« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

プゥゥゥ~ッ!・・

        00871
                  海面に・・

 

              02471
                        3YM30C・・

 

気温の上昇とともに海水温も上昇する。

 

海水温の上昇とともに 長年に渡って海底に溜まってきた
アレヤコレヤが浮き上がり、 見た目と悪臭で
近所の人を悩ませる。

 

 

                             ブログランキング ヨット

で 冷却水パイプを口にくわえて息を吹く・・プゥゥゥ~ッ!
一生懸命に吹く。
十秒も吐きつづけると船底の下から ボコボコッと音が聞こえる。

もう一度吐く・・プゥゥゥ~ッ!
今度は五秒ほどで船底からボコボコッと聞こえる。

 

でパイプを組み付けて再び エンジンを始動。

こんどは冷却水出口からジャバジャバと海水が

出始める。

ヨーシッ! 出港まで十五分!・・ 
            ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見慣れた国旗・・

             
                  

             船尾にひるがえる・・
            01011

 

              00991
                         パナマの国旗・・

 

国旗は国の象徴で 
  国内ではあまり自覚がないが


日本人が外国に行って日の丸の国旗を見ると

若干の安堵感を感じる・・・

国旗・国歌に関しての

話はいつか機会があったら書いて見たいが・・・

 

大型商業船を所有する船会社の本社はパナマにある。

              ブログランキング ヨット                 

七つの海を渡り泳ぐ貨物船で 
   一番多い船籍国はパナマ。

 

港町の住民にとっては見慣れた国旗で、
 多分 自国の国旗
主要国の国旗・・に次いで見慣れた国旗だ。

 

太平洋を越えてパナマに近づくと最初の港・・
・・バルボアに入港する。
入港する前に”Bridge of Americas" が見える。
あと3マイルでパナマ運河の閘門だ。

中ほどにある湖 ガツン湖の周辺は自然の残る
地域で 通る船から見えるジャングルには
種々の動物が顔を出す・・ 
                ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジツボ・・富士壷・・

             02_2   
                      富士!つぼ

 

数年前に 世界(文化)遺産に登録された
アノ 富士山!

・・の形に似た貝・・のフジツボだ。

 

で 敷石の上空?・・
・・30センチからフジを眺めてみた。

Oh! フジツボ!

 

                Photo_2

               富士!つぼ?

 

  これは富士山・・です。

富士壺の傾斜度は60度!くらいで、
 斜面はほぼ直線・・

だが硬さは・・硬い!

                  ブログランキング ヨット

で この時期になるとヨットの船底にも、
富士壺が増え始め、近い内に船底の掃除が必要!

 

今年は七月の上旬にフジツボが
海中を舞い始め、船底やプロペラに
生息を始めた。

おかげでそれ以降、毎週 スポンジで船底を
こする・・ゴシゴシ・ゴシゴシ・

 

ゴシゴシと船底をこすると 船底が綺麗になるし
船底塗料の研磨・剥離も進む・・

・・ただし、船底塗料は無くなりつつ・・

おまけに運動にもなって汗をかき、体重は
グッと・・ハァッ?・・ 
           ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放置自転車・・

    03501 
      海岸沿いに・・

 

     03491 
         放置自転車が・・

 

盗品なのかどうかわからないが
 海岸線に自転車が

放置されていて、
  こんな張り紙まで!・・

 

海岸線の管理は県当局の
 義務・権限だが 現場での

管理作業は指定管理者が行ない、
 苦情の大半は

県当局よりも指定管理者の
  元に連絡が行く。

      ブログランキング ヨット

港の奥の もう少し奥まった 
 船も人も通らないような

狭い通路に放置してある
 自転車を見かけた人が

○○へ通報し、

それを受けた職員が張り紙を張った・・

・・のだと 思われる。

 

”アソコに放置自転車が
   あるので撤収して

  もらえませんかネ?”

”処理場に持ち込んで頂ければ
   当方で処理を

    しますがネ”

”エッ 持ち込まないとだめですかね?”

”所有者の確定ができないので
   当方で撤収・処理は

  致しかねます・・”

 

の 応答が市役所環境衛生当局と
 港湾指定管理者

との間で行われた・・と
 思われるので、
 制限期間を過ぎても実行には・・
    ・・もうちょっと・・


・・盗まれるゾ!・・ 
           ブログランキング ヨット

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プライベートビーチだ!

        3896   
                白い砂浜と 青い松林
           袴島(はかまじま)・・

 

 

 

             3897
                   無人の海岸
     袴島・・

 

瀬戸内海には島が多い。

     ブログランキング ヨット

 



風はないが 
 潮通しが良いので

こすり落とした富士壺は
 船体後方に流れ去る。

だから、

目の前で船底塗料が漂うようなことはない。

 

ジツに環境の良い浜だが、
 浜の両側には暗岸、
洗岸があって早くから浜沿いに近づくとロック!
の恐れがある。
近づく時は五百メートルほど沖合いから 浜に直角に
近づくように・・

 

七月から始まる海水浴シーズンは
 涼しくなるまで続き、
この調子なら来週もまだ海水浴ができる。

 

まるでハワイに行ったようなもんだ(笑)・・
ブログランキング ヨット

 

                                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防(ふせ)げ! UV ! ・・

UV対策シリーズは続く・・いつまで?
他のネタを思いつくまで・・でしょうか?

 

             Photo  
                  遮光率 70%

 

                1  
               で 透視率 30%

                                              ブログランキング ヨット

コクピットのブームに
 乗せてある遮光シートだ。

 

遮光率が70%と書いてあるので
 シートの先を見る・・

透視率は30%! 
 ・・になるのか?

 

 

近年になく優れモノの
 手法だと思っていたが
周りの人たちの視線は冷たく、
 ”貧乏臭さッ!”
の指摘を受ける・・が
 ・・考えていただきたい。

 

光をさえぎらなきゃならん理由は
打倒! UV!・・
 と 打倒! 熱線!・・だ。


なので、この 
 ”貧乏 臭さッ! の

遮光シートで太陽光!! 

UV をさえぎるとともに、

周りの人からの冷たい視線で
心と体を冷やす。

コストパフォーマンスは高い!・・
            ブログランキング ヨット 

| | トラックバック (0)

浮くボート・・?

 

 

  Photo
              アメンボウ

 

アメンボウが水中生物
    かどうかは知らないが

水面に暮らす生物で、
  水深には関係なく水面を

    動き回る。

浮くボート・・特に
  セーリングボートの話だが・・

浮く と言っても168センチ位は沈んでいる・・
ほぼ身長分だが・・    

 

で 瀬戸内海中部の海域では潮汐の干満の差は
通常で三メートル以上! 

大潮(新月・満月)の頃には 4メートル以上の
干満の差がある。

 

が 他の地方から来られたセイラーの内のごく少数・・
の お人は干満の差をご存知ない。

ある日 セーリングボートが
漁港に入った。


デプスメーターを見て
”オォッ! 
3メートルもあるじゃん!”
      ブログランキング ヨット

 

と 浮き桟橋に停めてある
 漁船の後方に係留した・・らしい。

 

で 近くの民宿で宴会! 
  翌日08;00まで熟睡!・


そして早朝 
  04;00頃 干潮の二時間ほど前・・


漁船が出港するために漁師が集まる・・

と 桟橋の後方に
  係留していたヨットが 
傾いていて
手前側の
  漁船が出港できない!


待つこと四時間! 

やっと満ち潮になって
 ヨットが桟橋から離れて

漁船が出港!

 


"関係者以外は係留禁止!” 
  の看板が設置されて

島ではモーターボートも
 含む訪問者が減った。


海域さえボートは大丈夫!・・って?

アメンボーか? お前は・・
                ヨット・セーリング - マリンスポーツブログ村  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西へ!・・再び・・

      03091
          西へ・西へ!


knとnmの表示はやめて 
 速度表示はkm/h、

そして積算距離表示はkmで
 画面に映るから

速度距離感は日ごろの生活に近い。

ちなみに1nm・・一海里
 ・・は緯度零度域の経度一度の

60分の一・・で 

経度一度の移動では
 60nm・・60海里を

動いたことになる。

 

矢印のもう少し先を西に
 転進すると 
 故郷?の備後灘を

出て行く。

やがて島の密集地域へ入り、
 他の海域よりも

潮流は速くなって鈍足の
 ヨットを悩ませる。

 

本日の満潮は1325、
 転流まで三時間弱・・

・・潮流の速い布刈瀬戸までは
 あと8マイル・15kmだが

現在地の逆潮がほぼ1km/hで
船脚は只今 7km/h・・

引き潮にならないと
 布刈瀬戸は越えられず、
 急ぐ必要は
ないので
回転数は1900rpm・・のまま



                            ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クワイの植え付け・・

              3779
                    クワイの植え付け

 

 

 

                3780
                          クワイの芽

 

                  

 

芽が出る・・・
・・・才能・努力・運 
が開花して成功・出世する。

 

と おめでたい食材でお正月の
 おせち料理には欠かせない素材で

この地方が全国一の出荷量が・・多い。

 

田植えが終わると、
 そのクワイの植え込みの季節で、

クワイ農家は今 忙しい。
梅雨の時期に植えられたクワイは
 二週間もすると

写真のように双葉を出し、
雨に濡れて 緑に輝やく。

 

                 3786

 

ところが、種芋が小さい時には
鴨・・カモがそれを食べるらしく

田んぼの上にはカスミ網を張って
子クワイを
守っている。

 

これから このかわいい双葉は
十一月まで順調に育ち、

根っこにクワイの小芋を
つけた後、十一月下旬から

収穫の時期に入る。

 

 

クワイの実の色は深い青色が理想で、
色がよろしくない。

価格が下がるし、
収穫時に誤って芽を折ってしまうと
売り物にはならない。

 

 

ヨットとはまるで関係ない話だが、
友人が兼業クワイ農家

なんで ちょっと書いてみました・・・

                   ブログランキング ヨット

 

                             

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いかたい・・

 

 

                   0244  
                         いか・・

 

                      0239
                        たい・・

 

一週間ほど ”かいたい” の
四文字で話の材料を
作ってきたが 
とうとう話が尽きた・・・

 

この地方の言葉で現わせば・・

”ほぉーじゃ! 
  言葉の順序を変えりゃ
   なんとかなるじゃろぉ”

 

で 順番を変えてみたところ
  海の話題にふさわしく

イカ と タイ になった。

 別にどうってことはないが(汗)・・

 

か・い・た・い・の四文字の
  組み合わせは

一文字づつなら三通り。

二文字づつなら 
 かい・たい・いか・いた・
 かた・たか・いい・の

    七通り。

三文字づつなら 
 かいた・いたい・たいか・いかい・かたい・
いいか・いいた・かいい・たいい・の九通り。

四文字づつなら 
 かいたい・いたいか・たいかい・・・

   ・・・やめよう(泣)

 

古びたセールの廃棄と 
  たった四文字の仮名文字を

使って数話の話を作ってしまった。

見事に 
 何のためにもならない! が


”売りたい!” までには 
  もう少し時間が・・
 
           ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

源平の合戦・・at 矢の島

                02771 
                    矢の島・・の所以(ゆえん)

 

 

 

この島が源平合戦
 の由来!

 矢の島 で、ここらへんから

急激に平家の勢いは
衰えて 西へ西へと敗退する。


栄枯盛衰・・の”栄と盛”は
 きらびやかで楽しそうだが

”枯と衰” を味わった!

当時の敗退者の怨念は・・
                    ブログランキング ヨット

 

で 今でも夏の夜・・
  月の出ない真っ暗闇の中では


怨念が・・おんねん・・

                                     
            ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »