« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

ゼェゼェ!・・桜子でぇす・・

04891 公園の桜子・・

04901 ・・・

春になると ここのブログの話題に出てくる公園の桜子デス。

正式な名前は 公園桜子(きみぞの さくらこ)で、
姉は 近所の川の土手に咲く 川原桜子(かわら さくらこ)、
妹は山の公園に咲く 山野桜子(やまの さくらこ)・・
美人の三姉妹デぇス!

時々 ゼェゼェと息継ぎをしながら自転車で回ってくる
おじさんとは 三十年来の知り合いで、会話はありませんが
意思の疎通はできてます。

知り合った当初はお互いに若くてピッチピチ!
おじさんもスマートだったし、アタシもプッリプリ!

夏になってからは おじさんの呼吸は荒くなり
自転車の速度も落ちたみたい! 
大丈夫かしら? ちょっと心配・・

桜子さん・・
心配してもらうのはありがたいけど、桜子さんも
すでに熟女!

なんとか来年も花を咲かせて頂きたいものだと
願っていますヨ!・・ down down 
            ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼェゼェ!・・アヂィ~!

04861  晴天の下・・

今日も降り注ぐ太陽を眺めながら自転車で走る・ゼェゼェ

ナンのために?

今となっては理由は忘れた。
が 灼熱 炎天下の下を走る。

目的地は?

出かける時は A点に寄ってB君に用事を伝え、
C店でDの買い物をした後に 昼ごはんを食べて
元の場所に戻る・・つもりだったが
とおに記憶は薄れてしまい・・ゼェゼェ

アリャ? B君には会って、天気の話はしたが
用件は伝えたかな?
アリャ? C店には立ち寄ったがジュースだけを
買って出てしまったかナ?

真夏の炎天下、そもそも熟年が自転車で・・が
無謀な行為なので、自転車で走るのは夜間!
または曇天下?!

あァ・秋が待ち遠しいィ・・down down 
               ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼェゼェ!・・Hard Lock!

先日から続く ”ゼェゼェ!” シリーズは夏場に
炎天下を駆け抜ける自転車の話で 暑さのあまり・・ゼェゼェ!

もう少し気温が上がると脳みそがクラクラ・・
だから クラクラシリーズも近い(泣)

02531  厳重に?・・

02541  ロックを?・・

10ノット10マイルのコースにあるシーサイドロードだ。

この自転車は近くの会社の社員の通勤用だと
思われる。

自転車の盗難手段は 乗り逃げる・・だけではなくて
車に乗せて逃げる・・方法もあって、前後輪のロックだけでは
盗難防止にはなりにくい。

ここまで縛(しば)っておけば勝手に持ち逃げをするのは
難しく? ロープを解(ほど)いている間に通報を
受ける可能性がある。

ロープを切られる・・の感覚はないようで ロープの
材質はPPポリプロピレンの汎用品で丈夫とは言い難い
うえに 刃物で切りやすい。

ご本人に問うた訳ではないので このロープの
目的は分かりかねるが、周囲の鉄骨に
繋(つな)いであるので盗難防止・・
・・なんじゃないかナ?・・down down 
              ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼェゼェ!・・プッシュ~ッ・・・

00121 後輪のタイヤ・・

00131 前輪のタイヤ・・

不注意と言えば不注意で、無用心と言えば無用心!
迂闊(うかつ)と言えば迂闊で、ミスと言えばミス!

前回、自転車の前後のタイヤを交換したのが
去年の春の三月・・

過去の例から 推察すると一年から一年半で
タイヤ中央部の溝がなくなり、薄くなったタイヤの衝撃に
耐えられなくなったチューブがパンクする・・
・・のは 分かっていたんだが・・

今年もそろそろタイヤを交換しなくちゃいかんだろうなァ・
と 思いながら走っていたらプッシュ~ッ の音とともに
後輪のタイヤがへたった。

・・・へたる・・
・・・どうも標準語ではなさそうなので説明すると・・

・・・気だけ若い熟年登山家が四合目の辺りで音を上げて
・・・座り込み、下山する気力さえなくする態(さま)で、
・・・自転車のタイヤならペタンコになった様子・・だ。

前後輪に同じような 荷重がかかる自転車のタイヤは
前後とも同じような時期に ”へたる” から
後輪が ”へたる” と 間もなく前輪も ”へたる”。

「 一本なら2800円ですが 二本だと500円引きの
 5100円です 」 と近所の自転車屋さんはやさしい。

へたった現場から二キロほどの距離を
自転車屋さんまで 押して歩く。
今回は2012年七月だから 次回の交換は
2013年の七月から年末頃になる。

その頃には遠出をしないように・・down down
                   ブログランキング ヨット

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ゼェゼェ!・・Part 2

03341  美味しそうな・・

炎天下 10マイルを二時間ほどかけて走る途中に
美味しそうな鴨!が・・ゼェゼェ!

坂路を登りきった峠の池で鴨の夫婦?が食事中だ。

池に降りて鴨を収穫すれば豪華ディナーになるが、
堤防はほぼ90度の角度!

だから 美味しそうな鴨が見えたからって
降りていく訳には行かず、
できれば 鴨が道路まで登ってくれるのが望ましい。

三メートル上から観察するに、鴨のLOAは40センチで
LOWは20センチ。
羽毛の量を勘案し、食用に値する部分を考えると
正味の体重は800グラム・・くらいだろうか?

3/1を焼いて 3/1は鍋に、残りの3/1は燻製にして
とりあえずグビッ! プッハーッ!

冬場まで冷凍保存しておくと熱燗または焼酎湯割り、
またはハイボールかビール!
だが、まずは確保が一番!

無理だろうな(泣)・・down down 
          ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼェゼェ!・・10ノット10マイル

04871 木陰で・・

海水浴の季節になって日中の気温は軽く三十度を
越え、自転車での10ノット10マイルは考えなきゃならない
季節になった・・フゥ~!

夏 真っ盛り!・・で、本来ならクーラーの効いた場所で
ゆっくりと休む・・のが 正しい夏の過ごしかたです。

が そんな暮らし方をしてたのでは体重は減らない。

夏場に減らない体重なら 食欲の秋を迎えると
まちがいなく増える。

熟年にとって 体重の増加は大きく健康に係わるから
減らないのは仕方がないが 少なくとも 増やさない・・
・・のが 望ましい。

で 今日も10ノット10マイルは続く。

体重が増えるのも 夏場に自転車に乗るのも
健康的とは思えないが、他の方法は思いつかず
汗を拭きながら10マイルを走る。

体力を勘案すると この季節の10ノットは無謀!
・・の感があるので、平均すると7ノット・・
ハァハァゼェゼェとなり始めると5ノット・・

10マイルを行くのに二時間はかかる(泣)・・down down
                        ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

航行警報!・・

検索フレーズランキング

このブログの左下にどんな言葉を通してここに至ったか・・
の コーナーがある。

で 見ていたら”瀬戸内海 暗岩” のフレーズがあった。

瀬戸内海は暗礁・暗岩・洗岩の宝庫で、事情を知っている
はずの近所のヨット乗りですらロック!する・・のは
珍しくはない。

安全な航行の一番は ”運” だが、運はいつかは途絶える。

二番目の安全な航行のスキルは海図を見る・・だ。

現在は紙海図である必要はなく、電子海図でも構わないが
できればPEC,を、経費を考えたらC-MapかNavionicsだが
基本的に地図画面を表示するカーナビはお勧めしにくい。

国土地理院が管理する地図はあちらこちらで自由に入手
できるが 海図に関しては情報の発表はすべてが有料で
更新の詳細も親切とは言いがたい。

カーナビを使って知らぬ港に向かうと
つい直線のコースを辿ってしまい、ブイをかすめて
洗岩を乗り越えて進む!・・進めれば・・

関係省庁も 納税者の安全を考えると
最新の海図を地図並みの価格で販売することを
・・思わないか?!・・down down 
            ブログランキング ヨット 

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-f0c5.html

       up で 45度の傾斜なら Hは1/2・・と 書いたが、
友人から指摘があった・・・ちゃいまっせェ!・・と・・

実はHを1/2にするのには60度の傾斜が必要で、
ブローチング状態でやっとHは1/2。

橋をくぐるヨット乗りの皆さん!・・ご用心を!・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気・・

Images4 文明の糧(かて)

生活のためにも 産業のためにも電気は必需品目だ。

電気がなかったらテレビは見られない。

仕方ないから真っ暗な居間でパソコンでもするか?・・
・・なんてのは冗談にもならないが、日本ほど電気製品に
あふれた国はめずらしく、自動車ですら電気製品に
なりつつあり、自転車は10%が電気製品だし、
シニアカーは100%が電気製品で、仏壇のロウソクは
危険防止のために八割が電気製品だ。

ヨットでもディーゼルエンジンの代替で
電動モーターを使った推進装置が出始めた。

今の所、バッテリー容量に問題があって長距離の
航行には向かないが 発電効率、または蓄電効率が
上がれば 風力は必要ではなくなるかも知れない。

セール生地に使えそうな 柔軟性があるソーラーパネルが
完成すれば 風を受けて帆走りながら充電ができ、
冷蔵庫はビンビンに冷えて、テレビは見放題!
電動プロペラも回し放題!・・オッ? 12ノット!

日没以降は充電したバッテリーを使って機帆走し、
航海灯にはLEDを使うから明け方まで電気の心配は
ない。

が、雨が降ったら?・・知りまへん!・・down down
                      ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動車運搬船・・

03131  Car carrier・・

自動車の運搬船だ。

ア? フェリーボートとはちがいますヨ
・・機能は同じですがネ

貨物船の用途はモノを運ぶ・・で、種々雑多な貨物を運ぶのは
バラ積み船。

オイルを運ぶのは油槽船で
人間を運ぶのは旅客船。

自動車を運ぶのが自動車運搬船だが、こちらは
フェリーボートとちがって運転手は乗せない。

似たような貨物船ではRORO船があるが、こちらは
車に載せた荷物を運ぶのが目的で車種は問わない。

以前 多かったバラ積み船は
荷役設備の乏しい港に入って 自前のクレーンで
少しづつ荷物の積み下ろしを行い、一週間ほど経って
やっと出港する。

で 一日航海してまた次の港に入るが、夜間の荷役は
危険なので行なわない・・だから

夜になったら近所のバーで厚化粧のママさんと
宴会をする。

”アタシの孫はネ!今年で二十歳(はたち)!
  可愛いのヨ! フガフガ・・”

楽しそうだが お小遣いは減る・・down down
                   ブログランキング ヨット 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千里眼!・・ブルーベリー?

04481  ブルーベリー!

ブルーベリーは眼に良い・・らしい。

効能の通りに効果があるのなら ブルーベリーを
食べ続けると近い将来 視力は4.0!になって

暗闇に潜むカラスを見つけ、雪原に隠れる白ウサギを
発見し、床下に隠れるシロアリでも見つけるような
視力を得る。

なんてことはなく・・

雑食性の人間は多種多様な食物を摂(と)るのが
生きる糧(かて)で、ブルーベリーだけを食べ続けると
三日も経つと腹具合が悪くなって眼が霞(かす)む。

夕食時に飲むプッハーは 少量なら食欲を
増進するが、多量の場合は頭痛を誘引する。

ナニゴトも適量が・・down down
           ブログランキング ヨット 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

放置自転車・・

03501 海岸沿いに・・

03491 放置自転車が・・

盗品なのかどうかわからないが海岸線に自転車が
放置されていて、こんな張り紙まで!・・

海岸線の管理は県当局の義務・権限だが 現場での
管理作業は指定管理者が行ない、苦情の大半は
県当局よりも指定管理者の元に連絡が行く。

港の奥の もう少し奥まった 船も人も通らないような
狭い通路に放置してある自転車を見かけた人が
○○へ通報し、それを受けた職員が張り紙を張った・・
・・のだと 思われる。

”アソコに放置自転車があるので撤収して
  もらえませんかネ?”
”処理場に持ち込んで頂ければ 当方で処理を
  しますがネ”
”エッ 持ち込まないとだめですかね?”
”所有者の確定ができないので当方で撤収・処理は
  致しかねます・・”

の 応答が市役所環境衛生当局と港湾指定管理者
との間で行われた・・と 思われるので、
制限期間を過ぎても実行には・・もうちょっと・・

・・盗まれるゾ!・・ down down 
           ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空(そら)色の水・・?

”どうやら 梅雨は明けたようで・・” の発表で
これから 猛暑・微風・晴天・熱帯夜の日々が続くから、
テレビやラジオでは夏空の話が始まる・・

で 空(そら)色は sky-blue で 水色はlight-blue・・
厳密に言えば差があるが 見た目には差はない・・が・・

3670 水(みず)色の空?

4248 空(そら)色の水?

ヨットに乗ってバッテリー電源をONにすると
必ずラジオを点ける。

これはヨットを降りるときに バッテリー電源を切り忘れない
ためで、特にラジオを聴きたい訳ではない・・が
コクピットのスピーカーからの音声は
自然と耳に入る。 
 
先日も地元FM局の放送を聞いていたら
”今 スタジオから見上げる空は 水色に輝(かが)いて
  良~く 晴れてますネ~”
と 現在の地元の天気を表現した。

コクピットから見上げる空も 確かに晴れてるが、
水色に晴れ渡った空! の表現は
”空色にかがやく瀬戸内海の水!” 同様に
ちょっとおかしい。

”トマト色のイチゴ”
”ダイコン色の白い脚”
”バナナ色のタクワン”
”パイナップル色のみかん”
”カラス色の鵜(う)”
”白ワイン色の日本酒”
”ウイスキー色のお茶”
”ケブラー色の日焼けしたセール”
”炭団(たどん)色のスキッパーの顔”

・・ケンカ 売ってんのか?・・

瀬戸内海の空は水色に輝いて まぶしく光り、
青い海は空色に透き通って 波は浜に打ち寄せる。

空色の空・・水色の水・・なんて 単調な表現をしてたんじゃ
プロの表現者としては失格だと・・思っている のかナ?

水色の空 か・・ウ~ン・・ down down
               ブログランキング ヨット

    yacht      sweat02        impact       yacht

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨明け・・か?

01101  マストトップに・・

となりのヨットのマストトップに半円形の虹がかかる・・

降り続けた雨がやっと上がり、さぁこれからセイリングだ!
の季節になり始めた。

虹の上に広がる雨雲が北へ移り、南から青空が広がると
梅雨は明けた・・も 同然だ。

似た条件は 今月になって四回目だが・・

ヨットの天敵は嵐!

強い風と強い雨はスキッパーをびびらせ、クルーを
脅(おびや)かす。

で 徐々にヨットの数は減って 増えるのは釣り船と
ブンブン丸になる。

ヨット界では広く門戸を開いて 皆さんの参加を
お待ちしています。

冷蔵庫には中途半端に冷たいビールも
用意しています(笑)・・・down down
             ブログランキング ヨット  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海王丸セイルドリル・・

04781   総帆開けェ!・・

先日 近くの岸壁で練習船 海王丸のセールドリル・・
総帆展開訓練・・が行なわれた。

ので海上から見学に出かけた。

写真の通り、風は左舷側ほぼ前方・・11時の方向から吹き、
立帆を使うヨットでも風を受けにくく、 横帆の帆船としては
展帆の意味合いは後進が目的だと思われる。
しっかりと舫(もや)いを採ってはいるが・・

が 着岸状態での後進力は危険を伴うので すぐ横で
二隻の大型タグボートが 帆船を動かさぬように待ち構える。

04791

ステイスルを揚げる頃には風は反時計・アンチクロックに
回って風向は十時になり、ヤードを大きく左舷に開いて
横帆にかかる力を弱めた後に ステイスル・・縦帆を
展開する。

時間は1430 太陽はSSWだから ややケブラー色の
セールは正面から陽を受けてまぶしく輝(かがや)く。

久しぶりに多くのヨットに出会えたので手を振るのに
忙しく、肩が痛い(泣)・・ down down
              ブログランキング ヨット 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おしい! 広島県!・・

検索フレーズランキング

”おしい 広島県!”  は県内の観光キャンペーンの
キャッチフレーズで、徐々に全国に浸透し始めた。

が 今回の話はそれとは関係ない。

第26回白石市長杯ヨットレースと検索したら ここに
たどり着かれたようだが、 チョット ”おしい!”

第26回の言葉は正しいし、市長杯ヨットレースの言葉も正しい。

場所は白石島・・だが、白石島は市ではなくて 笠岡市白石島だ。

で 正しい名称は
”第26回 笠岡市長杯ヨットレース” だ。

今年もまた雨が降り、風はなくて潮流は速く、
流されてスタートラインから出た艇は戻るに戻れず、
スタートは延期・・雨の中・・(泣)

フニッシュラインの千メートル手前で Vサインの
練習をしていたら 西へ行っていた31Sが前方を
通り抜けて先にフィニッシュ!・・おしい!

Vサインは二位の印になってしまった・・

来年は
”おいしい広島県!” になれるのか?・・down down
                       ブログランキング ヨット
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近くを!・・Part 5

03571 造成中・・

ただ今 小型船溜まりを造成中・・

近くの港内で現在 浚渫造成中。

干潟だった所を浚渫して防波堤を造り、
プレジャーボート用の係留場所を造成中で、
ここが完成すると近くのプレジャーボートは
我先(われさ)きにと ここへ入るようになる・・かも?

00601  完成予想図・・

ただし 大型船も出入りする特定港湾の海域内だから
ここへ小型船舶が集まって、週末になると大挙して
動き始めると 大型船の気遣いは大変ではないかと
思われるし、航行方法を指導するJCGも頭を悩ます。

”もしもし○○丸さ~ん! お一人なら救命胴衣を
 着けて頂いたほうが良いんですがネェ!”
などと ワタシに向かってスピーカーで呼びかける・・
・・ような余裕はなくなるゾ!

今の予定では完成は14年中頃・・あと二年ほどで、
楽しみと言えば楽しみ・かな?・・down down
                   ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近くを!・・Part 4

02521 ロックオン!?

自転車の盗難はあとを絶たず、
盗む人間に加害者意識は(あまり)なく、

”ほこりだらけの汚れた自転車だからイイじゃないの・・”
の心理が働くようだが、

被害者にとっては新品の自転車でもくたびれた自転車でも
盗まれるのは愉快ではないし、たちまち今日の帰宅の
手段に困る。

で 盗難防止手段だ!

これくらいラッシングすると 窃盗犯としては解くのに時間が
かかるから盗みにくい・・のか?

年に数回 粗大ゴミの日があって 自転車も該当品に
入るが、個人がそのゴミを持ち帰れば窃盗行為で刑法に
違反する。   が まだまだ使えそうな自転車も置いて
あるので見る人が見るとチョットもったいないかな?・・
の 感がある。

中にはワタシの愛車よりもきれいな自転車も
集積場に出してあるが 持ち帰るわけにはいかず・・
・・アァ・・イイナァ! かな?・・  down down 
                   ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近くを!・・Part 3

00141

  ↑ の写真とはナンの関係もないが・・

近くを! の文章を書くのには若干の偏向・・
・・偏(かたよ)った思い込み・・がある。
だからついつい 皮肉めいた内容になってしまう。

近所の話なんだからもっとやさしくやさしく・・
と お思いのアナタ!

・・生き物同士の諍(いさか)いは 近くだからこそ起こる。

隣り合うカラスだからテリトリーの争いになって、
弁当の奪い合いが起こり、
向かいのオッサンがグチャグチャとうるさいから
門前の落ち葉を向こうにパッパと掃き散らして
知らぬ顔をする。

が・・です!
精神衛生を考えたらナニカを我慢し続けるわけには
いかず、かといって大声で抗議するには社会的に問題が
あるから 一番簡単な ここに書いて憂さを晴らす。

"近くを!” を書いても あまり楽しくはないが
少しは鬱憤(うっぷん)が晴れて視線が上を向く。

もっと楽しくなって視線が上を向けば、そしてもう少し上を
向けば・・ころぶ!(笑)・・ down down
               ブログランキング ヨット 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近くを!・・part 2

00871 水面に??が・・

03991 蓋を・・フタを・・

近くの入り江には 上の写真に写るような??のモノが
浮かぶ。

見た目にも問題があるしそれなりの悪臭も発するから
近所に住まう人たちからは 役所に通報がある。

”臭いゾ!”  の苦情に対処するには
”フタをする” のが一番・・・

一番の理由は ”簡単で安い” で、国道沿いにある
牛丼屋のキャッチフレーズに似ている・・
豚とろ丼には敵わないが・・

で 近所から指摘される ”臭いし汚いし・・” の
苦情を処理するために 水底に溜まっている汚泥を覆(おお)う
ために砂を入れてフタをする。

この工事が始まって足掛け二年になる。

二年の間 フタをし続けると埋め立て工事になり、
本来の目的とは異なる処置になるからフタをする工事は
年間に二週間ほど・・

近くの製鐵所で出る鉄鉱石の灰と不燃ゴミを
ここに埋めていけば陸地は広がって 公園も
増えるけどナ・・down down  
        ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近くを!・・

"西へ!” と ”東へ!” を終えたので "近くを!” が
始まる。

長くは続かないだろうが・・

03061_2  ・・・

で 近くの話だ・・

国・県・市町村・etc・行政の業務のほとんどは予算の執行だ。

ほとんど・・と書いたのは言葉の絢(あや)で、業務の全部は
予算の執行だ。

予算の執行の大事な点は ”残さない!” で、今年または
今回計上された予算は使い切るのが担当部署の能力だと
判断される・・らしい・・

写真に写る 山の斜面に斜めに通るのは観光振興のために
造った道路で、国・県・市の予算を使って観光用の有料道路
として造り、第三セクターの管理運営で営業していたが
十年ほどで通行車両は激減し、管理運営費用の捻出が困難に
なったので一般市道として地元に払い下げられた。

基点の両端は観光道路にふさわしく 人家の無い山中!
だから 生活用の道路としては向かない。

無料になったからといってもこの路を走らなきゃならん必要は
なく 通る車は極めて少なく、元気なシャコタン車両が暴走するから
夜間は通行禁止! だ。

行政機関の予算執行の財源は税金 または借金だが
執行者の危機感は浅く、使い切るのが能力だと
勘違いしているから・・使う・・全部を使う。

執行のお目付け役は議員だが、恥ずかしいことに
ここ三年ほど 議員さんからの議員提案はゼロ!

報酬を減らすか?・・down  down
                           ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセスディンギー・・

04331  海フェスタ・・

 ↑はスタッフ用のユニホームで作成者は downwardleft だ!
           http://blog.livedoor.jp/kabe0628/

04371  アクセスディンギー

http://jp-accessclass.org/accessclass.html

ポンツーンに並ぶのは ↑ のアクセスデンギーで
前方に向いて座り、ちょっと間違えやすいティラーと
ちがって 直立した棒を右に倒せば右に方向転換し
左に倒せば左に方向転換するシステムの操舵装置だ。

04311  ワタシが操船中・・

先の週末に ”海の記念日行事” の一環でセーリングを
広める行事があってお手伝いに行った。

多くのゲストに参加していただいて クルーザーと
アクセスディンギーに乗ってもらったが皆さんともに
”アァ 楽しかったァ!” の感想だった。

センターボードの下部には復元力強化のために
鉛が入っていて、不用意に持ち上げると・・ココ腰がァ!
となるが 復元力は強く、風の強弱はそのまま
速度に比例するからブローが入ると速度は増して
ワクワクする。

おかげでまた日焼けしてしまった・・down down
                    ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東へ!・・到着・・

4925  鎮守の森を・・

東へ! 東へ! と十日!(笑)

出入りする水路に沿って建つ神社の鎮守の森だ。

拍手(かしわで)を打ちながらここを通り過ぎると
もうすぐそこが泊地だ。

水路に沿う神社だが 神様が守るのは田畑・・らしく、
埋立地を守る堤防の上に建つが、正面の鳥居は
陸側の農地に向いて建立され、海には背を向けている。

西へ! と 東へ! で かれこれ二十日ほど費(つい)やして
しまったが、おかげで船底はピッカピカになった。


楽しい夏をひかえた今は 船底掃除のシーズンで
各地の上架場やマリーナは大忙し! だ。

夏場になると 島の入り江や港はヨットであふれて
エラク賑(にぎ)やかにな・・・って欲しいナ・・down down
                        ブログランキング ヨット 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東へ!・・part 7

03691   ・・!

”東へ!” と進んでいると東から小型の貨物船が近づく。

この時の風向は180度・・南風だから、東へ進む小型ヨットは
右舷真横から風を受けて帆走る。

東から近づいた小型貨物船も 真横から風!を受けて
西へと進む!

船体に当たる風の面積を考えると セールの効果は
??の感があるが ”ないよりはまし!” で、
少なくとも推進力の抵抗にはならないし、
P値はともかく、E値を見ると当方のメインセールよりも大きい。

おまけに双方とも反対方向に遠ざかるから 互いに感じる
速度感は大きく、アレヨアレヨと思う間もなく水平線の
彼方へと?遠ざかる・・速やッ!

限りある資源を使っての航行には限界があり、
遠くない将来には船舶の燃料は風か光、または
潮流か念力?になる。

反面 速度は今よりも落ち、相対的に地球は
大きくなってきれいになる。
ハワイに行くのに 八時間で行かなきゃならん
必要はないし・・down down
        ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東へ!・・Part 6

03841  ・・!波平さんか?

この小さな島を通り過ぎると もう泊地は近い!

東へ! と進み始めて 記事としては六日目になるが
ここまでに進んだ距離は32kmで、5kmづつの距離で
一回の記事を書いた事になる。

心に感じる時間は 距離とは関係なく、将来への時間は
”永遠” に等しく 過ぎ去った時間は ”一瞬” に等しい。

成虫になって十日ほどの蛍の一生(いっしょう)も、
成人になって六十年ほどの人間の一生も
終わってしまえば一瞬に等しいが、スタートした時は
永遠だと感じる。

で 45kmの回航は32kmを過ぎた辺りで やっとゴールが
見え始めた。
ゴールするとまたいつも通りの日常が始まり、
”船底が汚れやせんかいナ?” の心配が始まる。

もうすぐ泊地へ到着するので 今回が”東へ!”の
最終便かと思われるかも知れないが、
まだ14;00なのでエンジンの回転数を下げて進む・・

・・いつになったら着くんかいナァ・・down down
                    ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東へ!・・Part 5・・

03681  備後灘へ・・

帰ってきたゼ!  備後灘へ!

天気はいいし 風は追っ手だし まだ少し連れ潮も
残ってるし、ビールは冷えてるし、豪華?幕の内弁当は
テーブルに置いてあるし・・

まだ昼ご飯には早いが狭い水道を抜けたので・・
・・取りあえず グビッ!  プッハァー!

例年なら 夏場に潜って ある程度船底をきれいにしてから
上架船底掃除をするが、今年は富士壷の幼生が
浮遊する前に・・の期待をこめて夏前の掃除だ。

やや甘めの期待通りに 富士壷の防除ができれば
来年の今頃まで船底はピッカピカ!

頑張れ!
船底塗料!・・down down
       ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東へ!・・Part 4

03661 島並み海道を・・

03671 くぐって・・

前日に布刈瀬戸の潮汐表を調べ、それでも忘れる可能性が
なくもないから携帯電話のメモ欄に記入して出発する。

今回の通過目標時間は 満ち潮の最潮流だ。
時刻が合えば通常の速度 プラス 9km/hは加速する・・
距離5kmに渡って・・。

と 言うことは5kmの距離を18km/hで移動する計算に
なって、時間と燃料は相応に節約できる。

元々 速いヨットなら知らず、普通のヨットでの18km/hの
移動はワクワクドキドキもので、それなりに期待して
狭水道に進入するが 海面を見ても通常通りの
9km/hのスピード感しかなく、橋脚を見上げても
18km/hの速度なのでワクワクもしないしドキドキもしない。

”鯛ルアー!を潮に沿って流していくと 鯛が釣れるゾ!”

のうわさがあって 釣り船の集団が西から東へ流れ、
東から西へと登って来る。

どんだけ魚が好きなんだろうか?・・down down
                    ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東へ!・・Part Ⅲ・・

第26回笠岡市長杯ヨットレースに参加していたので
”東へ!” が二回ほど飛んでしまったが 今日からまた(笑)・・

03461 (遠くから見たら)・・

船底はしかるべき距離から見たら ピッカピカになって
いた。

で 東へ! と戻る。

○○時に出港したら 布刈瀬戸の通過は○○時・・
今日の転流が○○;○○で その後 引き潮になる。

引き潮になったら東に進めなくなるから 転流前に
布刈瀬戸を通過しないといけない。

各地の潮汐は ↓ に・・
 http://www6.kaiho.mlit.go.jp/onomichi/index.htm

サァ 泊地へ戻ろう!

東へ! 東へ!

と 出港する前に三日分の記事を書いてしまった。
この調子だとまた十日くらいかかるのか?

・・急がねば(汗)・・down down
            ブログランキング ヨット 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊穣の人・・続・・

4295  南から青空が・・

昨日の続きだ。

雨に打たれながら微風の中を 潮流に翻弄されつつ
スタートする。

これくらいの雨量があれば上水道関係者や農業関係者、
屋根掃除関係者や洗車関係者は大助かりで、
水不足の心配は要らない。

別名 ”雨男” と呼ばれる ”豊穣の人”はそれでもまだ
雨を呼び続けるが・・

もうそろそろ雨は不必要になるんじゃ・・と 思っていると
上空に広がっていた雨雲が北へ北へと遠ざかり始めた。

第二マークを回航する辺りでは雨は上がり、乾燥した
南からの風が吹き始める。

必要な雨を世間にもたらし、水不足の心配を払拭しつつ
必要になったら 青空と風を呼び寄せる。

呼び寄せた水は皆さんに行き渡り、
引き寄せた青空と風も皆さんにお分けするから、
皆さん方は均等に帆走り始める。

次回からは雨水は皆さんにお分けして 風は
ワタシだけで引き受けよう!・・down down
                  ブログランキング ヨット 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豊穣(ほうじょう)の人・・

”東へ!” はチョット休憩して・・

Images3   雨が・・

今日も海に出る。

今回 は  ↓ のレースへの参加だが・・
 http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-23ec.html

朝から雨が・・

去年のこのレースも朝から雨が・・

ナニカの行事の度に雨に会うのは 世間の人は
”雨男(あめおとこ)” なんて呼び方をして、疫病神のごとく
忌み嫌うが・・

考えていただきたい!

植物にとっても動物にとっても、雨は自然からの恵みだ。
だから、行事の度に雨に会うワタシは、自然界から見ると
”豊穣のカミ!” イヤ ”豊穣の神!”に等しく、

友人の言うところの ”雨男” の名称は人間だけの
勝手な思い込みで、自然界から見ると 行事の度に
雨を招く人間は 神に等しく、豊穣の人 どころか
”豊穣の尊(みこと)” だ。

で ワタシが ”豊穣の尊” で、今年も恵みの雨を
動物や植物、鯛や平目、デッキやキャビンにに授(さず)けた。
セールやロープには充分に湿気を与え、キャビンにも
充分な水分を補給した。


それにしても・・
ホワイトビーチの海開きを もう少し遅らせて
もらえれば停滞前線は北に去り、乾いた南風で
レースに没頭できるんだがナァ・・down down
                    ブログランキング ヨット 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »