« 乾燥クラゲ・・ニィハォ | トップページ | フッフッ富士壺がァ・・ »

天狗(てんぐ)の仕業(しわざ)?

3675

以前も書いたが、ワタシの故郷は中国山地の
山間(やまあい)の田舎で、裏山を境に 降った雨の流れは
日本海と瀬戸内海に分かれる。

そんな小さな集落の奥に小さな公園があって、付近の古い
祠(ほこら)とともに住民の手できれいに整備されている。

藤の花の季節になるとワタシ達も両親や祖父母に
連れられて花見に出かけた。 が 夜は誰も近寄らない・・
・・のには それに相応しい言い伝えがあるからだ。

祖母曰(いわ)く・・

”昔々、この地域では養蚕が盛んで、近隣の村々から
 多くの若いお母さんが働きに来てたんじゃ。 昔の若い
  お母さんってのはたいていは十代の 今から思えば
  若い娘さんじゃ。
  で 夜ヒマなもんで肝試しをしようってことになったんじゃ。

  そこで、みんなで話し合って
   ”アノ古い祠の前にあるお賽銭箱を持って来よう”
  と なったそうじゃ。
  みんなは怖がったが一人勝気なお母さんが
   ”ウチが行く!” となったんだそうじゃ。

  その若いお母さんは小さな赤ん坊を背中におぶい、
  半纏を着て街頭のない真っ暗な夜道を古い祠に向かった。

  一時間ほど待っていると若いお母さんが帰って来た。

  ””お賽銭箱を持って帰ったからみんなで一円づつ
    ちょうだい!”

  待っていたみんなはお母さんの姿を見て悲鳴を上げたんじゃ。

  なんと羽織った半纏の下からはおびただしい流血が!
  赤ん坊の首が切り落とされていたんじゃ。  ”

どうも賽銭箱を盗んだのを咎めるために天狗が罰を
与えたらしい。

中国山地の村々にはこのような言い伝えが
数多く残り、祖父母や両親から枕元で聞かされる度に
背筋が寒くなって 暑さを忘れた。

今晩も暑さを忘れるか?・・down   down
               ブログランキング ヨット

     xmas         xmas         xmas          xmas
  
  

|

« 乾燥クラゲ・・ニィハォ | トップページ | フッフッ富士壺がァ・・ »

春 夏」カテゴリの記事

コメント

夏には怪談話で背中を冷やして、、
って、こう暑い日が続くと、、
効果も薄れるかも、、(^_^;)

ポチッとな。

投稿: セニョール | 2010年9月 3日 (金) 10時39分

セニョールさん

サッパリ効果はありません(泣く)
涼しくなりどころか背中が熱くなります。

彼岸まで、彼岸まで と首を長~くして待ってます(笑)
   (*^-^) 

投稿: まさゆき | 2010年9月 3日 (金) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/49319508

この記事へのトラックバック一覧です: 天狗(てんぐ)の仕業(しわざ)?:

« 乾燥クラゲ・・ニィハォ | トップページ | フッフッ富士壺がァ・・ »