« トラブル考・・Ⅲ | トップページ | トラブル考・・売りたし »

トラブル考・・・Ⅳ

3092  3GM30C

3117   を 降ろす

この時点では まだ このエンジンが
正常に動くかどうかの自信は私を含めて
誰にもなかったし、ピカピカの新型エンジンは
すでに到着していたから もし オーバーホールで
生き返ったとしても使う気はなかった。

が ですよ。

エンジンを持ち帰ってもらった友人の言によると

”ナンの問題もなしにそのまま始動したヨ”

そしてエンジンを引き出してくれた友人は

”ドライブに問題ありだなァ”

例えは悪いが、大腿骨骨折の重傷だと
思い込んでいたが ジツはつま先の捻挫だったような
もので ビビリのワタシの過剰反応だった・・ようだ。

あまり威張れた話しじゃないが、将来必ず似たような
経験をするヨット乗りがいる。  その時の参考に
なれば と思って恥をさらしています。 down   down
                ヤレヤレ ブログランキング ヨット

  yacht          yacht           yacht         yacht

|

« トラブル考・・Ⅲ | トップページ | トラブル考・・売りたし »

トラブル」カテゴリの記事

ヨット ⑥」カテゴリの記事

舶用品 ②」カテゴリの記事

コメント

このようなことは、業者さんに修理を依頼した場合にも起こりそうなことですね

知合いのヨットも日本一周中、旅先でエンジンの不調を修理依頼したところ、不調の原因も分からないまま次々と部品を交換されブロック以外新品に近くなっても直らず、結局数百kmを往復しエンジンを母港近くで修理、時間と金を無駄に・・・(泣)

投稿: オリオン兵藤 | 2009年11月16日 (月) 21時11分

はじめまして

不躾で申し訳ないですが、エンジンを譲って頂けないでしょうか?

こちらは本当にエンジンが駄目になり困っております。

希望金額を教えていただき折り合えばの条件で構いませんので宜しくお願い致します。

投稿: ASTI | 2009年11月16日 (月) 21時22分

オリオン兵藤さん

今回のドタバタ劇はワタシの無知による早まった決断が原因だったのですが、ヨットとエンジンの専門家によって患部を治し 無事に社会復帰?できました。
エンジン屋さん曰(いわ)く ”整備してれば本体は壊りゃしないヨ” だそうです。  (゚ー゚;

投稿: まさゆき | 2009年11月16日 (月) 22時23分

ASTIさん

それはお困りでしょう。

エンジンは専門家の手のよってパイプライン清掃中です。 明日にでもこのブログで ”売りたし” を載せるつもりですので ご返事を下さい。 

投稿: まさゆき | 2009年11月16日 (月) 22時31分

やっぱりなぁ。

ドライブの問題だ…と普通は決められないですよね。

長く上架するつもりで、エンジンを修理するつもりになれば、新しいエンジンをしなかったかも。

投稿: サムシング田中 | 2009年11月17日 (火) 09時54分

サムシング田中さん

今回はタコに気を取られて急ぎすぎました・・急いては事をし損ずる・・時もあるようデス(泣)。

投稿: まさゆき | 2009年11月17日 (火) 14時17分

えぇっ。
エンジン自体は問題無かったんですね。
うーん、難しい。
異常に敏感に気づくことは、オーナーにとって重要なことだし、安全対策は一番ですもんね。
ですが、売れそうで良かったです。
まだまだきれいな3GM。

投稿: 俊介 | 2009年11月17日 (火) 21時41分

俊介さん

>えぇっ。
>エンジン自体は問題無かったんですね。

そうなんですヨ 原因が判明すると自身のアホさ加減にあきれています。 ただこれで一隻のヨットが動く と思うとチョット嬉しい・・と思わねば。
         (^-^;

投稿: まさゆき | 2009年11月17日 (火) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/46739492

この記事へのトラックバック一覧です: トラブル考・・・Ⅳ:

« トラブル考・・Ⅲ | トップページ | トラブル考・・売りたし »