球状船首・・バルバスバウ?!

 バルバスバウ・・球状船首・・

Photo_2 球状船首?・・

先日 近くをセーリングしていると upwardleft の
漁船に出会った。

上甲板船首よりもバルバスバウが長く、
直進性は高い・・多分?
・・の 代わりに旋回性能は劣る・・やはり・・多分?

以前 比較的大型の船舶に設置してあった
造波抵抗を減らすためのバルバスバウだが、
今回は目的が違うようだ。

では、漁船に付けてあるバルバスバウは
直進性を高めるための装備・・
・・なのか?・・ん?

0824  球状船首・・

オ~イッ! 帰ったぞォ!

と 垂直岸壁にバウツーで入港した漁船は
上部の船首部から岸壁までの間隔は
100センチ!

岸壁に上陸するのには若干の跳躍力が・・

高齢化に伴なう体力の低下を考えると
もう少し船首部を短くしたほうが
安心感がある・・のか?・・

イヤッ! いらん世話ですがネ・・down down  
                   ブログランキング ヨット

 

Photo_2  

  up これは、サメバウ?・・down   down
                 ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祈る!・・安全な航海を!

4744 銅板で葺いた鳥居を・

4745 潜(くぐ)って 境内へ・・

4748 そして本殿へ・・

四月になり、朝夕はともかく・・
昼間は初夏らしい気温になった。

で、運動と観光を兼ねた 自転車での10ノット10マイルは
今日も続く・・ゼェゼェハァハァ!

先日は 近くの入り江に面して建つ
神社へのエッサホイサだ。

銅板で葺(ふ)いた鳥居の前に自転車を停めて
急な坂路を登ると 本殿が見える。

長年 ヨットの出入りを見守っていただいているので
年に十回ほどの参拝の度にお賽銭を差し上げる。

多額のお賽銭でもわたしは構わないが・・
皆さんとほぼ同様に15円のお賽銭に・・

ご高齢の神様が驚かれると体にヨロシクなさそうなので
ごくごく一般的に 【充分ご縁がありますように・・】 の
祈りを込めて 十円と五円の硬貨を一枚づつ
お賽銭箱に入れる。

一円玉がポケットにあれば当然 それも追加するが・・

境内は 近所の氏子さんの手によってきれいに
掃き清められているから、たまの参拝客も汚す訳に
いかず、ますますきれいに保たれる。

埋め立てで広がった地域だから 神社の歴史は
それほど古くはないが、【ワシラの神社ジャ!】 
の感覚なのか手入れは行き届いて気持ちがいい。

パンパンッ!・・down down
         
ブログランキング ヨット

 

   1

こちらの明王院にもパンパンと・・down down                   

                  ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の花見・・


今日は桜の花見・・

1 カミさん用の桜庭・・

2 カミさん用の桜庭・・

今日は晴天・・なので、時間を採って
桜庭へ行く。

昨日は曇天・・で、
しかし、本日と翌日は晴天!
で、週末は曇天、または雨天!

徐々に気温は上がり、花径も上がるが
天候は続きにくい・・ので、
今日の晴日は仕事は停止!

イヤァッ! 良い天気でした・・down down
                  
ヨット・セーリング - マリンスポーツブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハァハァハァックショ~ン・・!!

4884 ズルズル・・

4883 グスグス・・

杉(スギ)花粉の飛散は終わりを迎えたが、
現在は、檜(ヒノキ)花粉と黄砂とPM2.5が宙を舞うので、
花粉症患者にとってはつらい季節がまだまだ続く・・
・・ハァックション!

四月の上旬になって最高気温は20度を超えた・・が
少し油断をするとまだ鼻水が・・

 ↑ の話は人間に限ったことではなく、
現在では貨物船でも この時期の花粉と黄砂に負けて
鼻水を垂らす・・ハックショ~イ!

もちろん 実際には鼻水なんかではなく、アンカーホースから
出ている水で、 アンカーとチェーンを洗うための放水だが
着岸作業が終わったにも関わらず流し続ける。

・・なんでだ?・・

ポンプ又はバルブを閉め忘れたようだ。

こんな状態を船乗りの世界では 【鼻水を垂らす】 と
言うそうだ・・・フムフム・・

着岸作業が終わったら 甲板員は船首に行く必要はなく
二日目または三日目の出港時に気付く
【アリャァ? 水が出とる!】 ・・で、バルブを閉めるのか?

イヤッ!

【これからアンカーを揚げるから水は出しとけヨ!】・・
・・Ordered from boatswan ボースン(甲板長)の命令だ。

もしも 出港時にまたバルブを閉め忘れたら
次の港に入るまで水は出っぱなしになって、
船の見た目は再び 花粉症状態になる。

たったこれだけの水量だから 燃料がもったいない
とは思えないが・・見た目が みっともない。

近くの製鐵所には 外国からの船舶が多く、
大きさも様々だが、小さな貨物船の方が親近感が
ある・・が・・

水は止めとけヨ・・ down down
           ブログランキング ヨット

 
    2
   こちらもズルズル・・up up・・ハァックショ~ン!!
            ブログランキング ヨット

  5

桜は虫媒花なので花粉の影響はナイ!・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪ フムムム♪・・

4943 コクピットに赤ワインが・

4944 もう一杯飲もうかな?

昼間にヨットの上でお酒を飲むことは滅多にない。

が、滅多にないってことは たまにはあるってことで、
先日もちょっと 常備のワインを出して来た・・

ハウスワイン風に言えばキャビンワインなのかナ?

週末でも 海の上にいる人たちのうちの相当数は業務中で
遊んでいるのは 区分けすればプレジャーボートまたは
プレジャーヨットの人たちだけ。

だから海遊びは
世間に対して若干の後ろめたさを感じる。

だからワインをいただく時は 周りの就業中の船舶に対して
すんませんね!・・と(心の中で)つぶやきながらいただく。

美味しいんですヨ!

数年前から飲酒運転・・
・・じゃなくて飲酒操船が問題視され始めた。

思いつかれた関係者に申し上げるが・・・

他人に危険をもたらす種類の乗り物なら 注意を喚起
しなきゃならんが、ヨットの場合 過去を相当に遡って
考えても 飲酒によって他人に危険をもたらした事例はない。

市民の行動を規制する条項は、ない又は少ない
に越したことはなく、

不都合、又は危険の裏づけがないような事柄までを
過剰反応で禁止条項にしちゃいけません。

本人だけにしか危害が及ばない行為を禁止条項に
するのは横暴!・・です・・down down
               ブログランキング ヨット


Photo 高級ワイン!・・グラス?・down
                                 
ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たこクラゲ?・・

 たこクラゲ・・正式な名称は不明だが・・

4433 赤い線の中に

 

4435 クラゲが・・

   

三月下旬・・立春を過ぎて暦の上では・・春!・・

だが、海水の温度はまだまだ冷たく、
海に手を浸けたら年末年始の真冬の水温と
ほぼ変わりはない。

が 春は近づく!

その証拠が ↑ の赤い丸で囲まれた タコクラゲの
発生だ。

色はタコ色?で 足の数は八本!

ポンツーンに係留するヨット・・
の回りで漂(ただよ)う姿はまるでタコの幼生で、
見かけると 食料の足しにするべく 
思わずキャビンからタモ網を採ってデッキに出る。

タコに似ているが 実際にはクラゲで どうも食用には
向かないようだ。

なので、まだ捕まえて家に持ち帰ったことは
ない。   

Photo これはタコ・・

このタコクラゲが近くを泳ぎ始めると
春の訪れは近く、ヨットに置いてあった
冬用の分厚い衣装はクリーニング店に回航されるし、
カイロは来冬まで物置で夏眠に入る。

クラゲの傘の大きさが5センチを越えると
クラゲだと分かりやすいが それ以下だと
”ありゃぁ タコじゃぁ!” と 唱える客人がいる。

なので、クラゲを証明するために
やっぱりタモ網を持ち出して
目の前で見せる・・と

”やっぱ クラゲじゃなぁ”・・・down down・・だと・・
                ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジツボ・・富士壷・・

02_2   富士!つぼ

数年前に 世界(文化)遺産に登録された
アノ 富士山!

・・の形に似た貝・・のフジツボだ。

で 敷石の上空?・・
・・30センチからフジを眺めてみた。

Oh! フジツボ!

Photo_2 富士!つぼ?

 upwardright これは富士山・・です。

富士壺の傾斜度は60度!くらいで、斜面はほぼ直線・・
だが硬さは・・硬い!

で この時期になるとヨットの船底にも、
富士壺が増え始め、近い内に船底の掃除が必要!

今年は七月の上旬にフジツボが
海中を舞い始め、船底やプロペラに
生息を始めた。

おかげでそれ以降、毎週 スポンジで船底を
こする・・ゴシゴシ・ゴシゴシ・

ゴシゴシと船底をこすると 船底が綺麗になるし
船底塗料の研磨・剥離も進む・・

・・ただし、船底塗料は無くなりつつ・・

おまけに運動にもなって汗をかき、体重は
グッと・・ハァッ?・・ down down
           ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Well come to Tomonoura・・

表題を日本語に訳せば・・

”古くからの港町 鞆の浦へおいで下さい” です。

で、鞆の浦から仙酔島へ・・渡船で渡る・・

02  仙酔島・・

021  案内図・・

ワタシのセーリングエリアに浮かぶ・・
・・福山市鞆町の仙酔島(せんすいじま)だ。

五月には観光鯛網の行事が行なわれる。

で、五月の最終土曜日には花火が・・ド~ン!!

そして、この海域が瀬戸内海の潮流の真ん中!

で、満ち潮の潮流は 東西からこの海域に集(つど)い、
引き潮の潮流はこの海域から 東西に流れて行く。

対岸の鞆(とも)は古くからの港で 陸地からの観光客は
多いが、海上からの観光客は少ない。

ナンデか?

鞆の港にはプレジャーボートを停泊する場所がないからだ。

だからってこの町をヨットで訪問できない訳ではない。

対岸の仙酔島には県が管理する浮き桟橋があって
実質的な管理者・・指定管理者の
”広島港湾管理センター” の福山営業所・・に
係留許可の申請をすれば 特段の行事がある時以外は
係留許可が出る。


ちなみに、係留許可書を申請しなければ
手続きは不要で係留料は無料!・・フムフム・・

島には温泉があり、食堂もある。

買い物は”いろは丸”に乗って対岸の街・・
・・鞆(とも)に行けば不自由することはなく、
充分に観光も楽しめる。

参考までに・・渡船の代金は往復で240円です。

”いろは丸”は あの”いろは丸”?ではなくて
五年前に新造した ”平成いろは丸” です。

ちなみに現地語で言えば・・

・・キンシャァ・・鞆の浦へ!・・down down 
                 ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遮光ネット・・しゃこうねっと・・

021  ブームの上に・・

2  遮光ネットを・・

四月頃からUV・・紫外線が強まる。

皮膚の柔軟力が弱まった熟年のオッサンにとっては
紫外線は浴びぬがよろしく、できれば外出を控えるのが
望ましい。

が、んな訳にゃいきません!

デッキで遊ぶのを 三日/週・・Threedays  par  week・・
を目標にしているので 陽が当たって暑い・・
の理由でヨットに行かない・・

・・んな訳にゃいきません。

が 熟年にとって紫外線は敵!
・・で、防げ!

紫外線!・・・Block  the  UV!・・です。

で 近所のホームセンターで遮光シートを
さがすために 農業用のコーナーに行くと
写真に写る遮光シートが並んでいる。

二メートル四方のネットがあり、遮光率は70%!
風が吹いてもバタバタは なし!

価格は・・内緒!・・フムフム down down 
                ブログランキング ヨット   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エッ? エスカルゴ?・・

02  カタツムリ・・

♪ でんでん虫々 かたつむり~・・ ♪

晩春から初秋にかけてはカタツムリ・・
デンデン虫が繁殖し・・場所によっては
デンデン虫のとなりにナメクジも・・

だが、近年はカタツムリやナメクジを見かける
機会が減った。

その原因は自然環境のせいか住環境のせいか、
増えるカラスに食べられたせいか・・

マッ しっかりとした判断はしかねるが・・

ところで、・・

カタツムリは貝類?・・なので、軽く塩茹でをして
塩コショウまたは お好みのドレッシングで
召し上がると 冷たいビールまたはシャンパン・・
あるいは発泡ワインまたは発泡酒には適する。

もちろん冷たい日本酒・・冷酒でも OK!
エ~イッ! ついでにウイスキーでも OK!

ただし、カタツムリは殻を外(はず)さないと
食べにくいので 食べやすさを考慮すると
ナメクジを食するのが望ましい。

ただし、ナメクジは塩に弱いので
食する場合は塩もみは控え 60度の
やや高温の湯で軽く茹でる。

で、出汁醤油 または 欧風のドレッシングで
いただく・・

アァッ?・・バカヤロォ!
んなモノはいらねぇヨ!

アァ~ッ? すっすいません!・・ down down 
               
    ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧