瀬戸内海の中部を帆走(はし)る・・

 

       Photo_3
               ・・釣り船・・

瀬戸内海では釣り船が多い・・。

まことに要らぬ世話ではありますが
なんで それほど釣りがお好きなのか?

友人にも釣り人がおられる・・

で、釣果の高性能に技術があるようで、
クーラーボックスには
思ったよりも漁獲量が多い。

      
        
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村

そして、名人が釣果の後に
生簀を取り出してクーラーボックスに
入れる。

で、その後に家に持ち帰る・・?

イエッ そんなことはありません・!

その後は食堂に持ち込みます。

例えば五匹釣れた鯛・であれば
現地でいただく人の魚数は二匹・・

で、残りの三匹は食堂にいただく・・

ちなみに、
天然の鯛は美味しい・・らしい。

     Photo_2 
         自分の帆走中・・ 


          
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村

 ワタシは帆走中・・

    ・・で、釣果はほぼゼロ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キョキョ巨大船通過・・

    帆走中のヨットの・・

    4371
          目の前を・・ 

    4372
        キョキョ巨大船・・

    4373
           大きすぎてレンズに・・

    4374
      ・・やっと入った!

キョキョ巨大船通過・・ down  down
                        
                         
ブログランキング ヨット

巨の字が多いのは誤植ではなく、
あまりの船の大きさに
敬意を表した造語です?

近くの製鉄所には多くの貨物船が
出入りする。

製品の搬出を請け負う貨物船は
大小さまざまだが  原料の搬入を
行う貨物船は決まって大きい。

その大きな貨物船が指定航路を
通過する時には 四、五隻の
タグボートがキョキョ巨大船の回りを囲み、
他の船の航行を規制する。


特にヨットのように ゆっくりと動く
船には早くから注意を喚起し、


”ヨットの船長さ~ん
   巨大船が通過するのでご注意
   願いま~す!”

と 通過する十分ほど前から
声が掛かる。

声を掛けられたら無視する訳にも
行かず、通過するのを待つが
待つ10分は長い。

ここら辺を往くときの巨大船の速度は
ほぼ八ノット・・15km/h

10分後なら2400メートルの
彼方にいることになるが、

なんと、八艇身・・

2400メートルの彼方・・
はエラク遠いように思うが
このクラスの巨大船ならほぼ八艇身・・

・・9メートルのヨットに換算すれば
  移動は200フィート・・

・・60メートルに匹敵する・・すぐそこだ!


そりゃ危険だワ・・

                                 down  down
               ブログランキング ヨット

   

 

       Photo
          セーリング中・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬戸内海の宇治島・・

    「瀬戸内海の宇治...」の画像検索結果

   Photo 
           宇治島・・

久しぶりに宇治島へ・・の近くへ・・

桟橋がないので上陸は無理!・・
で、単錨泊で振れ回し・・

南北の海岸に砂浜があるが
南側の浜は遠浅(とうあさ)なので
北側の浜に近づく・・

 

        3
                     宇治島の鹿・・

この島は無人島だが孔雀と鹿が住む。


珍しいことだと思うが、
四十年ほど前に市内の動物園を
閉館したために動物を宇治島に
引っ越した・・らしい・・ down  down
                           
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村


宇治島は、走島から南に3マイル。

無人島なので定期船の航行はないが
年に一度は海岸の清掃をするために
宇治島クラブの人たちが
フェリーボートで着岸する。


海岸の清掃を終えると
その後に島で遊べる。

ナント! 孔雀は飛び回る!
そして、鹿が走り回る!


         2
             宇治島の孔雀・・

      Photo
          鞆港から走島への渡船・・

 

      2  
        ”神勢丸”


宇治島には鹿と孔雀の生存力が
強く、樹木を食す。

そして、鹿数が増えるので
樹木を食べると木々が減り続ける!

で、食料の関係で
親鹿の子や孫、ひ孫、玄孫は他の島へ
泳いで渡るらしい・・down
down

              ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)