« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

一年間ありがとう御座いました・・

   Images5_2

ゴ~ン・ゴ~ン・・と鐘の音が・・

今年もお世話になりました。

一年間 ここの拙(つたな)い文章を読んでいただいた
皆さん ありがとう御座いました。

老人ホームでお世話になっている母親も
何とか師走を越えて 新年を迎えられそうです。
今年もハラハラドキドキの一年でしたし、
来年はもっとハラハラドキドキの年に
なるでしょう。


ひと段落したら除夜の鐘を聞きながら一杯・・
と 今年の反省をしながら一杯・・
で 来年を思いながら一杯・・
・・・考えるのをやめて一杯・・

もう腹一杯デス・・down down
          ブログランキング ヨット

年末恒例ののダイクでも歌いましょう!

♪ 大工の留さんが酔っ払って転んだ~
♪ 弟子の熊さんも真似して転んだ~
♪ 来年こそは転ばんぞゥ~  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利砂砂材石・・?

拝啓   ヨット乗りの皆様

ずいぶんと冬らしい天候になりましたが、
冬でもヨットにお乗りの皆さん!
お元気でしょうか?

瀬戸内海の冬の気温は 最低でも氷点下2度!
なので 以北の気温に比べたら 春同然・・デス。
                
                 敬具

と ちょっと書き方の練習をしてみました(笑)・・

5021 利砂砂材石・・
                   ・・般若心経・・か?

沖をウロウロしていたら大型のガット船に出会った。

ブリッジ右舷側には ↑ こんな文字が書いてある。

左舷側から見ると・・石材砂砂利・・で 多分 積荷のことで、
【この船の積荷は 石材と砂と砂利(じゃり) ジャ!】
の意味だと思われる。

海面上一メートルのヨットのデッキからでは 
ガット船の積荷の確認はできないが ただ今満載状態なので、
船倉には 石材か砂または砂利がたっぷりと積んである・・
・・はずだ。

近くの荷上場に荷物を降ろし、ちがうガット船に積み込まれて
どこかの港 または現場に運ばれる。

大型船にも係わらず 離着岸は確実で素早いから
小型ヨットの離着岸でアタフタする姿は見られたくはない。

瀬戸大橋の工事が始まった頃の石材運搬船は
30メートルほどの小型船で 石材を降ろすのには
特別な方法で降ろしていた。

見るたびにハラハラしていたが・・down down
                   ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒須三太 !・・

今日はクリスマスイブ・・のイブだが・・
三太さんの話しを・・すいませんネ・・

黒須三太・・現地名では サンタクロース・・で、
この時期になると 北の国から トナカイが曳く
ソリに乗り、 将来を託す子供達のために
プレゼントを運ぶ。

北欧からニッポンへの飛行コースは大圏航路・・で、
北極海を通ってニッポンに至(いた)るから、
大西洋を南下して喜望峰を通り、インド洋をNEに進んで
マラッカ海峡を抜け、南シナ海をNEに進む貨物船に
比べると 時間も燃料も節約できる・・
・・明日 到着予定!

少しでもお手伝いが出来れば・・の 思いで
黒須さんの目線でクリスマスソングを・・(笑)

0662_2

   ">

この時期から、世間は忙しくなる。

ケーキとシャンパン(発泡ワイン)を用意し、鶏肉を
食べながら 年末の片づけをし、それが終わると
年賀状を書く。

油断すると ”今年もお世話になりました。
         来年もよろしくお願いします”
と 書いてしまい、あわてて書き直す。

”昨年もお世話になりました。
  本年もよろしくお願いします” と書きながら

年末の段取りに忙しい・・down down
              ブログランキング ヨット  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八つ打ち・・シート!?・・

06421  舵誌の・・

四十年近く 舵誌の定期購読者だ。

セーリングに関する雑誌は現在は舵誌だけ!

縮小し続けるセーリング界を支えるのは
セーリング愛好者とその情報を広めるマスコミ関係者だ。

現在ではセーリングに関するマスコミ雑誌は
国内では KAZI・・舵誌だけ。

針の穴ほどに狭くなったセーリング界をリードしていく
業界紙である舵誌・・だが、先日久しぶりに
ヤフオクを見ていてビックリした!

八打ちシート・・!

文化の継承の方法は表現だ。

表現の方法は身振り手振り・言葉・絵・etc で、
分かりやすく伝える。
その一番の方法は言葉だが・・、

八つ打ちシートってなんなんだ?

近所の書店に行けば 趣味のコーナーにはさまざまな
業界雑誌が並ぶ。

車コーナーは30数種と格段に多く 在庫も豊富!
釣り雑誌が十数種!
山岳系が十種ほど!
ボート系が三種!
で セーリング系は一種!・・
おまけに在庫は二冊!

一誌しかない業界紙の 表現方法の
レベルが落ちる・・のは

この業界の先行きを照らす灯りが段々暗くなる。

頑張れ! 舵誌!・・down down
            ブログランキング ヨット  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大丈夫ッ!・・水さえあれば・・

04091 ・・弁天島・・

先日 ここで歌った ”真っ赤な太陽” の島だ。

04101 ・・近づくと・・

写真の状態は大潮の干底(ひぞこ)・・
・・干潮・満潮の差が大きな潮汐時の干潮状態・・
・・なので、この状況で 島の間を通るヨットはいないが
あと二時間も経てば島との間は海水で満たされる。

で ”オッ? 通れそうじゃん!” と
浜をめがけて つい通ってしまう。

が 満潮時でも 海面から海底までは150センチ!

幸運なヨットなら 浜の沖まで近づいて ”アンカーレッコ!”
になるが、幸運でないヨットは途中で・・停まる!!

今年も瀬戸内海のアチラコチラで
”ON THE ROCK!” の 話を聞いた。

航路の設定をするには 直線に近いほうが
経済的ではあるが暗岩・洗岩の位置の
特定はむずかしい。

なので
”危うきに近づかず! ちょっと遠回り!” 

が 安全ではあります・・ down down 
               ブログランキング ヨット 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »