« 反省・・ | トップページ | ポートサイド・・左舷側 »

ポート・スターボード

3199  こっちがスターボードサイド

3198_2  こっちがポートサイド

まずスターボードサイドありきで 反対側が
ポートサイド(港側)になったのは古い文献や
資料に詳しい。

右利きが多い人類が、人力で艫舵を取る頃の船なら
右舷側がスターボード(Steerinngboad Side)なのは
的を得た区分けだが、最近の船で人力で舵を取るのは
小型ボートか小型ヨットくらいしかなく、ポートサイドは
ともかく、スターボードサイドなんてのはどっちでもいい
ようなもんだと思っていたが・・・

・・・帆船から汽船(エンジン付き)に変わった頃、
何故か分からないがスクリュープロペラ(除く外輪船)の
回転方向はスターン側から見て
右回り・・つまり時計回りに回るように作られた。

始まった頃の汽船は まだ小さく、タグボートなんてのも
なかったから自力で着岸し 自力で離岸していた。

小型ヨットも同じだが・・

・・段々岸壁に近づいて・・最後にアスタンに入れると
プロペラの反力で船尾が左に振れて岸壁に近づく。
・・離岸する時には舵を左に切ってアヘッドに入れると
船尾は右に振れて 岸壁から離れる。

つまり 艫舵じゃなくなった現在でも、エンジンの特性で
右舷側を岸壁に着けるよりも、左舷側を着けた方が
離着岸が容易って事になり、千年前からの呼び名は
今もで通用する。

ところが ぐっと近代になって小型ヨット向けに
セールドライブなるものが生まれた。
これはこれで振動もなく、ゴミも掛かりにくく優れものだと
思うが プロペラは何故か船尾から見て アヘッドが左回りで
アスタンが右回りだ。

ポートサイドに着けようと岸壁に近づき、アスタンに入れると
アララ 船尾が岸壁から離れる・・オイオイッ 
離岸しようとアヘッドに入れると 船尾は左に振れて
岸壁にくっ付く・・またオイオイッ

セールドライブにお乗りのヨットは右舷側を
(内緒で)ポートサイドにした方がヨロシイかと・・
   思ってますが  down   down
いかがでしょうか?ブログランキング ヨット 

   yacht          ship         yacht        ship

|

« 反省・・ | トップページ | ポートサイド・・左舷側 »

ヨット ⑥」カテゴリの記事

無題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/46864703

この記事へのトラックバック一覧です: ポート・スターボード:

« 反省・・ | トップページ | ポートサイド・・左舷側 »