« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

コンコンコンコンコン・・

  啄木鳥(きつつき)の話ではなく、ワタシにとっては
  少し深刻な話です。

4481 Jabscoのモーター

4482 オ~イ!

ヨットの装備品の中には 使用頻度が高くないモノも
ある。
その中のひとつがトイレで、滅多に使うことはない。
滅多にしか使わないんなら無くても構わない?

なんて訳にゃいかないのは 皆さんご存知だろうが
滅多に使わないモノに限って ”使う時にゃ使えない”
羽目に陥(おちい)る。

今回 ある事情があってトイレを使うことになった。
ある事情ッたってトイレを使うのにはそれほど多くの
事情はないから 皆さんが ”アレじゃね?” と思われた
あの事情があってトイレに入った。

で (小)用を足してポンプのスイッチを押す・・・?
もう一度押す・・・??  もう一度押す・・・???
エ~イ! カチカチカチカチカチ・・・エ~ン! 動かない!

どうしよう!

高齢のヨットに乗るワタシにとっては それほど珍しい
出来事じゃないが ピチピチのヨットに乗っている人には
ポンプが動かないのは稀有な事故だと思われる。

では こんな場合 どうやって解決するか・・
・・それは明日の話になる・・down down
                ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コーヒーはいかが?

4467 砂糖とクリームと

4469 レギュラーコーヒーだ!

簡単に作れるのと面倒じゃないのと・・同じことか?

とにかく、ヨットで飲むコーヒーは長い間 インスタントか
砂糖とミルクとコーヒーがひとつの袋に入った
オールインパックの大人には甘すぎる コーヒー
のような飲み物だった・・が! 
先週から心を入れ替えて レギュラーコーヒーも
メニューに加えた。

って 家から持ってきただけだが・・

ただし!  当艇のメニューに加わったからと言っても
注文があれば随時お出しする訳じゃなく、来艇の人に
このコーヒーをお出しするか 梅昆布茶をお出しするか
または従来の甘いインスタントコーヒーを お出しするかは
ひとえにサービサー(ワタシのこと)のその時の
気分による。

中年男性の気分は 秋の空 ほどに変わりやすいから、
このコーヒーだって いつまでも常備している保障は
なく、次回はまた甘いコーヒーに戻るか 新規の昆布茶に
なる可能性もなくはない。

なんてことを思っていたら 先日 一度に五人の来客があって
十袋在庫のうちの六袋が消費されたので 残りは四袋に
なった。
もしも 次回 四人の来客があったら、お一人は甘いコーヒー
または梅昆布茶になる。

上記の場合、ワタシだけが梅昆布茶を飲む可能性はゼロだし、
みんなで分け合って・・なんてこともない。
どうしてもレギュラーコーヒーを! の人は最初から
持参されるがヨロシイ・・  down down
               ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

海の煙突・・

4464  ん?

4463  んん?

4465 オォ!

チンタラとセーリングをしていたら 向こうに二本の
円柱が見える。
海上に円柱が立っているのは珍しいから 確認のために
近づく、どうも煙突・・本船に付ける排気管の
集合管・・のようだ。
もっと近づくと全容が見えて来る。

で もっと近づくと台船のデッキに二本の煙突が立って
いるのが視認できる・・デカイ

高い方の煙突は ウチのヨットのマストよりも高いから
15メートルくらいで 低い方はヨットのマストと
同じくらいだから10メートルチョイ かな?

この台船は 現在 どこかの造船所への搬送中ではなく
錨を入れての停泊中で、近くには曳き船も押し船も
見えないから ”チョット三時間ほどの潮待ち・・” って
訳じゃないようだから、現在 露天の荷物置き場状態だ。

ワイヤーで台船と固定はしてあるが 見た目は危ない。
”見た目が危ないのは実際にも危ない”
ような気がするから あまり近づかないが、
こんな所に置きっぱなしでも盗られたりはしないのかナ?

船の移送能力は高く これほどのモノを陸路で運ぼうと
すると 路上の電線と信号機を取っ払い、
道幅を三倍にして 橋を補強し、その上で時速5キロ
ほどで移動しなきゃならん。

東北関東にもこれで運んだ方がスムースに物資が運べる
かも知れない・・・ down down
          ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝!・・埠頭完成

4238 長さ100メートルが

4439 一気に二倍に!

海上輸送の主力はコンテナになりつつあって
シャツやパンツの繊維類、冷蔵庫や洗濯機の電気製品、
ウインチやロープのヨット用品、etc はそのほとんどが
コンテナーに入れられて海外から入って来て
コンテナに入れられて海外へと出て行く。

世界的にその流れなら 国内的にも同じで 物流の主流は
コンテナへコンテナへと流れて行く。
したがって物流の拠点を目指す地方都市としては
コンテナ埠頭・・コンテナヤードの整備は街の将来を
左右する。

で この街のコンテナヤードは国・県の補助金を受けて
一挙に倍の大きさになった。
と言っても 一隻ぶんが二隻ぶんになっただけだが・・・

海上輸送の主流を担(にな)うコンテナ船乗員の
操船技術は高く、錨とサイドスラスター(あれば)と
機関の前後進だけで LOA100mの船体をピタリと
着岸させ、スルリと 離岸させる。

こまかなタイムスケジュールで運行管理される
コンテナ船の離着岸は 他の船の動向には影響を
受けず、ボゥーボゥーと汽笛を鳴らして自己の航路を
主張する。

迷惑かって?
避航するかどうか分からぬ動き方をする避航船よりは
行動が分かりやすいから  強引だからって
アタシャ嫌いじゃありませんヨ・・?
down down
                  ブログランキング ヨット

東日本大震災から二週間になります。
まだまだ現地の状況は厳しいようですが
なんとか気持ちを強く持ってお過ごし下さい。

決して 被災者の方々の苦労は忘れてはいません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハァッハックション!!・続

4445 怪しい・・

4446 通報するか?

片路5マイル(nautical)以内の移動と ヨットに行く
交通手段は自転車だ。

自転車は省エネにもなるし運動にもなるが
飲酒運転にはならないから ヨットへの行き返りと
宴会への行き返りの手段には向いている・・
・・花粉さえ飛ばねば・・

だから 花粉が飛び回るこの季節は 正直に言えば
自転車は向かない が 自転車に乗らない訳にはいかず、
それでも自転車に乗りながら 花粉症の症状を
抑えるために 写真の姿になる。

もし当艇をご訪問の際、中からこんな姿の人間が
現われても驚かないでいただきたい。
驚かせようなんて下心はありませんから・・

世の中には花粉症の症状が出ない・・なんて言うような
環境に敏感じゃない人がおられ、なんの防御もなしに
外を歩かれるが、本来ならそのような人は 世間からは・
”アノ人はちょっとネェ・・” と 噂される。

花粉の飛び交うところでも 普通の暮らしができる人を
うらやましく思うが、我々花粉症者から見ると そのような
人は単に感受性に欠陥があるか まだ本人に自覚症状が
ないかのどちらかで、もう少し大人になればハァハックション
・・と なる・・待ってるヨ・・down down
              ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハァッハックション!!・・10ノット10マイル

4451 森の中の路を

4452 周りには○○が・・

上記○○の中には花粉・・杉と檜を含む・・が入る。

数年前から花粉症の症状を示し始めたワタシの
体は 10ノット10マイルを走っている間にも涙が出始め、
鼻水がこぼれ始める・・時がある。

”なら 外へ出なきゃいいじゃないの” との
ご指摘をいただくが 汗をかく程度の運動は自転車
以外にはなく、もし 10ノット10マイルを中止したら
体重は理想を大きく越えて 手持ちのパンツを買い替え
なければならないし ベルトも伸ばさなきゃならない。

これは健康的にも経済的にも宜(よろ)しくないから
花粉アレルギーを抑えるためにサングラスをかけて
マスクをつけて自転車にまたがって 10ノットの速度で
10マイルの距離を走る。

ワタシは ↑ の格好を鏡で見慣れてるんで なんとも
思わないが ワタシ以外の人は !”#$%&’ と
思うようで、見事に路を開けてくれる。

四月下旬まで花粉が飛ぶ・・そうで、なんでか
山間部よりも沿岸部のほうが花粉は多いらしく
天気予報の花粉状況では

”H県の北部では花粉はやや多く、南部では非常に多い”

だそうで、この季節は田舎に帰ろうかなと 思う
この頃デス・・・ハァックション!・・down down
                  ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そろそろ半年かァ・・

4443 ライターと灰皿

4454 lighter and ashtray

それほどの税金を納めてる訳じゃないんで せめて
タバコ税くらいは納めりゃいいんだが どうも先行きが
不安なんで節税のために禁煙した・・のが昨年の十月・・
だから もうそろそろ半年が近づく。   正確に言えば
あと十日で半年だ。

タバコを吸わなくなって不要になったモノは灰皿とライターで
捨てれば良いようなもんだが 時々の訪問者の中には
まだ喫煙者がいて、
”灰皿とライターを貸してもらえるかナ?”  なんて寝言を
禁煙者を前にして発言される。

”ナイッ!” と断ればいいようなもんだが その中の
一組はカミさんのご両親なんで そう言う訳には行かないし、
来客によって差別するのは それがばれた時には互いに
気まずい。

で 現在でもライターと灰皿は必需品だ。
その状況はヨットでも変わりはなく、相変わらず
ステアリングの前には灰皿が置いてある。

灰皿を置いてないと 時代遅れの喫煙者は吸い終えたタバコを
海に捨てる・・すこし以前の漁師とヨット乗りは
”海は広大なゴミ箱” だと思っていた時代がある。

ボートの人間は今でも ”海は広大なゴミ箱” だと
思っているようで 夕方ボートから揚がって来る時でも
両手はカラだ。
しかし そうじゃないボート乗りもおられるかも
しれないので失言なら あらかじめ謝っておこう・・
・・スイマセン

一部の車の人は ”道路は広大なゴミ箱” だと思っている
らしく、おととい赤信号の右折車線で停まっていたら
前の車のドライバーが運転席からポ~ンと弁当箱を
分離帯に投げ捨てた!

文明の発達とゴミの量はリンクしていて、ことの善し悪しは
別にして 途上国よりは先進国の方がゴミの量は
圧倒的に多い。  それも腐食しないゴミだから 埋めても
解決にならず、将来の人間に ”放り投げ” だ。

ただし 何十万年もすれば資源に変わる可能性も
なくはないこともないとは・・ねぇヨ!・・down down
                     ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースの質・・

                 Images2 

普段はほとんどテレビは見ませんが、ナニかの
事件・事故があればニュース番組を見ます。

新聞や週刊誌に比べると情報は新しく、ネットのニュースに
比べると情報の量が多いからです。

が テレビ局にはテレビ局なりの姿勢があるので
必ずしも視聴者の価値観に添った・・つまり、見る側の
情緒を満たすような内容 には ならないこともあります。

今回のような 大震災の状況報道なら なおさらのことで
各局ともカメラの向こうを・・多数の視聴者の心情を意識しての
興味をそそる報道内容になるのは 民間会社としては
仕方のないことで、それがテレビ局の姿勢・・ですし、
視聴者を見るテレビ局側の意図です。

新聞や週刊誌も同じような事情を抱えていて 記事の
姿勢は見る人または読む人にとって 刺激的な内容に
なるような編集になりますし、ひとつの現象でも見る角度に
よって、または 感じ方によっては相当な開きが出ますから

”このニュースはおかしいじゃん!” と 言われる人も
現われますが、それはご本人の感覚なので、周りに
広める必要はありませんし それをすると 個人の
価値観の押し付けになります。

色々のニュースから 情報を得た後に全体を判断するのが
成人の対応で、ひとつのニュースから全体を推測するのは
無謀かも知れません。

テレビの視聴者は老若男女・・あらゆる人が、時には
ワンコもニャンコもインコも見ていますし、中には警官が
いたり泥棒がいたり、納税者がいたり徴税者がいたり
するので テレビニュースを見る側の立場によって
内容の感じ方は違ってきます。

今回の大震災についてのテレビニュースでは その
ニュースの内容に関して 色々な批判があったようです。

テレビ局は その批判を真摯に受け止めなきゃいけませんが、
批判する側も まず批判を!・・では 大人気(おとなげ)ない・・
・・と 思ってます・・down down  
           ブログランキング ヨット

これだけの規模の災害復旧を政府だけに任せたんじゃ
国が滅びます。
被災者が早く元の暮らしに戻れるように 皆さんの
心遣いを!・・・含む ワタシ です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お願いします・・・

         Imagesca64kcno

                           

久しぶりにブログ記事の更新です。

最初に 今回の東北関東大震災で被害に会われた方々に
お見舞い申し上げます。

千年に一度・・と言うような巨大地震に見舞われ、
なおかつ、その後の過酷な生活環境と、原発の影響で
不安で不便な日々を過ごしておられる皆さんのご苦労は
察して尚 余りあります。
今以上の二次災害が起きねば良いがと願って止みません。

直接的な被害を受けなかった人間が 多大な被害を
蒙(こうむ)った方々にお見舞いを述べるのは
”身のほど知らず” との誹(そし)りは免(まぬが)れませんが
ワタシ達には お見舞いを申し上げる事と いくばくかの
援助・・くらいしか出来ることはありません。

このブログをご覧の皆さんのほとんどは ヨット乗り・・
・・だと 思われます。

ヨット乗りの特性は色々ありますが、そのひとつに
”それほどお金に困ってない” があります。
もちろん余っている訳じゃないでしょうが自身のためなら
いくばくかのお金を使うのに支障はない・・と 思われます。

今! 一番楽しそうなお金の使いみちは 大震災の
被害に会われた人々への寄付・援助・・です。

家計を左右するほどの金額でなくても、ポケットの小銭で
”ワシ 寄付したもんネェ” とか、
”誰かが 喜んでいるよネェ” の 満足感が得られます。

各役所の窓口 ならびにコンビニのカウンターやスーパーの
レジ etc には寄付受付の箱が置いてあります。
ポケットでチャラチャラと踊る硬貨を そこに入れれば
ポケットも気持ちも軽くなり、心は暖まります。

禁煙したワタシは 確実にタバコ代が浮いてますから、
その分だけ あちらこちらの寄付金箱にいれるように
しています。

したがって予算の関係で
もう喫煙者には戻れません・・down down
                ブログランキング ヨット

今日からまた記事の更新が始まりますが、被災者の方々の
ご苦労を忘れる訳じゃございません。

陰ながら応援させていただきますので、
皆さん! 気持ちを強く持ってお過ごし下さい。

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ご覧の皆さんへ・・

今週は更新する予定は無かったんですが
色んな好意がありそうなんで アップします。

関東東北大震災の被害はワタシ達の予想を
はるかに越え、現地の人々の苦労は想像すら
できません。

ナニかお手伝いが・・と 地方のヨット乗りも
思っていて、ヨット仲間の小売店経営者が こんな
Tシャツを考えました。  ↓  ↓

       Sn3o0012jpgscaled5001

         http://www.rocketbase.jp/

材料費と人件費はゼロ! 売り上げは全額寄付!!
オンラインでも買えるそうなのでご検討を!!

各地でこのような好意が広まれば 日本の将来は明るい!
頑張れ! バラクーダ!・・down down 
                ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

申し訳御座いませんが・・

                        
         

        Imagesca98ilnw

この度の東日本大震災で被害に会われた
方々にお見舞いを申し上げます。

全面的な復旧までには多大な労力と費用が
必要になることでしょうが、強い気持ちで
立ち向かってください。   及ばずながら
ワタシも微々たる応援をしたいと思っています。

当該地方のヨット乗りの皆さんも相当な被害に
会われたかと思います。
そんな状況の中でのワタシのブログ更新は
自身の心が痛みますので、せめて今週一杯は
ここのブログの更新を休ませていただきたい
と思います。

天災の被害は心身ともに傷つきますが、ご自身に
負けぬようにお過ごし下さい


皆さんのお早い回復を祈ります。

         ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第36回舵杯ヨットレース

4455 舵杯のポスターは

4456 一枚には

4457 入らない・・

4458 案内書

昨日 この地方の行事案内をしたばかりの所へ
早速 舵杯の案内が来た。

昨年同様 今年も白石島東港を拠点に行われる。

昨年の優勝艇は今年も現われるのか?
昨年のファーストホーム艇は今年も参加するのか?
昨年DNFの艇は 今年はフIニッシュするのか?
潮流の予測が当たった艇は今年も的確な予測が
  できるのか?
20分後にスタートラインをクリアした艇は 今年は
  10分後くらいにクリアするのか?
当日は晴れて 風は吹くのか?

この地域では今年初めてのレースなんで 各艇とも
力が入るだろうが 力を入れたらスピンジャイブが
スムースに行く・・って訳じゃないし、スタートはジャスト!
って訳にも行かない。

フィニッシュ後のビールがおいしく飲めるかどうかは
当日までの六週末の練習による。

練習の内容は、
負けても口惜しがらない心の鍛錬と、
運が悪かったと言い訳する内容の確認と、
来年は頑張る! の意欲だ・・down down
                 ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の日程・・予定だが・・

3643

・・・・以下 今年の行事予定・・・

2.競技関係
2-1. 平成23 年度競技開催日程の決定
■連盟主催のヨット競技等
(新延競技委員長取りまとめの一覧表を配布-別紙1にて添付)
・5 月3-4 日 :セイルモモシマ(クルーザー)
・5 月28-29 日:鯛網ヨットレース(クルーザー)
・6 月26 日 :TOMO ディンギーレガッタ(ディンギー)
・8 月28 日 :福山市長杯ヨットレース(ディンギー)
・10 月2 日 :仙酔島一周ヨットレース(ディンギー)
・日程調整中 :燧灘ヨットレース(クルーザー、今年度は福山ヨット連盟が運営当番)
※6 月4 日 :わくわくヨット教室(福山市体育振興事業団主催)
■その他、近隣のレース情報
(明石理事より)
・4 月23-24 日:KAZI 杯ヨットレース(白石島にて実施)(クルーザー)
・7 月2-3 日 :笠岡市長杯ヨットレース(クルーザー)
・9-10 月ごろ :玉野市長杯渋川ヨットレース(クルーザー)
(JSAF 外洋西内海の年間予定表-別紙2にて添付-より)
・7 月24 日 :オーズベイカップヨットレース(クルーザー)

     ↑   ↑   ↑
    見にくいでしょうが・・・


お近くのヨット関係者が見ておられるので
連絡を兼ねて 今年の燧(ひうち)灘、備後(びんご)灘
のヨット関係の行事予定のお知らせです。

詳細に関しては 行事責任者もこのブログを見てる
らしいんでお問い合わせがあれば担当者が
お答えできるかも知れません。

ジュニア以外は 行事参加者の平均年齢は年々上がり、
熟年のワタシに向かって
”まだ若いオメェがな~にを言ってんだァ?” と
言われるような特殊な世界ですから、参加予定の
皆さんは なるべく若造りの 心と体で ご参加下さい。

遠くの地域の方にはあまり関係ない行事なんですが
地方の行事には それなりに楽しみがありますから
当日に皆さんと会えることを楽しみにしています。

事情が許せば ですが・・ down down
               ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラの一脚を兼ねる・・

4429 折りたたみ傘先端の

4430 キャップを外すと・・

折りたたみ傘の先端のポッチを外すとボルトが表われる。

このボルトとデジカメの脚取り付け台のネジの
大きさは同じだから、先端のポッチを外してネジを出せば
そのままカメラに取り付けて 一脚の代わりになる。

その世界では以前からの常識だったようだが
ワタシはその世界の人間じゃないので 最近まで
知らずにいた。

で 最近教わった。
これが便利かどうかは カメラ素人のワタシには
分かりかねるが、折りたたみ傘がカメラの一脚を兼ねる・
・ってのは 楽しそうだし 省スペースにもなるから
ヨット向き・・では ある。

ちなみに傘の先っぽに付いているネジは 6ミリの
JIS規格のボルトだ。

一脚を兼ねる折りたたみ傘は一本足の傘小僧を
思い起こさせる。  コイツがじっとして 動かずに
いてくれたら ぶれる画像は減るが、デジカメになって
からは不出来な画像を捨てるのには抵抗はない。

フィルムカメラの時代なら ピンボケの画像でも
捨てるのは若干の抵抗があったが デジタルの時代に
なってからは捨てるのに抵抗はない。

写真に詳しい友人の弁によると
”アンタの写真は捨てるにふさわしい” らしいが・・
・・要らんお世話だ!・・down down
             ブログランキング ヨット

| | コメント (6) | トラックバック (0)

非常食 追加・・

4427 クッキーと・・

4428 ビスケットと・・

4421 ♪ エビセンベ~・・

もし沖に出ていて ご飯にしようかナ と思った時に
例えば 水がなかったり、ガスコンロの火が着かなかったり
した場合は ご飯も味噌汁も ラーメンも焼きそばも・・
いわゆる普通の食事は食べられない。

そんな非常時に役立つのが ”非常食” で、
ナニカの時のために数種の非常食をヨットに積んでいる。

いわゆる ”乾き物” だから消費期限は長く、これと
ペットボトルの水があれば ”食” に関しては数日間は
心配は要らない。


胃の中へ流し込むための飲料としたら、お酒もあれば
ワインもあるし・・それでも足りない場合は水も積んである。
それでも、それでも 足りない場合はペットボトルに
密封されたミネラルウォーターもある。

上記の商品の消費期限は三、四ヶ月と長いが
安全を考えると消費期限ギリギリまで 環境の
良くないヨットの物入れに保管してたんでは
船長としての資質(ししつ)を疑(うたが)われる。

したがって用心深い船長としては 消費期限を
待たずに 積極的に消費し、少しでも欠品がでたら
新たに購入・貯蔵して その時に備える。

少し太ったかも知れんナ・・ down down
                ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

常備食 追加・・

4425 常備食の・・

4426 魚肉ソーセージ!

スーパーに今までよりもふた回りほど大きな
魚肉ソーセージが並んでいた。
これは買わんといかんだろう。

細いのをチマチマ食べるよりも太いのを一本または
二本食べた方が効率がいい!
なんの効率が?・・って? なんか知らないけど
とりあえず皮下脂肪を貯める効率は 良くなるか?

買ってきたから試食をしないといけない ってんで
食べる必要はなかったんだが一本食べてみた。

今回の太めの魚肉ソーセージは細めのヤツとちがって
ビニールの皮が剥きにくいから 皮に中身がくっついて
少々 見た目がよろしくない。

単純に同じようなビニールの皮でも、どこかに違いが
あるようで 前回までの おさかなソーセージに比べると
今回のフィッシュソーセージは工夫が足りない。
だから中身がくっつく。 
そのままゴミ袋に入れると その日の内に持ち帰らないと
ナニカが生(は)えてきそう・・・

わずかな差だが きれいに剥けるのと
そうじゃないのとは きれい好きなヨット乗り?としては
購入意欲にちがいが出るから、次回からはまた
細めのおさかなソーセージにしよう・・down down
                    ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

休憩時間・・

4423 とりあえず 靴を

4424 スリッパに替えて・・

当艇の場合、船上は船内を含めて土禁・・土足厳禁・・
・・じゃないので 靴のまま乗り降りしても、キャビン内へ
出入りしていただいても 一向に差し支えはないが、
安全を考えると デッキ上では靴を、それも滑りにくい
靴を履いていただくのが 望ましい。

休憩中にキャビンにいて デッキに上がる用事が
ない時には 靴よりもスリッパの方が足先の開放感があり、
心理的にも休憩した感・・が強いので 食事中または
コーヒータイム中にはスリッパに履き替える。

一人だけ・・って 訳にも行かないので
一応もう一足分は置いてあるが 好みの問題も
あるのでお勧めはしない。

ただし ”スリッパを・・” のご注文があれば見にくい所に
置いてあるもう一足をお出しする。
決して隠してる訳じゃありません。

スリッパのまま歩くと 足元が滑りやすくて危ないが
当艇の場合、セティに座ったままでラジオのスイッチに
手が届き、軽く手を伸ばせば食料庫に手が届き、
立ち上がって体を右にひねればガスレンジにも手が届くから
足元が滑る心配は少ない。

これが50フィートのヨットだと ナニをするにも
移動しなきゃならず、足元が危(あや)うい!
から これくらいの大きさが安全上 望ましい!
・・ってか?(笑)・・ down down 
           ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツルリッ!・・

4411_2 以前は・・

4412 剥きにくかったが・・

昨日の魚肉ソーセージの話の続きです。

このソーセージの剥き方・・包まれたビニールから
中身を取り出す方法・・は、まず両端のクチュっとなっている
部分を鋏みで八割ほど切る。
なんで八割か?と言えば、残りの二割はビニールを
綴じて二重になっている部分を切り落とさないためで
図で表すと ↓ こんな具合になる。

Cocolog_oekaki_2011_02_25_23_16

で ビニールの両端を手で広げて 中身が
くっ付かないように剥くのが至難の業だったが
時代は変わって 最近の商品はツルリっと剥けるから
気持ちがいい。

中身がグリーンのソーセージでは食欲の湧きかたに
問題があるが どうも慣れないお絵かきセットでは
この色しか出なかったんで ご勘弁願いたい。

次回は着色料を使ってでも食欲を湧かせる色を
出してみよう。

先日 スーパーに行ったら同じ常温ソーセージコーナーに
”お得な太め・三本セット” が並んでいたから
次回はこれにしようかナ?・・ down down
 
                 ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

もしもし・・

4403 棚の中へ 誰だ!

4404 もしもし・・もしもし

昨日の黄砂の続きだが・・・

出港する前には 必ずデッキを水で流さないといけない。

デッキに積もった黄砂を流し落とさないと歩けもしないし
座れもしない状況なので ヨットに行くとまず
バケツで海水を汲んでデッキを流す。

バウデッキから流し始めて スターボード側を
スターンまで流していき、続いてポート側を流す。

震えるくらい寒い日なら ジャンバーを着たまま作業が
できるが なにしろ ”もう春” だ。
ジャンバーなんか着ちゃいられない。

で ジャンバーをセティーに投げたままでデッキを洗い、
少し汗ばんでキャビンに入るとこの状態だ。

知らないおじさんが物入れに入ろうとしている!
もしもし・・ナニをやってるんだ?

そこで我に帰る。

”アァ こりゃぁワシのジャンバーじゃぁ!”

朝から汗を流したためと、鼻と耳から入って脳みそに
達した黄砂の影響で ちょいと正常な判断が危うく
なる季節だ。

例年 黄砂は落ちるが 今年の黄砂は強力なようで
脳に与える影響は例年よりも強く、書く文章も相当に
黄砂の影響を受けていると思われる。

その影響かどうか・・

”今日の晩御飯はどうしようかネェ?”
”ほぉじゃなぁ~ 餃子にしようかナァ”

となった・・ニィハォ・・ down down
             ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »