« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

デッキでの昼食

3847 一杯のかけそばを

3846一人で

去年の年末から増え始めた体重は、海水浴のおかげで
チョット落ち着いているが まだまだ安心はできない。
医者の話だと
”別に太ってる訳じゃないですヨ” だが、
もう少しウエストを縮めないと去年までのズボンを穿くのに
フゥゥーっと息を吐いて お腹周りをホールドしてないと
ボタンを留めにくい。

せめて現状を維持するべく、ヨットでの昼ご飯は
一杯のかけそば だ。

朝 家を出る前に茹でてビニール袋に入れて
冷蔵庫で冷やしておき、出汁も若干薄めてワサビと共に
ドリンクの瓶に入れて冷やしておく。
これに加えてオニギリなんか付けちゃいけない。

で 出かける時に保冷材と一緒に 昨日の特製飲料、
プッハァー用のFREE、念のために本物のプッハァー、
多分飲まないが缶コーヒー、おやつの柿ピー、etc.

節制と言えるかどうか分からないが 体重は少~しづつ
減りつつあり、このペースをもう少し続けると
ズボンを穿くときに深く息を吐かなくてもすむし
ベルトの上の鏡餅も少しは小さくなる・・
・・と期待している。

ただし 意志は弱いんで、ナニカの都合で
天ぷら定食かとんかつ定食を勧められたら
断る勇気はなく、 ”大盛で!!”  と叫ぶかも
知れません・・・ down   down 
         ブログランキング ヨット

    yacht         noodle      riceball       beer        yacht

| | コメント (6) | トラックバック (0)

花の名前も分かんなくて・・

3856

3857

入所者B子さんの娘さんのA子さんは 仕事が一段落した
んだそうで、この二ヶ月ほど毎日面会に訪れる。

同じフロアの隣のユニットなんで 当然毎日顔を会わせるが
最近 少し落ち込み気味だ。
其々に事情を抱えているから 普段は互いの事情の
詮索はしないが、A子さんから話があった。

”しっかりした母親だったんですがネェ、
  最近はワタシの名前も 庭に咲いてる花の
   名前も忘れたようなんで、情けなくって
    来るのがイヤに・・オタクは?”

”ウチも似たようなもんですが、もう慣れました”
”慣れるもんですか?”
”ほかにナニか方法が?”

会話がなりたたないから会っても仕方ない・・ってことは
ありません。
青年期を過ぎて熟年期、老年期を越えてまた
幼少期に戻りつつあるご老人との会話に返事を求め、
その返事が返らないから 訪問しても甲斐がない・・
・・と 思っていたら 老人ホームは姥捨て山になる。

花の名前が分からなくてもなんの支障もないし、
子や孫の名前が分からなくてもなんの支障もない。

名を忘れられた花や子や孫は楽しくはないだろうが
忘れた本人は覚えなきゃならんことが減って気が楽になり、
それまで悩まされた寂寥感から開放されるってもんデス。

いつまでも元気でいて欲しいと願うのは人の常(つね)だが、
いつかは滅びるのも 世の常で、
思い通りになってくれないのは日常茶飯事・・・
・・でしょうか?・・・  down  down 
           ブログランキング 認知症

    wheelchair    eyeglass
30年前に93歳で亡くなった祖父は 朝食の後
”ちょっと寝る” と寝室に行き、10分後には大きないびきを
かき始めた。 こりゃぁおかしいと医者を呼んだが 
来た時にはすでに意識は無く、一時間後には
こと切れた。
こんなお参りは中々出来ゃしません。

    ヨットのページはこちらから・・ ブログランキング ヨット
                          yacht    yacht
           

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山間(あい)の温泉旅館で・・

3585

もうひとつ昨日の続きだ。

中国山地の中ほどには山肌に沿うように多くの
風情のある温泉地が点在する。

多数の観光客で賑わうような温泉地じゃないが、
その分静かなんで家族連れや出張仕事の人たちには
隠れた人気の温泉地だ。

その中のひとつの温泉地の一軒は
数年前に建て替えたばかりで 歴史はあるが
まだ真新しい旅館で、人気が高い・・あの部屋以外は・・

出張で訪れた友人も評判を聞いて その旅館を予約した。
ナンデか格安の料金だったそうだ。

で 温泉に浸かり、食堂で川魚と山菜の料理をいただき、
頭に手ぬぐいを巻いて鼻歌交じりで部屋に戻ると・・
・・薄暗い部屋の床の間で ナニカが動いていたんだそうだ。

”ん?” と 目をこらして見ると ヘルメットをかぶった
作業員らしいオジサンが 上半身を床の間から出して
両手を突っ張りながら

”出られんナァ・・出られんナァ” と つぶやいていた・
・そうだ。

”オジサン! 出られんのなら引っ張ろうか!”
と 友人が問いかけると フッと姿が消えた・・そうだ。

あわててフロントに駆け込み、事情を説明すると

”アァ やっぱり・・ジツは建て替えるときに土砂くずれが
  あってネェ・・かわいそうに・・”

”湖を見下ろす部屋から 国道沿いの部屋に替えてもらって
  ビールを二本サービスしてもらっったんじゃが
   ウ~ン まだオジサンの顔が浮かぶんじゃァ” 
だそうだ。

どうだ! 夏らしい話だろう・・down   down
                 ブログランキング ヨット

     yacht          spa         spa         yacht

| | コメント (4) | トラックバック (0)

輸入車ショー in 近くのスーパー

3864 シトロエンやプジョー

3865 ミニやベンツ

危機感に乏しい役人が 信憑性に乏しい資料を基に
ひねり出した統計によると日本経済は底を打ち、
徐々に景気は持ち直す・・ウン? 信用できん!

スーパーにしては珍しく 介護用品コーナーがある
このスーパーに立ち寄ると 輸入車の展示発表と
即売会をやっていた。

土曜日の午後四時過ぎ・・ワンサと人が詰め掛けてると
思ったが 予想に反して来場者よりも係員の方が多く、
会場全体は閑散としている。
確か 去年もこんな記事を書いたような気がするから
毎年の行事なのかも知れないが、前回感じたよりも
来客は少ない。

世代によってモノの価値観とモノの購入意欲は異なるが、
ワタシ達の世代は ”モノは大事に最後まで使う” と
周りから教わったから、目新しいモノを見ても
今のモノがまだ使えるんなら買い換えたりはしないし、
買い換えたいと思っている下の世代は買い換える余裕もない。

どんどん造って どんどん消費する・・して欲しい・・のは
メーカーと徴税者の思いではあろうが 先行きを考えると
そう言う訳にゃいかない。

なんでそれが分かんないのか、
アタシにゃそれが分からない・・・down  down
                  ブログランキング ヨット

    yacht         sign02            sign02       yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛ッ痛ッ

3858 裸足でトゥーレールを

3859 蹴ってしまった

暑さを凌(しの)ぐ術(すべ)ってのは色々あるが
時間と費用を深く洞察すると 結局近くで海水浴・・
・・に 落ち着く・・庶民なら・・

ヨットでの海水浴は 普通はトランサムから海に入って
トランサムから上がる。 当然 裸足だ。

ヨットのデッキは色んなモノが付いてるんで
裸足で歩いちゃいけない・・のは知ってたんです。

それも痛いほど知ってたんだが、やっちゃいました。

トランサムから上がってパルピットを乗り越え、
一歩踏み出したときにクリートを蹴ってしまった。

本来ならトランサムにシューズを並べておけば
問題ないが、誰もいないヨットのトランサムに
シューズが並んでいるのは、それを見かけた人が
ナニカ要らん心配をしちゃいけない・・の 気配りが
怪我の元だった。

次回からはトランサムにシューズを並べて海に
入るようにしよう。
こんな事情なんで、無人のヨットの船尾に
シューズが並んでるからって 心配しないで頂きたい。

ヨットと怪我はつきものだ。
ブームで頭を打った人は数知れず、クリートを蹴飛ばす人、
シートでメガネを飛ばす人、コンパニオンウエイから
キャビンに転がり落ちた人・・

・ご用心! ご用心!・・down   down
              ブログランキング ヨット

     yacht        crying          wobbly        yacht

| | コメント (6) | トラックバック (0)

穿(は)いてられっか!

3854

梅雨明けの翌日から夏日(気温です)になって
七月の下旬からは猛暑日・・日中の気温が35度を超える・・
・・が続き、それでも我慢に我慢を重ねて
防暑対策をしてきたが とうとう最後の一枚を脱ぐ決心をした。

最後の一枚ったって その 風呂に入るときの最後の一枚じゃ
なくって、通常の生活での最後の一枚で、
それがソックスだ。 

体を覆う布ッ切れを減らして風通しを良くすれば
少しは涼しくなるんじゃないかとの 単純な発想ですが、
長年 大事に大事に覆われていた足の甲は
予想以上に日焼けに弱く、三日目で赤くなり、
少々ヒリヒリする。

ヒリヒリとはするが ソックスを穿いてる時よりも
チョット涼しい・・から 当分はこれで行きます。

物知り顔でUVの被害を語りながら
日焼け止めクリームを塗ったのは
結局六月までで、以降はなし崩しに塗らなくなって
七月からは焼けるがままだし、沖に出たらシャツまで
脱ぐようになった。

だから最近はシャツの跡も消えてしまったし、
ソックスの跡も消えつつある。

唯一パンツの跡は残るが、この暑さを考えると
これだっていつまで残ることやら・・down  down
                   ブログランキング ヨット

      yacht          shadow         shadow         yacht

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんなんだろう?

フレーズランキング

このブログの左下にフレーズランキングのコーナーがあって
これが先日の検索結果上位十項目だ。

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/by-7a92.html

”亀甲縛り” で検索すると  ↑ の記事にヒットするようだ。

検索する方々も徐々に言葉が先鋭化して、
”Hなロープの結び方” なんかでは満足できなかったのか
直裁に ”亀甲縛り” で検索をし始めた・・んだと思われる。

だから ”亀甲縛り” と ”亀甲 縛り”・・スペースが
あるとないとの二つで検索が入っていた。

試しにそれぞれのフレーズをクリックしてみると・・
・・イヤァ 面白そうなページが出てきます。
ワクワクハラハラドキドキ・・です。

亀甲縛りを代表とするナニ系のロープワークと
ヨットで使うロープワークには 使用目的以外には
大きな差はなく、
”解けちゃならないが解けにゃならない” から
其々の世界のエキスパートには独特のノウハウが
ある・・んじゃないかと思われる。

あやしげな結び方でフェンダーを落としたS君!
フェンダーラインは下のライフラインを一回回して
上のライフラインにクラブヒッチで止めるもんで、
よほどの事情がない限り他の方法で止めちゃいけない。

亀甲縛りってのは きつく縛っているように見せて
縛られてる側は それほど痛くはない・・が・・
それでも苦悶の表情を見せなきゃ・・が・・
演技・・でしょうか?・・詳しくは上記フレーズをクリックして
研究してください・・down   down
          ブログランキング ヨット

    yacht         sign05          sign05        yacht

| | コメント (9) | トラックバック (0)

マルゲリータ・・近くのヨット

3842 ヨットが近づく

3843 近所のY31Sだ

アンカリングしていたらヨットが近づいて来た。
近くの海の駅・・シーアンカーに係留している
Y31Sのマルゲリータだ。

近づいてきてバウから声がかかる

”オ~イ! 魚釣りかいなぁ?”
”イ~ヤ これから潜ってプロペラ掃除ジャァ”
”ほいじゃぁ 上がったらこれでも飲んでやァ”

と ビールをくれた・・イイ人だ!

”ところで 次のレースは何時あるんかなァ?”

次のレースは ↓ の通りです。

http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/kanko/event/autumn/i_yacht.html

この後 メインセールカバーを解いてセールアップして
ポートタックで南に帆走り去ったが、
用心深いのか慎重なのかフェンダーは垂らしたままだ。

稼働率が高く、人数もある程度は揃ってるようなので
お立ち台に登る日も近いと思われる。
九月になったら潜って船底掃除だ。

前日の船底掃除は疲れてモチベーションが
下がるから、一週間前が望ましい。

目指せ!お立ち台!・・down down
            ブログランキング ヨット

    yacht         yacht          yacht        yacht

| | コメント (4) | トラックバック (0)

汗を流しに・・

3844 海パンとシャツとキャップ

3845 プッハァ~ッ!

家人とは毎日顔を会わせるし、週に二回はご先祖様の
仏壇に線香を供えるし、今年は親戚も用事で集まらない。
お盆にしか会えない友人ってのはいないし、猛暑の中の
墓参りは気がすすまない・・つまり しなきゃならんことがない
から・・ヒマなんです。

ヒマな時には海に行く・・のが経済的・・健康的とは
言えませんが・・

で 今日も船底掃除 兼 海水浴だ・・一人だが・・

海水浴場とちがって、アチコチにある島の アチコチにある
浜辺には人なんかいやしません。  だから海パンなんかは
なくても良いようなもんだが タコに吸い付かれても困るし、
ボラになめられても困るんで 一応海パンと海シャツを
着けてドボン!

一時間ほど泳ぐと汗は流れて 体も程よく冷える。
コクピットに上がって、裸になってペットボトルの
清水を頭からかぶって潮を落とし、
良~く冷えたFREEでプッハァ~!

この間、近くに船が見えたら半パンを穿くが
近くに人影がなかったら○ッポンポンです。
日焼けが?・・大丈夫!
前もってコクピットに日陰を作っている。

今年は例年になく よく泳いだので、今のところ
船底はピカピカで、体重はなんとか維持、
問題は
”連日だと海パンを乾かす暇がない!”・・by カミさん
だそうです・・・  down   down
         ブログランキング ヨット

   yacht         beer          dash       yacht

| | コメント (6) | トラックバック (0)

バッテリー交換

3839
注文していたマリン用ディープサイクルバッテリー
が到着したので 炎天下での交換だ。

20数キロの重いバッテリーをヨットに持ち込んで、
風通しの悪いクォーターバースに潜り込んでの作業は
汗を流すには絶好のコンディションで、
配線を外して 古いバッテリーをコクピットに運び出し、
コクピットに置いた新しいバッテリーを
クオーターバースに持ち込んで配線をつなぐ間には
頭から胸板、腹から足の先まで汗でびっしょりと濡れる。

3840

で 配線を終えて試運転。
今まで始動に二秒ほどかかっていた時間が
新品のバッテリーだと0.5秒!・・イッパ~ツッです。

作業を終えてからため息とともに思うんだが、
次回 もしバッテリーが上がるんなら冬場、もしくは
10月から3月・・までにして欲しい。

もしも このバッテリーが8年保って○○歳になった時の
体力を考えると 夏場のこの作業は自殺行為だ。

通常 ヨットで持つもので重いものの代表は錨だが、
それでも大きい方で10キロ、普段使うのは7キロだから、
20数キロのバッテリーは重い。
腰が・腰が・と思っていると足元が危ういし、
足元に気遣うと腰が危うい。

バッテリー交換の皆さん!ご注意を!・・down down
                      ブログランキング ヨット

     yacht      bomb             bomb      yacht

| | コメント (2) | トラックバック (0)

残暑お見舞い申し上げます・・

3837  イヤァ! 毎日が

3838  暑くて 暑くて!

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-4270.html

と ↑のヨットのオーナーは思った または実感したのか
あれ以降作業が進まない。

そりゃそうだ!

こんな猛暑日が続く時にサンディングなんかしてたんじゃぁ
体に悪い なんてもんじゃなくて、見ているワタシ達でも
めまいがする・・しないが・・。

本人が作業中なら 体に悪いからやめるように
忠告しようと思って 二日に一度は現場に出向くが
周りの忠告を察知してか ここしばらく本人の姿が見えない。

”暑い中での作業はおやめなされ!” と進言するつもり
なんだが 本人がいないと
”ナ~ニ やってんだァ?” などと身勝手な思いが
頭をよぎる。

周りの人間・・野次馬ってことですが・・にとって
”アァ 苦労してるんだろうナァ” の思いは
痛いほど分かるが、ナニシロ連日のこの暑さだから
本人も心身ともに疲れてるんだろう。

立秋が過ぎたので 残暑お見舞い になるが、
本当はまだまだ ”暑中” なんで、
夏バテが出るのはこれからです。

海に出る時には日陰を作り、ビール以外のドリンクを
クーラーに詰め、スピンアップなんかせずにチンタラ帆走って
体力を使わない。

それが”暑中”のセーリングです・・down down
                  ブログランキング ヨット

   yacht        shadow       annoy      sun         yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリーが・・

3834 備え付けのバッテリー

3835 一個だけだが・・

去年までは船内備え付けのバッテリーは
二個だった。
が 三方向スイッチ・・➀と➁とbothとoff
のスイッチのことだが・・を使ってると話すと、
友人が言うには

”各々の間にナントカ(名は忘れたが・)を入れてないと
 結局独立した電源にはならない”  と忠告を受け
丁度その頃に一個のバッテリーの電圧が落ちていたんで
一個を降ろして、一個だけで船内電源をまかなっていた。

元々が同時期に積んだバッテリーだったんで、
一個が駄目になると もう一個も駄目になる・・
・・と 思いながら使っていたら日曜日になって
とうとう逝ってしまった。

弁当とドリンクと諸々を持ってヨットに出かけ、
メインスイッチを入れて キーを捻るが、カチッと
セルモーターが噛み合う音がしたっきりで回らない。

電圧計を見ると4ボルト! 叩いてみても5ボルト!
3/4入っているはずのFOレベルゲージは1/10ほどを
指しているし、ラジオからは音も出ない。

02年の10月に積んだバッテリーだから ほぼ8年、
そろそろ駄目になるのは承知していたが、
ナンモ天気の良い日曜日に逝かなくてもイイんじゃないかと・・
・・思った訳ですヨ。

で 今回はACdeiko Voyager マリンバッテリーを一個!注文した。

明日か明後日には届くそうだが どうせ今週は台風の
影響で出港する訳にゃ行かないだろうし、重いバッテリーを
抱えての作業は
考えただけでも気が滅入る。

土曜日に持ってって取り付けたら そのまま
海に出て海水浴でも・・と 思ってます・・down down
                     ブログランキング ヨット

      yacht       shock           sleepy       yacht

| | コメント (8) | トラックバック (0)

夏祭り・・in 老人ホーム

3831 夜店を出し

七日土曜日の夕方に始まった老人ホームの
夏祭りだ。

スタッフと家族会で切り盛りする夜店は
焼き鳥・から揚げ・たこ焼き・ジュースにかき氷・
水風船にフリーマーケット・etc

民謡あり カラオケあり、盆踊りあり、フラダンスあり、
邪気を祓う鬼まで出没する。

3833 最終の花火

で 午後八時に最終の打ち上げ花火だ。

若い(若くないのも含むが)スタッフの企画運営能力は
R90の入所者やR60の家族なんかとは比べ物にならず、
皆さんに楽しんでもらうべく、周りの人間に丁寧に
挨拶をしながらも 率先しておバァサンの耳元で歌い
おジィサンの手を引いて踊り・・笑顔を引き出すように
八面六臂の大活躍だ。

寂しいことに、去年よりも来客数が減った。
皆さん 色んな事情がおありだろうから
責めるわけにはいかないが、ご家族が揃ってこそ
初めて楽しさは増す。

地域ボランティアの皆さん、スタッフの若者、
手伝っていただいた家族会の皆さん、
ありがとう御座いました。

今から来年を語ると鬼が笑うし、バァサンはひっくり返るが
もし、来年があったら・・ヨロシク・・down down
                  ブログランキング 認知症

  shine   annoy   shine
  
ヨットのページはこちらから・・down    down
                 ブログランキング ヨット

          yacht       yacht       yacht

| | コメント (6) | トラックバック (0)

業界紙(誌)・・老人ホーム編

182  ヨット乗りが

”舵”誌を読んで業界のトレンドを
知るように、介護施設のスタッフは
写真のような業界紙を読んで介護のトレンドを
勉強する。

身体介助は肉体労働で その方法を
間違うと自身の体を痛める恐れがあるから
介護側に負担がかからないような やり方を
図入りで説明しているページもあるし、
認知症のご老人を相手にした会話のしかた・・
・・なんて特集の記事もある。

介護現場のスタッフの男女比率は1対2で女性が多く 
寝返りを打たせ、起こし、車椅子へ移動させるのは
見ていても重労働で、現実には腰を痛めて
コルセットを着けているスタッフは多い。

一日中 狭い範囲で暮らすご老人を退屈させぬような
遊びを考え、ご老人のためにスタッフ本人が知らぬ昭和の歌を覚え、
”アタシャ歩けるヨ!” とヨタヨタ歩くご老人の後ろを付いて歩く。

介護保険の改定では 厚生労働省の計算ほどの
給与のアップは難しく、慢性の手不足が続く。

明日は恒例の夏祭りだ。
今のところ半数以上のご家族が来られる予定で、
久しぶりにロビーも駐車場も来客で賑わう(予定だ)が
中には訪問客のない入所者もおられる。

団塊の世代が過ぎるとご老人の数は激減するから
これからの新規の投資は難しく、業界の未来も
見えて来ない・・が・・明日は我が身だ・・down   down
                       ブログランキング 認知症


  ヨットのページはこちらから・・down  down
                  ブログランキング ヨット

       wheelchair         rain            bomb 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

follow me・・着いておいで

3820 船首部喫水線

3822 この大きさ

先日 友人のヨットが島の漁港に入った・・
・・干潮だったそうだ。

防波堤を抜けて入港すると左奥には
充分に空いたスペースがあって そこに向かって
行ってると後ろから大き目の漁船・・本人談・・が
追い着いて並んだ。

”あっこの岸壁に着けてもエエじゃろかァ?”
”オォ ええよええよ! 着いておいでェ”

で 百メートルほど着いて行く途中で ゴンッ! と
ヨットが止まった・・ロックです。

本人も慌てたが 漁船の船頭も首をかしげた・・そうだ。

”おっかしぃなァ ここは干底(ひぞこ・・干潮時の水深)でも
  150センチはあるんじゃがなァ”
”船頭さん ワシのヨットは喫水が180センチじゃァ”

フィンキールのヨットは見た目よりも喫水が深く、
ついて来る32フィートのヨットの喫水が
50フィートの漁船より深いとは思わなかったらしい。

知らぬ海域で案内を頼むのなら 写真くらいの大きさの
船に頼まないと安心できない。
ちなみに、ゴンッと止まったところは旧港の防波堤を
撤去した跡で、出入りする漁船でロックした船はいない・・
・・んだそうだ・・・  down  down
          ブログランキング ヨット

    yacht           dash         dash         yacht

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »