« U・F・O・・Unidentified Flying Object・・ | トップページ | 青・黄・赤・・色の三原色 »

Port Tack・・左舷から風を受ける

       0642

         左舷開き・・

                           

        Photo_3

              Port Tack・・

ポートタックってのはポート(港)側から吹く風を受けて
帆走(はし)ることです。

日本語では右舷開き、左舷開き と分かりやすいが

ヨット語ではスターボードタック、ポートタック と
右左の言葉を使わないから、覚えるしかない。

覚えてしまえば何てことはないが・・・

スターボードはsteering boad が訛(なま)った言葉・・の説もあり
もう一つは六文儀で星の高度を測る見張り台の
Star boad が語源との説もあるが 

最近では steering boad の説が優勢のようだ。

ポートは訛ろうが訛るまいがポート・・港 だ。

さて憶測だが・・・

南北アメリカ大陸が地図に載るまでは
地球の大陸はひとつ・・・

ユーラシア大陸と、それに陸続きになっているアフリカ大陸
だけで、そこから見える水平線の向こうは 奈落の底に
流れ落ちる この世の果て が待っていた。

スカンジナビア半島や西欧州の人が大洋に出て行く時、
北極に向けて進路は取らない。

で、お宝を求めて大陸の西岸沿いに南下し
アフリカ大陸南端を通過する喜望峰を回って
東側へと北上し、スパイスを捜してインドへ、
そして不老不死の薬がある中国へ~

もう少し足を伸ばして 黄金で溢(あふ)れるジパングへと
出稼ぎに向かったはずだ。

当時の地文航法で航行すれば 左舷側つまりポートサイドには
絶えず陸地が見える。

”左舷側にゃァ いぃっつも陸地(つまり港側です)が
 見えてるよなァ” 
ってことで左舷側をポートサイド~

と呼ぶことにしたんじゃないかと・・・

そうすっと舵板 steering boad は壊れちゃいけないから
反対の右舷側に付けるか?

で 最初にポートサイドの名前がついて 反対側が
スターボードサイドになったんじゃないか?

いつ頃から使われ始めた言葉なのか、
また語源はナンなんだ? 

今となってはサッパリ分からない。
だから ”そりゃぁちゃうやろ” と
 自信を持って言える人は少ない・・・と思う。

地球儀の南北アメリカ大陸を手でおおって見ていたら
こんなことを思った。

ハイッ! 今日はヒマだったんです。

ちなみに ”スターボォ!” の航路優先権は
レース時だけではなくて一般の帆船同士の航路権も
同様です・・  down down

           ブログランキング ヨット

     yacht          fuji          fuji         yacht

|

« U・F・O・・Unidentified Flying Object・・ | トップページ | 青・黄・赤・・色の三原色 »

秋 冬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/47582983

この記事へのトラックバック一覧です: Port Tack・・左舷から風を受ける:

« U・F・O・・Unidentified Flying Object・・ | トップページ | 青・黄・赤・・色の三原色 »