« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

初体験!・・

5056 普通のジッパー・・

5058 ワォ~ッ!!

上の写真に写るのが普通のジッパーの
取っ手部分 で、下の写真に写るのが
ワォ~ッの部分だ。

先日トイレに入ってナニをナニして
ナントカしたところ
チャリンッと金属音が聞こえた。

金属音が聞こえたからって
金○○が落ちた訳じゃ
ござんせん!

下の写真に写る
ジッパーの取っ手部分が壊れて
トイレのボールの中へ落ちたようだ。


上から水の中をのぞいても
金属部分は見えない。

手で探って拾うのも憚(はば)かられるし
今さら拾ってもこんな状態なら修理は難しい。

こりゃ困ったな・・と思ったがジッパーを
締めないことには外へ出られない。

試しに指でジッパーをつまんで
引き揚げると・・揚がる!

ジッパーをつまんで
引き下げると・・下がる!

若干の不自由以外には
結果的にはナンの障害もなく、
明日もこのパンツを穿いて出かける。

この部分に触れたりさわったりするのは
本人以外にはなく、
使用上の問題もないから
今回の事故?は なかったと同様だ。

・・・動揺したが・・
down down
          ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キョキョ巨大船通過・・

    帆走中のヨットの・・

4371 目の前を・・

4372 キョキョ巨大船・・

4373 大きすぎてレンズに・・

4374 ・・やっと入った!

キョキョ巨大船通過・・

巨の字が多いのは誤植ではなく、
あまりの船の大きさに
敬意を表した造語です?

近くの製鉄所には多くの貨物船が
出入りする。

製品の搬出を請け負う貨物船は
大小さまざまだが  原料の搬入を
行う貨物船は決まって大きい。

その大きな貨物船が指定航路を
通過する時には 四、五隻の
タグボートがキョキョ巨大船の回りを囲み、
他の船の航行を規制する。


特にヨットのように ゆっくりと動く
船には早くから注意を喚起し、


”ヨットの船長さ~ん
   巨大船が通過するのでご注意
   願いま~す!”

と 通過する十分ほど前から
声が掛かる。

声を掛けられたら無視する訳にも
行かず、通過するのを待つが
待つ10分は長い。

ここら辺を往くときの巨大船の速度は
ほぼ八ノット・・15km/h

10分後なら2400メートルの
彼方にいることになるが、

なんと、八艇身・・

2400メートルの彼方・・
はエラク遠いように思うが
このクラスの巨大船ならほぼ八艇身・・

・・9メートルのヨットに換算すれば
  移動は200フィート・・

・・60メートルに匹敵する・・すぐそこだ!


そりゃ危険だワ・・ down  down
               ブログランキング ヨット

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速やッ!・・はやっ!・・

               

画面の下部中央から右上方に向かって
小さな影が地球と月との間を移動します。

国際宇宙ステーションだそうですが、
その速さに驚きです。

Images4

人工衛星の速度は
およそ8000m/sくらいだそうだから
平均四ノットで動くヨットの千倍以上の
速度になります。
(ノットの速度設定はSea Mile 1852mです)



因(ちな)みに音速は(331m+0.6t)/秒
・・だったかな?・・

マァ 340m/sくらいだから マッハ28 くらいの
速度で地球を周回してるようです・・ハャッ!

”こうのとりⅡ”の ドッキングの様子を見ると
ユックリとゆっくりと 慎重に近づいて
やがて着岸・・の景色だ。

が 本当は鉄砲玉よりも早く動きながら
くっついたり離れたりをしているらしいから、
四ノットの速度に慣れているヨット乗りには
到底無理な離着岸だ。

400キロ上空を俊足で動く宇宙ステーションは
40万キロ上空?を動く月よりも速く、
ほぼ4万KM/時・・

・・上空で静止(・してるように見える・)
している静止衛星に比べても速い。


ウ~ン 恐るべし 宇宙ステーション!

はるか天空を色々なモノが飛び交う時代に
なったので最近は宇宙人と
UFOの話題が減った。

UFOだって下手に近づいたら浮遊物の
モノに当たっちゃいけない!

だから最近は来なくなったのか?


金星人の金○ゴンは元気なのか?・・down down
                            ブログランキング ヨット

   moon3     moon2      moon1       fullmoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かも・・鴨・・Come on?・・

03351  冬鴨・・

美味しい鴨?・Come on!

一年中 この地方に住み続ける
鳥もいるし冬になると南に去って行く
鳥もいる・・避寒だ。

そして、この季節になると北から
訪れる鳥もいる・・

・・こちらも避寒鳥だ。

で 一ヶ月ほど前から美味しそうな?・
・鳥が増え始めた。


野鳥の肉には脂肪分が少なく、
メタボ系の人にはお奨めの食材だ。

そして、大きな網(あみ)と
素早い動作があれば
捕り放題! 

・・で 食べ放題!

そうなると体脂肪分は減少して
動作はますます敏捷になり
またまた野鳥は捕り放題!

・・ホンマか?

メタボ検診以来・・
自転車の速度は10ノットを重く?超え、
距離は10マイルを軽く?越える。


が 運動にはなるが目的地はないので
無闇に走る。


諸般の事情を考えると5マイルの往復

・・って訳にはいかないので
2マイル先まで行くと引き返す。
それを三往復!

すんません・・距離の表示は
sea mile 1852メートル表示です・

車道の端っこを汗をかきながら
行ったり来たりする姿は
事情を知らぬ人から見ると
ハァッ?・・になる。

”ただ今運動中” 
と 書いておかなきゃ
ならんかな・・
・・(笑)  
down  down 
        
ブログランキング ヨット

 

1 可愛いい鴨?・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所の島へ・・

    秋の半ばの話です・・

3787

瀬戸内海を帆走(はしり)ます。

このままセーリングを続けて東へ・・
で、水島灘に入ります。

水島灘を含む瀬戸内海は
昔から激しい船の合戦があった。

その海域として知られ、各地に色んな
伝承が残っている。

ここの島でも ↓ のような話が伝わり、
瀬戸内海周辺部では
今でも夜になると ○○や△△が出没する。

 

Photo_2 
  幽鬼の浜(雪の浜)・・

人間の、
頼りにならない眼力で 見える範囲は
ジツは全体の数パーセント
じゃないかと感じる。

見える事象以外にも
色んな出来事が起こっている・・

・・特に月の出てない真っ暗闇の海では・・

明るいサーチライトで照らすと、影は濃くなり、
その影に隠れて魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)して
人間の弱さをさらけ出す。 


サァ 今晩は照明を消して
マリーナの隅っこを見つめて
見ませんか?・・・オ?
              
down  down
                  ブログランキング ヨット

  yacht         shadow         shadow         yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストップ バイ ヒーブツー・・

2 逆ジブに・・

・・冬浅し!・・の 時期になったので海上での
リクレーションの日数が増える?・・が、


目的地があるセーリングならこんな事はしない・・
・・が・・

目的地がない場合のセーリングなら周りへの気遣いが
面倒なので 昼ご飯の時には船を停める。


で ファーリングジブを1/2に縮帆(しゅくはん)し、
タッキングをすると見せかけて、回頭はするが、
ジブは返さない。

そして 逆ジブ状態でメインセールはアビーム状態・・、
ちなみに風向は右舷からの風向なら二時・・
そして左舷からの風なら十時・・が望ましい。


メインセールラフ側の横向きのしわは
気にしないで頂きたい。

自作のインマストファーリングの
メインセールはこんなもんだ。


そして、風向を二時または十時くらいに保つためには
舵角はラフ気味へ・・


で、逆向きのジブセールに風を受けると
バウは風下に向く。

で、ベアするとジブセールよりも
面積が広いメインセールに風を受けて前進する。


が 舵角の通りに船体は風上に向く・・で、停まる!
で・・前後進はしない。


と 船体は前進でも後進でもなく、
船首方向を思うと八時または四時方向に・・
・・ゆらゆらと~葉っぱが舞い落ちるように
風下へに移動する。

2 停める・・? 

水深が二十メートルなので錨は入れない。

セールを降ろすと運転不自由船になって、
あらぬ方向へと動くからセールは揚げたまま。

これが船を停めるためのヒーブツーだ・・
・・停まりはしないが・・down down
                    ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚探か測深儀か・・?

4124 旧式ブラウン管・・

4125 水中探査器・・機か?

ブラウン管ってのがそもそも古物ではあるが・・

海底の起伏を探査すると同時に
海中の浮遊物をも探査し、
その浮遊物の大きさ
または数をモニターに表す・魚探・

正確とは言えないが・・

時によっては太刀魚の群れと
深さを探査し、
また時によっては潜水艦ですら
その大きさと位置を特定する・・

経験はないが・・

だから、この機械があれば
水中の状態は 顔を水中に突っ込んで
いるように分かる。
まるでヨット界のイージス艦装備だ。

が モニターに映るのは過去の資料・・
つまり 通り過ぎた状態しか映さない。

将来・・一秒後またはそれ以降の
様子は分からないからこの画面の
直後の様子は予想も出来ない。


もしかしたらこのままに平坦な海底が連なり、
モニターには潜水艦も映らずに
平穏な航海が続くかも知れない。

が グンッと海底が盛り上がる
浅瀬の可能性もあって
一瞬先の見通しは明るくはない・・・

・・・冷や冷やドキドキ!
         
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村

魚探、測深儀、デプス、・・エ~イ!
呼び名はなんでもいい!

自分の真下の水深には
判るに越したことはないが、
判ったからって座礁しない・・
なんてことはない。


もう少し予算があれば
前方探査の装置もあるらしいが
赤字債権を発行できない庶民には
この装置は高嶺の花だ。


一寸先は闇・・魚の持つ能力には
最新鋭機器でも敵(かな)いません。

ジャァ~何のために使うのかって?

過ぎ去った太刀魚の群れを
呼び戻すためのお祈りと、
アンカーラインの長さの決定、
泳ぐときの気合の入れ具合・・

・・くらいかな?・・
  down down
                ブログランキング ヨット

 

2 現在の測深機・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

島の秋・・仙酔島

Photo  仙酔島へ・・

     
 そして、仙酔島を歩く・・

4099 山路を・・

4100 汗を拭きながら

4101 鞆の町・・

3 海岸の路を・・

急に冬らしくなる前の日。
先週の話だ。

島の秋を味わおうと近くの島へ・・・

仙酔島はタヌキと温泉の島で、
週末ともなると
多くの観光客で賑わう。

そこには島を周回する散歩道が
整備されていて海岸から山路に上がると
縦走路に入る。

小弥山・中弥山・大弥山・・

で、瀬戸内海の景観を満喫できる。


”久米の仙人” が
雲の上を飛んでいた・・らしい。

そして、この島の美しさに喜んで
ついつい、久米の仙人が落っこちた!

仙人が酔いしれて落っこちた島・・
それが仙酔島の名の由縁に
なっている。


本当は酒も飲んでたんじゃないかと思えるが
三千年も前の話なんで もう時効だろう。

山路を一周すれば90分・・半周なら45分・・
もう少し近道を通れば30分ほどで
仙人が酔いしれた景色に遭遇する。


冬場に近づく弥山・・down down
 
                ブログランキング ヨット

 

Photo 近場の狸・・

10 四郎三郎礁・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほし・・いも・・むし・・ハァッ?

02  ほし・いも・むし・

02_2 干し・芋・蒸し

好ましい甘味と、美味しそうな香りを感じるので、
さつま芋が好きな人は多く、
甘みを感じる人にとっては好みの食材だ・・

おまけに繊維質が多いので腸の働きもGOOD!!

で・・PUUPUPU? えっ?

で このシーズンになると週に一度は
干し・芋・蒸し・を作る・・down down
              
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村


作り方・・

・近所のスーパーで大き目のさつま芋を仕入れる・

・で 食べごろの大きさにスライスする・
  皮の剥(む)き方はお好みで・・

・灰汁(あく)抜きのために水にさらす・・15分ほど・

・その後、蒸す・柔らかくなるまで(15分くらい)・

・煮てはいけない・

・で 蒸し具合の確認のために爪楊枝で刺す
  スーっと通れば完成・

Photo いもむし・・ハァッ?

風通しの良い状態でベランダに置く・・
鳥に食べられぬようにネットカバーを・・

で 待つこと40時間・・甘味は増し、
表面は乾燥して日持ちは長く、
冷蔵庫に保管すれば二週間は保つ。

繊維質が多いので小腸の働きは活発になり
便秘の心配も減る・・


・・イヤ これは要らん世話かナ?・・down down 
                                                         
 ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣り・・タコ・・

02  たこてんや・・

近所の釣具屋さんに行く。

”イイダコ用のテンヤを・・釣れるテンヤを・・
  イヤッ たくさん釣れなくてもいいけどネ・・”

 

”このテンヤなら釣れると思いますがネ・・”

 

”ホイジャァ それを二個!・・”

 

”ハイッ 460円です!”

で 晴れた日を狙ってタコの聖地へと行く・・
・・当然 Sailing・・帆走で行く。

最新型のタコテンヤを使えば 錆びたような
テンヤに比べると釣れる量は・・少しは多い。

で、あらゆる道具を含む
そして釣具の技術の進歩は進む。

今まで三匹しか釣れなかったタコも
この最新式のテンヤを使えば軽く五匹は釣れる?


11月中がタコの季節なので急がねば・・

急ぐためには適正なセイルトリムを・・
適正な風向・風速の予測を・・
 down down
                    
  ブログランキング ヨット 

それにしても釣れません・・(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カミを見上げる・・

 

”すげぇ動画をめっけたゾ!”
”まんま 神(カミ)さんじゃァ!”

と 友人から情報をいただいた。

この場合のカミさんは 時々 出てくる当家の
カミさんではなく

【あなたは カミを信じますかァ?】 のカミさんで

そのカミさんの目線で地球を見下(お)ろすと
 ↑ のように見える・・と
カミを想像した人間には思えるらしい。

Images1  見下(お)ろす・・

・・子供の頃に両親から見下ろされた原体験や
  幼稚園でプリンプリンのオネェさん先生から
  見下ろされた甘酸っぱい体験。


・・小学校の朝礼で壇上から
  見下ろしていた校長先生・・

・・重(かさ)ねた畳の上から
   囚人を見下ろす牢名主・・

見上げる側から見ると見下ろす側の人間は
カミさんに近く、そのカミさんの
気まぐれ具合は当家のカミさんに近い。

神様(カミさん)は基本的に
人間に近い姿が望ましく、
マストの上を飛ぶトンビが

【わしゃぁ カミさんじゃけんねェ! フンッ!】
と言っても信じる訳にはいかず、

【カミさんなら 落としたモンはカミで拭けヨ!】 となる。

三分間の素潜りの潜水能力を持つ
大先輩の友人がいる。


で、プロペラの確認のために先輩が
潜る姿をデッキから見下ろすと
ナンデかカメさん・・


・・イヤッ! カミさんに見える・・downdown
                      ブログランキング ヨット 

   
OHH !!   My  God !!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青・黄・赤・・色の三原色

色の三原色・・だが、

アホ(青)・気い(黄)・つけな
あか(赤)んでェ・・! 

と時世(じせい)を読まないオジサンが
宴席で叫ぶ!・・

・・オッ? オラのことか?・・

5093 秋深し・・

5094 まだ緑も・・

”秋深しィ 隣は 何をする人ぞォ・・”
もう冬の時期に近いが・・


真ん中に写るのが
銀杏(いちょう)の木の黄葉(おうよう)だ。

銀杏の木は 短期間に落葉するから
時期になると その足元は
落ちた葉っぱで まっ黄色に染まる。


まるでスキー場の片隅に
多くのスキーヤーが集まって
オシッコをしたようだ・・


・・例(たと)え話しが悪すぎるが・・

たまたま近くの公園を通りかかったら
この風景だった。


緑(青?)と黄色と赤レンガの赤・・
うん! 色の三原色だ。

三原色の真ん中の黄色の部分は
あと一週間もしたら
なくなって木の色の茶色になる。

やがて瀬戸内海も もう冬になるから
ヨットの季節も終わる・・

・・って オイオイッ! 終わるなヨ!

タコは徐々に大きくなり、イカも釣れるし
太刀魚も、そして鯛も・・OH!!

金風呂の瀬戸では
ナント!太刀魚が釣れてるゾ!・・down down   

 ブログランキング ヨット

Photo 紅葉・

Photo_2 黄葉・・

Photo_3 葉・・down down
                
ヨット 人気ブログランキング IN順 - マリンスポーツブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ズルズル・・グスグス!・・続・・

   秋の花粉症・・続・ぞく・

02masuku ん・ん・ん・

すいません・・
ズルズル・・グスグス・・
・・ゾクゾク・・続々・・の話です。

前回の文章でも提案をさせていただいたが、
花粉症の症状の到着点は鼻腔の奥・・

なので、呼吸をするには鼻呼吸を避けて
口呼吸を・・

しかしながら、見た目を思うと
大きな口を開けながらの呼吸は
恥ずかしい・・

・・なのでマスクを着ける。

そして、鼻の呼吸をするのではなく
口腔での呼吸を・・

で 口呼吸での花粉の吸入を避けるために
口にマスクを・・!


・・エッ!?

”ん・ン・ん・ン・・”

上記を口蓋語?に翻訳すると

”イヤァッ! このご提案後、鼻水は止まって
  クシャミも出なくなりました!
    ご提案ありがとう御座いました!”・・


オォッ! それでは口呼吸の場合なら
鼻のマスクは不要なのか?・・

・・ホンマか?・・って、ホンマである訳はなく、
マスクは鼻と口の双方に装着を・・down 
down
                           ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »