« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

実りの夏・・オクラの花

4841 黄色の花が・・

4842 オクラに変身・・

明日から九月ですが まだまだ真夏の暑さが続きます。

さて 写真に写るのは夏の野菜の代表・・オクラで、
ワタシは これが大好きです!

ヘタの部分を少し切り落とし、三分ほど湯通しした後に
熱いまま 少量の出汁醤油に漬け置く。
そのまま自然に室温まで冷やした後に お好みのままに
冷蔵庫で食べごろの温度まで冷やす。

小皿に乗せて お好みで削り節などをトッピングして
いただく。 

お相手はビールでも日本酒でも、マッコリでも焼酎でも
構わないし、人によっては熱い番茶でも・・苦情は言わない。
盛り上がりに欠けるが・・

ごく個人的な話ですが、現在の飲み物はマッコリに
なっていて この夏のプッハァーの消費量は
きわめて少ない。
チゲやキムチは辛くて好みではないが ナンデか
同じ産地のマッコリはイケます。

同じく 夏野菜の代表、ナス・ピーマン・コーン・etc
煮ても美味いし焼いても美味いし・・と ただし、
野菜でも過ぎると太ります(泣)・・down down
                   ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

船乗り達の夏休み・・

お盆を過ぎても まだまだ夏の暑さが続きます。
水分補給は多めに、スポーツ飲料は薄めに・・

3848 小型船岸壁には

3849 内航船がズラリと

お盆を控えた先週初めから 近くの港の
小型船溜りには小型内航船が次々に入港してきて
スタンツーで係留を始めた。

お盆休みの始まりだ。

この季節にはどこの港も一杯だから
各船が地元に近い港に入港できる訳じゃなく、
船尾に表示してある船籍地を見ると
・・岡山、山口、熊本、長崎、・・
と西日本各地の貨物船が係留している。

その内の半数は発電機を停めて タラップを
岸壁から上に跳ね上げて 静まり返った無人の船。

残りの半数は発電機をかけて、タラップを岸壁に下ろした
半舷休暇・・乗組員の半数づつが交代で休暇をとる・・だ。

この時期以降 船乗りたちは正月まで連休はなく、
夏休みを兼ねた休暇を使って お父さん船員は
土産を持って家族が待つ家に帰り、独身船員は
両親に顔を見せるとすぐに 彼女が待つところへ
出かけて行く。

どうも先週末までがお盆休暇だったようで、
今日は岸壁はガラガラだ。

内航船が動き始めると ヨットはまたヒヤヒヤしながらの
セーリングになる。
しっかりワッチをしながらの航行をお願いします・・downdown
                         ブログランキング ヨット

       yacht        ship         ship         yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイトォッ!!・・ハァハァ

残暑お見舞い申し上げます!・

4548 岸壁の斜面に・・

4550 鳩の群れが・・

熱中症の予防には・・・
【汗をかいたら 充分な水分を摂って その上に適度な
  塩分を!・・】

哺乳類だけの話じゃないようで・・
・・鳥類である野鳩だって 自身の健康を気遣って
水分と塩分の補給だ。

この場所はヨットのすぐ近くの護岸で、
潮が引いている時間は 岸壁の斜面には塩分が
乾燥してくっつくから どうも それを舐めて?いるようだが、
なにしろ場所が場所だけに足元は危(あや)うい。

安定しない場所での給水・補食はコッチから見ていても
大変そうだが、これが出来ないと生存が困難に
なるんで、足先の三本の爪を壁に引っかけながら
水分を摂り、塩分を舐め、ついでにオヤツで
青海苔を食べる。

【充分な水分を!】
【適度なミネラルを!】 ・・ と

テレビや新聞で広めるので ヨットに行く時には
クーラーボックスに色んなドリンクを詰め込むが
ここの鳩は誰に教わるんだろうか?

人・だけじゃなくて、生き物が生きるのは
運と知識と 発想と環境が大きな要素になる。

願わくば・・願わくば・ですが、周りの人たちには
いつまでも元気でいて欲しいもんです・・down down
                      ブログランキング ヨット

ちなみにこの岸壁の下ではこんな生き物まで
泳いでいる・・天国だろう(笑)  ↓


     4760 down down
                      ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだ・・

3855_2

梅雨が明けて大暑を過ぎて、立秋を越えてお盆が過ぎても・・

まだまだ 日に日に暑さが増す。

益々増す増すます。

益々増します・・。 益々増すでございます。

すでに脳みその大半はとろけてしまったので、
この文章が日本語になってるかどうかすら怪しい。

今 日本で気温が高いのは
関が原から西、関門海峡から東、の 西日本デス。

北海道根室の最高気温が25度は我慢しましょう。
ナニシロ 冬が寒いところですから・・

が 沖縄の32度は許せません!

真冬でも20度を下回る日が少ない地域で
瀬戸内海よりも暖かいのです!

冬は瀬戸内海より暖かく、夏は瀬戸内海よりも
涼しい! ・・ なんてのは 暮らしやすいと評判の
瀬戸内海に住む住民としては許せません!

あまりの暑さに耐え切れず、とととりあえず水を!
ってんで 週末はあらゆる事を投げ出して
海水浴に行く予定です。

早く涼しくならないと生活のパターンが狂ってしまう。

願わくば八百万(やおよろず)の神々よ!

我々に(夏の間だけ)冷気を与えたまえ!
冬には暖気を! ・・・ down   down 
             ブログランキング ヨット

| | コメント (5) | トラックバック (0)

錨泊・・振れ回し編・・

5005 無人の浜に・・

04981 錨泊を・・

瀬戸内海には多くの・・名前の無い島まで含めると
その倍以上の島があり、それぞれの島にはいくつかの
浜・・ビーチがあって そのほとんどが無人の浜だ。

で 海水浴のための錨泊・・アンカリングだ。

着岸以外の錨泊の基本は振れ回しだ。

振れ回しの場合は、潮流に対しても風向に対しても
船体は流れに平行になって抵抗を減らして走錨を防ぐ。

船体に対しての抵抗が平行なら 船首から錨を入れても
船尾から錨を入れても 錨にかかる抵抗は大差はなく、
それなら船尾から錨を入れた方が 船体の振れ回わる
範囲は少なくなる。

なので 今回のアンカリングも
スタンアンカーだ。

スターンから入って来た 乾いた空気は コクピットッを
通ってキャビンに入り、高温多湿のキャビン内の
空気をバウハッチから 遠く風下へと連れ去る。

錨を入れるのはバウから!・・は、
単なる先入観で、船体の縦横比率が3;1で、
イカの耳形状の ヨットの場合は
バウアンカーである必要はなく、

特に夏場の場合は 風通しが良くなるので
スタンアンカーがお勧めです・・down down 
                  ブログランキング ヨット 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

田舎の農協・・都市のJA

3815

・・Japan Agricultural cooperative association・・

農業協同組合の名称を略すれば農協で、
国際語で現せば JA になる・・のか? 

で 縁あって地元JAの組合員だ。

今年も決算報告書とともに幾ばくかの配当金が
振り込まれ、恒例のお菓子詰め合わせセットが届いた。

JA・・農業協同組合・・の事業収益の大半は金融だ。

金融業ってのは利ざやの商売だから、よほど下手なことを
しない限り 規模が大きいほど利益も大きい。

過疎地に通行量の少ない道路を造ったり、
意味のない河川の改修をして 納税者の公平性を
保とうとする行政の狙いとは裏腹に 人口の移動は
村から町へ・町から都市へ と 進んで行くので
田舎の農協の事業規模は年々縮小し、組合員は減って
新規の貸付先は減少する一方だ。

だから田舎の農協の事業収益は増えはせずに
それでなくても少ない住民または組合員は
都市へ・都会へと移住して、都会のJAの顧客になる。

義兄は田舎の農協の組合員だが、話をすると
”ワシャァ お菓子セットなんかもらった記憶はない!”
そうだ。

”納税者の公平性” を金科玉条にして 各地に造った
道路や橋は 地域住民を都市に吸い出し・・
・・ストロー現象ってやつです・・田舎の過疎化は
止まらず、都市部へばかり人口は集中する。

ちなみに 都市部のお百姓さんの事業収益の
多くは不動産賃貸業で、賃貸に向かない土地・・
・・農地か?・・で、農業を営んでいる。

頑張れ! 田舎のお百姓さん!・・・down  down
                    ブログランキング ヨット

     yacht        cake           cake       yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の頂き物・・

家では 普段はチョット甘口のマッコリか発泡酒
時には第三のビール を飲んでるんで・・使うアルコール
代金は安いし ヨットでは眠くなっちゃいけないから昼は
ほとんど飲まない。

096_2 今は調度お中元の
シーズンで 別々の人からこんな酒をいただいた。

カミさんに言わせれば
”食用油のセットの方が嬉しい” との事だが
それでなくても少ない会話を増やすには
会話が滑るテンプラ油よりはこっちの方が効くだろう。

・・もっともカミさんは酒なんか飲まなくても
充分にしゃべる実力を持ってるんで酒の力は
要らない。 そのしゃべりについて行こうと思う私には
これじゃ足らんかも知れない・・と思ったのか
うち一本はカミさんのご両親からのお中元だ。

過ぎるとつい口が滑るから あらぬ約束なんかを
しないようにしなければ・・     

”アナタは酔っぱらうと同じ事を繰り返ししゃべるから
 すーぐ分かる” らしい・・・

 bottle      beer  

ご指摘の通り、酩酊するにしたがって同じ話を繰り返し、
同じところで怒ったり笑ったりするうえに、
しなきゃイイような約束までしてしまう。

それが翌日の反省材料でもあるのは 皆さんも
ご同様じゃござんせんか?・・・down  down
 
                 ブログランキング ヨット

     yacht       bar       beer       wine    

続きを読む "夏の頂き物・・"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

風見を見る・・

4218 マァ なんとか

4236 赤色の部分が欠損

4255 ・・同じく・・

4256 ・・同上・・

天空にそびえるヨットのマストは
華やかさではクリスマスツリーに負けるが
高さでは負けない! って・・そうじゃないが・・

一番上のマスト以外、下の三本のマストの風見は
洩れなく いくらかの被害を受けている。
経年による損傷ではなく、原因はナニ者かによる
器物破損!

その犯人は?・・
カラスまたはトンビ、ミサゴの鳥類だと思われる。

彼(含む 彼女)らの 快適生活への改善努力は
人智(じんち)の及ぶところではなく、無給でありながら
朝から晩まで
コツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツ と
硬いくちばしで風見の羽を突付き続ける。

エ~イ まだか?
コツコツココツコツコツコツコツコツコツコツコツ

もう少しじゃ!
コツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツ

オッ 取れた!  ほいじゃぁコッチもじゃ!
コツコツコツコツコツコツコツコツコツコツコツ

と 他人(ひとごと)事のように書いてるが
ジツは他人事で、四枚の写真の内、ワタシのマストは
一番上で・・つまり 被害がないんです。

なんでウチだけ?  って分かりませんがネ・・
おそらく 日頃の行い・・ではないかと・・ハイ

     ↓ ↓ の効果があればいいが・・
 http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-5917.html  

  

どうも 見る限りでは、鳥類に好かれやすいマスト・・
ってのがあるようで そんなマストには常時鳥が止まっている。

シッシッ・・です。
他人事ですが(笑)・・ down down
            ブログランキング ヨット

     yacht       flag         flag       yacht


      ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋 遠からじ・・遠いワ!

02571 アチーッ!・・

暦の上では立秋を過ぎた・・とは言え、
この季節・・夏真っ盛りの猛暑日! 真夏日! 熱帯夜!

人間なら服を脱いだり クーラーをかけたり、水に入ったり、
etc・・と避暑対策はあるけども 鳥にできるのは
春と秋の毛替わりだけだ。

夏を迎えるための 野鳥の避暑対策には限界があって、
真っ裸になる訳にはいかない。

真っ裸になったら 肉屋の冷陳ケースに並ぶ鶏肉と同じで、
見た目は涼しく見えるが

”ワシャ 鶏肉じゃないゾ!” ・・鳥肉ですが・・

数少ない増え続ける動物・・の人類は防寒防暑の工夫に
富み、地球のアチコチで生息する。

暑い地域に住む人は それなりに暑さを楽しみ、
寒い地域に住む人も それなりに寒さを楽しむ。

今年の夏は例年になく猛暑!・・の話をしたら
友人曰(いわ)く・・
”エッ? 今年は割りと涼しいような気が・・”

大丈夫か?・・down down
        ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼェゼェ!・・ミミズを・・

04872  水分を・・

夏場の水分補給にはスポーツ飲料が望ましい・・

そりゃそうだ!

それにしても ちょっと味が濃いような気がするんで
ポットの中に1/2のスポーツ飲料をいれ、残りの1/2には
水と氷をを入れる。
で 自転車に持ち込む。

上記の分量だとスポーツ飲料の濃度は半分に薄まって
やや飲みやすい味になるから 躊躇せずに飲める。

表題にあるミミズは あの釣り餌のミミズではなく
喉が渇いてポットの蓋を開ける時の心境・・
・・み水を飲もうかァ!・・のミミズです。

今年の夏はいつもよりも暑く、湿気も高く・・

と 去年も一昨年もぼやいていたようで、
暑い! の話をすると
”毎年 同じ事を!” と言われるが、

年々 感覚が鋭くなっている・・のか?・・down down
                      ブログランキング ヨット 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »