« 天狗(てんぐ)の仕業(しわざ)? | トップページ | キックが・・ »

フッフッ富士壺がァ・・

3886

勝手に撮った近くのヨットだが、喫水線の回りには富士壺が
ビッシリ!

富士壺を含む貝類は 海水温が上がる五月頃から
成長し始め、海水温が下がる十一月頃にやっと成長が止まる。

成長が止まっても 付いてしまった富士壺は落ちゃしない。
二重三重、四重に付きもしないが自発的に落ちることはなく、
付いたら落とさない限り付きっぱなしだ。
当然 プロペラも同じような状態のはずで・・

おそらく、このままに放っといても これ以上は付かない。

これ以上は付かないから オーナーがこれで我慢できるんなら
上架船底掃除をしなくてもヨットには乗れる。

ただし、普通のヨットが五ノットで動くんなら このヨットの
速度は、おそらく二ノット またはそれ以下になるんで
五マイル先の島に行くのに一時間かかっていたんなら
二時間半 かかることになる。

ヨットの楽しみの原点は ”遅さ” だから、
このヨットの持ち主はその楽しみを十分に満喫でき、
スピードボートに追い越され、普通のヨットに追い越され、
小イワシの群れに追い越されながら クラゲと張り合う。

もしも もしもだが、これがサザエやアワビだったら
ヨットの楽しみが増すし、船底掃除なんかするアホは
いなくなって、塗料メーカーは廃業に追い込まれる。

なんて環境になれば ワタシも上架船底掃除なんか
せずに アワビの収穫に努めるが、富士壺じゃ
食用にはならんし・・  down  down
            ブログランキング ヨット

    yacht           beer           wine         yacht

|

« 天狗(てんぐ)の仕業(しわざ)? | トップページ | キックが・・ »

トラブル」カテゴリの記事

船底掃除」カテゴリの記事

コメント

実は、船底塗装後1ヶ月たったら、ラダーの上、船底との隙間1cmのところに小さいフジツボがついていました。フジツボの生命力にはおどろかされますね。塗装塗られていなかったのでしょうか。また潜って確認せねば。また1ヶ月立ちましたから。

投稿: 俊介 | 2010年9月 3日 (金) 22時23分

俊介さん

ソコが一番塗りにくい場所なんで塗ってなかったんでしょう・・が 一番掃除しやすい場所でもあるんで この週末にはスクレッパーが役立ちます。
ワタシも明日は海水浴兼船底掃除です(笑)
          ( ^ω^ )

投稿: まさゆき | 2010年9月 3日 (金) 23時16分

今年はたいそうフジツボが育ってますよ。
プロペラ回りの惨状が恐くてまだ潜ってないのですが、
あと数カ月は上架しないつもりなので、
ちょっと掻き落としてみましょうか。

投稿: マハロパパ | 2010年9月 4日 (土) 06時57分

フジツボの海水の中での接着力、吸着力を

研究している人が居ましたね。

海中での接着剤に使うとか言ってた。

投稿: サムシング田中 | 2010年9月 4日 (土) 10時25分

今年の上架はもう少し先の予定で、、
上架する予定のハーバーまで
距離があるため上架整備クルーズ
直前に海水浴が待っています。(^_^;)

ポチッとな。

投稿: セニョール | 2010年9月 4日 (土) 21時49分

マハロパパさん

暖かい環境で富士壺は大喜びのようで、ゼヒ海水浴を兼ねての船底掃除をお勧めします。

デッキにいるよりも格段に涼しい(笑)
           (o^-^o)

投稿: まさゆき | 2010年9月 4日 (土) 22時09分

サムシング田中さん

指先ほどの大きさの富士壺でも手で取ろうと思ったら怪我をするくらいの吸着力!

ただ その使い道は想像できませんが(笑)
           ( ^ω^ )

投稿: まさゆき | 2010年9月 4日 (土) 22時13分

セニョールさん

ワタシも来月の上架まで、海水浴兼船底掃除が続きます。

この気温なら彼岸までは余裕で泳げそうですが 良いことなのか悪いことなのか・・難しいところデス(笑)
    coldsweats01

投稿: まさゆき | 2010年9月 4日 (土) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/49270359

この記事へのトラックバック一覧です: フッフッ富士壺がァ・・:

« 天狗(てんぐ)の仕業(しわざ)? | トップページ | キックが・・ »