« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

 走島(はしりじま)

257  広島県福山市で唯一の離島・・
・・はっきりした定義はないようだが、住人がいるが
生活基盤が小規模で交通の便があまり良くない島・・かな?

本浦、唐船、浦友 と三つの港があり
本土から一里(約四キロ)と近いが、観光客は少なく
地元のヨットも旅のヨットもあまり入港する事はない。

主な産業は漁業で、本土の漁師とちがい 釣り客を
乗せて近場で遊ぶ ナンチャッテ漁業じゃなく
”魚を捕って売る” 漁業だから漁港は活気に
満ち溢れてプレジャー関係が入港しても着岸できる
岸壁は(ほとんど)ない。  港内でウロウロしていると高速漁船が
近づいて

な~にやってんだァ じゃまなんだがよ~
と一括される。

258  左側に見えるのが
           宇治島

昭和三十年代まで住民が住んでいたが
高度経済成長の波とともに全員が離島して
現在は無人島だ。

ボランティアの手によって 年に一度
浜に漂着したゴミは片付けられ、北の浜から
南の浜に抜ける狭い路の草は刈られ
その昔、水軍が往航していた頃から使われていた
古い井戸はきれいに掃除されている。

二十年以上前に 市の動物園閉鎖に伴い
鹿と孔雀と鶏をこの島に移転した。

数世代に渡って野生化した孔雀は 今は自由に
空を飛び、波打ち際で海藻を食べているし
その横では やはり野生化した鹿が歩き回る。

無人島(住んでいた人がいなくなった島)は
増えているが、その痕跡は残り 今でも
兎が跳び回り、山羊が岩場を歩く島は多い。

奥に入ると墓があったり鳥居があったり down   down
       先人の苦労が偲ばれます→ブログランキング ヨット

      yacht      capricornus      wave

| | コメント (2) | トラックバック (0)

消防艇・・・働く船

3008  海岸線が長く
離島もあり、大きな港も含めて活動する
ここの地域の消防組合は 地方都市にしては
珍しく自前の消防艇を持っている。

前任の消防艇は総トン数20トンオーバーの
いわゆる一般船舶だったが、6年前に新造した
写真の二代目消防艇は総トン数が19トンと
プレジャーボート並の小型船舶になり、
習熟訓練さえすれば 当該免許の取得が簡単なので
職員の移動が簡単になった。

習熟訓練ってのは マァ 船の扱いに慣れることで・・
・・厳しいであろう その訓練の内容は
離着岸、旋回、直進、放水、と そんなものなんで
帆船の ”総帆開けェ!” の訓練とは趣(おもむき)がちがい
・・横で見ていると、

訓練と言えなくもなくはない事もないが?、
レジャーと言えなくもなくはない事もない?

総工費 二億円! と 決して安くはない船だが
火災だけでなく 救急出動もするし要人の送迎もする。

年に一度 同じ桟橋で一緒になる・・
乗員は特別な教育を受けてる訳じゃないが
習熟訓練の成果で スムースに着岸し離岸する。

習うよりも慣れろ!down    down
の見本のようです ブログランキング ヨット

   yacht          ship          rvcar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救命胴衣・ライフジャケット

救命胴衣は身に着けて初めて価値があり
ロッカーに入れてるだけじゃ 救命胴衣としての価値は
ゼロだ!・・が・・何もない時に救命胴衣を着けると
邪魔くさい だから着用率は低い。

着用率を上げるために
”邪魔くさくない救命胴衣があれば皆さんが着用してくれる”

の 市場調査で プシューッ と膨らむ救命胴衣の
販売が始まった・・が・・膨らまない時もあり
膨らんじゃいけない時に膨らむ事もあって
どうも100%の信頼ができない。 

021  ワタシ用のライジャケ

3025  遊びで海に入る時に使うライジャケ

救命胴衣のテストは実際にデッキから海に飛び込むのが
一番だが、膨張式の救命胴衣の場合は テスト一回につき
¥2500円が必要になるし、次のボンベが必ず膨らむ
保障はない。

流行に遅れちゃいけないから一個持ってはいるが
どうも信頼できないんで 陸では着用するがヨットでは使わない。 

実際に使ってるのは写真の救命胴衣だが両方とも
桜マークはないから、定員10名のワタシのヨットには
12個のライジャケを」積んでいる。

上がポケット付きの釣り用で
下が体にフィットしてずれにくいボードセーリング用

モシモ! の時に膨らまない 可能性がある
ライフジャケットに桜マークが入り
絶対に萎まないライフジャケットには桜マークがない・・・
・・桜マーク販売協会?は どこかでナニカを
もらってんじゃないか?     down   down
と思ってるのはワタシだけか?ブログランキング ヨット

  yacht        yacht        wave       fish  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フリッカ上架

夏の時期を終えてから上架 船底掃除を
するヨットは多く 友人のフリッカが先日上架した。

3045  友人のフリッカ

稼動日数が多いせいか 一年ぶりの上架でも
富士壷の痕跡は少ない。

3046  プロペラには少~し

上架した場所は海岸沿いの工場の空き地で・・
ナンデここへ?・・・船台がここへ置いてあるから・・です。

フリッカはフィンキールでなく、
ロングキールとかディープキールとか呼ばれるキールで、
マリーナの貸し船台は使えないし
自前の船台をマリーナに持ち込むには運搬費用を
含めたら上架するほどの費用がかかるからです。

当然 ガントリークレンじゃなく普通の一本アームの
レッカーで吊り上げるんだが、たまたま不慣れな
オペレーターだったらしい。

3048  風見の半分が・・

前後とも同じ長さのスリングベルトを使うと
ロンゴキールのヨットは傾く・・・それを調整している間に
アームが風見に触れたらしい。

”プンッ と頭の上で音がしたんじゃ んで見上げたら
 風見の半分がハラハラと落ちて来たんじゃ”・・・ オーナー証言

商品名 WINDEX は見た目よりは高価く
マストトップに登って交換する手間と恐怖を考えると

”スマン じゃぁ スマン!”
と オーナーのご機嫌はヨロシクない!

カラスやトンビにかじられ、レッカーのアームに
叩かれ、風見ってのは度々討たれる・・・
なんとか強い風見になって欲しいもんだ。down  down
慣れないオペレーターにはご注意を!ブログランキング ヨット

  yacht          punch  annoy         upwardleft

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Fast! Sailing・・速い・・ヨット

005 このマストの中には

3043 こんなヘロヘロのセイルが
          丸めて入れてあり

3042  目一杯広げても
           これくらいにしかならない

ヨットのセイルは翼であり、羽だ。

その揚力(上昇する力)は面積に比例する・・
・・訳じゃないのは 各セイルメーカーの宣伝を見れば
分かる。  特に最近のメインセイルは翼端失速しないように
ヘッドボードと言うかピークの部分まで幅を持たせ
翼の形にして揚力を稼ぐ。 
そこまでじゃなくても トップとセカンド
くらいまでがフルバテンになったセイルは普通になった。

そうは行かないのがインマストファールのメインセイルで
いくらアウトホールを引こうが、カニンガム(ないが)を
引こうが ピーク部分は写真のように鋭(するど)く尖り
面積の内ではあるがセーリングの役には立たない。

ただし 展開収納はエラク速いから・・・
表題のFast Sailng は間に Before を入れないと
”オマエのヨットは速くないじゃん” と思ってる人から
抗議が出る。

正しくは Fast! before sailing 帆走するまでが速い・・です。

速いってのは相対的な感覚で、一艇で帆走ってる時は
よほど遅くない限りは速く感じるし、近所のヨットの
稼働率は高くないんで 滅多に並走する事はない。

だからワタシの頭の中ではいつもFast sailing です。down   down 
          当然今日も Fast sailing でしたブログランキング ヨット

     yacht      yacht          dash    dash

| | コメント (2) | トラックバック (0)

太刀魚(タチウオ)

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-4083.html

   ↑ の方々の尽力のおかげで
釣れ始めた魚が分かる・・アリガタイ話しです。

今回は太刀魚を頂いた。
太刀魚は長ささの三乗に比例して値が上がり
小さな太刀魚は(普通なら)リリースするのが
釣り師のマナーだ(そうだ)から

”オ~イ 太刀魚じゃぁ!”

と 頂いた太刀魚は大きく LOAは一メートルを超え
身の幅12センチ!
これくらいだと刺身になる・・・本来なら魚をさばくのはワタシの
役目だが 今日は時間がない。

”包丁を研いでくれたらアタシがさばく!”

ワタシがさばくと作業の割りに能書きが多いもんで
カミさんがさばく気になったらしく、手持ちの
ペティナイフと出刃包丁を差し出したから
念入りに研いでおいた。

3035  で 帰ったらちゃんと皮をはいだ刺身と

3033  煮付けが
           できていた。

この調子だと、包丁だけ研いでれば
釣りもせず 料理もしないで魚が食えると思ったんだが

”今日は特別ヨ ”  だそうだ。

問題はタコをくれる人がいないことだ・・・
一流の釣り師はタコは釣らぬらしいし
定置網の水産会社ではタコの扱いはないそうだ。

仕方がないからタコは自前か?   down   down
皆さんの釣りはいかがでしょうか?ブログランキング ヨット

   yacht       fish   fish       beer  beer

続きを読む "太刀魚(タチウオ)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

艀(はしけ)解体

3030  艀の解体中

近所の人の話だと 15年ほど前に
ある日突然 この場所に艀が繋がれた。

その日以来、一度も動くことなく
やがて船底には穴が空いて、沈船状態になり
デッキの構造物は朽ち果て 鉄の塊りと言うよりは
錆びの塊りのようになり 暗闇に浮かぶその姿は
とても船には見えず、冬場ならともかく 夏の夜には

”ナンカが出そうなんだヨゥ” by 近所の住人

だったらしい。

みっともない・見苦しい と近所の人達は
長い間思っていたが行政はなんの措置も講じる事無く
放っていた・・が・・・やっと重い腰を上げた。

3031  コレだけの大きさのモノを
どうやって始末すんだろうと 心配?する見物人
を前に、解体業者が始めた仕事は速い!
ガスで細切れにした鉄板を、陸からの機械が
ドンドン摘み取っていく。

元の写真がないんで分かりにくいだろうが
たった三日の工事で 全体の三分の一を
ゴミから資源に変えた。  ここから先は
干潮時でないと仕事にならないからペースは
落ちるが、今まで長く辛抱してきた住人にとっては
喜ばしい事だ。

ただ 長期間放置してたもので 船内には何代にも
渡ってネズミの大家族とフナムシの団体が住み着いている
から
”家の中へ入らなきゃいいけどねェ”
と 住人の不安は消えない。

所有者はすでに亡くなっていて この工事の発注者は
県当局だ。 十年前に措置をしとけばもっと簡単に
処分できたのだが・似たような事件は全国で down   down
           あるんだろうか・・・ネェ?ブログランキング ヨット

    yacht          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五の一

3039  五の一ってのは
シルバーウィーク五日間の休日のうち
海に出た日にちのことで・・・つまり今日の事だ。

時々 小雨は降るが濡れるほどじゃなく
予報では午後になると晴れる・・らしい。

で こんな天気の中を出港だ。
この時期 午前中は決まって北東の風でルンルンで
ビームの風を受けて南東へセーリングだ。

と 途中で友人から電話が入る。

”今から 昼飯を食べに行くから早く帰るように”

で 急遽 タックを返して北西へ

3041  予報どおりに空は
段々青くなり、風は・・・落ちたんで
途中からエンジンをかけて約束の時間までに帰った。

三時間もの長いランチタイムを終えて
店から出たら また小雨が降り始めた。

今日の出港は運が良かったのか悪かったのか
チョット判断が難しい。

明日から週末にかけてはまた晴れるらしいから
次の出港は土曜日になるか?      down  down
皆さんの白銀週間はいかがでしたか?
ブログランキング ヨット

   yacht      yacht         cloud    sun

友人の友人のヨットを廃船にする事がきまったらしく
そのヨットに積んでいた1GMの嫁ぎ先を募集中だそうです。
古いが稼働時間は少ない・・そうで 興味がある人は
お問い合わせをどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セーリンググローブ

前回も書いたが・・セーリングシューズ・・
ヨットで履く靴は そろそろ秋仕様になる。

良い機会だから ヨットでロープを引く時に使う手袋
セーリンググローブも秋仕様にしよう・・
・・と 言う事でホームセンターだ。

3029  あと数年で赤いチャチャンコ
           だから グローブも赤にしてみた。

フルフィンガーじゃないか? って そうです
フルフィンガーのグローブです。
ワタシの場合 シャックルを使う事はないし
細いロープを結ぶ事もないんで ショートフィンガーの
必要はなく、外す時も指先を引けば簡単に外せるから
フルフィンガーが都合がヨロシイのです。

3026  で こんな具合

青があれば右手は青にしようと思ったが
残念ながら青はなかった。

地方にはマリンショップなんておしゃれな店は
ないから、ついつい他の店で用品を揃える事になる
ユニクロだったり しまむらだったり ホームセンター
だったりするが、そこら辺でヨット用品を調達するように
なると値段の価値観が三ランクほどダウンする。

ワタシの頭の中では、セーリンググローブは千円だし
ウォームアンダーは980円だし フリースジャケットは
1480円だ。   

ワタシはこれで満足しているが 決して皆さんに
お薦めする訳じゃぁありません。
皆さんにはパタゴニアのフリースを、デュバリーの靴を
ヘンリーロイドのカッパとグローブを
お薦めします・・ハイ!

似たような機能の商品が、ヨット用となると
徒(いたずら)に高い!のは 前回ブーツでも
書いたが・・・大丈夫か?用品メーカー!

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-17da.html

と 安いモノしか買わない私が言っても説得力がないが
こちらの皆さんはどうだ? down    down
                ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

シルバー世代のシルバーウィーク

288  シルバーウィーク(白銀週間)だ。

近くの港の小型船溜まりにはシルバー世代が
乗り組む内航船(国内航路の船)が
シルバーウィーク休暇のために停泊中で

その横をシルバー世代が操船する釣り船が
釣り場に急ぐために走り もう少し若い世代の人間が
ウエイクボードを積んで沖に走る。

289  今年の白銀週間は
                        土日月火水の五日間で、

土曜日は高気圧の張り出しでNEが強く出港を控えた。

日曜日は来客で出港を控えた。

月曜日は敬老の日の式典で
”卒寿を迎えたお母さんに代わってアナタが
 記念品を受け取りに来るように!!
 時間は12時から13時の間デス!”

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-e5be.html

Photo  記念品を頂いて

と すでに三日がつぶれた。

明日 明後日は雨! の 予報で・・・

アタシャ 雨が大嫌いなんで出港しない・・
となると白銀週間は海に出ないままに終るのか?
それとも 少々の雨なら 頑張って出港するのか?

ヨット遊びは天候と、周りの事情で大きく左右されるから
空いた日から都合の悪い日を引いたら残りの日数は
グゥーッと減る。

この事情は ここの皆さんも同じだろう  down   down
                      ブログランキング ヨット

        yacht    rain      dash      wheelchair

  カタマランのセーリングはいかがでしたか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

漁船?・・働かない船

写真の船団は姿形が漁船だし、登録ナンバー
も漁船の番号だが・・

普通 漁船は漁業に従事する・・謂(い)わば
働く船だが、ここの ↓ 漁船は働いてない。

3020  なんで働いてないと
決め付けるのか?

デッキが ↓ こんな状態だからだ

234    3019 
ナント! デッキが草原になっている!

本来なら島の漁港に係留しているはずの
つぼ網漁に使う船だが、どう言う訳か近くの港の
片隅に 三年前から係留している。

三年前からだから台風避難とは思えないし
緊急避難じゃない 修理に来たんなら時間が
かかり過ぎてるし修理の様子もない
高価な魚網は山のように積んであって
登録番号もしっかり書いてあるんで
捨てに来た訳でもない。

3021  夕日を背景に
海面を走る漁船は 唄の題材にも写真の題材にも
なるが、デッキに草原を造り その中で
アオサギの親子が住み付くような漁船は
唄や写真の材料にはなりにくいから 写真を撮る人も
見当たらない。

用を終えてナニカのために展示してあるってんなら
見物客から幾ばくかの料金を徴収してもいいが
そんな船にも見えないし・・・ウ~ン 鳥の巣用なら
        トンビも喜ぶが・・・  down  down
今年の雨でチョット傾いたし・・ブログランキング ヨット

   yacht        chick  penguin  fish

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヨットシューズ・・デッキシューズ

ヨットで履く靴は

雨の日は ↓ で
http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-17da.html

四月から十月までは ↓
http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-41b3.html
を履き

冬場には ↓
http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_c7a3.html
を履いて・・・・いた。

なんで ・・・・いた なのかと言えば

そろそろ涼しくなったんでヨット用の安全靴を
引っ張り出して掃除していたら 横からカミさんが

”その奥にある靴は何年も履いてないんだから
 始末したら?”

と これを出して来た。

3005  15年近く前に
WestMarine で買ったデッキシューズ

着脱のしやすさ、滑りにくさを考えると
安全靴は捨てがたいが、そちらを採ると
こちらは始末されそうだから 今年の冬は
前言を撤回してこちらを履くことにした。

15年前にはジャストフィットだったはずだが
楽な靴を履き続けたためか 横向きが少々窮屈に
感じるようになったんで これからクリームを塗って
革を柔らかくしなけりゃならん。

ヨットに置いとけば忘れる事はないが、一旦家に
持ち帰ると頭の中のリストから外れてしまう。
だからヨット用品はなるべくヨットに置いとくんだが
狭いキャビンはそれを許さない・・  down  down
おまけに近頃は物忘れが多くて・・・ブログランキング ヨット

    yacht       shoe       shoe

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バースト!・・10ノット10マイル

183  日頃の移動の脚は自転車で
目的地が10キロ以内なら、雨の日以外は自転車で
出かけるし 膨らみはじめたお腹のためにも
なるべくなら自転車に乗っている。

で 先日も10ノット10マイルに出かけた。

スタートしてから15分くらい経った頃、後輪が
プシューッと音をたてて凹んでしまった。
磨り減っていたタイヤがバーストして中のチューブにも
穴が開いていた。

3023  こんなになるまで
           気付かないなんて・・

3024  空気を入れる時に
           見なかったのか?

こんな状態では走行できないから当日の
10ノット10マイルは予定の4分の1で終わり

家の近くの自転車店に持ち込むべく進んだ距離を
戻る・・15分で進んだ距離は2.5マイル・・
少々早足で自転車を押しながら歩く速度が
2.5ノット、約一時間。

深めに帽子をかぶり、やや濃い目のサングラスをかけた
短パンの妙に黒いオヤジが 汗を流しながら早足で
歩く姿を見る通りすがりの人は ??と振り返るが・・

イヤー! いい運動になった。

今回のトラブルは点検をしてれば回避できた。
点検しなかったのは慣れによる怠慢だ。

ヨットでも同じような事が起こりそうなんで
出港の時にはちゃんと点検をしましょうネ down down
慣れた頃が一番危ない・・・らしい  
ブログランキング ヨット

   bicycle        bicycle       run       run

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヨットの速度

昨日の話しの続きだ。

落ちた風はいつかは吹き始める。

風が落ちる前に貨物船の向こうにヨットが見えていた。
双眼鏡で確認したところ時々出会う IさんのY-31Sだ。

全長80メートルの貨物船をはさんで
お互いが死角になり 見えなくなって二時間!

向こうも辛抱していたのか 吹き始めた風を受けて
貨物船の向こうから出て来た。

3017  やっと吹き始めた

3018  速い!

ワタシのヨットはリグも技量も含めて
速いとは言えない、Yー31Sの方が速いから
ある程度風があれば 見事に置いて行かれる。

ただ風が・・燃料デス・・がないと速さに差はないから
同じ状況なら たとえ相手がV-70でも
かっとびトリマランでも勝負できる・・ってか?

速さの勝負と言うより 遅さの勝負だが・・

ヨットの燃料は風だ!
風さえあれば・・速いヨットはより速くなるし・・
遅いヨットもそれなりに速くなる。
         おまけにタダ!だ。down  down
ボートの人にはお気の毒だが・・ブログランキング ヨット

    yacht        dash       dash

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃料(風)がない!

ディンギーなら知らず・・

ヨットの補機の燃料は・・
たまには電気なんてのもあるが 普通は
船外機ならガソリン、船内機なら軽油だ。

主機の燃料は ”風”で
地球上 どこにでも無尽蔵にある・・時はあるが
・・ない時は見渡す限り・・どこにもない。

3014  午前中はNE4メートルと
マァマァの風で 沖合い四マイルに錨泊中の写真の
貨物船まで一時間足らずで ここまで(あと一キロくらい)
近づいたが ここで風が止まった。

普通 この海域では午前中には陸からの風(陸軟風)が
吹き、午後になって海からの風(海軟風)が吹く。

3015  陸軟風から海軟風に変わるまでの
時間は色んな条件があって一定じゃぁないが・・・
今日は海軟風が吹かない・・一時間待っても吹かない
・・二時間待っても吹かない。

3016_2  たった一キロの距離を
ここまで詰めるのに二時間!

その間 何もしなかった訳じゃなく、小さな細波を
見てはタックしジャイブしシートを調整し
風がある時よりも忙しく努力したんだが・・
・・動かん時にゃ 動かんもんですヨ。

予定がない時は風があろうがなかろうが
セイルを広げる・・その結果が速くても遅くても
セーリングの楽しみには大差ない。
と 思ってますが 皆さんは?  down  down
                   
ブログランキング ヨット

   yacht        cancer      snail     snail

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海辺のトンビ

punch290
♪ トンビがクルリと輪を描いた~ ♪

と この写真を見ながら口ずさむと大体の年齢が
分かる。

海辺にはトンビが多い。

ヨットの回りに多様の生き物がいるってのは
環境が良さそうで光景としては悪くはない
が こいつ等は人間の気持ちを斟酌・・
・・気遣う事・・しない。

ところ構わずのウンッ!は鳥の習性だから見逃がすし
時にコクピットに小魚の丸干しを置いていくのも
マァ 許そう。

なんで、マストトップの風見に留まるんだ?

体の大きいトンビがプラスティックの風見に留まると
風見は曲がってしまう。  風見に留まらなくても
そこら辺に留まりやすいモノがいくらでもあるじゃないか!

ウチのヨットにはまだ被害がないが・・
・・留まられ続けるヨットの風見は 反ったり曲がったり
又は無くなったりで、風向を示す能力はなくなり
矢羽は上を向いたり下を向いたりしている。

トンビよ!  お前らは知らないだろうが・・この損害は
案外 高くつくんだヨ。
被害に会った隣のヨットは

”今度 来たらパチンコで撃ってやる!”
と息巻いているから もう近づくなヨ。

癖の悪いトンビは 帽子でもお菓子でも
ス~ッとさらって行くらしい。 どうせなら近くに
落ちてるペットボトルでもさらって行けばいいんだが・・

みっともないんであまり声高には言わないが
鳥の被害は案外多いようですヨ  down   down
    皆さんは大丈夫ですか?ブログランキング ヨット 

yacht        dash     punch     

| | コメント (6) | トラックバック (0)

タグボート・・・働く船

引き船と言うか押し船と言うか・・
マァ タグボートだ。

269  近くにある大きな製鉄所には
原料になる鉄鉱石を積んだ大型船が入港する。

270  大型船の入港出港を手助けする
タグボートの大きさは世界中ほとんど違いはない
から 手助けする船の大きさによってタグボートの
数を増減しているようだ。

写真のような大型船になると、先行するタグボートが
一隻 左右に二隻づつのタグボートが付き
岸壁の沖合いに停船した大型船を 都合五隻の
タグボートが横から押して着岸させる。

この仕事をするタグボートは
全長がおよそ30メートル、エンジンは
3000馬力から4000馬力だから 巨大船を
いとも簡単に着岸させ 離岸させる。

279  乾舷が低く、全長の割にはブリッジは高く
マストトップには放水設備を備えているから、遠くから
見ると作業船と言うよりも軍艦に似ている。

280  ゆっくりと航行していると形のイイ船だが
10ノットくらいで航行すると 起こす波の大きさは
エラク大きくなって 我々の小型船を木っ端のように
揺さぶるから あまり近づきたくない船になるし
巨大船の先導をしている時は2マイル離れていても

”ヨットの船長さ~ん! もうすぐ巨大船が通過しますから
 もう少し急いで下さ~い!”

と やかましい。

こっちにとっては向こうは邪魔だが・・向こうにとっては
こっちは邪魔なんだろうなァ。  気持ちは分かるんだが
このスピードが精一杯なんで・・スイマセン。down  down
あまり近づかない方がよろしいようで→ブログランキング ヨット

   yacht     yacht        catface      catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジン修理・・燃料フィルター編 完完 結

http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-c604.html

このように ↑ 燃料フィルターケースのOUT側を
修理?して その後 三日間で六時間ほど
エンジンで走った。

途中で何回か指を当ててみて漏れ具合を
確認するが 全然漏れてない。

3013_2  線で囲んだのが
ホームセンターで買った車用の部品。

外径が少し大きいから 見た目が良くなく
これが外注の仕事なら 料金は頂きにくいが
いわゆる DIYだから充分我慢できるし
なによりも総費用が¥200円 と安い。

隣のヨットは現在業者が修理中で そのオーナーは

”アンタは器用でええなァ” と 感心してくれるが

来ている業者の言では

”ワタシらはネ 色んな船のエンジンを診るんですが
 困るのは ご自身でアレヤコレヤ やった後に
 手に負えなくなって泣き付かれるのが 一番
 難儀するんですヨゥ”

って事なんで ウチのエンジンは手に負えなくなっても
ここの業者には頼まない。
本人を前に失礼なヤツだ!

いくら風で帆走るヨットでもエンジンは必要で
”エンジンなんていらねぇよ” と言うような
技量と環境じゃない・・のは・・down  down
こちらの人々も同じだ→ ブログランキング ヨット

    yacht       yacht        good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救命ボート・・・働く船

162  ここのオレンジ色の小船や

223  二隻の救命ボート

3001  内航船のチョットかわいい
救命ボート。

どれも働く船だが、本当は働いてほしくない船だ。

訓練や検査のために、波のない海面に
ゆっくりと降ろして 周囲を回るのは
乗組員にとってはプチクルーズになるが・・・

波の高い海面に急いで降ろし、全員を確認したら
急いで船から離れる・・・なんてのは どう考えても
楽しい訳がなく できれば経験したくはない。

普段 小型船に乗るワタシ達は救命ボートが
それほど小っちゃい船とは思ってないが
母船に乗っている船員から見ると 救命ボートは
木っ端(こっぱ)に近く、波に揺られ、風に流され
前後左右 上下斜めに翻弄され、小型船に慣れない
本船乗りはマイッテしまう。

いざとなれば働かにゃならん船だが、働いてほしくない
船でもある。

ヨットに積むライフラフトと同じで、何時でも何所でも
使えなきゃならんが 出来れば使いたくはない。
皆さんもご用心 ご用心! down   down
                ブログランキング ヨット

   yacht       ship        ship        wave

| | コメント (0) | トラックバック (0)

灯台見回り船・・働く船

282  年間100日近く この海域を
ウロウロしてるから地元の船は見慣れているが
今日は見慣れぬ船・・それもJCGの船を見た。
LS222 しまひかり と描いてある。

六管の船艇情報を見ると、灯台見回り船 しまひかり
の紹介がある。

281  灯台見回り船が しまひかり だけか
どうかは知らないが、似たような船がブイに近づき
周囲を一回りした後に 乗員がブイに乗り移って
アレヤコレヤ点検している光景は以前も見た事があって

”オォ 海保の業務は色々あるんじゃなァ”
と 思ったが、それにしても灯台見回り船の船名が
しまひかり・・とは ウーン分かりやすい。

働く船・・の名前をチャカしている訳じゃありません。
灯台やブイのおかげで ワタシ達ヨット乗りは
ナイトでも安心して航海できるんで・・
・・これからも頑張れヨ! と ここのdown  
皆さんも応援して下さいネ ブログランキング ヨット

    yacht         shine     flair        yacht

| | コメント (6) | トラックバック (0)

綱(つな)取りサンパン・・働く船

262  綱(つな)取りサンパン

住んでいる街には大きな製鐵所があり、世界の各地から
船が入る。
国内に製品を運ぶ内航船なら、自力で着岸して自力で出港
するが、もう少し大型船になると自力での着岸は無理なんで
タグボートや上の写真の綱取りサンパンの
助けを借りる。

サンパンってのは通船・・・人や物を積んで
船から船、船から陸、陸から陸、の近距離を
航行する小型船・・・の事だが、

綱取りサンパンは主に入港する大型船の係船索
・・ホーサーを岸壁のビットに運ぶ仕事をする
小型船の事だ。

タグボートに引かれて岸壁に近づいた大型船から
垂らされた100ミリほどのホーサーのエンドを受け取り
バウのクロスビットに引っ掛けて岸壁まで運ぶんだが
見ているとこれが中々忙しそうだ。

タグボートに押されて 岸壁から100メートルくらいになったら
まず 船首でバウブレストラインを受け取って岸壁の作業員に渡し
渡し終えたら すぐに船尾でスターンブレストラインを受け取って
岸壁に運ぶ。
”アァ 忙しい” と思う間なんかなく、取って返して
バウラインを運び、また返ってスターンラインを運んで
やっと フゥーッと一息。
船によってはスプリングラインをあと二本。

港内で ”働く船” としては 多分一番小さな船だが
ジツに良く動いてます。

276

http://www.youtube.com/watch?v=whHQaTYGAjg
  ↑ こんなタイプの船です。

機会があればタグボートも書いてみたいが
キャツらの立てる波は大きく、写真を撮るほど
近づけない・・・し 働く船の邪魔はしたくないし・・・
皆さんも→ブログランキング ヨット 働く船の観察をすると
面白いですヨ。

      yacht          ship   ship     yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンセットディナー in 老人ホーム

3007  今の時期はこのサンセットを背に受けて
老人ホームの夕食が始まる。

母親の場合、ミキサー食だから出る料理は
全部がスープに似ていて 前菜からデザートまで
スープづくしだ。

固形の食物は嚥下(えんげ)・・ゴックンと飲み込む事・・
できないし、サラサラした液体は誤嚥(ごえん)・・
・・胃に落ちずに気管に落ちる事・・するから
適度に粘度を加えた マァ スープのような食事を
摂るんだが それでも 思うように食事は進まない

で ブラインドを開けたらこんな夕日だったから
写真に撮ってみた。

3006  夕日だけ見ると
ワイキキビーチを一本奥に入ったホテルのレストランの
光景に似ているが、音楽やショーはなく 客は
おばぁさんばかり・・・唯一のおじぃさんは胃ろうで
寝たきり・・・で 聞こえる会話は

”あたしゃァァ 薬を飲んだかなァァ”
”こりゃぁぁ 朝ごはんかなァァ”
”おねェェェちゃん~ 脚が痛いィィ”
”薬はまだかなァァァ”

ウエイター代りのスタッフは その度に

”Aさん いま飲んだばっかりじゃ”
”Bさん こりゃ晩御飯じゃ”
”Cさん ヨイショ(と足を足掛けに戻す)”
”Aさん いま飲んだばっかりじゃがァ”

中には ごくしっかりした人もおられる
が そんな人はこんな会話には加わらず
食事を終えたらご自分で部屋にお帰りになり・・・
・・・静かに読経をされる。 down  down
母親を見る限り 悲壮感とかブログランキング 認知症
孤独感はないようなんで助かるが・・

     wheelchair        eyeglass          fuji

欠員だった部屋にニューフェイスが入居された。

オバァさんで 胃ろうの寝たきり・・だから 食堂での
会話は増えない。
家族の話を聞くと、三年ほど病院と介護施設を
転々とされたそうで

”助かりましたァ・・こんな生活があと一年続いてたら・・・”

待機児童の問題はニューファミリーには深刻な問題だが
待機老人の問題はアラ還世代にはもっと深刻な問題だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーイ 魚じゃぁ!!

と言いながら ウチに魚をくれる人が三人いる。

283  平鯵を三枚に

一人は師匠
http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-db34.html

もう一人はカミさんのお父さん
http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/oo_0e73.html

もう一人は近所に住む水産会社と取引がある会社社長で
付き合いで魚を買うが 家では調理しない人。

さて 上記のお二人は余る時間を利用してますます
釣りにのめり込み始めた・・・それに連れて釣果も増えるが
全部を家に持ち帰っても奥さんは困る。

釣れたままの魚を喜んでもらってくれる家は・・
・・ジツは少ないらしい。 で ついつい喜んでもらってくれる家に
魚が集中する から ウチでは魚を買う事はなくなった。
そればかりか これ以上魚は要らないから

”ヨットでは釣りはしないように!”
と お達しがあった。

昨日届いたのは平鯵が三匹とキスが四匹、
調理方法の指定まであるんで キスはその場で
塩焼きに、平鯵は一晩寝かせて翌日に刺身で・・

284  ここまでがワタシの仕事で
ここからはカミさんがゴシゴシ?と刺身用に
切って行く。

釣りはそれほど好きでもないし それほど上手でもないから
釣りをしないのは一向に構わないが その分
今年はセーリングの時間がやたらに多く、
そんな事情を知らない近所の人間には

”最近の釣れ具合はどうかいなァ?” と 聞かれるから
上記お二人の釣果を さも自分の事のように教えている。

要らぬお節介だが・・魚のさばき方は 段々上手になる
包丁を研いだ分だけ、指を切った分だけ・・・down  down
              家計費も浮くし・・ 
ブログランキング ヨット
              ビールは美味いし・・持つべきは
              釣りの上手な知人か?

      yacht    fish    fish      yacht

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏が終った・・ブンブン

298  水際まで車が近づけるこの浜は 
夏の間はPWC・・ブンブン丸が多く集まり
沖を往くヨットをマークの代わりにして
ブンブンブンっとやかましく 近づき 去って行く
日が続いた。

299  イエイエ 決してブンブン丸が
迷惑な訳じゃぁありませんけどネ

頭から水をかぶりながら波頭を飛び越えて行く
ガソリンエンジンの音を聞くと 危なっかしくて
ハラハラするんですヨ

乗っている人は皆さん 黒く日焼けしてたくましそうで
こんな人達がヨットに乗るとお似合いだろうなぁ と
思うが 彼等彼女等の話では
”遅くて かったるい~!” だそうだ。

スピード感ってのは相対的なもので・・
4ノットでセーリング中に下(しも)から追い越す
6ノットのヨットを見ると エラク速く感じる。

で 先日 海水浴場で彼らと話をしていたら

”パワーボートは速くってスリルがありそうじゃが
 あのスペースシャトルってのはゆっくりでつまらん!”

って オイオイ!

九月になって初めての週末には ブンブン丸は
一隻も見なかった。
ウン! 静かでイイ!           down  down
と ワタシは思ってしまうが皆さんは?ブログランキング ヨット

  yacht            dash     dash   

PWC なんて分かりにくい呼び名よりも
ブンブン丸が分かりやすい と名づけたのは
↓ こちらの人だ。 そちらでもブンブン騒ぎは
治さまりましたか?
   
http://www.dobox.jp/southwind/

  dash      dash        dash   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エンジン修理・・燃料フィルター編 完完

二つも完が重なる所が悲しいが・・

燃料フィルターケースのメスネジを
ねじ切ってしまったので、フィルターケースを
交換したのは先日 書いた。

三、四日使う間に またアウト側の取り付けボルトから
燃料が滲み出始めた。
原因はパッキンが効いてない・・事しか考えられない。

3002  で ボルトを抜いて
百均の老眼鏡をかけて・・・良く見るとボルトの
下側にキズがある。 純正のパッキンは銅製だから
レンチで締めたくらいでは このキズには
圧着しない、圧着するくらい一生懸命に締めたら
またねじ切ってしまう。

移送ポンプの圧力だけだから 銅製である必要はない
もう少し柔らかい耐油製のパッキンを捜しに
朝一でホームセンターの車用品コーナーに行くと
ピッタリサイズの耐油製のパッキンがあった。

3004  オイルパンのドレンプラグ用の
パッキンで銅ほど硬くないがゴムよりは硬い。

3003  グリスを塗って取り付けて
一時間ほどの試運転では 燃料漏れは見えない。

200円ほどで治ったか?

本来なら 純正のボルトで締めなおすのが
正しいやり方だが・・・これで治ったんなら
次に漏れ出すまではこれで行こう。

と言う訳で また中途半端な修理をしてしまった。
サービスマンが聞いたらため息をつきそうだが
ナ~ニ 素人ってのはこんなもんだ!    down  down
決して皆さんに勧めてるんじゃありません→ブログランキング ヨット

   yacht          eyeglass       rvcar        yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月齢15でほぼ満月

287  携帯電話のカメラじゃここらが限界

よーく見れば月が丸い・・・から 満月だと分かる。
満月の時は大潮(おおしお)で干満の差は
いつもよりは大きく潮流も速い。

1  またまた見にくいが

今日は友人と待ち合わせて右下の印の島へ向けて
セーリングしていたが、調度満ち潮の最潮流時で
ふっとGPSを見たら流れに押されてずいぶんと西に
コースがふくらんだ。
本人・・ワタシですが・・としては 目的の島へ向けて
真面目に帆走らせていたつもりだったが、気がつけば
間抜けなコースだ。

なんで友人がこの島を指定したか コレを見て
気付いた。  向こうは潮流に乗ってこの島へ帆走り
再び 潮流に乗って帆走って帰るつもりだったのだ。

今回は作戦に負けてしまった。

”来週もここで会おうか?”
”イヤ 来週は東に向けて帆走るつもりじゃァ”

と ベテランのヨット乗りはちゃんと来週の潮順まで
頭の中へ入っている。

月の写真は昨夜老人ホームを出た時に
撮ったもので、この月の下の家では過去に↓こんな事が
あったから いつも気にはしているが あまりジロジロと
見上げないようにしている・・・今回は車の陰から
撮らせてもらった・・・って やっぱ怪しいか?
http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_aa9d.html

明日も晴れるらしいから出港しようと思っていたが
今日帰ってエンジンを点検したらフィルターケースから
燃料が滲んでいた・・明日はまた汗まみれだ。
http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-ad6b.html
                            down down
  
   ヨットを楽しむ・・・その半分は整備だ  ブログランキング ヨット
 
   yacht        yacht            yacht
   
          

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蔵王山・・・登山

近所のヨット仲間が富士山に登った。
http://blog.livedoor.jp/kabe0628/

富士山と言えば なにしろ日本一の山で
そこへの登山は愛好者にとっては憧れに違いないし
ご来光を拝めば三年寿命が伸び、三年に一度登ってたら
寿命は尽きない。

ワタシにはそんな元気はないが・・

登頂の喜びは達成感にあるそうで・・
山頂に立って周りを見下ろす景色は気持ちが良いと
想像はできるが  要は周りが低ければ高い山も
低い山も同じ事だ。

で 蔵王山に挑戦だ。
エ!? あの蔵王山かって? イヤイヤ・・

蔵王山と言っても あの蔵王山じゃなく
市内に低くそびえる蔵王山で、標高は220メートルと
控えめの山だ。

263_2  蔵王山

265  登山口

市街地にあり 周りには山がないから
市内をほぼ全貌でき 富士登山と同じような
達成感(知らないが)を味わえる。

登山口から山頂まで 標高差で170メートル
距離で700メートル。  少々急な斜面だが
一時間もあればなんとか登れるし 町並みを見下ろす
景観は富士山にも負けない(これも知らないが・・)。

それにしても ほぼ標高0メートルの家から 標高50メートルの
登山口まで自転車で10キロ・・これを往復すると・・
こちらの方もイイ運動になる。

高い所に登りたがるのは 人間の好奇心なのか
それとも煙と同じで本能なのか? down
                  ブログランキング ヨット
ここは山岳会お薦めの山なので、近くで時間の
ある人はどうぞ!

    bicycle    run      fuji      fuji 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ゴミなんか見たくないヨ!

236  基本的に・・・
人間はきれい好きで優しい.。

きれい嫌いで?優しくない人間はやむなく
そうなっただけで、どこかに基本の片鱗は残る。

田んぼにゴミを投げ捨てる時でさえ 皆さんの目に
見苦しいモノが見えぬように、手前に落とすんじゃなくて
真ん中まで力を込めて投げ捨てる。
そのゴミを片付けるたった一人のお百姓さんよりは
そのゴミを見て不愉快になる多数の通行人の気持ちを
気遣っての好意?・・の行為だろう。

海面を漂うペットボトルを見ても捨て主の優しさが見える。

飲み終えたお茶のボトルを狭いコクピットに
いつまでも転がしていたら 慣れぬゲストが
躓(つまづ)いて 転ぶかも知れないし・・・
海面に置いとけば?・・・
なぜか知らないが?三十分も経てば見えなくなる。

見えなくなるだけで、なくなる訳じゃないが・・
見えぬモノは無いも同然だし、海には脅威の自浄作用
があり・・とテレビで言ってるし・・ペットボトルくらいは
ナンとかなる・・って どうなるんだ?

人間は基本的にきれい好きで優しいから
停泊中にあえてモノを捨てたりはしない。
ペットボトルや弁当の容器は 動き始めてから
海にレッコし 自分や大切なゲストの目には入らないように
気遣う。

259_1 海に流れる発泡スチロールの箱

おかげで 出港時には両手に余るほど大量に積み込んだ
荷物は帰港時にはすっかり少なくなり ゲストの手を
煩わす事も・・なくなる。

コレだけの優しさを持ってれば・・まだまだ人間も
捨てたモンじゃない・・ってか? down   down
                   ブログランキング ヨット

    yacht        wave    wave        yacht 

先日 寄航先の岸壁に大量のゴミを置いて帰った
億ボートがいる・・とのコメントを頂いた。
高価なボートを汚したくなかった・・のか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

在宅か施設か・・・老人ホーム編

184  友人のお母さんが脳溢血で入院された。
友人曰(いわ)く、医師からは 

” 命に別状はないようですが、下半身の麻痺は
 残るかも知れません。  認知症については現在のところ
 なんとも言えません”

と 報告を受けたらしい。

90歳になるお母さんの入院前の要介護度は2だったそうで
家におられる時から多少の介護は友人夫婦で行っていた が
退院後 それ以上に回復するとは思えないから
今のうちに特別養護老人ホームへの入所申し込みをするように
薦めたところ、旧家の跡取りで地元では名士の友人夫婦は・・

”ウチらの廻りじゃぁ そんな事をすると近所から
 笑われる。 頑張って家で診るんじゃぁ”
”食べられん 用も足せん 歩かれんオバァさんを
 24時間どうやって診るんじゃ?”
”どんな状態で退院するか分からんのに・・
 そん時に考えりゃぁ良かろう”

甘い!

待機幼児と待機老人は現在の社会問題で
困ってたら誰かが何とかしてくれる・・ような社会情勢でない・・

・・特に待機老人に関しては・・
在宅介護の困難さは最近の新聞紙上を見ると良く分かるし
要介護の老人を在宅で介護するのは
やはり・老人・に近い人になる。

老人に近い人がする介護は それを受ける老人にとって快適ではない。
快適じゃない介護を強制するのは身勝手ってもんだ。

”こうしなけりゃいかん” と思う前に、どんな方法ええじゃろか? と
いくつかの選択肢があった方がお互いに平和じゃないかと
思うんですがねェ。

ジツに例えが悪いが・・介護老人の首を云々・・・ってのは
介護する側の身勝手な発想で、決して本人の望みじゃない!

長く生きてると色んな事があるもんで・・・down   down
こちらにも在宅介護の人が多いが・・・ブログランキング 認知症
    
    wheelchair       wheelchair           eyeglass      eyeglass
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エェ~ッ 捨てるんかァ?!

226
 http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/in-7004.html

母親がお世話になっている老人ホームに行く途中に
大型スーパーがある。

便利な事にこのスーパーには介護用品専門コーナーが
あり 時々立ち寄っては買い物のついでに中庭で
コーヒーを飲む。

話は変わるが・・意表を衝いた行動・・ってのがあり
目の前でソレを見ると・・目が点・・になる。

ここの中庭沿いに○ックがあり 二人連れのオネェチャンが
二人分のマッ○セットをトレイに乗せて中庭のテーブルに
座った。 
○ックセットはドリンクとポテトとハンバーガーのトリオで
それぞれがパックに詰めてあり 食べ終えたら
分別して店頭の箱に入れる・・・・システムだ・・
がネェチャン達はハンバーガーの袋を開けてナフキンに取り
パンが入ってた袋を・・・ポーンとテーブルの横の床に投げ捨てた!
そしてストローの袋は吹き矢のようにプッと吹き飛ばした!

”じゃから最近の若いもんは・・ブツブツ”
と お思いの方がおられたら オネェチャン達に代わって
弁明するが・・

ここは中庭だから禁煙ではなく ちゃんと
喫煙場所があって灰皿が置いてあり その回りにも
ベンチがある。
そこじゃないベンチに腰掛けた六十代と思しきおっさんがタバコに
火を点けた。
”ありゃぁ どうすんじゃろうかいなァ” としばらく見ていたら
タバコを吸い終えたおっさんは ポ~ンと一メートルほど
向こうに吸殻を投げ捨てた・・火が点いたママで・・

意表を衝いた行動は他人を驚かし・・
・・目を点にさせる。

スピンランでオーバーヒールすると慌ててラフするヘルムス。
ランナー付きのリグでフォアステーテンションが足らぬ と
 ターンバックルを締めこむスキッパー。
桟橋とヨット 双方で一生懸命に舫を引き合うクルー。

・・・こんな話なら笑えるが・・・

意表を衝いた行動でも 笑える話と笑えぬ話しがある。
願わくば笑える話を・・お願いしますヨ! down  down
                        ブログランキング ヨット

          yacht         bomb  bomb

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »