« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

天然のグルメ  続・・海苔・・

  00481 黒い所が天然海苔で・・

    00491 ちょいと味見を・・   

   00511 天然の岩牡蠣も・ ・

・・・内緒の話ですが・・・

毎年この季節になると 自転車で走る近くの海岸には
天然岩海苔が繁殖する。

ここ二十年ほどは海水温が高いので
収穫量が減ったが、
品種の改良と共に近年は収獲量が増えつつある・・

・・は専業の話しだが・・

で、自転車で走る近くの海岸でも収獲が始まる・・ん?

去年よりも広い 約50平方メートルほどの範囲で
天然の岩海苔が海岸を黒く染める。

黒く輝いておいしそう!・・
・・で せっかくだから 味見を!・・

”ウソじゃろ?”  と お思いのご近所の方のために
試食の場面を・・・

ナニシロ 採ったばかりの生海苔なんで
風味があって香りも強く、20分ほど前まで海水に
浸っていたので うすく塩味までついている。

Photo  養殖海苔・・

上の写真の真ん中に写る海苔を摘み取って一口!
・・Oh!・・美味!

ご近所の目を気にしながら もう一口! ウマイ!

隣には岩牡蠣(の殻・・)もあるから、
ここで宴会をすれば 持ち込むのは一升瓶だけ!

時々 ワンコが散歩中にナニカを落とすが
気にしなければ・・ down down
           ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Very cold !・・サブッ !

  キャビン内での温度計だが・・

Photo 氷点下2度!

Photo_2  サブッ!

記録は更新されるから記録で、この冬の時期では
本日の気温の寒さが今冬の四度目の一番!・・ハァッ?

で 本日もまた最低気温の更新で、
キャビン内部の気温は今期最低の・・氷点下二度!

その上、デッキには雪が・・!

デッキに凍りついた雪は滑りやすいので、
足もとが危(あや)うい熟年クルーは
コクピットから出ないようにする。

そして、すべての作業は
しっかりと手を伸ばして行なう・・ヨイショ!

手が届かない場所での作業は クルーに頼らずに
オーナーまたはスキッパーがバウデッキまで行って
行なう・・

・・のは 出港時だけで、10;00頃になると
気温は5度を越えるから 滑らない靴さえ履いていたら
転ぶようなことはない。

と お思いのアナタ!  アマい!

デッキでの転倒は デッキが凍りついた冬季、
または波が高い荒天時に多い・・訳ではなく、
デッキ歩行時の 体の保持の甘さによる油断!
・・例えば、

・・左手に缶ビールを持ち
   右手にタバコを咥えながら
     フリーハンドでデッキを歩く・・
       で・・ツルリ!・・コロリ!

のは 経験者の方はご存知で・・。

とは言え、今回が今冬の最低気温!・・ん?

と なれば・・
以降の気温は日に日に上がり続けて
春を待つ・・Spring  has  come・・

OHッ! 春が亀を持つ?!・・・

エッ? ちがうか?down down
          ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

技術の進歩!・・?

0149  球状船首・・?

球状船首・・バルバスバウ・・か?。

で、バルバスバウの目的は敵艦の船側に穴を開ける!・・

・・のではなく、

船の航行時の造波抵抗を減らして燃費を控えることだ。

なので、あえてステムヘッドよりも前方に船体を
突き出す必要はなく、航行時の造波抵抗・・
・・波を造るエネルギー・・
・・を減らせれば速度に対しての燃費が減る。

で 造波抵抗が減少すれば燃料効率は向上して
航行時の燃料コストは減少するが・・ 

そもそも荷物を積んだり降ろしたり・・で、喫水線が
大きく変化する貨物船には球状船首の効果は
乏(とぼ)しい。

が それを考案するのが造船所の仕事で、
効果があれば注文が増える。

これほどまでのデザインになると ”球状船首” の
名称は難しく、じゃぁ ”直線船首” か?
と問われれば ”そうだ!” とも言い難い。

デザイン・・形状・・は変化し続けるが
輪廻転生の末に・・やがて元に戻る。

~が、百十年前の戦艦 ”三笠” の船首形状に
比べると
抵抗値は減るかも知れない・・down down 
                 ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪が!・・

  
   昨日の話だが・・

1 雪が!・・

2 雪が!・・

3 雪が!・・

4 雪が!・・

ナント! 
瀬戸内海中部の海岸線で雪が・・!

そして、ポンツーンの上にも・・!

一番上に写るポンツーンの足跡はアオサギ・・

上から三番目と四番目に写る人間の足跡は自分・・!

積雪はほぼ三センチ・・

で、雪の幅は二メートル!?・・
そして、雪の長さは五十メートル!?・・

寒さは厳寒!

数年ぶりの雪でした・・チョット楽しい?

桟橋の歩行にはご注意を!・・down down
                   ブログランキング ヨット                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全な航海を!・・

 先日は瀬戸内海でも驚くほどの
  強風が・・!!
    しかし・・

06201  CALMY CORAL !!

海上を航行する船の願いは ”平穏な航海を!” だ。

風を燃料に帆走(はし)るヨットでも、できれば・・
・・できれば 風力Ⅱ以上で 風力Ⅳ以下 が望ましい。

化石燃料を使って走る貨物船なら尚のこと・・
波高はゼロ! が望ましく、風向は四時から
右回りの八時の範囲の角度が望ましい。

で このような船名にしてみました・・
・・by 社長 または社長の奥さんか?

ワタシの場合、
家には仏壇を飾り、マイカーのハンドルには
お守りを吊るし・・

そしてヨットのチャートテーブルの上には
金比羅さんのお札を飾る。

Photo_2


そして、クリスマスには ”諸人こぞりて~” を唄い・・
年明けには・・

♫ ”春の海~チャ~ンチャラチャラチラチャ~ン” ♫
を唄う。

年中平穏無事!・・か?・・ down down
                
ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンロップ・・Oh!?

1 ノンスリップシューズ

2 ノンスリップシューズ

Non  slip  shoes・・・by  Dunlop

歩き回ったり、走り回ったり・・の時期があるので
定期的に運動靴の買い替えが必要なのだ。

で、先日 ホームセンターに行ったら
軽(かろ)やかそうに見える運動靴があった。

メーカーを見るとナント ”DUNLOP”・・
有名なタイヤまたはゴム製品の会社だが、
靴を見るのは初めて!!

そして、靴底のパターンはラジアル!!

これなら安心して人力走行ができるし、
高速で走り回っても、おそらくスリップはしにくい・・?

DUNLOPの靴底が劣化したら、
次回は BRIDGSTONE にしようかと・・
・・あるのかナ?


そして次回も靴底はラジアルタイプで走り
回るが・・

・・デッキの上でも安全・・なのか?
               
           down down
         
ヨット・セーリング - マリンスポーツブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かに・・

5092 ℤ・ℤ・ℤ・ℤ・・

5096 オットット!

5097 危ねェ!

ナニシロ ここの泊地は海草や小魚が多く、
生物の環境とすれば天国に近く、、
ヨットの周辺には多くの野鳥が群れて集まる。

群れる野鳥が驚(おどろ)かないように
ヨットに行く時には 桟橋の上をソォ~っと・・
・・抜き足と差し足で

身をかがめて ユックリとユックリと・・怪しいか?

が、野生の鳥たちの感性は敏感で、半分寝ながらでも
人間の気配を感じるらしく 人間が近づくと
寝ぼけながらでも 脚を動かして 向こうへ向こうへと移動する。

表情はまだ寝ぼけて?いるようだが・・  

Photo

ペットの文鳥なら 平気で人間に近づくだけでなく
頭にとまって滑ったり、足元にじゃれついて踏まれそうに
なったりするが、 危機感はないようで
人間を恐れたりはしない。

ただし 文鳥は食材にはならない。

が 鴨なら!・・ bottle  beer  noodle

 ↑ の事情を知っているのか
人間が近づくと逃げる。

鴨の眼で見ると 人間ってのは相当に凶暴な動物に
見える・・のだろうなァ beer

こりゃイカン!
そんな気はなかったんだが ついつい
 bottle や beer を 思ってしまった。

この鳥食い人種が!・・down down
              ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »