天然の海産物・・

Photo_2 天然海苔・・

Photo_3 天然牡蠣・・の、殻

瀬戸内海では天然の海産物が多い。

満潮時では海産物が見えにくいが
干潮時になると昆布・・・
そして若芽(わかめ)がある。

近くの海岸線では天然のアサリや
牡蠣も多い。


マリーナのポンツーンでは鯛が泳ぎ、
ボラも泳ぐので、沖に出る必要はなく
桟橋の下で釣り糸を垂らせば
魚は釣り放題!!down down
                     
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村


今はマリーナ桟橋のフロートに
ホヤが増え始めたので、
近い内に食べて見ようと・・ホーヤ?

Photo ホヤ・・

ただし! 通常のマリーナでは係員が

”アァッ! 釣り糸は垂らさないで下さいネ!”

と、言われる。

・・ので、夜間に釣り糸を
      使う人が・・・
down down
                
ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋柿の食べ方?・・最終日

十日ぶりの渋柿の食べ方編・・だが、
Know・How ではない。

51021 これがタンニンの色・

51031 和傘色?

一連の 柿を食料にする作業は先日終わった。

それまでは あわせ柿から干し柿、
時間を待っての熟し柿まで
柿と格闘する日々が続いた。


で 干し柿を作るのには皮を剥かなきゃならんが
人間の手先や指先には雑菌が多く住み付き
その菌のために まだ暖かい時期には
柿の表面が黒ずんで仕上がりがよろしくない。

で 菌の付着を防ぐために 皮むきの時には
写真の手袋を着用していたdown down
                      ブログランキング ヨット

一度に多くの時間を使って干し柿を作るのには
諸般の事情が許さず、日に一時間づつの時間を使って
柿の皮を剥いていたが その度に
手袋を洗うわけにはいかず、
一(ひと)段落つく度に洗っていたが・・

しばらくして気づくと 純白だった手袋は このような
タンニン色に染まっていた。

以前にも書いたが 柿の渋味は消えるわけではなく、
水分に溶けなくなって渋味を感じなくなるだけだ。


だから 水溶性でなくなったタンニンは
水で洗ったくらいでは落ちないし、
このまま手袋を齧(かじ)っても渋みは感じない。


その渋味の成分のタンニンは現代でも防水塗料か
腐食防止塗料として使われる。


多く使われるのは 和傘、提灯、などの水に濡れるモノ
・・の防水のためで 紋次郎がかぶっていた三度笠にも
塗っていたと思われる。


”あっしにゃ関わりのねぇこって・・プッ!” 

その色合いは写真にあるように薄茶色・・タンニン色で
この手袋も部分的に防水仕様になった・・
・・ウソだが・・

今年の柿の話はこれが最終です。

来年になったらまた柿の話を始めるが、
来年ったって 今からそんな事を言えば
”鬼が笑う!”  ので、
先の話は確約できない。


なので 今回が最後の柿の話になる?
・・かも 知れない・・・ 
down down
                 ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熟し柿・・渋柿の食べ方

 秋の柿シリーズ・・Part 3

またまた、秋を代表する果物、

 

柿(カキ)の話を下記(カキ)のように
書き(カキ)ますが・・・エェッ!?

4972 秋も終わりに近づき・
                    ・・冬ですが・・・

4976 柿はプヨンプヨンの

4977 あ~ま 甘っ !

渋柿の渋みの原因はタンニンだ。

なんでタンニンが渋く感じるのか?

・・唾液の中の水分に溶けるからで、
唾液に溶けさえしなければ
渋みを感じることはない。

 

 ↑ が 渋抜きの方法で、
タンニンを水に溶けにくくしさえすれば
渋柿は甘柿よりも甘くなり、
美味しくいただける。

タンニンの苦味を抑えるには
柿を痛めつけるか、
又は 時を重ねるかのどちらかで、
そうすると、水に溶けにくい
不溶性の物質へと変化する。

そして、食べても渋みを感じることは
なくなり、甘味が増す・・

ますます増す・・
ますますます増す!・・ハァ? down down
                                     
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村


そうして変身した不溶性のタンニンは
和傘や提灯に塗るための防水塗料へと変身する。

当然、木甲板に塗れば防水機能は増して
腐食は防止できる・・未確認だが・・

 

痛めつける方法は前回・前々回と書いた
あわせ柿と干し柿の方法で、
時を重ねるのが ↑ の写真の熟し柿だ。


熟し柿を作るノウハウはなく、
敢えて 方法を! と
問われれば、・・待つ!
・・のが答えになる。

甘みは 熟し柿が 
一番強く、食感の柔らかさは
お年寄りにも食べやすい 。

しかし 長期の保存は難しい。

渋柿の食べ方シリーズ?・・

・・はこれで終わるが、
他にも色んな方法があるようで、
各家庭や各個人でも多様な
こだわりがあるようです。

渋柿については また機会があれば!・・
downdown
                            ブログランキング ヨット

Photo_3 渋柿・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干し柿・・渋柿の食べ方

 秋の柿シリーズ・・Part 2

渋柿を食べるのには色々な方法があります。

 

前回 書いた あわせ柿も美味しいのですが、
乾燥させた干し柿の方が甘みが強く、より美味しい。

 

で 今回は干し柿の作り方を・・・

4968

① まず渋柿を手に入れる。
   見た目がよければ出来具合もグーッ!

② で 皮を剥(む)く。

③ 最後に 干す。

   終了・・

いかんなァ!
あわせ柿とちがって干し柿の作り方は
芸がない・・・と お思いのアナタ!
アマイ!甘い! うんッ甘い!

4971

作業は上記の 三項目だが、短い文章の中には
書ききれないほどのノウハウがあって、
それを説明すれば説明文は分厚い百科事典に
匹敵するほどの長文に・・・n
・・・


・・なりはしませんが、ここに書くにはスペースが
足りません。

・・柿が赤くなる頃には医者が青くなる・・

つまり、柿には各種の栄養分があって体に良い・・
・・って事らしく

柿を食べてれば病気になんかなんねぇヨ!・・
で 医者の仕事が減る・・んだそうで・・

だから冬眠前の熊さんも好んで柿を食べるし、
お猿さんも柿の木に集まる。

そしてカラスだって柿の木に群がる。・・・
down down
                                 ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村

4991 完成品・・


その後 待つこと三週間、
あわせ柿と熟し柿の在庫が
無くなった頃に干し柿の完成です・・

・・ジャ~ン!

昔は防水または腐敗防止用に
柿渋(タンニン)の塗料を和傘や提灯に
塗っていたが 今は化学製品
だから ンなものは要らない!


雨傘や投網にも塗ってたよなァ・・・

Photo_2 渋柿・・down down
                 
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あわせ柿・・渋柿の食べ方

  秋の柿シリーズの・・Part  1

 

暦の上では冬になったが
まだ食欲の秋シリーズが続く

・・今回は夏季を終えた秋・・
・・秋の柿・・の話しだ。

で、友人の畑から柿をもらって来る!
・・渋柿を!・・毎年!・・

 

甘柿よりは渋柿の方が糖度が高い!・・
が 渋みは高い!

 

で 食べるために渋味を消そう!

4966

で 今回は渋柿の渋抜きです。

 

渋柿は渋い・・だから 渋柿だが・・が、
渋味を消せば甘味が強くなり、
美味しく食べられるようになる。

今年も皆さんに食べていただくべく
現物をお届けしたいが
現物をお届けするほどの数がないので、 
見るだけで渋柿を食べられるようにする。

で、情報をお届けしよう。

これを
は 速(はよ)うすれば
ひ 費用は
ふ 不要で 体の
ほ 保養になる・・(笑)
へ が足りない・・プゥ~ッ?!・・

4975

今回はあわせ柿のやり方です・・

 

① 酒屋でアルコール度の高い蒸留酒を
      手に入れる。
   普通は梅酒に使うホワイトリカーってやつです。

② 渋柿を入手する。
   普通は 買うか貰うかです。

③ 柿のヘタについている小枝をねじ切る。
   ハサミで切っちゃいけない。

④ ヘタの部分を十秒ほど焼酎に浸けた後、
   焼酎を全体にまぶす。

⑤ 数に適応したビニール袋に柿を入れた後に
   空気を抜く。

⑥ で 4~5日 暖かい場所に放置するが、
    柿の種類によっては一週間を要する。

柿の渋・・タンニンですが、
この処置でタンニンが抜ける。

なんてことはないようですが、
こうすることでタンニンが
水に溶けにくくなって、
食べる時に渋みを感じなくなるそうです。

【渋の抜き方はナァ
 じわじわと真綿で首を絞めるように!】


で ヘソから強い酒を体内に入れて 汗ばむような
所で数日間放っておく。
気を失わないように 一日に一度は体を揺する。

今回は柿(の命)をいただきます・・
down down
                    ブログランキング ヨット

Photo  渋柿・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)