

2_2 かっぱえびせん・・

 

Photo_2 かっぱえびせん・・

 

2_3 カモメ・・鴎・・

マリーナを出るとカモメが飛び始める・・


で、かっぱえびせんをポーンと投げると
ワワワッとカモメが集(つど)う・・

そして近くの瀬戸を通り過ぎると
小魚が増える! 

で、海峡のカモメはますます増える。

そして海峡を通ると多くの小魚が増える、
で・・エビせんべいをポ~ンと投げると
またまたカモメが増える。

あまり環境が良い・・とは言えないが
面白ろくないとは言えず・・

ついつい、えびせんを・・ポ~ンと・・down down
                    
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村


ちなみにその付近の海峡には
鵜(う)と鴎(かもめ)も多く飛び回るので
賑(にぎ)やかな海域だ・・down down
              
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村

Photo・・う・鵜・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みさご・・鶚・・

0625  ミサゴ・・

近くのヨットのマストトップに留まるミサゴで、
魚を探すために周囲の海面を見る。

そして、魚を採るための見張り、の邪魔になるので
すでにWINDEX・・風見は撤去されている。

”生き物が生きる” の要因は 
周りの環境に大きく左右されるが、
変化し続ける環境に順応する・・のが生物の努力・・
・・で、生き抜くための知恵だ。

”生き抜くための知恵”・・の言葉の要件の手前には
”楽しく” があり、それが努力の源(みなもと)になる。

”で、楽しく生き抜くために魚の収穫を・・”

寒い地域では寒さを楽しみ、暑い地域では暑さを楽しむ。

そして、若い人は若さを楽しんみ熟年者は経験を楽しむ。

が、いつまで楽しめるのか?

と コクピットからマストへ・・見上げる
オジサンを見る・・・

そして、マストトップから見下ろすミサゴも
似たようなことを・・・

・・思っている・・のか?・・down down
              ブログランキング ヨット  

Photo 鶚・・ミサゴ・・

現在、魚を探求中・・!

   
      ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村 ミサゴ?・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走・・師が走る?・・

師走(しわす)・・十二月になったので
日ごろはあまりいそがしくない師匠も
ジタバタと走り回る季節になった。

4746_2冬色の 鎮守の森が・・

5089 ヨットを見守る・・

ここのupwardright鎮守の森が upの神社だ。

で 先日も冬色に染まった鎮守の森 の神さまに
見守られながら出港し、おかげで無事に
帰港する。

海の上からのお賽銭は無理なんで 拍手(かしわで)
だけを打ちながら航行する・・
・・お賽銭は新年にまとめてド~ンッと・・ほんまか?

陸続きになる前は 浅い海に浮かぶ島で、
その後、回りを干拓し 農地になった。

その後に 島の頂に建立(こんりゅう)した神社だから、
神様が守るのは農地と農民だ。

だから海と海人(うみんちゅ)を守る必要はなく、
海から眺めても神社は見えない。

アレヤコレヤと考え過ぎる人間は
ナニかに頼らないと心が保(も)たない。

強風にさらされて ツーポン・スリーポン・トライスルでも
操船できなくなったら ”○○頼み” ・・ただし、
最初から頼んでも断わられるが・・

過去に何度かつらい目に会ったが 幸いに
お願いしたら何とかなった。

お願いしてなかったら もっとつらい目に
会っていた・・のかな?・・ down down
               ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

・・秋深し・・

秋深し~

現在 係留しているマリーナの横の公園です・・

0018

0019 冬近し~

近頃、特に朝夕は急に涼しく・・
・・イヤッ寒くなりましたネ!

近所の公園の広葉樹林の葉っぱはすっかり
紅葉または黄葉になり、朝夕の気温はいかにも

”秋深し~” いやいや ”冬来たりなば~”

になりました。

ハァハァックション!   ハァハァックション!

クシャミが出る原因は 半分が寒さで、
あとの半分は花粉症だと思われる。

・・なんでか?

0854

今でも港の近くの公園・・ヨットハーバーの近所には
ヨモギとブタクサの花が咲き誇り・・・

おかげで風媒花の花粉が舞い踊る・・オォッ?!


で、ハァックショ~ン!!

風で飛びまわる花粉と 冷たくなった風が
クシャミを誘う・・ハァックショ~ン!!

花粉の吸引と冷気の吸引を妨(さまた)げるために

なるべくなら鼻腔にティッシュを詰めて
口からの呼吸が望ましい・・??
                down down
              ブログランキング ヨット

7_2

                            8

三週間ほど前に帆船 ”海王丸” が近くの港に
来たので海上から見学に行った・・

・・が、海上から見学に
  訪れたヨットはナント三隻!
  ボートも二隻!
・・少なくネェ?

が 陸上の岸壁には多くの人が・・ downdown
                   
                    ブログランキング ヨット 
                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬戸内の諸島・・

Photo_2 島々・・島々・・

充分な時間があるのでゆっくりとSailingを・・

正面の右舷側から島々を見ると・・

真鍋島・・カナリ島・・梶子島・・
小飛島・・六島・・大飛島・・

中部の瀬戸内海で水平線を見るのは困難?

そして、海域によっては浅瀬や暗礁が
あるのでご用心を!
              
             down down
            
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風18号・・Chaba・・チャバ・・

台風18号 !! Chaba・・

今回の台風は瀬戸内海への直近!・・か?
と思っていたが・・

今日夕方のパソコン画面を見ると
明後日10月5日だと、
どうも日本海側に行きそう・・なのか?

18 台風18号 CHABA・・

今年は台風の回数はそれほど多くは無いが
全国的にまれに見るコースと強い勢力なので
風雨災害の被害は非常に多い!

Photo_2 台風18号・・Chaba・・


今回の台風Chabaでは四日、五日に
瀬戸内海での台風が近づくようで
日曜日のうちに舫ロープの補強を・・

台風が強くなり始めるとマリーナの現場に行く必要は
なく、テレビを見ていれば大丈夫です!

各々のテレビ局の職員が映像を映すので
近所の現場で見るよりも詳細だと

思われる・・ down down
       
ブログランキング ヨット

なるべく早く台風が通り過ぎるように・・

   と、願っています・・ down down
              
ブログランキング ヨット



| | コメント (0) | トラックバック (0)

Is this depth finder?・・Yes !

 

Photo_3  Fish Finder(魚探) と

Photo Depth Finder (測深)です

ったって 同じ機械だから区別のしようがないが
魚を見つけるために使う人には Fish Finder ・・魚探で、
水深を見るために使う人には Depth Finder・・測深儀になる。

これは機械の機能の差ではなく その名称は使用する目的に
よって異(こと)なるものと思われる。

さて ワタシの場合、魚を分けてくれる人が周りにいるから
魚釣りはしない。

だから魚を見つける必要はなく、この機械は魚探に似ているが
魚探ではなくて測深儀になる。
ちなみに この魚探に似た測深儀はイツ使うのか?

多いのは、知らぬ港に入る時 または様子が分からぬ
桟橋や岸壁に着ける時だ。

ご存知のように 瀬戸内海の干潮満潮の変化は大きく、
満潮のときの水深4メートルでは干潮時はゼロ!

で、6時間後には普通のヨットなら ほぼ間違いなしに
オンザロックまたはオンザサンド・・いわゆる底がつかえて
にっちもさっちも行かなくなる。

次に多いのは錨を入れる時で、ウチのヨットでは
錨に30メートルのロープを付けているが
水深が10メートルならこの長さでは(錨が)走る恐れがあり

”アリャリャ お~いラインの追加を~” ったって乗員はおらず、
一人でジタバタしなきゃならんから 錨を入れる前には
測深し、必要なら適当な長さのラインをつないでから錨を入れる。

時には、たこ釣りには行くが
たこはこの魚探画面には写らない。、

なので、たこの釣り場で錨を入れるのには測深で、
やはりこれは測深儀・・デス

マリンショップの話では 95%の人が魚群探知に使っているそうで
一般的にはこの機械は 魚探・・だそうデス・・・ down   down
                           ブログランキング ヨット

      yacht          fish        fish       fish       yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へんっし~んっ!・・変身! 続

0495  変身・・

生き物は変化・変身し続ける。

土筆(つくし)でも蕨(わらび)でも、
アスパラでも筍(たけのこ)でも 変化し続けて
やがて食品の域を超える。

昨年の夏に生まれた蛍の幼虫は ほぼ一年をかけて
成虫になり、宙を舞うようになった後 三週間ほどで
最期を迎える。

人間の眼で見ると蛍の姿は upwardleft に見えるが、蛍自身の
一生で考えると downwardleft が蛍の姿だ。

0496

ワシはもう長くはない!

もう最期(さいご)が近いから
姿を変え、命を懸けて後世に伝える!・・

蝉の青春期がイモムシなら 蛍の青春期は川虫!

人間の眼で見ると可愛くはないが、そんなことは
要らん世話!

ワシらにゃワシらの価値観が・・down down 
                 ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へんっし~んっ!・・変身!・・

04911  変身っ!・・シュワッチ!

生きる生物(含む、植物)の一生を大きく分ければ
幼少期・青年期・壮年期・老年期・かな?

二千年を生きる縄文杉の一生も似たようなものだし、
十二ヶ月で転生を繰り返す蛍も似たようなものだ。

どの時代が一番楽しいか? または楽しかったか?

個人的な思いで言えば "今" かな?

バウのプッシュピットから海面に飛び込む元気は
なくなったが トランサムからジワジワと海に入っていくのも
それなりに楽しいし、
スピンを張ってビュンビュンに帆走るのも楽しいが
2000回転のエンジンででトロトロ動くのも・・
・・それなりに楽しい。

生き物は変化・変身し続ける。

上の写真に写る蝉(せみ)の抜け殻も
地中に住むイモムシから空を舞う飛翔体・・
・・FO・・へと変化した。

Photo 蝉・・セミ・・

本人?としては、イモムシだった頃を懐(なつ)かしむが
飛び立った今! 

・・が、一番楽しく、輝かしい未来を想像する。

これから先の三週間ほどの生命が
長いか短いかは、
人間の価値観で想像してもナンの意味も無い。

で、蝉にとっては青年期と壮年期、そして老年期を
三週間で過ごすことになる。

FOってのはUFOのU抜きの言葉で飛翔体の
ことだ。

飛べない人間にとって ”宙を舞う” のは
夢の夢!

が 夢の中なら宙を舞える!

昨夜も宙を飛んだ・・フムフム down down
                 ブログランキング ヨット   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧