« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

Well come to Tomonoura・・

表題を日本語に訳せば・・

”古くからの港町 鞆の浦へおいで下さい” です。

で、鞆の浦から仙酔島へ・・渡船で渡る・・

02  仙酔島・・

021  案内図・・

ワタシのセーリングエリアに浮かぶ・・
・・福山市鞆町の仙酔島(せんすいじま)だ。

五月には観光鯛網の行事が行なわれる。

で、五月の最終土曜日には花火が・・ド~ン!!

そして、この海域が瀬戸内海の潮流の真ん中!

で、満ち潮の潮流は 東西からこの海域に集(つど)い、
引き潮の潮流はこの海域から 東西に流れて行く。

対岸の鞆(とも)は古くからの港で 陸地からの観光客は
多いが、海上からの観光客は少ない。

ナンデか?

鞆の港にはプレジャーボートを停泊する場所がないからだ。

だからってこの町をヨットで訪問できない訳ではない。

対岸の仙酔島には県が管理する浮き桟橋があって
実質的な管理者・・指定管理者の
”広島港湾管理センター” の福山営業所・・に
係留許可の申請をすれば 特段の行事がある時以外は
係留許可が出る。


ちなみに、係留許可書を申請しなければ
手続きは不要で係留料は無料!・・フムフム・・

島には温泉があり、食堂もある。

買い物は”いろは丸”に乗って対岸の街・・
・・鞆(とも)に行けば不自由することはなく、
充分に観光も楽しめる。

参考までに・・渡船の代金は往復で240円です。

”いろは丸”は あの”いろは丸”?ではなくて
五年前に新造した ”平成いろは丸” です。

ちなみに現地語で言えば・・

・・キンシャァ・・鞆の浦へ!・・down down 
                 ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風力Ⅴ・・風速10m/秒!

02  風速を・・

港湾工事を行なう建設会社の現場事務所。

で、横にある幟(のぼり)で見ると
風速計と風向計を兼ねる・・

で 事務所の横の看板には海上での作業では
”風速10m/秒を超えると工事は中止します” と
謳(うた)ってある。

ちなみに風速10m/秒・・風力Ⅴの目安は
この幟(のぼり)が真横を向く・・状態だそうだ。

風力Ⅴ・・は風力ブイではなくて
ローマ数字のⅤ、洋数字だと5・・和数字だと五の表示です。

とにかく いくら強風でも真横以上に上を向く!・・ってのは
ちょっと困難なので 例えば15m/秒だとしても
幟の向きは真横・・? なので、
頑張れば業務をこなせる

しかし 18m/秒を超えると幟の角度は徐々に
上を向き・・イヤッ・・上を向くってのは
表現がよろしくなく、尻尾が上になるのなら
下を向く・・になるのか?

それなら・・風が穏やかな時には幟は上を向き、
風が強くなるにしたがって下を向く・・

通常の言葉なら・・
元気になるに従って上を向き、
強くなるに従ってビンビンに・・・
・・by  赤マムシ・・
が、

この幟の場合は風が強まるに従って下を向き、
風が弱まるに従って上を向く・・

父ぉちゃん今夜も頑張ってェ!・・

・・とは 別な次元だが・・フムフム・・down down 
                    ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の食材・・ジュルル?

02_2   フジツボ・・

ふじつぼ・・

・・藤壺・・藤の花に似ているので・・

・・富士壷・・富士山に似ているので・・

とにかくフジツボだ。

食材に適するかどうか まだ食べたことがないので
不明だが・・・

で、先日 スポンジで船底を軽くこすったら
ガリガリとフジツボの感触があった。

毎年、この時期から急激に繁殖が始まり、
船底やプロペラをフジツボで覆(おお)う。

食物は必ず連鎖するのでフジツボもナニかを
食べ、そしてナニかに食べられる。

それなら・・
ヨットの回りには多くの魚や鳥類がいるので
ボラ太郎やボラ子、サギノ介やサギ恵が
フジツボを食べてくれるとありがたい!

近年は自然環境を保護するために
船底塗料の毒性は穏やかになった。

そして、以前の船底塗料は皮膚に付着すると
炎症があったが、最近は皮膚に付着しても
かぶれることもない・・
・・LUC
KY ?

おかげで海産物の毒性も減ったので
近所の皆さんには 安心してフジツボを
食べていただきたい!

近所の皆さんが船底のフジツボを採取して
いただけたら1キロごとに2缶のビールを
プレゼントする!

そして、
量に制限はなく、食べ放題!・・down down 
                 ブログランキング ヨット  

ワタシ?!・・フジツボは食べません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救命浮環・・Life Ring・・

02701 救命浮環が・・

02681 投げ・投げ・・られん!

自転車で走る水路に沿って 小型船が係留されている。

時々出港しているボートだから 船検は合格していて
装備も揃っている・・多分・・と思われる。

なによりライフリングは周りから見えやすい場所に
設置してある。

船検備品の救命浮環・・ライフリング・・は設置が義務で
投擲(とうてき)・・投げ飛ばすコト・・は義務ではない。

なので、ナニカの不注意で救命浮環を海に
落としてしまい、ひもが切れた場合は
本人が飛び込んで救命浮環を
拾いに行くよりも安全だ。


通常の状況では相当なことがない限り
海に落とさない環境が望ましい。

この状態で保管していれば 誤ってゲストがさわっても
落ちることはなく、デッキを歩くときには手すりの
役目も果たし、目立つ色合いだから
カラス除けにもなる・・かも知れない。

プレジャーボート・ヨットに積み込む救命浮環の
第一の目的は船検備品で、安全備品としての
目的は一の次・または二の次・・オーナーによっては
三の次で、格納場所はキャビン床下の奥!

取り出すのは三年に一度で 常に新品状態!
船名は空欄のまま・・・down down
             
ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100点!・・満点?・・続

 

02

週明けになって再び100点!
・・の話だ・・すいませんネ・・

自身への採点は少々甘めで、他人から見たら40点!・・
・・の採点であっても 自身が採点すればプラス20点!・・
で 赤点ギリギリの60点に昇華する・・甘い!

そして、採点の基準は個人によって多少? イヤ多々の
相違がある。

先日 自転車で走ったところ、互いに1,5車線の
道路の交差点で、右側から走ってくる乗用車がいた。

自転車で走るワタシのほうの道路は一旦停止マークが・・
・・で 停まる。

と 右側から近づいた乗用車が通行車線で停止し、
”どうぞ、どうぞ” ・・の素振りで左手を左右に動かす!

・・・ちなみに、自動車教習所の生徒の運転中だった・・・

この時点で衝突事故になれば
損害賠償率は1:9・・一旦停止側の自転車の方が
多大の責任を負うし、停まる必要のない交差点で
停まったら交通渋滞の原因にもなる。

で 自転車側のワタシが右手を振って
”どうぞ、どうぞ!” の素振りをすると
会釈をしながら行き過ぎた。

当然 相手側のやさしさに応じて
今回の採点は100点!

ただし、100/100の訳にはいかず、
100/??? の採点になる・・

ご用心を!・・down down 
       ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100点!・・満点?・・

100  100点!

他人から受けるテスト・・以外の採点は
自身で決める。

場合によっては、
落第に等しい赤点だったり優秀に等しい満点!
だったりと 自身で採点をするが、

自身以外の人に100点以下の採点をする訳には
いかない。

なので・・

交差点に進入してからウインカーを点ける
パトカーの点数は100点!

1.5車線の車道の右側を自転車で走る
中学生の集団も100点!

真っ暗闇の海面を無灯火で操業する
漁船も100点!

大きな引き波を立てながら港内を航行する
巡視艇も100点!

評価の点数は ○○/○○ で、100点なら満点!・・
ではなく、上記の案件を評価すると100/200・・
と ほぼ赤点に相当する点数になる。

概(おおむ)ね60%以下の点数は落第点に
なるので、
” ウインカーを点けないよりはヨシ!”
” 自転車で横一列になるよりはヨシ!”
” 巡視艇が衝突するよりはヨシ!”

” 操業中の漁船の無灯火は
   は省エネのつもりなのか?”

・・と 思うのはダメ!・・ down down
              ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10円硬貨・・効果・・こうか?

Photo  (小)金持ちなので・・・

Photo 10円×二枚

ご覧になるとお分かりだろうが
当方のデッキシューズには いつも十円硬貨が
左右に一枚づつ 合計二枚・二十円分が常備されている。

硬貨の効果は銅貨?・・ハァッ?

① もしも出先(でさき)でお金が足りなくなっても 少なくとも
   市内なら公衆電話で 助けを呼べる。

② 足裏のツボの 疲労回復部門を硬貨で押さえると
    疲労は回復する。

③ 足裏のツボの 船酔い防止部門を硬貨で押さえると
    船酔いをしない。

④ -(マイナス)ネジならこの硬貨で締まる または
    緩(ゆる)む。

⑤ 気に入らないウエイターにチップとしてこの硬貨を
   渡すと腹いせになる。

十円硬貨二枚・・二十円で このような効果がある。

”ポケットに入れてちゃ駄目ヨ”・・by カミさん

で、ワタシとしてはポケットに入れるか 小銭入れに
入れとくかの方が 納まりが良いが ご指摘の
通りにデッキシューズに仕舞っている。

本来なら 百円硬貨でも五百円硬貨でも構わないし
隠してある十万円硬貨を入れてても構わないが
”それじゃぁ 駄目ヨ!” by カミさん

だから 十円硬貨を二枚・・down down
               ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♫ 夏も近づ~く~・・ ♫

 夏が近づき、梅雨に入った・・で、

♫ ~野にも山にも若葉が茂る~ ♫

02  で、梅雨が・・

生物にとって水分は命の糧(かて)だ。

その水分の源(みなもと)の大部分は雨だ。

なので この時期の雨は 人間を含む生物にとって
生きる希望と意欲を与える。

To  You から For You へと変身か?

ところが、
なにかの行事・・で、五回のうちの三回は雨に会うワタシは
所謂(いわゆる)豊穣(ほうじょう)の尊(みこと)で

周りの人から・・アンタは雨男じゃぁ!・・との言葉を
いただくが、同じデッキで雨に降られたり、
町内会の掃除で雨に会ったとしても
生命の存続を思うと 苦情を言われる筋合いは・・
・・ない・・
・・なくはない?・・
・・イヤ ないと 思う!・・

で 数日前もチョット行事があって ボランティアを・・
・・ところが 午後になって青空から一転雲が広がる。

アレヨアレヨ!・・と 思う間に シトシトピッチャン ~

で、 エ~イ!雨男が~ッ!!

と 周りの皆さんから暖かい言葉をいただく・・

皆さんの期待に沿うように 次回の行事も
潤沢な水分を皆さんへお配りする・・

すいませんネ・・down down 
         ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマト味?のクラッカー・・

5014_2 トマト風味! の

5015_2 クラッカー! だ

先日スーパーに行ったらお菓子コーナーでユニークな
お菓子を発見!
パッケージにはトマト風味のクラッカーと表示してある。

カロリーは低く、栄養価は豊富!

これは食べない訳にはいきません!

で 早速 購入。
で 早速 試食。

パッケージからクラッカーを一枚取り出してかじる・・
・・トマト風味です!
二枚目をかじる・・ちょっと塩味・・トマトサラダ風!
三枚目をかじる・・ほんのりと甘い!

自分で評価すれば
チョット甘めのトマトジュースを乾燥させたような感じ・・

で 似たような歯ごたえのビスケットとは
食べる目的が異なるような気がする。

で 結局は五枚入りの小袋を十二袋!
味見しながら完食! です。

悪くはないんで コクピットでの間食用に
買い足しておきました。
ご希望の方がおられたら一声かけて下さい。

その時に在庫があるかどうかは分かりませんがネ・
  ・・  down down
    ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルックオン!・・Look on !・・見張り!

人民解放軍海軍部隊の ルックオン!・・
ではありません・・

Photo_2 ミサゴです・・
4709 ボートのプッシュピットに

4706 構えるアオサギ・・

ここら界隈は野鳥の天国なので、
アオサギがボートにとまったくらいで
追い払うような無粋な人間はいない。

だから、狭いエリアの中では カモメにトンビ、
カラスにミサゴ、シロサギやアオサギ、etc

などが羽根を伸ばして自由に飛び回り、
ヨットやボートにとまる。

鳥たちの一日の生活パターンは人間との
大きな差異はなく、【食べて寝る・・】 で、寝る時間以外は
食べるための時間になる。

が 食べると言っても 食料をスーパーで調達する
訳にはいかず。

自力で調達するしかなく、食べるための
エネルギーの大半は調達のために費(つい)やされる。

働く人間も 似たようなものだが・・

で このアオサギも ただ今 食料調達のための
ワッチ時間で、右下に見えるアオサギも当然ワッチ中だ。

入り江の奥まった海域なので波浪は入らず、
海藻が多く繁殖しているので 静かな海面には
小魚の群れが泳ぎ回って ワッチ中の鳥たちを喜ばす。


この海域では海面が波立つほど多くの
小魚が泳ぎ回るが 近くの釣り船の人たちは
ナンデか?・・
・・高い燃料費を使って沖へ・沖へと突っ走る。

少しは鳥を見習うがヨロシイ・・down down
                  ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入梅・・つゆいり・・

 

Photo   雨が・・・

・・空模様を思うと、まだあまり実感はないが・・

・・例年よりも早い入梅(つゆいり)だ・・らしい。

これから先の一ヶ月あまりは雨の多い日が続く・・

生物にとって水分は生きるための源(みなもと)・・

で、稲は喜ぶしカタツムリも喜ぶ・・が

Sailor  セーラーにとって雨は天敵!

雨天の場合でも 予(あらかじ)め予定されている
行事には、無理やりにでも連れ出される。

が、・・できれば、できれば・・ですヨ・・

”雨じゃから今日は出てこんでエエヨ!” の

ご案内をいただきたい!

濡れるのが当たり前のボードセーリングでも
雨の日の練習は差し控える。

当然 濡れるのが大嫌いなヨット乗りは
雨が降らなくても・・もしかして降りそうな天候でも
出港は差し控える。

と そこらの事情を加味して上での
強制出港の強制執行を考えていただきたい。

と 書いてみたら、強制出港と強制執行・・

・・は 言葉は似たような文言で、
内容も ”早く出港しろ!” と 

”無理にでもしろ!” だから
意味合いも似ている・・

・・雨くらいでやめちゃァいかんぞ!”・・down down
                      ブログランキング ヨット   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遮光ネット・・しゃこうねっと・・

021  ブームの上に・・

2  遮光ネットを・・

四月頃からUV・・紫外線が強まる。

皮膚の柔軟力が弱まった熟年のオッサンにとっては
紫外線は浴びぬがよろしく、できれば外出を控えるのが
望ましい。

が、んな訳にゃいきません!

デッキで遊ぶのを 三日/週・・Threedays  par  week・・
を目標にしているので 陽が当たって暑い・・
の理由でヨットに行かない・・

・・んな訳にゃいきません。

が 熟年にとって紫外線は敵!
・・で、防げ!

紫外線!・・・Block  the  UV!・・です。

で 近所のホームセンターで遮光シートを
さがすために 農業用のコーナーに行くと
写真に写る遮光シートが並んでいる。

二メートル四方のネットがあり、遮光率は70%!
風が吹いてもバタバタは なし!

価格は・・内緒!・・フムフム down down 
                ブログランキング ヨット   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進歩・・進化・・?

02_2  スマートフォンを・・

人類の身体能力は進歩・進化する・・
思考能力は・・不明・・だが・・

近年は車を運転中、 右目で前方を見ながら、
左目でスマートフォンを見つめる・・

と 同時に、右手でハンドルを握りながら
左手でスマートフォンをいじるドライバーが多い。

左右の目を別々の目的に使い、
左右の手を別々の目的に使う・・

そして、人類の身体能力は使う道具に沿って
進化?する。

その身体能力は世代に関係なく、
バサマでも、ジサマでも、アンチャンでもネェチャンでも
オッチャンでもオバチャンでも・・

そして、能力のある人は運転中でも
スマートフォンを操作できる!

前を走る軽の箱バンの助手席から 三歳ほどの
子供が後ろ向きにこちらを見ている・・

で、運転席で操縦するお母ァさんは
走りながら 左手に持つスマートフォンの
画面を左手の親指でスルスルと・・

・・器用なもんだ・・

人間の能力は進化する・・?・・

100メートルを2分で泳いでいたスイマーは
今は50秒!

10ノットでワオォッ!のセーリング界でも
現在は40ノット! オーバー!

将来の展望は明るい・・か?・・down down 
                 ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »