« ほぼ10週間・・ | トップページ | 大丈夫だヨ! »

波消しブロックの製造

自転車で通りかかる港の一角だが・・

先月から旧フェリー乗り場の岸壁に仕切りを作って
海岸線の浸食防止に使われている波消しブロックを
作っている。

3250  最初にメス型が届き

3251  それを組み立ててコンクリートを
           流し込み

3253  型から抜いて養生し

3248  やっと製品になる

普段見慣れた波消しブロックも
間近に見ると その大きさと作業工程に驚くが
この波消しブロックは近くの島の漁港整備に
使われるらしく、運搬を待つ台船が荷積みを
待っている。

並んでいるブロックを見るとおよそ300個、
大きさから考えると一個が30万くらい?かナ で、
ざっと一億円!
運搬設置、etc を考えると予算は数億円!
対象となる漁港の世帯数は二十世帯!

行政の仕事=予算の執行・・だから 仕事熱心な
当局は年度末が近づくと仕事に余念がなくなり
業者を巻き込んで予算の執行に励むが、中には始末
できる仕事もあるんじゃないか?

税負担の公平性でみると、過疎地ほど税執行の
割合が高くなるのは仕方ないが、当局と議員はもっと
仕分け能力を持たないと・・・地方自治体と
それを交付金で支える国は保たなくなりゃしないか?

人口が減っていく地域を重点的に整備する・・
イヤッ! もちろんしちゃァいけないとは言えないが
整備するたびに住民は減り続ける。

同じ予算を使うんなら 箱物(含むコンクリート物)じゃなくて

他にありゃァしませんか? down    down
                   ブログランキング ヨット

    yacht             pouch         moneybag         yacht

住民の定住のための予算執行なら 税金の減免・・
・・のほうが効果があるんじゃないかと思えるが・・

|

« ほぼ10週間・・ | トップページ | 大丈夫だヨ! »

無題」カテゴリの記事

10ノット 10マイル」カテゴリの記事

コメント

テトラポットの値段で検索したら出てきました(笑)。

同じことを考えている人が大勢いるんですね。

http://www.furutachi-project.co.jp/nougyou/a_nedan/p_002.html

投稿: サムシング田中 | 2010年12月10日 (金) 20時43分

サムシング田中さん

気になってたんで(笑)、ちょっとスッキリしました・・ナルホド。

モールドから抜いた後には 洗って磨いて・・ヨット並みです。
           happy02

投稿: まさゆき | 2010年12月10日 (金) 22時21分

オスとメスがあるんですね。初めて知りました。
自宅にテトラポットのミニチュア、消しゴムなんですけど、飾っています。このミニチュアはメスみたいです(笑)。

投稿: 俊介 | 2010年12月11日 (土) 22時09分

俊介さんっ!!

業界用語かも知れませんが メス型ってのはオス型(製品のこと・)を造る入れ物のことなんで、お手持ちの消しゴムはオス型だと思われます(笑)

おおかたの場合、メス型はモノを造り出す創造の神・・のような存在です(笑)
               coldsweats01


投稿: まさゆき | 2010年12月11日 (土) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/47010476

この記事へのトラックバック一覧です: 波消しブロックの製造:

« ほぼ10週間・・ | トップページ | 大丈夫だヨ! »