« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

新ヨットタイマー・・

3876

3878

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_58c7.html

ある日の朝 珍しく車で出かける時に腕時計を見ると
11時30分を指していた。    ハァ~ッ?

出かける時の玄関の時計は8時30分だったから、
玄関から車まで3時間かかったのか?

歩数で言えば20歩ほどを 3時間かけて歩いたのか?
または徘徊したのか?
または途中で寝てしまったのか?

そうではありません! 腕時計が電池切れで
停まってたんです!

近年 腕時計の実用度は下がり、車に乗れば
車の時計が、ポケットを探れば携帯電話の時刻表示が、
ヨットに乗ればキャビンの時計が、其々 目に入るんで
実用としての腕時計の必要性は減ったが
ナイとなるとチョット寂しい。

で 前回と同じく、またオモチャのような時計を買った。
オモチャのようなといっても オモチャのようでない時計
に比べて誤差が多いとか すぐに壊れるって訳じゃないんで
使用にはなんの差し支えもない。

ただ オモチャのようなんで、重量感も高級感もないが、
色合いは涼やかで 見事に軽い。
それに 誤って海に落としたとしても
慌てて飛び込む必要もない。

身に着ける装飾品は趣味の範疇なんで、高価な腕時計を
着けたヘルムスはクロスの帆走りが上手いとか、
デュバリのシューズを履いたバウデッキマンは
スピンチェンジが速い・・なんてことはない。

ただ 見た目(第一印象デス)がそう見えるんで
頑張って買う人もいるようだが・・・ down   down
                    ブログランキング ヨット

     yacht        clock           clock        yacht

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ポートサイド・・乗り降りする側

252  連日のポートス・ターボード
            サイドの話で恐縮だが・・


ポートサイド(乗り降りする側)は決して
気まぐれに決めたんじゃなく、帆船時代なら
それなりの理由があり、汽船時代になっても
そのエンジン特性によって離着岸しやすい
左舷側をポートサイドにしている。

アスタンに入れると船尾が左に、アヘッドに入れると
船尾は右に振れる。
その特性を利用しての操船は 船内機艇の
イロハのイ、ABCのAで ほとんどのヨット乗りは
この特性を利用して 離岸着岸を行う。

唯一 ポートサイドに着岸しにくいのが
SD(セールドライブ)をつけたヨットで、
岸壁に近づいてアスタンに入れると船尾は
右に振れてしまい ライフラインを跨(また)いで
スターンラインを持って岸壁に飛び移るべく
構えていたクルーはあわや落水か!の憂き目を見る。

じゃぁ右舷側を着けりゃいいじゃん! と お思いの方に
申し上げるが、ワタシのヨットのゲートウェイ・・
・・乗り降りしやすいようにライフラインを外せる所・・
は左舷側にしかなく、着けやすい右舷側に着岸すると
降りる時にはライフラインを跨(また)がねばならず
大股(おおまた)を拡げにくい女性ゲストは降りるのを
躊躇(ちゅうちょ)する。

オジサンは喜んで手を差し伸べるが、悲しいかな体力に
問題があり ゲストの体重がかかると腰砕けになって
見た目が危ない・・から 笑顔で手を差し出すオジサンを前に
二人目からは互いに譲り合って 上陸にエラク時間がかかる。

なんでSDだけが左回りなのか? の理由は
定かでなく、周りからは
”アイツ ヘタなんじゃないか?” の目で見られるつらさは
SDの皆さんにはお分かりいただける。 down   down
DDの人には・・わっかんねェだろうなァブログランキング ヨット

   yacht       yacht        yacht       yacht

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カミのお力で・・・

4571 バッテリーが・・

4572 都合で三個・・

数日前に 近所のヨットがバッテリーをやり替えた。
シーズンを前に 乗る気になって 整備を始めたようなので
今年の海の上は例年になく賑わう・・かも知れない。

写真のバッテリーは 箱は新品だが中身は
古いバッテリーで、ナンデ ここにあるのかと言えば
理由は分からないが 古いバッテリーをヨットから
降ろしたまま 近くに置いて帰ったからだ。

交換した日から数日、途中で小雨が降って黄砂が舞い、
カモメが○○を落としたままになって、見た目がゴミに近づく・・
・・実際にもゴミだが・・

交換したバッテリーをそのまま そこに置いて帰った彼らの
思いは良く分かる・・
・・”このままにしておけば やがてどこかのカミ様が
   お持ち帰りになられる!” と 思ったにちがいない。

今日になってカミ様が現れた・・ワタシがカミだ!(笑)

ホコリと○○まみれになった重たい箱を
自転車に積んで近所の産廃業者に運び込んで
引き取ってもらった。

”アリャ?! ワシラのことかな?”

そうです! AさんとBさん! アンタラのことです
  今回は名誉のために名前は隠した・・が・・

お二人に申しておくが、自転車に乗ってヨットに
現れる人はカミではない。

ワタシなんかよりも ゴミをそのまま置いて帰る
超人的な神経を持つ・・アナタ達・・の方が
カミに近いと思われるが(笑)・・down down
               ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウエス・・布っ切れ・・

4460 シャツとパンツと

4461 ソックスと あれやこれや・・

ヨットでの衣装が夏仕様になった・・のは
先日書いた。

昨年の秋から冬を越えて 今年の春まで・・
・・つい 最近まで・・ですが、着ていたモノの内の
相当な割合のモノは 再び来たるべき秋を
待つことはなく、洗濯を終えた後に廃棄処分になる・・
・・もったいない?

そんなことはない!
もったいないようなモノは廃棄なんかしないし・・

・・家ではゴミ・・だが、ヨットに持ち込めばウエス・・
・・雑用に使用する布・・になり、ここまで使うと 布は
ほんらいの寿命を全(まっと)うして一生を終える。

で 適当な大きさに切り刻むために コクピットに
パンツやシャツを広げ 鼻毛も切れるハサミを持ち出して
ウエスへの変身の手助けをするが、通りかかる人は
心配してくれる。

”そんなにウエスがいるんかな?”

このウエスは もちろんウエスだが、時にはハンカチになり、
時には包帯にも、時には白旗にもなるから、
多くて困ることはなく、もう一度縫い合わせれば再びパンツに・・
・・なんねェヨ!

豪華客船(含む貧乏ヨット)や最新鋭の船(含む古ヨット)
でも 機関室では ↑ のウエスは必需品で、材質は
綿・・コットンが望ましく、基本的には料金を支払って
購入する。

幸いに当艇ではワタシのパンツとシャツ、および春秋の
衣替えの廃棄品で充分に必要量をまかなえるが、
カミさんの豊満なお尻を覆う メリヤスのパンツを使えれば
ウエスの量はもっと豊富に供給される。

ただし それにはそれなりの覚悟を持って持ち出さんと
いかんから 今の所 ワタシの分で・・・ down down
                       ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

♪ バラが咲いた・・バラ祭り

3660 バラの株のオーナー

3661 横浜市さま

3662 真っ赤なバラ

市の花がバラなんで 毎年この時期になると
一斉に開き始めたバラを肴(さかな)にバラ祭りが
行われる。

多種多様のバラを植生した本家バラ公園の隣にも
バラの株を植えた公園があって、小高く積み上げた
段々に沿って各種のバラが植えられている。

ここのバラは一株づつのオーナーを募集して
植えられていて、管理運営はその道の専門化が行うが、
それぞれのバラにオーナーの名板が付いていて
通りがかりの人達が フムフム と見ているので
オーナーになると ちょっとくすぐられるものが
ありそうだ。

車を締め出して歩行者専用にした1000メートルほどの
ホコ天は人間で満ち溢れ、屋台が建ち、大道芸が始まり
ライブの歌声も聞こえて 多くの人々がドッと繰り出すが、
老人ホームに行くにはこのホコ天を大きく迂回しなけりゃ
ならんので、ワタシにとってはそれほど楽しい催しではない。

混雑に弱い人は血圧が上がりそうだが
公園の片隅には救護室のテントが
建っているから軽い眩暈くらいなら心配はないようだ。

ワタシは混雑に弱いから祭りの当日にはこの公園には
近寄らずに 今日もセーリングだった。

今年は前日の金曜日に 自転車で公園の周りを観察し、
バラの咲き具合を見て、広島風お好み焼きを食べて帰った。

バラの花の植生は素人には難しいらしく、
一年を通しての講習会が開かれて 普及を図るが
今年は 本職でも開花時期の調整を誤まったらしく

まだまだ三部咲きだ・・・down down
             ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪ 夏は来(き)ぬ~・・

4552 足元から

4553 ♪ 夏は来ぬ~

四月二十九日、みどりの日の朝、
天気予報では 晴れ、昼間の最高気温は24度!

夏とは言えないが もう春は終わった。

だから、家を出る時に春衣装から夏衣装に代えた。

長パンから半パンに代え、ソックスは脱ぎ捨て、
レザーのデッキシューズは下駄箱に納め、
アンダーシャツは洗濯カゴに放り込んで
ポロシャツだけを身につける。

去年の衣替えは 連休が明けた後だったから 今年の方が
暖かくなるのが早かったのかも知れない。

ここから十一月末頃まで ヨットでの服装は
このまま変わらず、下半身はソックスなしの
○○風のサンダルと半パンで
上半身はポロシャツ またはティーシャツになり
首には日除けを兼ねて○○商店と書かれた
タオルが巻かれる。

グッチのタオルやダンヒルのタオル・・あるのか?・・を
巻いても構わないが 生地の厚い高級なタオルは
それだけで首筋が暑そうなので、
敢えて・敢えて ペラペラの庶民派タオルを使う。

この格好になると 日焼けした所とそうじゃない所の
ギャップが大きくなって 帽子とサングラスの影響もあって
全身がパンダ状態になる。

もっとも それを知るのは一緒に温泉に行く仲間か
家人だけだが・・down down
        ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千里の道もあと一歩・・

4561  ピッカピカ~の・・

4562  ス~ベスベ~・・

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-7fe9.html

  ↑ ↑ の努力を経て・・ここまで来た・・

千里の道もまずは初めの 一歩から・・
太平洋横断の航海も まずはそこに見える防波堤を
越えるところから・・
そして 七年ぶりの船底掃除は
最初のスクレッパーのひと掻(か)き から始まる。
イヤッ 始まった・・十ヶ月前に・・

一掻きづつ・・一里づつ・・一マイルづつ・・
着実にことを進めて行けば 辿りつけない目的地はなく、
このヨットの場合、今月中には船底掃除ならびに
それに付随する諸改造を終了し、すっかり生まれ変わった
姿で海面に浮く予定・・らしい。

改造したのは、アッコとアッコとアッコとアッコだそうだが、
近づいてアッチャコッチャから観察すると
ここもそこもあそこも 改造の跡が見られるし、
マストトップの風見は最新型の 針がね付きが
備わっている。

オーナーの弛(たゆ)まぬ努力を称えるために
祝いの歌を!    ↓ ↓

      

上架以来 十ヶ月・・・
一日一歩の整備を進めながら 三日で三歩進んだ辺りで
二歩下がる。
したがって加減の計算をすると三日で一歩しか進まないが、
ゆっくりと楽しみながらの整備はアマチュアの特権で
早く降ろさなきゃならん事情は ナニもない。

来たるべきセーリングシーズンを控えての下架は、
本人にとっても 周りの人間にとっても
楽しみな出来事で もしも下架当日に雨が
降らなかったらワタシのヨットで迎えに行く。

雨が降ったら忘れた振りをするか?・・down down
                    ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マリーナ建設中

3894 大きな浚渫船が

3895 干潟を掘り進み・・

住んでいる街に外航船も出入りする 県東部では
比較的大きな規模の港がある。

古い港だけあって 港の奥には干潟・・
・・干潮の時に姿を現す浜・・が残り、満潮時には釣り人で、
そして干潮時には釣り餌を掘る人々で賑わっている。

長年 エラク腰が重かった県当局が
懸案だった放置艇対策のために この干潟を浚渫して
小型船係留施設を工事中だ。

浚渫工事中の写真だが、工事中にもかかわらず 釣り人が
腰まで水に浸かって餌を捕っている。  ここがなくなると
餌は釣具屋で買うしかなくなって 釣りは金がかかる
遊びになるが、反対運動が起きた話も聞かないから
釣り人は粛々と受け入れたのだろう。

当局に問い合わせると 完成(予定)は十年代の半ば・・
・・つまり、2019年の末・・までに完成の予定だが、
年度ごとの予算執行だから、確約はできない・・
・・いつになるかは分かりまへん・・との事。

この場所の護岸堤防は百年前の工事によるもので
強度に不安があり、海側を掘っては内陸側の様子を見、
異常があれば適宜補強して 再び浚渫工事を行うので
只 掘れば良いってもんじゃないらしく、連続しての
浚渫工事や、連続しての補強工事は行われない。

だから傍目で見ても、工事が進んでいるのか
停まっているのか判断に苦しむ。

こんな施設が完成したら 魚釣りも釣り餌を捕るのも
難しくなるが まだまだ完成の日々は見えないから・・

 ”ワシらが釣りをしているうちは大丈夫!” 
と思われているようだ。・・・down   down
                ブログランキング ヨット

      yacht         fish          fish        yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

減量対策・・続

3423_2 ワタシの写真なんか

3421_2 誰も期待してないから
同じ写真の使いまわしだが・・

さて・・
増えた体重は減らさなきゃならんが 世界的な肥満の基準は
ないようで、生活に支障がないんなら敢(あ)えて減量する
必要はない・・らしい。

が・・生活の支障 と言っても 寝返りが打てないとか
ベッドから起きられないとか そんな深刻な問題だけじゃなく、

例えば、トイレで用を足す時に上部の脂肪が邪魔で
ナニの向きが安定せずに あらぬ方向へ飛ばしてしまう とか

シャワーを使って洗ってるつもりなんだが やはり
脂肪が視界を損(そこ)ねて視認できずに
ついつい感触だけで洗ってしまって 
こすっちゃいけない所をヘチマでこすったり とかも
生活の支障にはちがいない。 

いびきもそうらしいが・・・。

上記の状況じゃない人にとって 減量は生活手段では
なく ただの趣味になる。
そんな人はあまり減量のための運動をしちゃいけない。

恒温動物である人間の体温調節には
皮下脂肪は貴重な断熱材になり
海や山で遭難した場合、皮下脂肪の厚さはアナタの生死を分ける。

こりゃァ 当てはまる!

明日も晴れたら10ノット10マイルと少し に
挑戦しなければ・・・事情はちがうがカミさんも
誘わなきゃならん・・かな?

近くのホームセンターのトイレには貼り紙があって
”もう一歩前へ!” と書いてある。
ずいぶんと狙いが良くない人がおられるようで・・
・・他人のことは言えないが・・down down
                ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

減量対策

禁煙以降七ヶ月・・体重は増加傾向にある(泣)

3423 増えた体重を
                   減らすには
                  

3421 食べないか・・

食べた以上に消費するか、どちらかしかない。

食べることは人生の楽しみの大きな要素であることは
週刊誌やテレビのグルメコーナーの多様さを見ると分かる。
だから 体重が増えた位で食べ物を減らしたら
人生の楽しみも減らすことになり、減量のために
食事を節制する選択肢はない。

で 運動だ。
運動ったってR60(注1)で新たな運動を始めるのは
難しいから慣れた自転車での10ノット10マイル少々だ。

ところで・・
自転車のサドルの高さはペダルが下・・
・・ピストンで言えば下死点・・の時に
脚が伸びている のが理想で、
この状態なら脚の力は効率的にペダルの回転力に
伝わる(らしい)。


ところが・・
自転車はこぎ始め または坂路、または加速の時には
前傾姿勢になる。  その時に脚を一杯に伸ばした状態だと
全体重は脚と脚の間の部分で受け止める。 

ここから先は♀にはご理解いただけないかも知れないが、
♂には痛みが伝わるだろう。  

スタンションならベース部分、マストならステップ部分に
相当する箇所がコリコリと痛む。

だから登り坂を行く自転車で 立ちこぎをするのは
圧倒的に♂が多く、筋力の関係もあろうが
♀の場合はそのままこぎ進むか 押して歩く。

だったら自転車では・・♂が損だろうって?

立ちこぎだとナニは痛くないし
力も入るから 少々の坂道でも登れるし、加速もスムースに
できるんで損ではないし 仕方がないとは言え
脚力強化のためにもなるので 向いているとも言える。

だから競輪選手は♂だけで♀はいない。

明日も晴れたら10ノット10マイルとチョット を
行います。 はやく四キロを減らさないとナニは
痛いし、周辺部はこすれて赤くなるんで 本気です!

あのコリコリとした痛みに負けて 坂路を登らない
または加速をしない・・ってんでは とてもじゃないが
四キロの減量は難しい・・  down down
               ブログランキング ヨット

(注1)・・R60は円弧の半径の数字ではなく
      年齢の数字で、この世界では中庸の
       年代を示す・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふふふ富士壺が!・・

40931 船名は隠した

4094 ???

4095 ???

自転車で近くの港に立ち寄ると こんな光景が
目に入った。

詳しい事情は分かりません。
分かりませんし なんでこんな事になったのか
理解もできませんが・・
・・とりあえず 現状の説明をしときましょう。

喫水線120センチのラインまでは赤い船底塗料が塗られ、
そこから320センチのラインまでは緑の船底塗料が塗られている。

商業船にはよく見られる塗り方で、接水抵抗とか
水深の具合とかで船底塗料の色が異なるのは
それほど珍しくはない。
色違いは珍しくはない状況だが、120センチラインから
220センチラインまでの間が帯状に富士壺で
覆われているのは珍しい。

ナンデこんな事になったのか・・いくら想像しても
分からないが、色んな事情があったことは
想像できる。

珍しい現象なんで 関係者が見ると
”アァッ ワシの船じゃぁ!”  と分かる。

なんかの事情があったとしたら申し訳ないんで
船名は伏せときました・・・  down    down
                                  ブログランキング ヨット

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スナメリ in 黒土(くろつち)の瀬戸

3668

http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=34.440197564158964&lon=133.49780957882987&z=15&mode=map&pointer=on&datum=wgs&fa=ks&home=on&hlat=34.522410419076&hlon=133.50935380643&layout=&ei=utf-8&p=

  ↑ ↑ の瀬戸・・です。

      

        ↑ スナメリ  です。

最近は瀬戸内海も 少しは綺麗になったのか
ごく稀(まれ)に、スナメリを見かけるようになった。
それもこの水道の近辺に多く、はかの所では
まだ見かけることはない。

20年ほど前なら スナメリはそれほど珍しい
生物ではなかったが 知らぬ間に姿を見せなくなり、
ここ10年ほどは仲間内でも

”最近はスナメリを見んようになったよなァ”

と 話すくらい姿を見なくなっていたが 一昨年ころから
たまに プシュゥッと 灰色の頭を見せるようになったんで
豊饒の海・・瀬戸内海の風物詩が一つ復活した。

が まだまだ三河湾のこちら↓ ↓には及ばない。
    
">

・・発見したんなら自前で写真を撮れば?

・・ハイッ 分ってるんですがネ ノロノロしてるうちに
   見えなくなってしまいますんで(泣)

コイツは小魚を食べるから漁師には評判が悪いが
風のない日に漂っていると後ろで プッシュゥ と
聞こえるのは悪い情景ではない。

勝手に動画をお借りしたのは三河湾のヨット乗りの
オリオン兵藤さんで、彼(か)の地には瀬戸内海よりも
スナメリが多いようだ。

スナメリが出るッたって 毎回プッシュウ!と
なる訳じゃぁありませんが、とりあえず海に
出ないと出会えません。

とりあえず この連休はチャンス!ですヨ・・

                               down  down
                           ブログランキング ヨット

   yacht           yacht           yacht            yacht

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »