« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

GO!GO!GO!・・

4481 コンコンコンコン・・

01701 新品の・・

01731 トイ○が・・

01721 GO!GO!GO!

GO!・・ってのは ”行けぇ!” のゴーではありません。

マリントイレのボールから流れ出る水音のゴーです。

おとといまでの水音はチョロ・・でした。

一昨年以来 調子の悪かったマリントイレのポンプ部分を
コツコツコツと叩いて使い続けてきたが とうとうあきらめて
新品のマリントイレに交換したのだ。

設置して配線をつなぎ、コックを開いてスイッチを押すと
力強く水音がする・・ゴー! GO! ごう!

今までご心配をされていた方々!
これからはコックの操作を誤らなければ
給排水の心配はご無用!
心置きなく用足しをどうぞ!

二年半叩き続け られたモーターとポンプ部分の
塗料は少々傷み、全体を見ても天寿を全うした感が
ある。
で 交換したのだが 以前の商品よりも格段に安いのは
気のせいなのか?・・down down
            ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

切磋琢磨・・修練か?

           

3678

10ノット10マイルの日々は今日も続き、
久しぶりに市内を流れる川の 河川敷のサイクリングだ。

土手を降りて自転車道を少し上流に走ると
若干の遊具と砂場を備えた公園がある。

この付近はワンちゃんの散歩道でもあるんで
砂場で子供を遊ばせる勇気のあるオカァサンはいないが
オジサンが一人 砂場で遊んでいた。

直径3メートルほどの円形の砂場の真ん中に立って
ボールを置かずにサンドウエッジを振っている。

真剣なまなざしでサンドウエッジを振り下ろし、
その度に 舞い上がった砂は 枠の外へザッザッと
飛び出すが オジサンは意に介さない風で 
何度も何度もスィングを繰り返すから
遠くで見るとプレーリードッグの巣作りのようだ。

年恰好を見ると 往年の名ゴルファー ジャンボ尾崎と
似たような年齢で、世間で言えば マァ ジィサンですが
酸いも甘いも噛み締めた人生のベテランが 公園の砂場で
砂を飛ばしながらのバンカーの練習とは・・・

・・・イヤ~ 練習熱心なことです。

何年経っても上手にならないゴルファーは 腕前以外に
他のことまで疑われるから、始めたからにはある程度は
上手にならなきゃいけない。

上手になるためには練習しなきゃいけないが、
練習するったって費用がかかる。

オット ここなら無料か?

この河川敷にはちゃんとしたゴルフの練習場が
あるが そこは有料なんで 地道なアマゴルファー
としては 無料の砂場を利用する・・

・・目指せ シングル!・・down   down
               ブログランキング ヨット

     bicycle      golf             golf     bicycle.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の島 真鍋島

3511

古くは花の島、もう少し後年には
アノ夏目雅子出演の映画 ”瀬戸内野球少年団”の
舞台になったことで脚光をあびた 岡山県笠岡市の
白石諸島に属する真鍋島だ。

【全国に広がる真鍋さんの祖先はこの島がルーツ
  なんじゃ】・・・by 地元住民・・
だから人口300人余りの小さな島にも関わらず
その名は全国に知られる。

この島までざっと15マイル、手近な距離だから一年に
数度は訪れる。
漁業が主体の島だから港には活気があって漁船の出入りも
多いが、ヨットの二三艇は停泊する余裕はあって
昼ごはんを食べて散歩するには手頃の島だ。

港から小高い丘の稜線を越えて南側に降りると
白い砂浜が広がり、その中ほどに”三虎”旅館がある。

南方または北方から見ると島の中央部が凹んでいて
その凹みに似合う形の小さな島が東に浮かぶ。

本名は茂床島と言うが 周りの人たちやヨット乗りは
”鍋蓋(なべぶた)” と呼んでいる。 その名にふさわしく
島の頂上はポツンとつまみのような突起がある。

白石諸島の中では、真鍋島と北木島との間が
一番潮流が速く、魚も多いようで いつも釣り船が
右往左往しているからご用心を!

島の山頂には城跡が残り、往時の隆盛を思わせるが
今は水軍はいないんで安心して航行できます。
少し西の問島はタコの産地・・・らしい   down  down
                       ブログランキング ヨット

      yacht          fish       fish      fish        yacht  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百間ゾワイ・・暗礁です

3958 左舷障害立標が

3959 迫る

http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=34.42184431297105&lon=133.49579255765022&z=16&mode=map&pointer=on&datum=wgs&fa=ks&home=on&hlat=34.522410459072&hlon=133.50935380643&layout=&ei=utf-8&p=

 ↑ の位置にある左舷障害立標で 百間ゾワイ と言う。

ゾワイの名の語源は不明だが 航行に支障のある
暗岩または洗岩のことのようで、同義語には
”瀬” ”磯” なんかもあるようだ。

で この百間ゾワイ立標の北東側にも 百間(180メートル)ほどの
ゾワイ(暗岸)が潜み 近づくヨットやボートをやさしく誘う。

立標があるから安心だヨ なんてことは ナゼかなく、
”危ないとは知ってたんだが行ってしまった” と嘆(なげ)く
ロッカーが多い・・ナンデだ?

ちなみに ロッカーってのはロックするお人のことで、
浜に乗り上げるお人はサンダー だ。

レースならブイを遠くに見て回航するのは 余分な距離と
時間がかかるから得策ではないが、障害浮標や立標は
”近づくな!” のマークなんで、敢えて近づいちゃいけない。

”あの付近が危険だってことは知ってたんですヨ
 だけどネ ついつい行ってしまったんですヨ
  もう行きゃしません!”

同じ場所で何度もロックするアホ・・失礼!・・はいないが、
違う場所でなら何回もロックする○○がいる。

彼らにはローレライの歌声が聞こえるのか?

狭い海峡を抜ける度に ”♪なじかは知ぃらねぇど~” と

・・オッ? 聞こえた!・・down    down
              ブログランキング ヨット

       yacht         bell         bell         yacht

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第37回 舵杯ヨットレース

01671 舵杯のご案内・・

01681 ・・・

第37回舵杯ヨットレースが開催される。

時は 次の日曜日の22日!
海域は 笠岡市白石島周辺!
集合場所は白石島東港!

近隣のヨット乗りならレースへの参加 または見学、
またはお手伝いをしない訳にはいかない!

ヨット乗りの端くれであるワタシも なにかのお手伝いか
見学、または見物に出かけるつもりだったし その準備も
出来ていた・・先月の終わりまでは・・・

ただし、予定または日程には優先する順番があり、
初めから決めていたんならそれを守らなきゃ・・
・・なんてことは無く、
断りにくい順番にしたがって日程は変更される。

で 今回・・22日は断れない事情が優先されて
舵杯への参加・見学・見物は中止になったが、
決して・決して 土日の天気予報が影響した訳では
御座いません!

参加または運営の皆さん! 見物の皆さん!
お疲れ様です!

皆さんの御健闘を祈って陸上からエールを
送ります!
フレェ~! フレェ~ 皆さん!・・down down 
                   ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんなんじゃろ?・・

なんなんじゃろ?・・ってのは
”これはどう言う事なんでしょうか?” の意味で、
女性言葉なら ”なんなんネ?” になる。
この地域では標準語に順ずるんネ?・・でしょうか?

フレーズランキング

このブログページの左下に検索フレーズのコーナーがある。
どんな言葉を経由して ここにたどり着いたか・・の証だ。

検索された方のアドレスは特定できないのでご安心を・・

通常は普通の言葉で・・季節の関係か、ヨットの関係か
自転車の関係の言葉が多いが 久しぶりに官能的な
言葉での検索で このブログへとお越しいただいた。

”縛り エッチ 方法” だ。

こんな言葉を伝ってここに来られても
アタシャ知りません!・・経験もないし・・

縛り方・・ロープワーク・・結索・・結び方・・
・・シートワークはちがいますが・・の範囲は広く、
最初は実用から始まったロープワークだが 時とともに
その範囲は 趣味や装飾に広がり、ついにアッチ方面にも
ロープワークのテクが求められ始めた。

1位:ヨット 岡山 ブログ
2位:ヨット 北木島
3位:シングルハンド
4位:オートヘルム3000
5位:ヨット パーマネントリフト
6位:h ロープ 結び方      leftright
7位:折り畳み傘 一脚
8位:マリン用品 ステップNトリム
9位:天当神社
10位:さつま結び 

これは 上の日から三日後の検索フレーズだが
お目当てのページに行き着かれたのだろうかな?

     3812

ロープワークの使用範囲が広がるに連れて
妄想と発想が広がり、思いがけない縛り方で
思いがけない所を・・アァ~

勉強になります・・(笑)・・down down
              ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンニチワ!・・

01451 公園の桜子です・・

01411 花盛りです・・

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-411d.html

 コンニチハ! ↑ で紹介された桜子です!

あえて年齢は申しませんが 今が花盛りで、ピッチピチの
年代ですから人間に例えれば ここのブログの管理人さん
くらいでしょうか?・・エッ”!?

今年は例年よりも春の訪れが遅かったので
危うく寝過ごす所でしたが 自転車で見回りに来る
オジサンに心配をさせちゃいけないので
頑張って花をつけました。

ここ三日ほどが満開状態なので 散り始めの風情を楽しんで
いただくのなら来週一杯は見ごろが続きます。

花見の皆さんに言っておきますがネ
アタシを見ながら 横のベンチでビールを飲んでいただく
のは構いませんが○○っこをするんなら管理事務所の
トイレでお願いしますネ・・

ここ二三日で気温は上がり、自転車で訪れる
オジサンは早くも半そで!

クシャミをしながら写真を撮ってるけど大丈夫なのかしら?

見物客の皆さん!
ワタシ達桜仲間は見られてナンボ!
お客さんが少ないと寂しいので見に来てネ!

待ってま~す!・・down down
          ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

杓(しゃく)を貸せェ!・・

3787

このままセーリングを続けて東へ進むと水島灘に
入ります。
水島灘を含む瀬戸内海は 昔から激しい船の合戦があった
海域として知られ、各地に色んな伝承が残っている。

  ↓ もその一つだ。

http://kurashikibunka.blog106.fc2.com/blog-entry-516.html

他の島でも ↓ のような話が伝わり、瀬戸内海周辺部では
今でも夜になると ○○や△△が出没する。

 3512

人間の頼りにならない視力で見える範囲は
ジツは全体の数パーセントじゃないかと感じる。

見える事象以外にも 色んな出来事が起こっている・・
・・特に月の出てない真っ暗闇の海では・・

明るいサーチライトで照らすと、影は濃くなり、
その影に隠れて魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)して人間の弱さを
さらけ出す。 

サァ 今晩は照明を消して庭の隅っこを見つめて
見ませんか?・・・オ?down  down
             ブログランキング ヨット

     yacht         shadow         shadow         yacht

| | コメント (4) | トラックバック (0)

五十歩百歩・・by sailing !

4195 一時間前 !

4196 今 !

東の風 3~4m/s 波低し。
GPSの対地速度は4~5ノット前後。

セーリングの基本はウインドアビーム・・真の風向が真横・・
・・九時または三時 だ。

で 東の風を九時に受けて南に帆走る。

いつまでも南に帆走ると愛媛県または香川県に
乗り上げるから 適当な時間で北に転進する・・と
・・写真の船に気付いた。
同じ方向・・北へ向いて作業船を曳航中だ。

大きな作業船を小さな船で曳航中だから 速くはないが
通常なら帆走中のヨットよりは速い。

ところが今回の相手とは ”どんぐりの背比べ” ・・
・・マァ 似たようなもの・・ってことで、
一時間経過しても互いの位置関係に変化はなく、
いつまでも九時状態だ。

これは普通のヨットにとっては貴重な体験だが
となりを往(い)く動力船にとっては 楽しくない体験なんじゃ
ないかと・・・ハイ・・

たいていの場合、並んでいた動力船は30分もすれば
姿が見えなくなり、ナ~ンもおらんなァ と 思っていても
後方から別の動力船が ヌッと姿を現して追い越すから
一時間も並走するのは珍しい。

こっちも気になるし 多分向こうも気になるんだろうが
あれだけの大きさの船を曳航していたら今以上の
スピードは出ないんだろうなァ。

悪いからちょっとシートを緩めようかな?・downdown
                       ブログランキング ヨット

    yacht      ship      yacht      ship

にしても、えぇ天気の日曜日じゃったなァ・・by 地元言葉

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の路を・・

01401 桜の木の下を・

01411 ハァックション!

01431 ハァックション!!

運動と、移動と、桜の花見を兼ねて今日も自転車で走る。

サイクリングは運動も移動も 花見もできる三位(み)一体の
行動だから 雨さえ降らなかったら 10ノットの速度で
10マイルの距離を走るのは必須の生活パターンに
なる。

ただ唯一難点がある。

この季節には多くの花粉が舞い踊っていることだ。

花粉症の人間にとって 花粉の防御はサングラスとマスクだが、
双方を同時に着用すると鼻腔からの呼気で
サングラスが曇(くも)る。

曇ったままのサングラスを着用しての10ノットの速度は
歩行者にとっても乗り手にとっても危険を伴うから
マスクは着けず、サングラスだけで10マイルを走りぬくが
前を向いた鼻腔からは大量の花粉が入り込んで
症状をもたらす。

はぁっくしょん! ハァックション!
へっくしょん!  ブゥハーックション!!
ズルズル・・ ずるずる・・

桜は風媒花ではないから 自らの意思で
回りに花粉をばら撒いたりはしないが
近くの植林地域からの花粉は街中を席巻する。

今 思いついたが口から呼吸すると症状は
やわらぐ・・のかな?・・down down
             ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オッ! 野村君か?・・

4534 ン?

4533 野村君か?

近所の公園を自転車で走っていると ナニカが見える。

で 近づくと野村君の署名だ。
”福山 city 野村” と 書いてある。

公園の地面だから 署名には間違いないが、
請求書じゃないし領収書でもなく、誰かに頼まれて書いた
サインでもなさそうだし、選挙運動でもなさそうだ。

だから 何の目的で書いたのかは第三者には分からない。

第三者に分からないどころか おそらく書いた本人の
野村君にすら 何故ここに署名したのか
分からないんだろうナァ。

自己の主張をするのに 突拍子な行動を取るのは
簡単ではあるが 第三者から見ると楽しくはなく、
本人ですら恥ずかしい・・多分。

これが恥ずかしくないようだったら
野村君はどこかの段階で教育の受け方を誤まったか、
元々 頭がヨロシクない・・のかも知れない。

・・だが 今ならまだ間に合うゾ!

野村君の心の闇は落としどころを誤まって 河川敷の
落書きに落ち着いたが、こんな所に憂さを晴らしても
楽しくはないだろう・・ん?・・down down
               ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阿呆(あほ)やん?・・

4546 トイレの鏡と

4547 万能はさみ・・

コンパニオンウエイを降りて右舷側にトイレがある。
・・そうです・・時々不機嫌になるポンプが付いている
あのトイレです。
そこのドアの裏側には小さな鏡が付いてます。

普段はあまり自分の顔を見つめたりはしませんが、
たまたま、たまたま見てしまったんです。昼間に・・

晴れた日のヨット。  コンパニオンウエイを降りて
すぐの場所は コクピットと同じくらいに明るく、普段なら
見えないようなモノまで見えます。

で ポンプの動作確認を兼ねてトイレのドアを開けて
何気なしに鏡をみたところ、見えたんです!
鼻毛がチョロっと出ているのが・・・!

これは切らなきゃいけません。

ヨットに積んでいる ”切るための道具” は
結構ありますが 鼻毛を切るような道具はありません。

一番適切なのが万能ハサミで、これを鼻腔に差し入れたら
鼻毛が切れるかも?・・と 思ったのが大間違い!・・
・・でした。

切れ味の鋭くない万能ハサミでチョキッと切ったのは
はみ出ていた数本の鼻毛と、
その鼻毛が生えていた地肌! でした(泣)が
幸いにタラタラと出血するほどではなく、指でさわると
指先に血が付く程度でした。

五分ほど上を向いていた処置に止血の効果が
あったのかは不明ですが、キャビンの床に
鮮血がほとばしることはなく、一筋の涙で
決着しましたが 帰ってカミさんに報告すると

あほちゃう?!・・との反応でした・・down down
                   ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

錨揚げェ!・・待てェ!

4417_4 右舷側から

4418_3 降ろしたんだが

振れ回しの錨泊なら アンカーチェーンは
いつでも斜め前方へ向いている・・訳ではなく、
時には左右に向きを変え または真下に下がる。

その時の 風と潮の振れかたによってアンカーチェーンは
後方へと向きを変えることもある。

同時に船の向きも変化して 午前中は北向きだったのが
午後には南向きにもなる。

潮と風の具合で 船が一回転すればアンカーラインも
一回転する。
単錨泊のラインなら一回転や二回転ならラインを
引き揚げるうちに直るが、双錨泊の場合は回転する度に
ラインは絡(から)まり 揚げるのも降ろすのも
困難になる。

写真の船の場合、ナンデこんな事になったのか
分からない。

もし係員が気付けば 一旦後進してチェーンを前方に
伸ばし バルバスバウをかわしてからアンカーを
引き揚げればすむが 写真のままゴリゴリと錨を
揚げたら 十徳ナイフに付いているwiresawで 立ち木を切る
ようなもので バルバスバウが危険になる。

係員がウインドラスを回し始めたら 下から
ゴリゴリキュルキュルガリガリ と音が聞こえる。
ン? と下を見るとこの状況だ・・あぶない!

瀬戸内海では午前と午後に風向が180度変わり、
日に最低でも三回は潮流も変わる。

それに連れて船の向きも変わるから錨泊には
充分な注意を必要とする。

おまけに水深は一日のうち四メートルほど変化する・・
・・大丈夫か?・・down down
 
         ブログランキング ヨット

| | コメント (1) | トラックバック (0)

忘れる・・

00921

   ↓の途中で書いたが・・
http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-38d3.html

・・覚えなきゃならんことほど忘れやすい・・

ヨットを降りる時にはバッテリースイッチを切っておかないと
次回の出港時には配線の放電でバッテリー電圧が下がって
エンジンの始動が困難になる可能性がある。
だからメインスイッチは必ず切る。 切る。

切るのを忘れないためにラジオのスイッチを点ける訳で、・・

・・片づけを終えてメインスイッチを切って 船を降りる。
・・百歩ほど歩いて自転車に行き、ロックを解除する・カチャ・
・・アレッ? メインスイッチを切ったかな?
・・一応確認のためにヨットに戻る
・・その途中で知り合いに会う
・・三十分ほど他愛のないおしゃべりをした後、
・・自転車に戻る!

・・アレッ? メインスイッチを切ったかな?
・・再び 一応確認のためにヨットに戻ると
・・キャビンに入ったとたんに通り雨が・・ザァッ~
・・やれやれ雨宿りか コーヒーでも飲むかナ?・・ 
・・ラジオを点けるためにメインスイッチをONにする

・・オ? 雨があがった! 今のうちジャ! と
・・自転車へ急ぎロックを解除する・カチャ・
・・アレッ? メインスイッチを切ったかな?


・・ヨットへ走る・・
・・オッ?! メインスイッチは切れとるじゃん!
・・ちょっと休憩して帰ろう・・

”あの人はさっきからヨットと陸とを速足で
 往復しているが 用事でもあるんじゃろうか?”
  
それとも徘徊なんじゃろうか?・・down down
                  ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道路?・・か?

3585 ♪ 春よ来い ♪

春の陽射しの中を自転車で行くと・・

4109_1 道路だが・・

4110_1 通れない!

自転車で 用水路に沿う小路を走る。 農道だ。

と 正面にフェンスが設置してある。

”ちょっと待てぇ!” の景色だが
ここが農道と用水路の終点・・ってことではない。

このフェンスの向こうにも農道が続くが、向こうの農道は
スーパーの駐車場の中央を貫(つらぬ)く・・
・・説明が良くないナ。

元々この辺り一帯は田んぼで、
その中ほどを南北に農道が通っていた。
その農道を挟(はさ)んだ東西の田んぼを埋め立てて
スーパーができて店舗の前面は駐車場になった。

Cocolog_oekaki_2010_11_23_14_51

    ↑ のような状態で、赤い線が一般道で、
ブルーのラインが農道と用水路になる。

巾が120センチの狭い農道なんで通る人は
ほとんどいないし、スーパー敷地の治安のために
ここを封鎖したからって苦情を申し立てる人はいない。

駐車場内で農業用水を使う人はいないから安全のために
用水路の上にはコンクリートの蓋がしてある。
なので見た目は悪水用の水路に近い。

農道・一般道を含め、一旦造った道路はなくなることはなく、
管理がおろそかになって、人も車も通らなくるだけで
いつまでも残る。
一般人が使用しなくなった道路は 近所の人の駐車場に
なったり、物干し場になったりするが、行政上はいつまでも
道路であり続けるから、Tさんちの駐車場代わりに
していても固定資産税は要らない。

ウチの田舎に通る農道は使用頻度が極めて低く、
おまけに車の通行はほぼゼロ! だから人が通れる
片隅の50センチを空けてあれば物干し場に使っても
どこからも苦情は出ない。

近所の人が集まって花見をするには絶好の広場
になる(笑)・・・  down down
         ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンちゃん用の?・・

検索フレーズランキング

このブログの左下にどんな言葉の検索でここに
辿(たど)りついたのか・・のコーナーがある。

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-dbdc.html

  ↑ にも書いたが、ヨット用品の範疇(はんちゅう)には
ドックラインの言葉はあるが ドッグラインなんて言葉はなく、
愛犬を連れてヨットに乗る人でも リードをドッグラインとは
言わない・・多分・・

馬をコントロールする綱はホースラインではなくて
手綱(たづな)で、錨・アンカーを繋(つな)ぐロープは
アンカーシートではなくアンカーロープ。

ワンコでもニャンコでも 互いの意思の疎通のツールは
言葉だ?・・多分・・

ただワンコやニャンコとちがって 人間の使う言葉の種類は
やたらに多く、似たような言葉を誤って使うときがあるが、
その多くの原因は 誤った言葉遣いを後輩に教えた先輩に
ある・・と 思われる。

先輩ってのは後輩よりもホンの少し年長さんか または
ホンの少し早く業界に入った人たちで、
無条件に先輩の意見を鵜呑みにしたんじゃいけません・・
・・しっかりと噛んでから
・・飲み込まないと・・・down  down
          ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国旗・・国歌・・

Images1_3  国旗・・

先日の ↓ の続編になるのかナ?

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-b700.html

国旗や国歌は国の象徴で 実利的には重くもなく美味しくもなく
強(し)いてたとえれば・・
・・たまたま乗り込んだ船の船名や船体の色に似ている・・
と ワタシは感じている。
今 乗っている船の船名や船体色も好きだが・・

国旗ならデザインの良し悪しとか、
国歌なら 旋律の良し悪しとかは・・もちろん ”良い” に
越したことはないが 趣向は時代とともに変化するので
現代の感覚で良し悪しを判断しても意味は無いし・・

国旗や国歌は 国の独自性を主張する材料なので、
たとえば国内においての国旗や国歌の存在は
心の安静の材料になるが 本来の使用方法とすれば
外国に対しての 自国の存在の象徴の主張になる。

だから外国との付き合いのない国には国旗はいらず、
同じように 自分以外との付き合いのない人間には
自己を主張する姓名もいらない。

ワタシの住む国の日本は 外国との付き合いもあるし
外国人との付き合いもあるから 自己を主張するための
国旗・国歌は必須のツールになる。
多分 これからもなり続ける。

将来、科学文明が発達し、希望を求めて人類が宇宙に
旅立つようになれば 地球人の主張のために
地球旗・地球歌も必要になるし・・

ただし庶民感情としては・・デス。

国旗・国歌を利用して戦争に突入し、無茶な戦法を
市民に押し付け、三百万人とも言われる犠牲者を出しながら
ナンの責任も取らなかった当事者と、その当事者に対して
ナンの罪も問わなかった当時の国家への虚無感・不信感は
大きく、それらの感情が国旗・国歌への
反感を煽(あお)っているように感じられる。

が それは国旗・国歌に罪はなく、国旗・国歌を不適切に
利用した当事者の責任だと思われるので、否定するべき
対象は 国旗・国歌ではなく国家の象徴を乱用した人間にある・・
当時の一部の? 軍人・議員・教師・マスコミ・etc・・だが・・

国家と国民は持ちつ持たれつ・・船と乗組員の
関係に似ていて、
”このコースは危険じゃない?”
”エンジン音が怪しいんじゃない?”
”水が漏れてんじゃない?”

・・などと色んな議論があるんだろうが

”船名が気に入らん!” とか
”船体の色が趣味に会わん!” 

なんてことまで議題にしたのでは苦情に際限がなく
なり、やがて船は停まってしまう。

乗ってしまった船なので安全に・安全に・・down down
                      ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブォ~ォ~・・

4536 巾5センチで

4538 長さが10メートルの

木管楽器で言えば リードの部分に相当するのが
インマストファーリングのスリット・・セイルを出し入れする
隙間・・部分で、共鳴する角度で風を吹き込めば
見事な大きさの音を奏(かな)でる。

木管楽器経験者ならお分かりだろうが、リードに吹き込む
呼気の角度は 上の下?の写真の風見の角度に似ていて
その発する音量は 吹き込む息の強さに順ずる。

相当な音量を発するサキソフォンのリードですら
その巾は二センチ足らずだが、このマストのリードに
相当する部分の長さは千センチ!・・で、吹き込む呼気の
イヤ風の強さは 本日は10m/s!

ヨットに近づくに連れて ブゥォ~~~ォ~とマストが
奏(かな)でる音色が聞こえる。  100メートル手前から
聞こえるから その半径以内にお住まいの人には
風向と風速が整えば 昼夜を問わず
一日中聞こえる・・ブゥォ~~~ォ~・・

幸いに100メートル以内に民家はなく、たまに近くを
散歩をする人も 風の強い日には出歩かないから
苦情は来ないが、もしも ハウステンボスの入り江や
ベルポート芦屋なんかだと
”やっかましィ! 馬ッ鹿ゃろうが!”
”スイマセン すんません すんまへん”

中空のマストと中空のキャビンで増幅された
ブゥォ~~~の音響は 風の強さと共に 近所に
広がり、隣のヨットからは冷たい視線を浴びるが
お詫びに お会いする度にコーヒーを・・ハイ・・
・・すんまへん・・down down
        ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四月一日・・美男美女 編

Imagescaadddpa カミさんか?

Imagescazwmuu0 ワタシでしょうか?

四月一日・・
・・夜明け前の眠りが一番深く、
・・現実とは思えない妄想が頭の奥底に映る。

ワタシ達を知る人たちはお分かりだろうが・・・

上の写真に写る美女はウチのカミさんではなくて
吉永小百合さんだが、よ~く見るとカミさんにそっくりで
下に写る美男子はワタシではなくて 石原裕次郎さんだが
よ~くみると これもワタシにそっくりだ。

虚言ではなく 似ている理由を具体的に説明すると
人種がモンゴロイドで、眉毛が二本!
眼の色は黒くて目玉が二個!
鼻が一個で鼻腔が二穴!
唇は上下一枚づつで都合二枚!
どうだ! そっくりだろう!

更に付け加えると 耳朶の形はまるで瓜二つ!
あのう 耳朶(じだ)ってのは耳たぶのことです・・

ここまでそっくりだと ↑のカップルが街を歩いていると
ワタシ達夫婦と見間違われる可能性も・・・

なくはないこともないとは言えないこともなくはない・・か?

決まって四月一日には楽しい夢を見るが
困ったことに以降の美男美女のカップルを知らない。

次世代モデルが現れるまでは十年先も ↑ の
カップルがモデルになる・・down down
              
ブログランキング ヨット

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-6845.html

 ↑ は去年の夢・・です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »