« 竜宮城 in 瀬戸内海 | トップページ | Diさん llbさん »

舫(もやい)の擦れとめ

3536

ウチのヨットで使っている訪問先で使用する
舫(もやい)・・係船索・・です。

色合いと艶のなさを思うと 稲藁で編んだ縄に似ているが
決して縄ではありません。

このロープの素材はポリエチレンが9割、1割がビニロンで
破断強度はポリエチレン並みだが手触りはビニロン系・・
・・クレモナロープに近く、比重は0,95.
・・・と 袋の裏に書いてあった。

なんで見た目の良くないロープを舫に使ってるかと言えば、
第一に水に浮くこと 第二に安いことだが、
安いのは結果論で、ある程度の強度があって 且つ
浮くロープを探したらこれに行き着いただけだ。

アンカーロープにはアンカーロープの条件が、
そして舫には舫の条件がある。

① ある程度の強度がある
② 若干の伸縮がある
③ 水よりも軽い・・つまり浮くこと

上記 三条件が満たされないロープはほかの用途に使えても
舫い用には向かない・・・と ワタシは思っているが
どうも他人はそうは思わないようで、多くのヨットは
ポリエステルのロープ・・元シート、ハリヤードetc・・や
クレモナロープ・・アンカーラインと兼用・・を使っている。

もう少し軽いナイロンロープもあまり見ないし、
浮くポリエチレンのロープに至ってはほとんど姿を見ない。

買ったら結果的に安いロープだったんだが それでも
擦り切れないように 長期間使うためにクリートに
当たる部分は細紐を巻きつける。

舫・・係船索が沈まなきゃいかん理由はひとつもないが
ほとんどのヨットが沈むロープを使っている。
ナンデダロー と考えると夜も寝られなくなるから
考えないが、浮くロープの方が安くて便利ですヨ。

兼用にもほどがある! と 先日漁港で隣に着けたヨットから
”お願いしますゥ” と 長くて重い16ミリのクレモナロープを
投げられたワタシは思ってます。 詳細は後日・・ down         down
                                                                ブログランキング ヨット

         yacht                   dash                      dash                    yacht

明日は遠方からのゲストが来られるが、
出港がチョイト遅いので 白石島へでも行こうと
思ってます・・晴れれば良いですが・・   

|

« 竜宮城 in 瀬戸内海 | トップページ | Diさん llbさん »

ヨット ⑥」カテゴリの記事

舶用品 ②」カテゴリの記事

コメント

自艇にも前のオーナーさんが使用されていた寄港先でのもやいロープに水に浮く軽いものがあります。
以前、桟橋でもやいをとってくださる方に投げましたら、風で戻ってきて、海に落ちたことがあります。幸い、浮いてくれてよかったのですが。
重石でもつけたほうが投げ安いのでしょうが、今度は沈む心配が...。
グルグル頭が回ります(笑)。

投稿: 俊介 | 2010年4月 2日 (金) 22時18分

小網代では完全に海上繋留なので
浮いては困るンです。

繋留索同士をブリッジで繋ぎ、
途中の一箇所だけをボンテンで
浮かせています。

引き上げるのが大変ですが、、(^_^;)

ポチッと。

投稿: セニョール | 2010年4月 2日 (金) 22時46分

俊介さん

本船では細いロープの先に砂袋をつけて投げますが・・もしそれが飛んできたら・・ワタシは逃げます(笑)
       (o^-^o)

投稿: まさゆき | 2010年4月 2日 (金) 23時06分

セニョールさん

使い道によって 浮いたり沈んだり色んなロープが必要なんでコクピット下の物入れはロープだらけ(泣)、こりゃぁゴミだろう! ってのを最近発見しましたが一応とって置きます(笑)
       (*^-^)

投稿: まさゆき | 2010年4月 2日 (金) 23時14分

ハーバーの係留ではクッション性が優れた黒ロープ+ラインマスターを
使っていますが、ドッグアウトする時にはポンツーンへ残して行きます。

クルージング先では、別なナイロン製のクロスロープを使っています。
http://www.f4.dion.ne.jp/~noda.sk/cross_rope.htm

これは沈むけど、今のところ困った事はない。
多分、ペラにからまる事を想定しているのだと思うけど、賢明ですね。


投稿: サムシング田中 | 2010年4月 3日 (土) 11時03分

漁港に槍付けしてる知人の漁船は岸壁とブイそれぞれに、浮くロープ、沈むロープを使い分けてました
使分け方法は覚えてませんが・・・
何故か漁船は黒いロープ
黒が一番丈夫なのだそうです

私は浮き桟橋横付けですが、伸びが良いナイロンの3打や8打を使ってるので、沈む派です

漁港でも同じナイロンの8打を使ってますが、一度クルーが誤って外したため、海中へ落としてしまった(泣)
こんなとき浮くロープだったら回収できますね

投稿: オリオン兵藤 | 2010年4月 3日 (土) 11時14分

サムシング田中さん

以前 ラインをプロペラに絡めそうになって肝を冷やしました。 それが今もトラウマになってよみがえるんで、舫は浮かせる・・と決めてます。
        (*^-^)

投稿: まさゆき | 2010年4月 3日 (土) 22時10分

オリオン兵藤さん

瀬戸内海の漁船は”行って来い”のライン取りが多く ブイから手前は浮くロープを使ってます。 黒はポリエチレン本来の色で紫外線劣化に強い・・と業者に聞いてます。
   (o^-^o)

投稿: まさゆき | 2010年4月 3日 (土) 22時16分

沈むロープはそのまま海底に沈座してその場から動かないので心配ありませんが、浮力を持つロープは水面付近にとどまって平面的に広がるのでかえって危険では?
海水を含めば水面からわずかに潜水した状態で漂うので、船が通れば船底に潜り込んでスクリューに巻き込まれますよ。

投稿: IIb | 2010年4月 4日 (日) 01時20分

llbさん

コメントありがとうございます。
海面を漂うペットボトルはプロペラにひっかることはありませんが、塊になったアマモを引っ掛けることはしばしば(泣)・・
ご用心! ご用心!
       (*^-^)

投稿: まさゆき | 2010年4月 4日 (日) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/47940539

この記事へのトラックバック一覧です: 舫(もやい)の擦れとめ:

« 竜宮城 in 瀬戸内海 | トップページ | Diさん llbさん »