« 食べる・・ | トップページ | へんっし~んっ!・・変身! 続 »

へんっし~んっ!・・変身!・・

04911  変身っ!・・シュワッチ!

生きる生物(含む、植物)の一生を大きく分ければ
幼少期・青年期・壮年期・老年期・かな?

二千年を生きる縄文杉の一生も似たようなものだし、
十二ヶ月で転生を繰り返す蛍も似たようなものだ。

どの時代が一番楽しいか? または楽しかったか?

個人的な思いで言えば "今" かな?

バウのプッシュピットから海面に飛び込む元気は
なくなったが トランサムからジワジワと海に入っていくのも
それなりに楽しいし、
スピンを張ってビュンビュンに帆走るのも楽しいが
2000回転のエンジンででトロトロ動くのも・・
・・それなりに楽しい。

生き物は変化・変身し続ける。

上の写真に写る蝉(せみ)の抜け殻も
地中に住むイモムシから空を舞う飛翔体・・
・・FO・・へと変化した。

Photo 蝉・・セミ・・

本人?としては、イモムシだった頃を懐(なつ)かしむが
飛び立った今! 

・・が、一番楽しく、輝かしい未来を想像する。

これから先の三週間ほどの生命が
長いか短いかは、
人間の価値観で想像してもナンの意味も無い。

で、蝉にとっては青年期と壮年期、そして老年期を
三週間で過ごすことになる。

FOってのはUFOのU抜きの言葉で飛翔体の
ことだ。

飛べない人間にとって ”宙を舞う” のは
夢の夢!

が 夢の中なら宙を舞える!

昨夜も宙を飛んだ・・フムフム down down
                 ブログランキング ヨット   

|

« 食べる・・ | トップページ | へんっし~んっ!・・変身! 続 »

無題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/55314136

この記事へのトラックバック一覧です: へんっし~んっ!・・変身!・・:

« 食べる・・ | トップページ | へんっし~んっ!・・変身! 続 »