« 謹賀新年 | トップページ | 善通寺・ぜんつうじ »

金毘羅(こんぴら)さん参拝

♪ 金毘羅 舟々 追い手に 帆かけて シュラしゅしゅ~ ♪

3307  ここから登り始め

の 金毘羅さんは国内随一の海上安全の守り神で
軍艦、商船、漁船、プレジャーボート etc の
関係者の参拝が絶えない。

3308 ここを通って

が 安全な航海が出来るかどうかは
ひとえに艦長、船長、船頭、スキッパー、
ならびに乗組員のワッチと判断の能力による。

3310  途中の旭社を見て

神様の念力があっても右舷から近づく船が避けてくれたり
アワヤ座礁!って時に急に海面が上昇したりは
しない。   スピンを降ろすときにスプレッダーに
引っ掻けたらご加護があっても破れるし おかしい
結び方をした錨はいくら祈っても揚がってはこない。

3311  禊(みそぎ)をして

リーフロープの通し方を誤ると念仏を唱えながら
リーフしてもフットのクリングルは抜けて そこから
破れる・・ルーズフットなら抜けないが・・。

3313 本殿へ

そうは言っても金毘羅さんは船(当然 ヨットを含む)の
守り神で、困難に出会って アレヤコレヤの人智を尽くした末に
できる手立てはお祈りだけだから 
心の平穏を保つためには参拝されるがよろしかろ

3314  今日は皆さんの海上安全を願って
           白峰神社を通り

3315_2  雪が残る奥の院まで行きました

行きたいと思いながら金毘羅参拝ができない人のために
今回は写真を増やしてみましたので、どうぞお参り下さい。

3317  天上人から見た民(たみ)のかまどです。

二礼、二拍、一礼・・です。 

本年もよろしくお願いします。

 お賽銭の代わりにコチラにワンクリックを!  down   down
                         ブログランキング ヨット

   yacht        fuji                   fuji      yacht  

|

« 謹賀新年 | トップページ | 善通寺・ぜんつうじ »

ヨット ⑥」カテゴリの記事

無題」カテゴリの記事

コメント

 やれありがたや

ポチっとな(お賽銭…)

投稿: pen | 2010年1月 2日 (土) 23時35分

あけましておめでとうございます。
金毘羅さんに、船でいけるのですね。
東京にも金毘羅さんがあるのですが、
場所は虎ノ門。都心の真ん中で、
あまりありがたみはありません。

投稿: マハロパパ | 2010年1月 3日 (日) 11時23分

penさん

海上安全、家庭円満、エ~イおまけに商売繁盛をサービスだぁ!(笑)

投稿: まさゆき | 2010年1月 3日 (日) 15時13分

マハロパパさん

あけましておめでとうございます。

”今は船での金毘羅詣ではありません” by 多度津港務所スタッフ

寒い初詣は車に限ります(泣)。
         (^-^;

投稿: まさゆき | 2010年1月 3日 (日) 15時20分

今年も安全航海で行きましょう!

私も今日、小網代で安航祈願をしてきましたよ! (*^^)v

投稿: セニョール | 2010年1月 3日 (日) 15時45分

セニョールさん

今日の初乗り予定は強風で中止。 このように慎重なんで今年こそトラブルなしの一年を過ごしたいものです。
         (*^-^)

投稿: まさゆき | 2010年1月 3日 (日) 22時12分

明けましておめでとうございます
昨年は、お世話になりました
本年も宜しくお願い致します

金毘羅さん、早速初詣させて頂きます・・・・・
・・・ご利益バッチリ、
これで今年も安心ダァ~

投稿: | 2010年1月 4日 (月) 00時19分

・・・さん

>これで今年も安心ダァ~

ハイッ これで今年も安心です(笑)
今年も宜しくお願いします。
         (o^-^o)

投稿: まさゆき | 2010年1月 4日 (月) 15時59分

・・・・です
失礼しました~
名前を入れ忘れてました(恥)

投稿: オリオン兵藤 | 2010年1月 5日 (火) 10時15分

オリオン兵藤さん

今年も宜しくお願いします。
        (^-^; 

投稿: まさゆき | 2010年1月 5日 (火) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/47152179

この記事へのトラックバック一覧です: 金毘羅(こんぴら)さん参拝:

« 謹賀新年 | トップページ | 善通寺・ぜんつうじ »