« プゥゥゥ~ッ!・・ | トップページ | 西へ向けて八ノット?!・・ »

プゥゥゥ~ッ!・・続

02471 この位置から・・

4801_2 ここまで・・50センチ?

以前 友人が船底掃除のために潜った。

一分とは潜れず、やや疲れると20秒も経てばプッハァッーと
浮き上がり、もう少し疲れると10秒で浮き上がるから
船底掃除どころではなく、見ていても危なっかしい。

そこで友人は考えた。

”パイプを咥(くわ)えて潜ろう!”

で シュノーケルの先っぽに水道ホースを取り付け、水に
沈まないように端っこをライフラインに結んで潜った。

喫水線の辺りの掃除では水道ホースは不要。

で キールの掃除に取り掛かったが 水面下50センチほどで
息が吸えなくなったらしく ジタバタと揚がって来た。
プゥゥゥ~ッ!

冷却水パイプに息を吹き込んでパイプラインの掃除をするのも
水面下でパイプを通して息を吸い込むのも 似たような
呼吸能力を必要とし、肺活量とは関係ないようで、
強いて名づければ 肺活量ではなく肺活力かな?

潜って船底掃除をし続けるヨット乗りは 一万年も経つと
ラッコくらいの潜水能力を身に付け、ナイトの航行をする
ヨット乗りはネコの視力を身に付ける。

で 今年も船底掃除の季節が近づいた。
自分でこするか 外注に出すか、
面倒なら船体ごと買い換えるか?!

ぶっとばされるゾッ!・・down down
              ブログランキング ヨット

|

« プゥゥゥ~ッ!・・ | トップページ | 西へ向けて八ノット?!・・ »

トラブル」カテゴリの記事

春 夏」カテゴリの記事

コメント

リンク先参照(笑)。
http://white.ap.teacup.com/something/650.html

シュノーケル+水道ホース+電動空気入れ=が一番格安…だそうです(笑)。

投稿: サムシング田中 | 2012年6月12日 (火) 17時53分

自分と全く同じです。
潜ってスクリューにたどり着いたらもう息が続きません。デブだから浮力がついてしまうし。。。
ご記憶にあるかもしれませんが、60年代は1メートルくらいのシュノーケルが売られてました。ところが、水が管に入ってしまった場合に、水を飛ばすにはより水圧分余計に肺活量が必要となる為に溺死者が続出して長いシュノーケルは製造禁止となったはずです。
海女さんはすごいですねえ。

投稿: デブチンおじさん | 2012年6月12日 (火) 20時55分

サムシング田中さん

リンク先を見ると 考える人は考えるもんですネェ・・ってか 色んな道具があるもんですネ。
潜水能力の乏しいワタシには無理・・ですが・・
    shock

投稿: まさゆき | 2012年6月12日 (火) 22時16分

デブチンおじさん さん

ワタシもプロペラにタッチしたら 即浮上!(泣)

何のために潜るんだ?・・と友人から言われますが、レジャーです!
          coldsweats01
          

投稿: まさゆき | 2012年6月12日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/54798374

この記事へのトラックバック一覧です: プゥゥゥ~ッ!・・続:

« プゥゥゥ~ッ!・・ | トップページ | 西へ向けて八ノット?!・・ »