« 2018年10月 | トップページ

作業中・・か?

      05281
         ・・・・

 写真に写っているのは
 近くの製鐵所の岸壁。
  
 係留中のM/V "GOA" で、
   船籍港は 
    "MUMBAI" かつてのボンベイだ。

  0525

   ブログランキング ヨット

ただ今 船橋部分の塗装作業中で、
 剥離した塗装をカンカンとはがして
  サビ止め塗料を塗っているところ・・


・・だが、これくらいの大型船になると
  通常の乗員だけでは人手が足りず
   ネコの手でも、
     あるいは人形の手でも
  使って作業を行なう・・のか?

コクピットから"GOA”を見上げて驚いた。

”アァッ! 作業員が落ちそうじゃ!?”

で もう少し近づいて見上げると落ちそうなのは
人間ではなくてマネキン人形だった。

マネキン人形の場合、作業時間は昼夜を問わず
食事の必要もないから作業効率は高い!・?


ただし 人間が見ている時は寝ているように・・
・・見える・・ 

         down down
       ブログランキング ヨット  

      0528
       Cargo  Ship  ・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sail on!・・帆走だ!

00251 青空に・・

冷たい風の中、青い空に向かって
くたびれたセイルを広げる・・Sail on!



それぞれのセールは
上方に引き上げるのではなく、
縦向きに巻き込んだ状態から
 横向きに引き出す。

だけなので腕力は不要。

非力な熟年でも簡単に引けるから
 腰痛の心配もなく、
  手にマメができたり
枯れ葉のような掌にキズが
  ついたりはしない。

      ブログランキング ヨット

あらゆるシステムは一長一短。

”これが一番!” 
  のシステムが完成すれば
それ以上の研究開発は不要になり、
 考える能力は落ちるか
  または無くなる。

速く帆走るには向かない・・が
 早く帆を広げる・・には 
  向いたシステムだ。


どちらを選択するかは各人の好みだが、
人手が無いから帆走しないとか、
遅いから帆走しない・・
 
 の理由で出港しないのなら
  船体がもったいない・・

       
down down
             ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほし・・いも・・むし・・ハァッ?

   02  
        ほし・いも・むし・

    02_2
        干し・芋・蒸し

好ましい甘味と、美味しそうな香りを感じるので、
さつま芋が好きな人は多く、
甘みを感じる人にとっては好みの食材だ・・

おまけに繊維質が多いので腸の働きもGOOD!!

で・・PUUPUPU? えっ?

で このシーズンになると週に一度は
干し・芋・蒸し・を作る・・down down
              
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村


作り方・・

・近所のスーパーで大き目のさつま芋を仕入れる・

・で 食べごろの大きさにスライスする・
  皮の剥(む)き方はお好みで・・

・灰汁(あく)抜きのために水にさらす・・15分ほど・

・その後、蒸す・柔らかくなるまで(15分くらい)・

・煮てはいけない・

・で 蒸し具合の確認のために爪楊枝で刺す
  スーっと通れば完成・

Photo いもむし・・ハァッ?

風通しの良い状態でベランダに置く・・
鳥に食べられぬようにネットカバーを・・

で 待つこと40時間・・甘味は増し、
表面は乾燥して日持ちは長く、
冷蔵庫に保管すれば二週間は保つ。

繊維質が多いので小腸の働きは活発になり
便秘の心配も減る・・


・・イヤ これは要らん世話かナ?・・down down 
                                                   
         
 ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カミを見上げる・・

 

”すげぇ動画をめっけたゾ!”
”まんま 神(カミ)さんじゃァ!”

と 友人から情報をいただいた。

この場合のカミさんは 時々 出てくる当家の
カミさんではなく

【あなたは カミを信じますかァ?】 のカミさんで

そのカミさんの目線で地球を見下(お)ろすと
 ↑ のように見える・・と
カミを想像した人間には思えるらしい。
          

    Images1  
      見下(お)ろす・・
          
ブログランキング ヨット

・・子供の頃に両親から見下ろされた原体験や
  幼稚園でプリンプリンのオネェさん先生から
  見下ろされた甘酸っぱい体験。


・・小学校の朝礼で壇上から
  見下ろしていた校長先生・・

・・重(かさ)ねた畳の上から
   囚人を見下ろす牢名主・・

見上げる側から見ると見下ろす側の人間は
カミさんに近く、そのカミさんの
気まぐれ具合は当家のカミさんに近い。

神様(カミさん)は基本的に
人間に近い姿が望ましく、
マストの上を飛ぶトンビが

【わしゃぁ カミさんじゃけんねェ! フンッ!】
と言っても信じる訳にはいかず、

【カミさんなら 落としたモンはカミで拭けヨ!】 となる。

三分間の素潜りの潜水能力を持つ
大先輩の友人がいる。


で、プロペラの確認のために先輩が
潜る姿をデッキから見下ろすと
ナンデかカメさん・・


・・イヤッ! カミさんに見える・・downdown
                      
        ブログランキング ヨット 

   
OHH !!   My  God !!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お城の紅葉・・

      5073
       白壁に紅葉が・・

        5074
       紅葉に白壁が・・

 ブログランキング ヨット

北に向けて五マイル走ると
   お城にたどりつく。

幕末期の老中筆頭 安倍正弘
  の居城だった城で、
春は桜、秋は紅葉の名所になる。

 

      2

市街地を走ると 
自転車に乗る人が増えたように
  思える。

すごいスピードで車線右側を走ったり、
広くない歩道を並列で
  話しながら走るのは 
   歩行者にとっても
同じ自転車にとっても、
  自動車にとっても怖い。

”自転車” のジャンルは広いから
   ひとくくりで規則を作るのは難しい。

広めの自転車道を造れたら
多くの問題は
  解決するんだがなァ・・ 

            down down
              ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルースアンカー・・

          50181
          ブルースアンカーを

           5019
            カゴに入れて

             5020
             チェーンとロープを

熟年スキッパーの体力と
 腰痛問題を考えると
自力でのアンカーの揚げ下げは
 しないのが望(のぞ)ましい。


仕方なしに揚げ下げをする場合でも、
 その回数は少ないのが望ましく、
そのためにはアンカーは
 一回で効くのが望まれる。
     
      
ブログランキング ヨット



あまり重くないモノを 
 力を入れずに砂泥に差し込む・・
  
アンカーの理想的な形状だが、
 農機具の刃物に似ている。

例えば鍬や鋤、
 耕運機に取り付ける刃物・・etc

↑ のブルース型アンカーの
   ブレード形状は
牛が引いて田起しをしていた
 農具に似ているので
少ない力で素早く砂泥に食い込む。

・・ように期待をしている。

アンカーレッコ!・・ downdown
            ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡り鳥が・・・

        4007
              マストファーラーの右側に

      4008
             うっすらと鳥の群れが・・

・・見える と 思えば見える。
            
ブログランキング ヨット 
   
この季節になると
北の国から渡ってくるツグミ だ。 

この鳥は大きな集団を集まって
 海の上を飛び回り、
  遠くから見ると
鳥の群れには見えず、霞か雲かの影が
海上を漂うように見える。

口を開けながら見上げていると、
 その影は 薄く濃くなり、
  大きく小さくなり、高く低くなる。




この鳥が飛び始めると
 瀬戸内海の冬が始まり、
  知らぬ間に 鴨(かも)や鵜(う)も
   ヨットの近くを泳ぎ始める。

で 11月中にはアンダーから
 アウターまで冬バージョンに
  して冬を待つ。  


自転車のグローブは
 耐寒仕様にして手を保護し、
  冷えやすい頭も耐寒仕様にして
   冷えすぎを防ぎ、


縮こまりやすい○○を保護するため
 にフリースのパンツでも
  出そうかな?・・・
 
            down  down
           ブログランキング ヨット

    snow            snow            snow

       Photo 
              ツグミ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ