« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

三種の神器プラス・・に追加

3830

船底掃除を兼ねた海水浴はほぼ毎週・・続く。

ある日帰ると カミさんが大きくない目を見開いて

”どうしたん? 頭から血が出とるヨゥ!”
”ん~?”

鏡を見ると、
オォ! 頭に小さな擦り傷があって、
すでに乾いているが出血の跡がある。

人間には守らねばならない急所に毛が生えていて
少しの衝撃なら その毛で身を守る。

皆さんご存知の アソコとアソコとアソコ・・ですが、
生え方と量には個人差があり、おまけに趣味の問題もあって
剃り上げる人もいれば 短くカットする人もいる。

女性の場合、通常アソコの毛はなく、男性の場合は
アソコの毛がない人もいる・・・らしい。

で 先日 潜って船底掃除をしてた時に頭を船底に
軽くぶつけた。   ナ~ニ 痛くも痒くもありゃしません。
が 守るべきナニが少ないために傷ができたようだ。

度々こんな事故があっちゃいけない!

元 水泳選手だったカミさんに連れられて
スポーツ用品店に行って写真のスイミングキャップを
買って来て 三種の神器プラスにもう一つ追加だ。

ある説によると・・
原始人に近いほど体毛は濃く、現代人あるいは
未来人?になるほど体毛は薄くなる・・らしい。

敢えて剃り上げてツルツルにするのは趣味の問題だが
自然にそうなるのは進化の証明だから・・?
言っちゃぁなんだが、アタシャァ未来人に・・
・・近い?・・のか? down down
           ブログランキング ヨット

    yacht       shadow           shadow        yacht

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三種の神器プラス・・

3828 心の準備をして

3829 道具をならべて

浜にアンカーを入れてヨットが停まったのを確認してから
コクピットに写真の道具をならべる。
水中メガネにスクレッパー、スポンジブラシが
船底掃除の三種の神器で、これらを揃えていないと
せっかくの潜水作業がただの水遊びになってしまう。

そして休息用の舷側に沿わせる浮くロープ。

潜りなれた人なら浮くロープは要らないだろうが
慣れてないワタシには保険代わりの(命の)綱で、
これをつけてないと少々心細く、あまりジタバタしていると
近くの人に通報されるかも知れないから
これはプラスしとかなきゃならん。

技量を棚に上げて 空想で言えば、
喫水線の辺りはシュノーケルを着けてサササッと
洗い、キールとラダー、ドライブの回りはイルカのように
華麗に潜って作業を終える・・のが望ましいが・・

陸の上で時計を睨みながら息を止めると一分弱。
浴槽に浸かって息を止めると ↑ の半分。
海に潜ると ↑ のまた半分!

15秒!(泣)

・・の事情で 本人が思うほど華麗な船底掃除は
できません。
ただ 運動にはなってるようで、体重計に乗ると
体重も体脂肪率も下がっている。

毎週やってれば 上架船底掃除は要らない・・
・・ってか?・・  down   down
         ブログランキング ヨット

    yacht            yacht           yacht         yacht

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミ~ン ミ~ン

3806

桜の樹についていたセミの抜け殻です。

産卵・孵化から始まったセミの一生は
あまり当てにならない情報だと七年と七日。

七年ってのは幼虫の時期・・いもむしの期間で、
七日ってのは成虫の時期・・セミの期間だ。

産卵から孵化、そして成虫への七年と七日の期間は
昆虫の世界で見るとエラク長命な種類で、
たった七日しか生きられぬ・・アァ可愛そう!・・
と思うのは人間の身勝手な感傷だ。

繁殖し続ける人類に比べると、他の生物は繁殖力に欠け、
毎年 数百種の動植物が 地球上からその姿を消して
いるそうで、あのゴキブリですら増え続けてる訳じゃない。

今年はセミの声を聞くのが例年よりも遅く、
ほんの一週間前から聞こえ始めた。

梅雨明けの宣言は早かったが 実際には
当時はまだ梅雨の最中だったんじゃないか?・・
・・と思える。

セミの声が聞こえている間は夏が続いて、暑いセーリングを
しなきゃならんが それが終わるとイヨイヨ秋の
帆走シーズンだ・・気が早いが・・

天高く馬肥ゆる秋・・の空は 青く乾いて高く透き通る
イヤァ!・・楽しみデス・・・down  down
              ブログランキング ヨット

    yacht        chick       penguin      fish        yacht

| | コメント (2) | トラックバック (0)

(梅雨が)明けまして・・・

177  今年は梅雨明け宣言は
早かったが、実際にはおそらく今週くらいが梅雨明けで
陽射しをさえぎる公園の木陰が嬉しい季節になった。

私たちが言うところの良い天気と言うのは
実は 人間にとって・・の言葉が抜けていて
日頃お世話になっているコメやムギにとっての
いい天気ではない。

同じようにキノコにとっての良い天気では
・・もちろんナイ。

178  一日おきに雨が降り
降り止んだら カァッと日が照って蒸し暑くなる
のは キノコにとっては良い天気で 上の写真の
公園に植えてある桜の木の下には こんな
キノコが生えている。  見た目は椎茸に
似ているが こんな場所には椎茸は生えないから
持ち帰るのは遠慮した。

梅雨が明けてジリジリと太陽が輝き始めると

”ヨットにゃ良い季節になりましたねェ”
と 近所の人に言われるが・・そんな訳はない。

キノコやカタツムリが挨拶をすれば
”ヤな季節になっちゃったねェ” 

ヨット乗りも 水着のゲストが来る以外は
”ヤな季節になっちゃったねェ” 

ペットの文鳥がもししゃべったら
”ヤな季節になっちゃったねェ ピッ!”

今日も午前中にチョイト屋外の用事をすませたら
体中汗だらけになった・・

・・ヤな季節になっちゃったねェ・・・  down   down
                     
ブログランキング ヨット 
   
     annoy         annoy          annoy         annoy    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プライベートビーチだ!

3896 白い砂浜と青い松林

3897 無人の海岸

瀬戸内海には島が多い。

ワタシが訪れる島と 向いの島との間は潮通しが良いから
海岸から百メートルくらいまでは水深が二十メートル、
そこからもう少し海岸に近づくと水深は一気に浅くなって、
十メートルを示す、もう少し海岸に近寄れば水深は零になって、
もっと進めば標高になる・・当たり前だが・・。

ここが普段 海水浴と船底掃除に利用する浜だが、
利用する人は少なく、普段は誰もいない。
ワタシが行けば ワタシだけだし、ゲストがいても
それだけで、要するに他の船はあまりいない。

魚探を見ながら 五メートルラインに錨を入れて、
トランサムから水に入ると 小石混じりの海底が見える。

風はないが 潮通しが良いので船体は潮上に向き、
こすり落とした富士壺は船体後方に流れ去るから
目の前で船底塗料が漂うようなことはない。

ジツに環境の良い浜だが、浜の両側には
暗岸、洗岸があって早くから浜沿いに近づくとロック!
の恐れがある。
近づく時は五百メートルほど沖合いから 浜に直角に
近づくように・・

七月から始まる海水浴シーズンは涼しくなるまで
続き、この調子なら来週もまだ海水浴ができる。

まるでハワイに行ったようなもんだ(笑)・・down down
                       ブログランキング ヨット

     yacht         fish           fish       yacht

| | コメント (8) | トラックバック (0)

折り返し点・・10ノット10マイル

3809  ハァハァハァ!

3807 飲料入りポット

炎天下の日陰で麦藁帽子をかぶったオジサンが
口を開けてハァハァと肩で息をしながら つかの間の
休息を取っています。
氷とともにスポーツ飲料を入れたポットの中身は空に近く、

”早ぅ帰らんと脱水症になるかも知れんナァ
  ほいじゃがここが半分の距離じゃしなァ・・”

この公園は10ノット10マイルの5マイル地点・・
・・つまり 折り返しの場所なので、
スタート地点からは一番遠い所だから
帰り道のショートカット・・
・・近道の術(すべ)はありません。

時間がある時の10ノット10マイルのおかげか
夏場になって多少食欲が落ちたためか、
それとも先週の土曜日に船底掃除のために
ヨットの回りを一時間ほど泳いだおかげか

一ヶ月前に比べると体重が やっと一キロ落ちて
一年前の体重にあと二キロ!に迫った。

もう少しだ! 頑張れ!
と 自身に言い聞かせながらペダルを踏むが、
同じ坂路を登るのに 部活に通う 坂の上の高校の
生徒は汗もかかずにスイスイと登って行く。


高校生なんかにゃかないっこないだろうって?・・その通り!
・・かなう訳がない!
だからってやめたら、体重はうなぎ登りに増えて
お腹は凸状態になって トイレで照準を合わすのに
困るようになる。  だから明日もまた
10ノット10マイルだ(予定)・・・ down  down
                 ブログランキング ヨット

    yacht        bicycle    run    bicycle        yacht

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏場の帆走・・アヂ~!

3800

3801

24日日曜日、今日の瀬戸内海の天気は晴れ。
広島県東部の最高気温は35度!・・日陰で!

どうもコクピットの気温はもう少し高いようで、
4メートルほどの南の風を受けてアビームで帆走っていても
頭から、額から、胸から、○○から汗が吹き出る。
おまけに時々 グッとヒールすると冷や汗まで出る。

首に巻いたタオルで汗を拭きながら シャツを脱ぎ、
ズボンは脱ぎはしないが 危ないところまで下げ降ろし、
ワンコのように口を開いてのセーリングだ。

ハァハァハァハァッ!

冬場の太陽は拝みたくなるくらいにありがたいが
夏場の太陽は殺人光線に近く、遮るために服を着ると
汗が吹き出し、服を脱ぐと肌に直接降りかかる。

なんてことをグチっていても涼しくはならないから
慣れるしかない。  慣れるためには回数だ。

だから 来週も懲りずに出港だが・・・
・・無事に帰れるだろうか?・・・down  down
                 ブログランキング ヨット

    yacht        annoy    annoy      annoy        yacht

| | コメント (2) | トラックバック (0)

快適?林間道路・・10ノット10マイル

3811

地面からの反射熱があるアスファルトの路は
夏場は暑くて走りにくい。

【ジャァ 反射熱が少ない草原の路が良いんじゃないか?】

と 思って草原に分け入る。
草原と言っても本来は路だから、地面は土で固まっていて
その上に草が生えてるだけだ。

イザ その路を走り始めると なるほど照り返しの熱は
ないが、草が抵抗になって ペダルを踏む脚に
相当力を入れないと前に進まない。

一キロ・・五分ほど 懸命にペダルを踏むと汗が吹き出る。

エンジンの力で走るバイクや車なら
アクセルを煽(あお)れば加速するのは簡単だが
自転車の場合は 加速は人間の体力か下り坂で、
体力には限界があるし、下り坂はやがて
同じ距離の上り坂に変わる。

ハワイ島マウナケアには 山頂近くからの
20キロのダウンヒルのサイクリングロードがあるらしい。

これなら涼しくて楽しそうだが運動にはなりにくい。

走るに連れて体温が上がっていく自転車は
夏には向かない・・と言って、走っても体温が上がりにくい
あまり寒い冬も自転車には向かない・・のは
ヨットも同じようなモンだ・・・down  down
               ブログランキング ヨット

    yacht         bicycle      bearing      bicycle        yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルバスバウ(球状船首)

また今日もバルバスバウの話だが・・

3232  逆光で見にくいが

3233  バルバスバウがややシャクレ気味?

コンテナ埠頭に入る直前のコンテナ船で
喫水線まで二メートルほどあるから満載では
ないが、相当数のコンテナがデッキに見えるから
空荷状態でもない。
バウトリムでもないしスターントリムでもなく
いわゆるイーブントリムだから このままコンテナを
積み込んで計画喫水まで下がったら、ややシャクレ気味の
バルバスバウは水面下二メートルを上目使いで
海中を行くんだろうか?


船の長い歴史に比べると、バルバスバウの歴史は
まだ赤ん坊の域を超えず、これなら!と言うデザインは
ないようで 船の大小新旧に関わらず色んな型がある。

最近の巨大船を見ると、そのバルバスバウはないに
等しく、申し訳程度にモビィディックの頭状?の出っ張りが
あるだけだから、大きければ良いってもんじゃない
時代になったのかも知れないが、新型でも小型船は
相変わらずLOAの10%近いバルバスバウを付けているし
近くの漁船なんかは その全部を水から出して猛スピードで
走っている。

バルバスバウを着けた船の 航行する姿を見ると
ステムがずんぐりとした貨物船は大きな引き波を立て
ステムがシャープな軍艦・失礼! 自衛艦は引き波が小さい。
が これは船体の縦横比によるものかも知れないし・・
設定速度のちがいによるものかも知れない。

聞く所によると バルバスバウの製造は糊(のり)しろのない
硬い紙でやや曲がった地球儀を作る・・くらいに
難しい・・らしい が どの程度の効果なんだろう。

 まだまだ発展途上の業界・・デス down  down  
                       
ブログランキング ヨット

     yacht            fullmoon         fullmoon         yacht

続きを読む "バルバスバウ(球状船首)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルバスバウ、係留方法

バルバスバウ、係留方法

ヨットを含む船の係留方法は大きさや状況で横付けや
バウツー、またはスタンツーがある。

小型ヨットは横付けとバウツーが多いが,
ある程度の大きさのヨットはポンツーンや岸壁の高さに
よってはスタンツーをする事もある。

色んな係留方法ができた方がいいが、
写真の船の場合はどんなに頑張ってもバウツーはできない。

慎重に慎重に近づいても最後の一メートルで
岸壁に当たるか,相手の船に当たって
それ以上は近づけない。

振れ回しのアンカリングでも,アンカーを揚げる時に
チェーンが 長いバルバスバウに当たるようで
船底塗料が剥がれてサビが浮いている。

水線長が延びるに連れて,造波抵抗/長さ は減るが,
船の長さや大きさには限界があってゼロにするのは
不可能で‥それならもう少し短くして係留方法を
増やした方がいいような気がするが‥。

一昨年 この港ではアスタンが効かなくなったロングノーズの
貨物船が停泊中の貨物船の船腹に穴を空けて
沈没させた事故があった。

昔の戦艦の攻撃のようだ。

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-59af.html

ここまで伸ばさないと造波抵抗は減少しないのか?

不用意に錨を入れたら 自身の鼻の頭に
当たりゃしないのか?・・ down down
  
punch      foot              ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丈夫で長持ち

3491

3492

ナニカの具合でテレビが映らなくなったら叩く。

画面右側を右手でポンポン、それでも映らなかったら左側を左手で
ポンポンと叩く。  ナンデか? 映らなくなった原因が分からず、
他に対処のやり方を知らないからだ。 

ヨットの装備品は壊れず、丈夫で長持ち、が望ましい。
マスト、セイル、エンジン を始め、GPS、魚探、通信機器、etc
には 少なくとも海に出ている時には壊れて欲しくないが
後者の いわゆる電気製品は壊れる・・ことがある・・
・・先日の電動トイレも含む・・

原因が電源の線が抜けた・・のなら電源の線を入れれば良いが、
それ以外の原因なら叩く・・以外の対処方法を ワタシは知らない。
能力のある人なら フンフン と裏蓋を開いて先の細いドライバーで
ナニヤラゴソゴソして修理を済ます人もいるが そんな人は
ウチの乗り組みにはいない。

写真にあるのはワタシのヨットの装備品で、百均で買った
ハンドメガホンってヤツだ。  ラッパ型のプラスチックだから
もし壊れても 原因が分かりやすく対処の方法も考えやすい・・
・・壊れるのは、割れる以外にはなく 対処の方法は
その部分をビニールテープで貼る 以外にはないが・・

これくらい簡単な構造だと 使い方を覚えるのに苦労はなく
他人に使用方法を教えるにも・・って ナニを教えるんだ?

ナニカが壊れて困る。  のは 修理方法が分からないのが
主な原因だから、修理方法が簡単な または修理不要の
装備品が望ましく、且つ 壊れても惜しくないくらいに安価な
装備品が望ましい。

ただし コレを同乗者が誤って踏んづけて壊したら、断固として
補償を請求する!
減価償却を考えたら十円にもならないが・・・

テレビを叩いた経験者はいませんか?  down    down
                       ブログランキング ヨット

     yacht           tv              tv       yacht

にしても、窓の外はマーゴンのおかげで
N~NEの強風がゴゥ~ゴゥ~と 吹き荒れています。
くれぐれも状況の確認をしようなんてことは
思わぬように・・確認しても打つ手はありません!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ビルジ汲み・・雨水デス

3651

船底の内側から見れば凹部分、外から見たら逆凸部分に
バラストキールが取り付けられて ハルの内側には
若干の窪(くぼ)みがある。
通常ワタシたちがスパッツと呼ぶ場所ですが・・・

船内側にはビルジ溜りがあって、
そこにビルジ・・・不要の水分・・・・が溜まる。

ごくまれにはビルジが溜まらないヨットもいるらしいが
ほとんどのヨットには 溜まる。

ワンオブホトンド・・の類の うちのヨットにもビルジが溜まる。

幸いにマストを伝ったと思われる雨水だから 慌てる必要は
ないが、三日も雨が降れば 汲みに行かないと
溜まった水はスパッツからあふれて ハルとインナーハルの
間の隙間を 右へ左へと動き回って後始末が
面倒なことになる。

面倒になるっても、ビルジの内容が雨水・・清水なら
普通は滝のようには入らず、二三日の大雨でもスパッツの中に
一リットルも溜まってれば多い方だから カッパを着てまで
ビルジ汲みに行かなくても良いが、
舐めて潮っぱい海水なら 傘を差してでも 杖をついてでも
タクシーを呼んででも汲み出しに行かなくちゃならん。

ヨットを含め あらゆる船にとっての敵はビルジだ。
湿気の原因にも、カビの原因にも、臭気の原因にも、
最悪を考えれば沈没の原因にもなるから、
ビルジの有無 量 etc はいつも頭の中に入れといた方が
ヨロシイようで・・

今日明日から瀬戸内海にも台風六号の影響がありそうなので
関係各位の皆さん!  くれぐれもご用心を!

台風対策にロープを締めこんじゃいけません。
ロープは緩めて 数を増やすのが 台風対策デス!


海水や清水などの水だけじゃなく、今までの失敗の歴史を思うと、
ビールにコーヒー、醤油にソース、焼肉のタレに燃料の軽油、etc
ジツに色んなモノをスパッツに溜め込んだもんだ・・・down down
                            ブログランキング ヨット

    yacht            rain         rain           yacht

| | コメント (4) | トラックバック (0)

頭のてっぺんからつま先まで・・

4649

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-64c3.html

  ↑ を経て・・

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-94d4.html

   ↑ を経過して ざっと一月(ひとつき)

やっと足先の日焼け具合は 落ち着きを見せ始めた。

まだ少々の斑点模様は残るが 個人的には気にはならず、
他人の白い視線は感じるが、やはり 気にはならず、
あと十日も経てば斑点すら消える・・
・・ってか 目立たなくなる。

気になるのは T字型の日焼けしてない地肌だが
これはサンダルを履いていたら他人様には見えないし、
素足を見るような人なら こんな日焼けは気にしない・・
・・と 思いたい。

夏場のヨットは日焼けとの戦いで、
負ければ見てくれの悪い白黒模様になるし、
勝ったからと言っても それほどかっこ良くはならない。

暑さも寒さも彼岸まで・・なので、日焼けとの
戦いは まだ二ヶ月以上は続く。


したがって足の甲のコントラストはもう少し
濃くなって家人の不安感を煽(あお)る・・
・・大丈夫?・・
・・チョット 心配・・ down down
           ブログランキング ヨット

4643 帆船【日本丸】

近所の港に入港した帆船 日本丸だ。
見物する方法としては 【近づきすぎない!】 のが
お奨めです(笑)

手を振っていただいた美男美女カップルは 
先日 笠岡市長杯で一着一位の
Fronteer jr Ⅱ さんだったのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お願いしま~す!・・

3539

3540

先日 ある島のある港で・・・

何時・何所で・・を書くと覚えのあるヨットから
苦情を受けそうなので 個人を特定しないように
遠慮しながら・・・

漁港の桟橋に係留してる時にヨットが入港してきた。

”スイマセ~ン 抱かせてもらっていいですか~?”
”ハ~イ バウラインをとりましょうか~?”
”お願いしま~す”

と バウデッキに立つクルーがアンカーハッチを開いて
16ミリ!のクレモナロープを取り出した・・
・・で 10メートル!相当のラインをヨイショと投げ渡した。

相手は? と見ると 長いラインの
中ほどを手に持ったまま立っている。

とりあえず括(くく)らなきゃならんから
フェアリーダーを通してクリートに留める。
エンドは7メートルほど余るがバウデッキに立つ
クルーはもうクリートに留めてしまっている。

で スターンにヨタヨタと走りスターンラインを受け取って
クリートに固定。
これで終了と思っている間に 相手側のスキッパーは
スターンラインの長さの調整を始めたが、どうもバウラインが
短い。
短いバウラインは伸ばせばすむから 当然相手側の
仕事だ。  と 思ったら バウデッキに立つクルーが

”スイマセ~ン バウライン1メートルほど
  伸ばしてもらえますか~?”

   オイオイ! coldsweats01

オイオイの理由は三つある。

① 力(りき)んで投げなきゃならんほどの重いラインを渡すな!
② エンドは輪っかにして渡せ!
③ 長さの調整はそっちでしろ!

Hold her tight    抱くのは一向に構わないが
抱き方や抱かれ方にはそれなりのルールとマナーがあって
怪しげなやり方をすると・・マァ変態ネ!・・と言われます。

百人百様、千差万別、それぞれの個性が・・の言葉は
この場合当てはまりません。

されて初めて分かる・・きゃァ エッチィ! down down
                       ブログランキング ヨット

       yacht           sign05        sign05        yacht

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コツコツコツ・・その後の後・

昨日の話の続きだが・・

4640_2

Mono00470242100423021 ⇖ が水止めシール

これの具合が悪くなったんでシャフトからの水漏れが
始まった。
原因としてはシールの破損またはシールの磨耗が
考えられる。
どちらにしても取り替えれば問題は問題は解決する。
モノがあればだが・・・

件(くだん)のJABSCOのポンプセットの部品規格は
ミリサイズではなくインチサイズのようで、
どこの工具店に聞いても
【その寸法のシールはありません!】 の返答が返り、
ネットで検索しても同じ寸法のシールは出て来ない。

シールハウジングの大きさは径が19ミリで厚みが6ミリ、
工具店に売っているのは 内径が8ミリ・外径が18ミリ・
厚みが7ミリ・・・これくらいの差ならパッキンシートの
調整とコーキングの押し込みでシールを交換できる。

で 無事にシールの交換は完了して、水漏れは止まり
給排水ともにスムースに行えるようになった。

部品調達の日にちがあるので、かかった日にちは
中抜きで二日・・・解体・組み立てに関わる時間は
のべで三時間!

作業を行った風通しの悪いトイレ内の気温は 37度!

体勢は潜り込んでの前屈姿勢!

かかった費用はシールとパッキン、etcを
含めても千円!  その内のパッキンは
九割が在庫で残ったから 直接の費用は
二百円ほど!!

おまけに汗はしっかりとかいたんで 
ダイエットにもなった・・ン?・・down down
                 ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コツコツコツコツ・・その後・・

4640 ポンプとモーター・・

4641 オイルシールとパッキン・

写真はトイレの給排水ポンプのセットです。

  ↓ のように今迄だましながら使ってきたが・・
 http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-8fe5.html

で 我慢できなくなってモーターを外した。
前後のカバーを停めていた貫通ボルトを抜いてブラシを
掃除して、再び組み上げて・・テスト・・
スイッチを入れる度にウィ~ン ウィ~ンと気持ち良く
モーターは回る・・OK!
モーターの部は完成!

ポンプも組み立てて 再びテスト・・ウィ~ン!?#&?

十秒も経たないうちにトイレの床は水浸し!!

再び解体!(泣)

漏水の場所を探索すると ポンプからの
水漏れを停めるための水止めシール辺りからの
滴(したた)りを発見!
シャフトを抜き差しした時ににオイルシールが傷付いた
ようだ・・相当に古かったしィ・・

JABSCOのポンプアッセン(モーター含む)は
他社の電動トイレが買えるほどの価格なんで
しばし悩む・・・買うべきか・替えるべきか・・

モノは必ず壊れる・・が修理の方法はある。
アッセンで取り替えるのは修理とは言えない。

今回の場合、モーターのブラシ問題は解決した。

あとは 【水漏れ】 だけだから、当該問題が
解決すればトイレは新品同様の機能を取り戻す。

どうすりゃいいんだ? って
それは明日の心・・か?・・ down down
                ブログランキング ヨット

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帆走シーン・・夏冬

3447 二月中旬・・ 晴天

3800 七月中旬・・ 同じく晴天

同じような状況のセーリングシーンに見えるが、
上の写真の日の最高気温は10度!
下の写真の日の最高気温は33度!

10度は寒すぎるし 33度は暑すぎるが
説明しない限り 写真ではサッパリ伝わらない。

だから、
”やっぱり ヨットは夏が良いですよネェ” とか
”冬の方が風が安定してて良いですよネェ” とかの
話が出るが、実際に現場にいる者としての本音を言えば
真冬も真夏も ヨットには向かない。

じゃぁ 真冬と真夏にはヨットには乗らないのかって?

イエイエ、寒さも暑さも辛抱してヨットには行く。

なんでか?

春と秋は定期的に低気圧が通って ヨットには不向きな
日が多いんで、大陸の高気圧に覆われる冬か、
太平洋の高気圧に覆われる夏にヨットに乗らないと
海に出る日がグっと減るからだ。

ヨットに乗らない人から見ると ヨット乗りは
暑さ寒さに強い・と言うか 鈍感だと思われているようで
”暑くないですか?” と聞かれる・・が
  ・・暑くない訳ゃないだろう・・
"寒いでしょう?”・・って
  ・・分かってんだろ!?


辛抱と我慢と忍耐を重ねた上で 尚且つ
心頭を滅却すれば夏もまた凉し・・・なんてのは
写真でクルージングを楽しんでる人の感想で
現実の海は暑い!・・・  down  down
              ブログランキング ヨット

    yacht         bearing      bearing         yacht

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだかいなァ・・

    3575

ヘディングは200度 ほぼ南に向けて帆走中・・・
ポート側に下げているフェンダーの日陰を見ると
太陽は正中前で 時間は正午前頃、風はあまりない。

ナニ 目的地がある訳じゃないから急ぎはしないし
風の(無さに)赴(おも)くままに このまま漂うのも
楽しそうなんだが、これじゃぁ眠くなってしまう。

セールを揚げたまま昼寝をするような度胸は
持ち合わせてないから どこかで引き返すタイミングを
計らなきゃならんが その踏ん切りが難しい。
サァっと南風が吹き出すと躊躇なく向きを変えて
出発点の北へ戻るつもりだが 僅かな風だが
まだ北東から吹いている。

やる事もないからコーヒーでも淹れて眠気を覚ますかァ。

   4467

目を細めながら懐かしむ・・三月ほど前だが・・
嘗(かつ)ての当艇のコーヒーは甘いインスタントだったが、
周りから不評だったんで 現在はレギュラーコーヒーにした。

インスタントコーヒーに比べると、味も香りも数段
ちがうが 淹れるに少々の時間を必要とするので
ジタバタしている時には いくら依頼があっても
コーヒーは出ない。
飲みたい本人が淹れるのは止めはしないが・・ down down
                         ブログランキング ヨット

      yacht         cafe            cafe        yacht

| | コメント (1) | トラックバック (0)

岡山県 白石島

3549

岡山県笠岡市の白石諸島の名の元になった
白石島の港を 奥から北に向けて取った写真だ。

ここがいわゆる白石島の港で 生活に関連する
島の玄関だから、出入りする船舶や係留する船舶が多く、
旅の途中に立ち寄るヨットは係留しにくい・・
・・時もある。

が 心配は要らない。
島の東側には広大な港があり、北側と西側には
立派な浮き桟橋を備え、そこが・・
・・内緒ですが、ほとんどがら空きの状態なのです。

本来は定置網の荷上場で造られたようだが
漁業従事者の高齢化と漁業の縮小に伴って
施工主の予測ほど機能していないから
よほど長期間でない限り ヨットの係留には
何の問題もない。

この港を利用して昨年・今年と舵杯ヨットレースが
行われ、この25年ほどは笠岡市長杯ヨットレースが
行われている。
南側には広く暗礁帯があるから馴れぬ寄港艇は
ご用心願いたい。

ここら辺が いわゆる瀬戸内海のヘソ・・真ん中ですが・・
になり、景色は瀬戸内海らしくて地形も瀬戸内海らしく、
釣りに向いた凸凹の海底と
海水浴に向いた遠浅の海岸に恵まれる。

狭い水路とか潮流の速い水道を通るときには
充分なご注意を! ・・  down   down
               ブログランキング ヨット

   yacht          yacht          yacht         yacht         yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽油引き取り税・・

3825

ガソリンスタンドで軽油を買うと 軽油代金に加算して
1リットル当たり32円の軽油引き取り税が含まれている。

その金額は納品書に軽油代金とは別な項目で
掲示してあるんで分かりやすい。

"この税金は、道路等の行政サービスから得る利益に
  着目するとともに環境への配慮の必要から、
   軽油の引取りに対して課税されるものです
   by  県当局"

    ↑が この税金を徴収する目的だそうで
    その税収は道路のために・・使われていた。

当然のことだが、道路で使わない軽油には
引き取り税はかからない・・
・・例、 農業用、道路を走らない機械用、船舶用、etc
・・ところが・・

”特別会計だった軽油引取税が法改正で一般財源に
 なりました。
 なので2012年以降は道路で使用しない用途の
 軽油からも引き取り税を頂きます・・by 県税窓口・・”

コレコレだけに使います・・と 集め始めた税金の使い道を
納税者に無断で他の用途に転用するのは、
一般の社会では ”詐欺” と言われるし、国の交付金を
他の用途に使えば返還を・・国が求める。

島の漁船のお父さんや キュウリのハウス栽培のお母さん
にとって燃料費の三割アップは家計に応える。

何故じゃ? の説明責任を県税窓口の職員に
問うても返答は返らない。

この税金は、いわゆる末端消費者が負担する。

一年と保たない政権が続く間に、徴税は市民から広く・・
・・の方向が固まり、困ったら消費税! 
の寝言も寝言ではなくなりつつある。

役人も議員も もう少しまじめに収支決済を考えないと
納税者は逃げてしまうゾ!・・down  down
                ブログランキング ヨット

    yacht        ship         rvcar        yacht

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ロープをコイルする

3529 見た目では

3528 上のほうがシンプルだが

上のロープのようにコイルすると 見た目はシンプルだが
ジツはロープをコイルした数だけ捻(ね)じっているから
そのまま伸ばして 例えばジブシートに使うつもりで
リーダーを通してクルーに結ぶと リーダーの辺りでキンクして
ロープが出て行かなくなる。

対して 下のように8の字にコイルするとロープを
捩じる必要はなく
そのまま伸ばしてジブシートに使ってもキンクはしにくい。

ロープを結んだり繋いだりするのはヨットを含む船乗りの
得意分野だが 長いロープをコイルするのは登山家のほうが
お上手だ。
彼らまたは彼女らが使うザイルは長いもので200メートル!
それをまとめて肩にかけて持ち運び、必要になれば伸ばし
使い終わったら再びまとめて肩にかける。

ヨットで使うロープで通常使う一番長いのはアンカーロープだが
これはコイルしない。 その次に長いのはスピンシートに使う
ロープで これはコイルしとかないと使う時にもつれる。
もつらせないためには8の字のコイルをお勧めする。

銭形平次が使っていたようなロープのコイル?では
とてもじゃないが遠くに飛ばすのは無理・・の ように
思えるが、映像の世界では何でもできるから今回の
ロープのコイルとは別世界の話だ。

メインシートも右手で引き続けると少しづつねじれて
やがてブロック付近でキンクを起こすから 時には左手でも
引かなきゃいけない。  ・・のための握力強化を! down    down
                              ブログランキング ヨット

      yacht          fuji             sign05       yacht

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クワイの植え付け・・

3779 クワイの植え付け

3780 クワイの芽

                  クワイ

芽が出る・・・
・・・才能・努力・運 が開花して成功・出世する。

と おめでたい食材でお正月のおせち料理には欠かせない素材で
この地方が全国一の出荷量 らしい。

田植えが終わると、そのクワイの植え込みの季節で、
クワイ農家は今 忙しい。
梅雨の時期に植えられたクワイは二週間もすると
写真のように双葉を出し、雨に濡れて 緑に輝やく。

3786

ところが、種芋が小さい時にはカモがそれを食べるらしく
田んぼの上にはカスミ網を張って子クワイを
守っている。

これからこのかわいい双葉は十一月まで順調に育ち、
根っこにクワイの小芋をつけた後、十一月下旬から
収穫の時期に入る。

クワイには若干の苦味があって、それが嫌いな人は
二昼夜ほど水にさらして苦味を抜いた後に
クチナシの実とともに煮込めば黄金色のおせち料理の
一品になる。

クワイの実の色は深い青色が理想で、
色がよろしくないと価格が下がるし、
収穫時に誤って芽を折ってしまうと
売り物にはならない。

植え付けは暑い時期で、収穫時期は真冬の寒い時期だから
その作業は重労働だが 面積当たりの収入は
ほかの作物よりも高く、家族総出でも手不足で
多くの人を雇って収穫する。

ヨットとはまるで関係ない話だが、友人が兼業クワイ農家
なんで ちょっと書いてみました・・・down  down
                   ブログランキング ヨット

     yacht          rain   snow  rain  snow       yacht

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏草や・・夢の跡

3810 舗装の目地から

3808 元住居と倉庫

三年前に航路廃止になったフェリー岸壁の駐車場だ。

アスファルト舗装の切れ間からは夏草が顔を出し、
当時 駐車場に停めた車に住まっていた人の
住居と倉庫になっていた車も ずいぶん傷んだ状態
のままで駐車場の隅っこに置いてある。

瀬戸大橋が完成するまでは、片路二時間の航路を
二隻のフェリーが運航し、この岸壁も それはそれは
盛況を保っていたが 瀬戸内海を渡る橋が、それも
三本も架かってしまい、その上に相次ぐ値下げで
ここの盛況も年々寂しくなってしまった。

便数を減らして船を小さくして、値下げをして
頑張っていたフェリー会社だったが 三年前に廃業に至たり、
その後は岸壁の進入路は閉鎖されてしまって
たまに通りかかるのは 近所の散歩する人と
自転車で走るワタシ達 だけになった。

どの産業でも栄枯盛衰があるから、ここのフェリー航路が
廃止になったのも 行政府の責任 だけではないが、
あれほど賑やかだった岸壁の変遷を 目の当たりにすると
多少の寂しさは、ある。

瀬戸架橋のおかげで 四国と本州の距離は縮まり、
どうやって金毘羅詣でをしようかいなァ・・と思っていた
ワタシ達夫婦だが、陸路で詣でても時間は変わらず、
船の時刻表を気にすることもなくなった。 ↓
  
http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_411b.html

おかげについては・・・分からないが・・・down down
                     ブログランキング ヨット

     yacht        ship      ship      rvcar       yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第25回笠岡市長杯ヨットレース・・

4631 昨日の日曜日・

4630

  ↑ のヨットレースに行きました・・
      ・・
      ・・
      ・・
      ・・
   楽しかったか?
          ・・   
   楽しかったですヨ
      ・・
      ・・
   頑張ったのか?
      ・・
   頑張りましたヨ
      ・・
      ・・
   成績は?・・
      ・・   
   内緒ですヨ・・
      ・・
      ・・
  クラスⅡの一着一位は俊足の ↓ の艇でした。
        http://ameblo.jp/yuchin-u-u/

   詳細と動画は ↓ でご確認を・・
        http://blog.livedoor.jp/kabe0628/

レースの成績の要因は
勝ったら腕前で、負けたら運だ。
今回はチョット運が悪かった・・のか?

もうしばらく梅雨らしい天気が続きそうですが
夏は もうそこまで・・
船底掃除を兼ねた海水浴の日々が待ち遠しい
今日この頃・・です・・down down
 
             ブログランキング ヨット

| | コメント (12) | トラックバック (0)

吹き飛ばす!!

3783 12ボルトの扇風機と

3784 下のウチワで

3785 熱気を吹き飛ばす!

例えば 夏場に漁港に入港した時に・・・
隣の船から・・

”オ~イ 暑いからハッチを閉めとけヨ~!”

なんて声が聞こえ、そして一日中または一晩中、
エンジンのドロドロの音が聞こえると
隣の船以外の船は眠れない。  

”自分さえ良けりゃエエんかいなァ・・”
の庶民の声は 虚しくエンジン音にかき消されて、
排気と一緒に空に舞い上がり、諦観とともに
吹き出る汗の量だけが増える。
が そんなことをぼやいていても涼しくはならない。

暑い夏をほんの少しでも涼しくすごそう・・
と ウチのヨットには写真の道具を積んでいる。

エンジンを回し続けなきゃならない原始的なエアコンと違い、
この二種類のナニの消費電力は上の道具が10ワットで
下の道具はなんと 0ワットだ!

おまけに 扇風機は固定してあるが、ハンディタイプは
軽くて移動が簡単なんで、バウデッキでもトイレでも、
岸壁に張ったテントでも どこへでも運べる優れもんで、
使わないときは腰のベルトに差しときゃ無くなりもしない。

そこらに置きっぱなしにしていても盗難の心配は少ない。

先日も横のボートが停泊中ず~っとエンジンを
掛けっぱなしでやかましかった。
当人たちに悪気は無いんだろうが ドロドロ音を
聞かされる側は愉快じゃない。

ヨットでの遊びは基本的に野外活動・・・
・・アウトドアライフなんで、自然を享受しなきゃ
もったいない。
寒いときには厚着、雨が降ったらカッパ、暑いときには
ウチワ・・・それがヨットの醍醐味ってもんでしょう!

今度 エンジンを回しながら
”オ~イ 暑いからハッチを閉めとけヨ!”
と 言ってみようかな?・・・down   down
               ブログランキング ヨット

倒れるかも知れんが・・(笑)

     yacht        dash     dash     dash         yacht

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またロープの話だが・・

4580 舫いロープが
4581 一本・二本・三本・

またムアリングロープ・・舫いロープの話だが・・・

写真のロープが当艇純正のムアリングロープで、
価格が安いこともあって 表面が汚れた頃になると
惜しみなく取り替える。

で (半)新年を迎えたので取り替えた。

市販品のアイスプライス(さつま仕上げ)の大きさでは
役に立たないから、30センチのムアリングクリートに
掛かるほどの大きさのアイスプライスに結びなおし、
なるべく擦れないように補強をする。

10m×2本 と 20m×一本で、軽くて浮くロープだから
アンカーロープには使わない・・イヤ 使えない。

Cocolog_oekaki_2011_06_17_23_22

で 以前ご質問をいただいたムアリングロープの取りかたの
原則だが、
赤いラインが バウラインまたはスターンラインで
黄色のラインが 其々のブレストラインで
緑のラインが 其々のスプリングライン。

受ける風向によって追加するラインもあれば
省くラインもあるが、キリキリの長さよりも若干余裕の
長さが欲しい。
ただし通常ではLOA以上の長さは不要と思われる。

停泊の環境によってロープの本数や角度は変化し、
どの方法がベストなのかは 各人・各艇の経験に
基づくから、経験を積むほどに係留の完成度は上がる。

完成度が上がれば 各人各様のやり方の差は
少なくなり、ほぼ 似たような方法に落ち着くんで
ロープを受け取る側も安心して・・・down down
                    ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新(半)年明けまして・・

      4291_2   

昨日の(半)年末に続いて 今日は当然 新しく迎える
(半)新年の話だが、六ヵ月分なので飾りも半分だ。  

流れる楽曲は宮城道夫作の 【春の海】 で
お正月のBGMには欠かせない 邦曲の名作だ。

今年も半分が終わり、今日から残りの半分が始まるから、
新(半)年を祝して 季節にふさわしい楽曲の提供だ。

現在はyoutubuなんて便利な仕掛けが広まったので
ご覧になる人も分かりやすいが、以前は

【春の海ってのはどんな曲じゃったかなァ?】
【ありゃねァ チャ~ン チャラチャラチャラチャ~ンだよ】 
【分からんがなァ】
【分からんか? チャ~ンチャラチャラ・・】
【もう エェわ!】

舞台になったのは通常ワタシ達がセーリングを楽しむ
海域で、ゆるやかな風を受けながら帆走っていると
トランサムの付近から ↑ の楽曲が聞こえる。

♪ チャ~ンチャラチャラチャラチャ~ン ♪

アァ! 暑い!

まるでダウンアンダーのお正月だ!・・down down
                      ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »