« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

用心をする・・

4856

今回の話は上の写真とは何の関係もありません。

昨日の 【用心の横に用心を】 の話を書いていて
思い出したから、ナニカの参考になれば・・と思って
書いてみます。

半年ほど前の話です・・

近所の入り江には多くのボートが係留されていて、
満干潮による海面の上下の関係もあって
どの船も係留方法は いわゆる 【行って来い】
の 方式です。

ある朝、所用があってこの入り江に行ったところ
とあるボートが首を吊っていた・・・

・・文章が悪いので説明を・・

・・【行って来い】 のシステムで岸壁までボートを近づけたら
・・必ず沖出ししておかないと次の干潮で
   ラインを引かれたステムが上を向き、
・・その次の満潮でスターンから浸水する
・・この状態を首を吊る と 言う。

落胆していたボートの持ち主に事情を聞いた所・・

【一昨日乗ったばかりで 帰りにはちゃんとブイまで
  出していたが、誰かがワシのボートを岸壁まで
   引ッ張ったようじゃ!】
【燃料タンクのハッチの鍵が壊されとるしタンクは空じゃ!】

誰かが燃料を盗みに来たようで、満潮時に
ボートを岸に近づけて燃料を盗み、盗んだ後は
ロープをそのままにして帰ったようです。
その後 潮が引くに従ってボートは上を向き、
やがて潮位が揚がるに従って 浮力の少ない船尾から
海水が船内に入り始めたようです。

被害とすれば全損状態だ。

ヨットやボートの場合は泥棒に対する防御
なんてことは出来ない。 鍵を付ければ壊されるし
ロープを切られない手段はない。

困ったもんだ(泣)・・・down down
           ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

暑い!・・・

5027 秋深し・・って

5028 もう冬だが・・

昨日 12日の土曜日の話だ。

朝八時半に 舫(もや)いを解く時のキャビン内の温度は
13度・・この日の予報最高気温は22度! で晴天!

昼近くになると予報どおりに気温は上がり始めて
着ていたジャンバーを脱ぎ、首に巻いている手拭いを
緩(ゆる)める。

元々が半パンでポロシャツだから 
これ以上の対処法はない・・頑張れば半パンを脱ぐ・・
・・手段もなくはないし、ポロシャツを脱ぐ・・手段も
なくはないが・・って 夏の変態オヤジじゃあるまいし・・

十一月も中旬になって この気温だ。
おまけに雲量1~2の晴天で 頭頂部に降りそそぐ
紫外線は帽子を通り抜けて脳みそまで届く。

だからいくばくかの副作用も出る。

三十八年間も生きてきて 十一月の中旬に海の上で
暑くて汗をかくのは初めての体験だ!

チョットやはり 脳みそが煮えてきたかも知れない(笑)

平年並み・・は 平均値だから 平年よりも
暑い日や寒い日があっても不思議ではないが
今年は黒潮の影響か平年よりも潮位は高く、
気温も高い。

長パンの用意はできてるんだがなァ・・down down
                     ブログランキング ヨット

昨日と同じ服装でセーリングに出かけたら
今日はチョット 肌寒い。 もうすぐ冬の始まりかナ?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

防犯登録を・・続

4783 ステッカー無しの

防犯登録ステッカー無しの自転車が走る。

昨日の続きだが・・・

三十年ほど前に原付のバイクを盗まれたことがある。
鍵が付いてないバイクをどうやって盗んだのか・・
・・なんてことは 被害者には分からないが
被害届けは所轄の交番に提出しておいた。

三ヵ月後・・くらいだったかな?
ずいぶん遠くの交番から電話があった

【以前 盗まれたバイクが山の中で発見されましたので
  現物の確認をお願いします。】
【状態は どうです?】
【前半分は部品取りされていて稼働状態には
  ありません】
【ナンデ ワタシのバイクだと分かったのかな?】
【車台番号を確認しましたから・・】
【所有権を放棄する方法はないのかな?】
【所有者が判明したら所有権の放棄はできませんし
  不法投棄の責任の可能性も・・】
【バイクは交番にあるのかな?】
【イ~エ バイクは発見現場に置いてあります。】
【なんで?】
【動かせる状態にないからです。】
【じゃぁ 業者に引き取りに行かせるヨ】
【ご本人に来ていただきたいのですが・・】
【なんで?】
【盗難品引取りの受領書に印鑑をお願いしたいんで・・】

で 業者と一緒にトラックに乗って20キロほど離れた
山路に走り、現地で警官と待ち合わせて現物を確認し
後部だけが残ったバイクをトラックに乗せて
交番に回り 所定の書類に記入押印をする
・・確か 三枚・・

○○警察署署長 警視正 誰々彼衛門 殿

確かに盗難品の○○を受け取りました。
云々
云々
あれこれ
あれこれ
          盗難 被害者ノ介 ㊞

バイクの発見者は現場近くの人で 町内会経由で
交番に通報があったそうだ。
この件に関する警察業務は盗難被害者の
特定だけで、そのうえ被害者に 時間の浪費と
費用の出費を強制した。

 up の思い出が頭をよぎるので 自転車を含めて
不必要な登録はしない・・

・・お勧めする訳じゃありませんがネ・・down down
                     ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二寒五温・・

暦の上ではもう冬ですが・・・

4869_3 電線を入れるだけで

4870 青空に見える・・・か?

毎年毎年 去年の事は忘れる。

忘れてもいい事や 忘れちゃならんことの区別なく
色んな事を忘れて行くから あと十年も経てば
基本的なこと・・・昨日の夕食・今日の朝食・・・なんかも
忘れるし、もっと経てば 【ワシャァ 今年で三十歳じゃぁ!】
と 年齢すら忘れるようになる。
今でも二三年分は忘れたフリをするが(笑)・・

今年も十一月になって気温の上下巾が大きくなった。

去年は確か十月下旬に半パンから長パンに替えたが
今年はドウジャロかい?・・と 思いながら まだ半パンを
穿き続けている。
が 毎日食事介助に通う老人ホームのスタッフは
オジサンの半パン姿を見ると ギョッと眼を見開く!

やがて秋も深まり、二寒五温になって 
・・三寒四温・・四寒三温・・五寒二温 になれば
半パンはやめなくちゃなりません。

にしても 近所の女子中学生のスカートの短い事!
・・寒くはないのか?!
男子中学生のウエストの上からは パンツが見えてるし・・

瀬戸内海では 寒いったって 何度も氷が張る訳
じゃなし、積もるほどの雪が降る訳じゃなし・・・
スリーポンしなきゃならんほどの風は(あまり)
吹かないし・・良い所ですヨ・・・ down down
                   ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スポーツの秋・・10ノット10マイル

秋ッたって暦の上では 二十四節季で示せば
もう今日から冬だが・・

4783 天気はいいし・・

スポーツの秋だ・・が
張り切りすぎると【○○の冷や水!】 にも
なりかねない。
が ちょっと肌寒くなったんで市内を流れる川の
河川敷を 上流に向かっての10ノット10マイルだ。

4789

舗装路では運動量が足りないから 途中から砂利道へと
進路を変える。

ここまで来ると自転車のおじさん・・ワタシだが・・
以外には誰も見えず、やや狭くなった川原では
合鴨(あいがも)が遊ぶ。

事情通の話では 
 【合鴨農法で飼育していた合鴨が
  自由を求めて田んぼを抜け出したんじゃないか?】

4786

自由を手に入れた合鴨は 餌の豊富な川原に
陣取って自活?する。
今は昼寝の時間のようですが・・

逃亡後は指名手配なんかはかからず、好きな場所で
好きなように生活ができるが
今までは人間に守ってもらっていた外敵には 自分で
立ち向かわなきゃいかん。

頑張れ!
自由を得た合鴨たちヨ!・・down down
                ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸 異人館通り・・

5013 坂路を登ると・・

4998 日本か?

5000 日本だ!

先日 姪っ子の結婚式が神戸で行われたので
叔父の立場に相応しい額の 祝いを用意して参列した(笑)

結婚式の場所は神戸北野町の異人館街の真ん中で
周りには多数の観光客が行き交う。

以前 仕事の関係で神戸にいたことがあって
この界隈は休日の度に歩いたが・・その頃は二十代!で
距離も坂路も気にならなかった。
が この年齢になると新神戸駅を降りて 右に曲がり
山の手のアップダウンの路を歩くと汗が出る。

【イノシシにご注意を!】 の看板も立ってるし・・

異人館街は兵庫の港・・今の神戸港です・・が開港してから
外国人が住み始めた街で その歴史は百年を超えるが
年々 整備された観光地になって来たようで、
ワタシがいた頃に比べると 街路も建物も綺麗になっていた。

この地区の結婚式場は当然 ”汝と汝は・・” の
方式なので、教会では賛美歌を唄い 庭先に出て
花びらを撒(ま)き、新婦はゲストに向かって花束を
バックトスする。

初めて会う新郎は男前で、久しぶりに会う新婦は
美人になって 父親(ワタシの弟)を涙ぐませる・・

・・頑張れヨ・・down down
        ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

用心の在庫?・・

4888_2 ペットボトルに

4889_2 入った水が・・

去年の話だが 水は腐敗する・・ downwardleft
http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-c803.html

セティ下のタンクに入っている水は腐らないが、
ペットボトルに入れた水道水は 気温が高い時期なら
一ヶ月は保たない。

【水は命の綱】 だから 身の回りには常備してなくっちゃ
いけない・・から、去年の反省をふまえてヨットには
二本のペットボトルの水を 食料庫に入れてある。
使うために入れてある訳じゃなく、用心のための水だ。

先日 ふっと思いついて取り出してみると賞味期限が
一ヶ月も過ぎている。
賞味期限が一ヶ月ほど過ぎていても 特に健康に影響は
ないとは思うが・・・

幸いに?来客があった。

・・コーヒーでも飲む?
・・アァ いただこうかなァ

で 三杯分の600ccは使った。

・・梅昆布茶はどうかな?
・・オォ いいかも知れんなァ

で 三杯分の600ccが減った。

一本と少し使って 残りは封を開けたほぼ一本。
残った水は帰りにタンクに移し替えた。

で 途中でスーパーに寄ってペットボトルの水を
二本・・今年から来年に掛けての用心の在庫・・
・・を 用意した・・ down down
           ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »