« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

みみみ水がッ!

みみみ水がッ!

船外機のヨットやセールドライブのヨットのビルジ溜まりに海水があったら大変な事だが,雨水が溜まるのは珍しい出来事じゃない。
雨対策が不十分なヨットは少なくないしスルーデッキのマストを持つヨットなら少しは雨水が入る。

雨水と海水は見分けがつかないから,ビルジ溜まりに水があれば必ず舐めてみる。
塩っぱくなかったら汲み取って終わりだが,もし塩っぱかったら‥その日の予定を全部キャンセルしてでも原因を捜さなけりゃならない。 雨水漏れなら晴れたら止まるが,海水漏れはそんなんじゃ止まりゃしない。

先日 近くのマイレディのオーナーが半年ぶりにハッチを開けるとキャビンフロアの上まで海水が溜まっていた。
「アチャ〜ッ 前からグランドパッキンが緩かったんじゃァ!」
海水を汲み出す事 二時間!
疲れ果てたオーナー二人は釣竿と餌と弁当を手に 肩を落として帰った。

私を含め 皆さんご用心を!!

         yacht            rain    wave                     ブログランキング ヨット

続きを読む "みみみ水がッ!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

家族会‥老人ホーム編

家族会‥老人ホーム編
昨日の日曜日はヨット日和(びより)だったが‥

当時 完成したばかりのこの老人ホームに母親がお世話になって三年半余、初めて入所者全員の家族を招いての会合があった。
施設側は早くから案内をし 口頭でも参加をお願いしていたが集まったのは五割‥個々に事情があるから多いか少ないかは一概には言えないが‥思うよりは少ない数だった。

老人ホームは楢山(ならやま‥姨捨山の舞台になった山)や病院とはちがい 最期(さいご)を迎えたり治療をするための場所じゃなく,快適で無理がなく楽しい”生活”をする場所だが,施設側の思いだけでは理想通りにはならない。

そして(中には身寄りのない入所者もいるが‥)‥入所者の施設への苦情 要望は日頃接するスタッフではなく家族に告げる事が多い,が それを聞いた家族は内容を全部施設側に伝えるのに少々問題がある。
が 伝えねば伝わらない。
一人の苦情 要望だから伝えにくいのなら皆の苦情 要望にしよう‥それなら伝えやすいだろう‥と言う運びで 入所者の家族会が発足した。
これは介護保険の管理者(市町村ですが)の希望でもあり施設側の希望でもあったようだ。
で 毎日ホームに顔を出す人間なら(私だが)断らないだろうってんで世話役の白羽の矢は私に向かって放たれて見事に命中した。
当分の間は,右往左往,五里霧中、試行錯誤だ。

それにしても、介護保険改訂の説明や施設の現状,将来の展望を説明する初めての会合に集まった家族が五割とは‥いくらヨット日和だったとは言え,ちょっと少ないか?

        wheelchair         eyeglass     wheelchair    ブログランキング 認知症

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬖(へい)の外へ!?

嬖(へい)の外へ!?

フェンスの内側に植えたプラタナスは伸びるうちに金網の目を抜けて外に出てしまった(ようだ)。
街路樹に使うプラタナスの葉は春から夏は涼しい日影を作るが,役目を終えた秋には、一斉に落ちて 風の吹くままにアチコチをガサガサゴソゴソと動き回り 結構目障りだ(勝手だが)。

敷地内に落ちた枯れ葉なら近所からの苦情は出ないが,路に落ちたり隣家に落ちるとチョット面倒だ。
だからフェンスを越えたプラタナスは切られた が この部分は切りにくかったのか写真のままに残った。

八センチ角の升目を越えたのはずいぶん前の事なんだろう。
升目の前後は直径が十五センチはありそうだ。

こうなる前に添え木をするかローブで引くかの方法はあったんだろうがなァ。

            xmas                xmas           clover         ブログランキング ヨット

続きを読む "嬖(へい)の外へ!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三月二八日の瀬戸内海

三月二八日の瀬戸内海

海に出てやろうと思い続けた一週間だったが パソコンの不具合やら風が強かったりして 出港のチャンスがないまま今日まで過ごした。
で 今日は風警報も強風注意報も発令されず 朝一番のパソコンも無事に立ち上がり
「風が冷たいでしょう‥」 の予報以外には出港しない理由がない。

寒いのは厚着をすれば凌(しの)げるし それでも寒いんなら我慢すればイイし‥
ってんで 一週間ぶりのセーリングだ。

南の風 3〜5m 所々にウサギが跳ねるが いつもの通りアビームのセーリングだからスプレーを浴びる事はない。

時々20度くらいヒールするが‥珍しく今日の風は折り込み済みで‥転がるモノは片付けてある。

それにしても東西南北 グルリと見渡してもセールの影もボートも漁船すら見えない。

皆さん寒いから車に乗って千円均一の高速道路に行ったのか?

海はタダなんだけどなァ(寒いけど‥)。

            yacht                       yacht                  ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

♪♪こぶし咲く〜♪

♪♪こぶし咲く〜♪

かつて物流の主役は水運(水の浮力を利用する運送)だった。

船を通すために城や街に引かれた水路のほとんどが現在は不要のモノだが 残った水路跡は地方の景勝地になっている。

この赤い橋が架かる水路も海から引かれた水路跡だ。
岸にはこぶしの木が植えられ三月の今が花盛りだ。
白いこぶしの花と赤い橋は色どりが派手やかで 下に留まる浅くて茶色い水面(みなも)に良く映(は)える。

イヤイヤ 茶色い水をけなす訳じゃない。

用水路とちがい 船が行き交うための水路の水は流れないのが普通で,水が流れると 船は出発ができないか 到着ができなくなる。

滞(とどこう)る水のおかげで水面は波立たず,おかげでに桜を映(うつ)したり こぶしを映したりして市民の目を楽しませる。

こぶしと書いてしまったが知識がないので 本当は木蓮(もくれん)かも知れない。

       yacht              clover           bud             ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十ノット十マイル

十ノット十マイル

自転車での十ノット十マイルは運動であり、移動であり、散歩でもある。

今日も運動と移動と散歩を兼ねて走っていたら満開の枝垂(しだ)れ桜を見つけた。
さくらんぼの桜はもう散ったし 隣のソメイヨシノはまだなんだが枝垂れ桜は今が時期なのか?
周りにはデジイチバズーカのカメラマンが三人 写真を撮っていて,私も邪魔をしないように写メで一枚撮らせてもらった。

個人差はあろうが,自転車の十ノット(秒速五メートル)は私にとってはちょっとキツい。 それを一時間だから汗もかくし 相当の運動量になっている筈だが,結果‥つまり 腹回りの減少ですナァ‥が中々表れないのはなんでだろう?。

私のヨットで十ノットの速度は無理だが,仮に出たとして 十マイル帆走(はし)っても 二十マイル帆走っても運動にはならず,腰だけ痛くなり 出る汗は冷や汗だ。

         bicycle             cherryblossom  cherryblossom        bottle            ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大丈夫かァ?

大丈夫かァ?

今日は天気予報通りに西風が強く 瀬戸内海には海上風警報が発令され 陸上でも強風注意報が出ている。

強い北西の風が建て付けの悪いサッシを揺らす中 昼食後のコーヒーを飲んでいる所に倉敷の友人からの電話が鳴った。

「ホッホッホ〜イ! 今下津井の沖じゃぁ! メインセール一枚で8ノットじゃぁ!」 と 風の音に消されながらも大声が聞こえる。

JCGのMICSを見ると下津井信号所ではWNWが12m〜15m ブローだと20m近く!!

十才年上のこの友人のヨットの今日のクルーは還暦が二名!二年後に還暦が一名!
の計四名だそうだ!

ヨット界(特にクルーザー)の平均年齢はこの二十年で十九才揚がったが ナ〜ニ心配は要らない。

セーリングを楽しむには 若さや体力は有っても邪魔にはならないが,本当に必要なのは やる気と好奇心だ。
頑張ろう! ご同輩達ヨ!

             http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-6f7d.html

      yacht                wave            typhoon             ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんちゅう事じゃぁ!(備後弁)

なんちゅう事じゃぁ!(備後弁)

ま〜たパソコンのご機嫌が悪くなって入院だ。

ここんとこ真面目に働いていると言葉にはしないが感心していたら とうとう馬脚を現したか。

叩いて治るんならいくらでも叩くが‥ヨットのアナログ電圧計とちがい‥叩いたくらいではご機嫌は良くならないだろう。

朝一番の立ち上げで気付いたカミさんは
「あたしゃネ 出かけなきゃなんないからネお願いネ」 と私に任せて出かけた。
今日は天気が良いからホントは海に出る予定が この一言でオシャカになってしまった。

と言う訳で パソコンが治るまでメールとコメントとその他の諸々は不自由になるので ご勘弁を願います。

          yacht             pc       annoy       pc              ブログランキング ヨット

続きを読む "なんちゅう事じゃぁ!(備後弁)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中間検査(船検)

中間検査(船検)

六年に一度の定期検査と その間の中間検査を受けて合格しないと私のヨットは合法的に航行できない。
が‥検査の合格と安全な航行とはナ〜ンの関係もなく。
強いて言えば中学生の風紀検査みたいなモノか?

「ハンカチとティッシュはあるか?‥スカートのウエストは折ってないか?‥耳は出てるか?‥眉毛は見えるか?‥自転車のライトは点くか?‥etc」

整備不良の車は凶器になるから車検があるが‥特にヨットはそのスピードの遅さと 小型フェリー並の喫水の深さによる海域制限を考えると,凶器にはならない‥イヤなれない。

それでも救助要請をする事があるだろうって?
遭難と救助要請そして船検には何の関係もなく,例え船検がなくても 免許がなくても、国民の生命・財産を守るのは国家の一番重要な仕事だ。

ともあれ、満点だったかどうかは不明だが 中間検査は充分な時間(十分)をかけて無事に終了し,翌日には着払いの宅配便で新しい船検証と船舶手帳が届いた。

親切にも、次回は 平成二四年が検査 ですとのシールが同封してあった。

           yacht                     cd   pass             ブログランキング ヨット

続きを読む "中間検査(船検)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

すやすやンムンム‥老人ホーム編

すやすやンムンム‥老人ホーム編

母親がお世話になっている老人ホームのユニット定員九名のうち
自分で移動して自分で食事ができる人が三名、車椅子介助だが自分で食事ができる人が二名、寝たきりで胃ろう食の人が一名、母親を含む残りの三名が全介助の人だ。

全介助ってのは、ベッドでの寝返りも含めて二十四時間 介助を受けねば暮らせない と言うか生きて行けない状態の人だ。

全介助の人だからって全員が元気がない訳じゃない。
食後に三人の全介助のご老人がテレビを眺(なが)めている,うち二人は寝てるが もう一人(母親だが)はテレビを眺めながらしゃべり続けている。
しゃべると言っても唇を開けずに鼻息でしゃべるから ンムンム くらいにしか聞こえない。
隣りの二人のおばぁさんはすやすやと睡眠中だ。
人がいるうちはリビングのテレビはいつも写っているが,興味を持って見ている人はほとんどいない。

                wheelchair                 pc          gawk         ブログランキング 認知症

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウサギが三匹、五匹

ウサギが三匹、五匹

三月二十一日の連休の中日

昨日は ↓ ↓ 下記の作業で出る気を無くしたし,明日の日曜日は天気がくずれる予報だし‥今日しか出港する日はない。

本日の目的地は?
ありません!
目的地がない日のセーリングの基本はクローズホールドと真ランにしない事だ。

午前の東風をアビームに受けて南へ一時間半‥昼近くになって風は予定通りに南東に振れ 海面には小ウサギが跳び始めたのでジャイブしてヘディングを北へ向ける。
GPSは ナント5ノットを越える時がある!
‥普段速いヨットにはこの感動は分からないだろうナァ‥お気の毒に。

一時間半で帆走った距離を一時間で帰った。
プロッターの航跡は南へ向けて5マイルの線があるだけで、ほとんど西にも東にも膨らんでない。
ウ〜ン 見事な舵取りと言うか、芸がないと言うか。

漁船を見なかったが,今日は定休日だったのか?

            yacht               upwardrightdownwardleft                    ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

フンッ! フンッ!

フンッ! フンッ!

吉永小百合さんが唄った
「♪♪フンッフンッ 鹿のフン♪」
ならコロコロしていて形に愛嬌があるが,デッキに落とす鳥のナニには愛嬌なんかない。

落下の衝撃でベタッと広がり おまけに春の太陽と乾燥した風に晒(さら)されてカチカチに乾いてるぞ!

これくらいになると水をかけたくらいじゃ流れないから濡れ雑巾で拭き取るしかない。
で 力を入れて拭き取ったらそこだけデッキの汚れが落ちて白くなってしまった。
朝一番のこの作業ですっかり出港する気がなくなったから 一部分だけ白くなったデッキが目立たぬように 他の所ももう少し洗って今日の作業はやめよう。

犯人?はカモメかトンビかカラスだろう。

近所のヨット乗りは オマエらの糞害には憤慨してるぞゾ!

ウン?

           yacht                 chick    pout               ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

李下に冠を

李下に冠を

李下に冠を正さず,瓜田に履(クツ)を納(い)れず‥

「盗みゃしねぇから西瓜畑に入っても文句ねぇだろう?」 って訳じゃなく怪しまれる事はするナ! と言う意味合いだ。

車のドライバーよ!
よ〜く聞けよ!
一旦停止のラインでは停まらなきゃならんがキキィ−っと急ブレーキを踏んで停まればいいってもんじゃない。
停まる時には徐々にスピードを落とすのが怪しまれない行動ってもんだ。

ついでにボートの操縦者もよ〜く聞けよ!
「当たらなきゃいいだべぇ」 とむやみにヨットの近くを通り過ぎるな!
怪しまれない避航ってのはそれなりの距離を取らないと避けたとは言えない‥あまり近いのはニアミスと言って衝突の一歩手前だ。

「盗らなきゃいいだべェ」 とか
「当たらなきゃいいずらァ」 とか
「停まりゃよかろうもん」 とかの動作じゃぁ 中々相手には分かってもらえない。

自己満足のやり方じゃぁ駄目ずらヨ。

            yacht                    punch       sad               ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再見(ツァイチェン)‥黄砂

再見(ツァイチェン)‥黄砂

強い偏西風に巻き上げられたタクラマカン砂漠やゴビ砂漠の微細な土埃が偏西風と共に日本上空に運ばれて‥デッキに舞い落ちる。

雨の前に落ちるんなら雨が洗い流してくれるが 決まって低気圧が過ぎて雨の後に落ちて 濡れたデッキやブーム,ドジャーのテントやファーラーのすき間にこびりつく。

あまり歓迎できない黄砂だが これが来ないと瀬戸内海に春は来ない。

暖かくなると海上には霞が出るし,海岸には羽虫が舞い,街には花粉が飛ぶ。
その上に黄砂ではアレルギーの人間は外出できない。

春の風物詩だから
「来るナ!」 とは言わないが,もうそろそろ治まって欲しい。

今年はこの辺で 再見(ツァイチェン)‥来年また会いましょうネ。
デッキに積もった黄砂の始末は週末の雨を待とう。

           yacht              typhoon           rain              ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KY(風を読む)

KY(風を読む)

先日は自転車でのKYに失敗して往復共に向かい風で走ってしまった。
で 今日は天気もいいしヨットでKY(風を読む)のリベンジだ。
午前中の北東をアビームに受けて南東へ‥これはKY通りの風向とヘディングだ。
そして一時間帆走(はし)るとKY通りに風は時計回りに振れ始めた‥これも予測通りでヘディングを北西に変えた。
KYでは時計回りに振れた風向は南西で落ち着く筈だったが‥南西からもう少し振れて西まで回った。
北西へ帰るのに西の風はほとんど向かいになる。 おまけに西はどんどん強くなり左側正面から白ウサギが向かって来る。

昼過ぎに帰り着き,来合わせた友人とコーヒーを飲んでいると風向は南西に落ち着いた。

イヤ〜ッ! KYってのは難しいワ。

              yacht               sun         dash             ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナンカが出そう!

ナンカが出そう!

屋根は落ち,壁は崩れ,周囲を枯れた蔦(つた)が囲み,玄関口は朽(く)ち果て,そこから見える屋内には家財道具や壊れた家具が散乱している。

まるで映画のセットみたいな建物を 十ノット二十マイルの途中で見つけた。

人は住んでいないようで昼間は数匹の猫が出入りしていたが,これが夜中の丑三つ時になると得体の知れぬナニヤラが出入りするようで‥昼間はともかく、夜中には近付かないようにしよう。

向かいにも両隣りにも普通の民家があり普通の生活が見えるが‥‥実は‥ ‥o(><)o!。

飛び回る花粉を鼻息で吹き散らしながら 十ノット二十マイルを走るとこんな現代では珍しい情景にも出会う。
新幹線が停車する駅の近くだが,固定資産税なんかは‥やはり誰かが払ってんだろうなぁ。

       yacht                     bicycle     shock             ブログランキング ヨット

| | コメント (6) | トラックバック (0)

KY(ケイワイ)

KY(ケイワイ)

KY(空気つまり雰囲気を読めないヤツ!)
の意味らしいが,雰囲気に係わらず全部を決定する運航責任者のスキッパー(船長または艇長)はKYで結構だ。
それよりもちがうKY(風を読む)の能力が必要だ。

「今日のH県南部は晴れるが北西風が強く‥」
の天気予報を聞いて 予定していたセーリングをあきらめて自転車での十ノット二十マイルにした。

南へは何度も行ったから今日は北へヘディングを取り,強いNWに逆らって十マイル走った‥ハァハァ。
北へ向かったのは 帰り道の峠を追い風で越えようと思ったからだが‥今まで何度も書いたように‥晴れて気温が上がる日の(南寄りの)海軟風(かいなんぷう)は思うよりも強く吹く。

で 昼ご飯を食べて サァ帰ろうと南にヘディングを取ると往路のNWはSWに変わり また逆風だ。

運動にはなったし腹も少しは凹んだような気もするから いけない訳じゃないが‥。

KYが必要なスキッパーのコース取りとしては失格だ‥ハァハァハァ。

      yacht                 dash        sweat01                  ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ペーパーウエイトbyP

ペーパーウエイトbyP

ミミズが這ったような文字しか書けないから自分の手で字を書く事は 今はあまりない。

だからこれを実用として使う機会はあまりないが‥中にオイルを満たしてコンパスローズを浮かべた真鍮製のペーパーウエイトだ。
上面にプラスチモのPマークが刻印してあり いかにもコンパス(羅針盤)メーカーのプラスチモらしい品物で,どうも商品じゃなくノベルティグッズのようだ。

このペーパーウエイトに似合う便箋の上に見映えがする文字をサラサラと書ければ,目で字を捜しながら右手の人差し指一本で慣れぬkeyを叩いて手紙を書くよりも 優雅なんだがナァ‥。

年賀状なんかもきれいな字が書ければ自分で書くが‥読めぬ字よりはパソコンが良かろうとプリントすると‥
「きれいな賀状だが温かみがナイ!」 と元教師の叔母から指摘される。

アァ 日ペンの美子ちゃん(だったかな?)がうらやましい。

        yacht             pencil                impact              ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みんな乗れたかァ?

みんな乗れたかァ?

外航船の救命艇ってのはIMOの規格でサイズが決まってる,と思ってたがどうも そうではないようだ。

この救命艇は,長さが6メートルくらいで高さが2メートルくらい、巾は見えないが2メートル前後か。

見た目が可愛い。
ただし大きさが大きさ イヤ小ささが小ささだけに定員も少ないんじゃないか? 全員が乗れるのか?
と つい心配をしてしまった。

マァ デッキから見下ろす乗組員は
「ちっちゃいヨットでうろうろしてるヤツが要らん心配すんじゃねぇダヨ!」 と思ってるかも知れないが‥。

静止安定性はひどく悪く,時化た海面に降ろすと TDLのジェットコースターどころではなく,男女問わずいろんなモノが竦(すく)み上がる。

桑原 くわばら クワバラ。

        yacht                 ship    wave                  ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三月十二日の瀬戸内海

三月十二日の瀬戸内海

「明日から天気が崩れて寒くなる」 の予報だったから 昨日のうちに用事をすませて今日はセーリングだ。

E〜S 3〜5mの風をアビームに受けて三時間ほどウロウロ。
青い空の所々に白い雲があるが 雨の雰囲気はなく,黄砂もないから見通しは良く 対岸の四国の山までくっきり見える。

10度くらいヒールしてGPSの表示で3〜4ノット、例えクロスで帆走ってもスプレーをかぶらず,シングルの私には調度良いスピードで これが5ノットを越えてヒール角も30度くらいになると緊張し 二つの不安が脳裏を過(よ)ぎる。

安全への不安が一つと、もう一つは キャビンに無造作に置いてあるゴチャゴチャした荷物が散乱した時の面倒な後始末の不安だ。

ヒールしても大丈夫なように片付けておけば良いだろうって?‥ ごもっともな意見だが それが難しいのは‥(多分)皆さんご承知だろう。

なにしろヨットのキャビンは生活の場を兼ねていて,家のキッチンとリビングの役をしている。
家のキッチンとリビングが30度傾いた情況を想像して頂ければお分かりになろう。

ガシャガシャガッシャ〜ン!‥ゴロゴロゴッロ〜ン!
アァッ〜!

             yacht                   noodle   wine          ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花粉症

花粉症

近年 この時期になると自転車での十ノット十マイルがつらくなっていた。

出歩くとくしゃみや鼻水が出るがカミさんの花粉症の薬を飲むと止まるから花粉症になったと思っていた。
それが今年は何の症状も(今の所)出ない。

花粉症になった話しは聞くが治った話しは聞かないし,帽子とサングラスをかけた上にマスクまでは近所の手前しにくいから万全の防御をしている訳でもない。

知らぬ間にアレルギーになるのは面白くないが、知らぬ間に治るのも腑に落ちない。
しかるべき努力の結果で花粉症を克服したのなら講演会でも開けるが そんな覚えもないから披露するネタもない。

気付かぬ間にくしゃみや鼻水が出始めた時は
「ウ〜ン 困ったもんだ」 と思ったが,知らぬ間に治まった時はどう思えば良いんだろう。

それにしても、これから症状が出るかも知れないから薬の確保はヨロシク! とカミさんには頼んである。

写真の菜の花は花粉症の容疑者ではないらしい。

               wobbly            cloverxmas                ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何のためだ?

何のためだ?

左側が市の文化ホールで右側には通路が延びているが出入り口ではなく,向かいにぽつんとあるバス乗り場に続く バス乗り場の周りはスーパーの広い駐車場になっている。

スーパーは毎日通う老人ホームの途中にあって母親のこまごました買い物をしに立ち寄る事があるが、文化ホールで催事があれば駐車場が一杯になって客の車が入らない。
文化ホールの催事が終わる時間になると多くの人が通路を渡ってスーパーの駐車場に帰って来る。
文化ホールにも駐車場はあるが、時間単位の有料で そちらは満車にならずにスーパーの無料の駐車場が満車になってしまう。

文化ホールの建設当時の工事関係者の話しでは、当初この通路は予定になかったが追加工事が決定し,その費用は五億とか七億とかの話しだった。

多くの人を集める文化ホールを車でなければ行けぬ場所に造り,駐車場を有料にし 路線バスの増便も手配せずに、スーパーの駐車場に向けての通路を税金を使って造った。

普通の感覚なら,恥ずかしくて人前には顔を出しにくいんじゃ‥ないかい?

           bus              paper                   full              ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャンネルを回す?! 老人ホーム編

チャンネルを回す?!  老人ホーム編

老人ホームの介護現場の世代間格差は一般の社会や家庭よりも大きい。

そして世代がちがうと言葉も変わる。
入所者(高齢者)の多くにとってテレビのチャンネルは”回す”ものだが、スタッフの多くにとってテレビのチャンネルは”押す”ものだ。

しっかりしているが小言が多いAさんがスタッフのBちゃんに
「ちょっとチャンネルを5に回してちょうだい」
Bちゃんは平成生まれの娘さんでいつもAさんに小言を言われている。
「Aさん チャンネルは回すんじゃなくて押すもんよ」
「な〜にを言うとん? チャンネルは回すもんよ!」
「どうやって回すん?」

いつ頃からチャンネルを”回さ”なくなったか覚えてないが,確かに近頃のテレビのチャンネルは回さない‥が ある年代から上の人はついつい”チャンネルを回す”ように頼んでしまう。

そう言えば電話のダイヤルも”回し”てたなァ。

皆さんは”回す”派?
”押す”派?

            wheelchair             eyeglass       soccer                  ブログランキング 認知症

| | コメント (6) | トラックバック (0)

♪♪春の海♪

♪♪春の海♪

お正月になると必ず流れる琴(こと)の名曲
宮城道雄の「春の海」の舞台は写真のオヤジが帆走っている海域だ。

三月七日の燧灘(ひうちなだ)はまさに春の海だ。 気温15度 湿度40% SEからSWまで90度も振れるそよ風。
目的地を決めないセーリングだから振れる風に合わせてヘディングも90度変わる。
近くで操業する漁船は
「あのヨットはナ〜ニをやってんだ?」 の顔でこちらを見るが‥こっちはこっちでテルテールとウインデックスを見て真面目に帆走ってんだヨ。
打瀬船(うたせぶね)の頃の漁師は風を敏感に見ていたが,エンジンでばかり走る漁師は風なんか見ない。

午後になって海風が吹き始めて向きはSに安定した。
これからはこんな日が増える。

♪ちゃ〜ん ちゃらちゃらちゃら ちゃ〜ん♪
これが春の海だ。

              yacht              note     note                 ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ユーザー船検

ユーザー船検
自分の車の車検は,ヒマな時は自分で陸運事務所に持ち込んで車検を受ける。
その車検に比べると船検は手続きも検査も簡単だ。

簡単な理由は車は走る凶器になるが,船は 特にヨットは凶器になりにくいからだ(と思う)。

で 今回は中間検査の準備だ。 限定沿海だから、準備と言っても有効な期限の信号紅炎をオークションで手配し,ほとんどが人件費になる検査料を払い込むだけだ。

これで指定した日に検査員が来て,三十分ほど備品を確認して 三年間の”お墨付き”をもらう‥もちろん安全の保証でないのは皆さんご存知の通りだ。

想定するヨットの事故でヨットが凶器になる事は考えにくい。
船検の目的が乗船者の保護なら 救命胴衣に艇名を入れるより、○○県のシールを貼るより,各艇にVHFを持たせた方が犠牲者は減る。

制度の目的が乗船者の保護‥でないんなら何も言う事はない。
検査料は税金だと思うようにしよう。
ただし税金なら 使用目的は納税者の利便と保護と若干の運営費に限定される。

             yacht                     car                        ブログランキング ヨット

| | コメント (6) | トラックバック (0)

常備食 魚肉ソーセージ

常備食 魚肉ソーセージ

常温保存ができる魚肉ソーセージはヨットの常備食としては米 缶詰 みそ汁に続いて貴重な食材で場所によっては釣り餌にもなるから欠かす事はない。

梅コブ茶を飲みながら魚肉ソーセージを取り出すと ウン? 袋の長さに比べて中身が短い‥売価を上げる代わりに中身を減らしたのか?。
今まではセーリング中だったり島だったり錨泊中だったから気付かなかった。 緒物価値上がりの影響はただでさえ貧しいヨットの食生活を もう少し貧しくする。
貧しい食生活だからと言ってもヨットでは豪華な‥ステーキやトンカツやお刺身‥が食べたい訳ではないし食べる気もない。

一日や二日のヨット食は基本がご飯やうどんの炭水化物で,蛋白質が魚肉ソーセージと缶詰,水分がみそ汁やコーヒーだ。

普通のヨットの乗組員の運動量は多くなく,事情が許せばビールも飲む。

せめて食事を節制しないと‥腹周りがァァッ!

       yacht             riceball  bottle  coldsweats02                        ブログランキング ヨット         

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あ〜でもない こ〜でもない 続続

あ〜でもない こ〜でもない 続続

          http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-cfa4.html

と 自分の釣り船を改造するAさんが手掛けていた 釣りやすくするためのバウスプリットの完成が近い。

仕上がり具合は周囲の期待を裏切り?見た目が悪くない。 広い範囲をサンディングしてFRPを貼ったからつなぎ目は綺麗に隠れ,まるでメス型から抜いたような仕上がりだし アンカーローラーもステンレスの唐人アンカーもカッコイイ。
ただ船に比べると明らかにバウスプリットは大きく‥要らぬ世話だが‥波がある海面では走りにくそうだ。

将来 走りやすく改造する時(バウスプリットを外す事)を考えると,今回の丁寧な工事は‥サァ 吉と出るか 凶と出るか。

       pisces            yacht                 fish          ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アァ! 雪だ!

アァ! 雪だ!

♪雨は夜更け過ぎに雪へと変わり〜
滅多に降らない雪が降った,おまけにうっすらと積もった。

普段は暖かい瀬戸内海中部でも年に何度かは雪が降り 年に何度かは積もる。

中国山地の雪深い山村で育ったから雪には馴染みがあり、雪を見るとちょっと嬉しい。
正午頃までは大粒のボタン雪でもっと積もるかと内心ワクワクしていたが,午後になって寒いままで雨に変わり 積もった雪を溶かしてしまった。

残念だがこの冬の雪化粧はこれが最初で最後かも知れない。

確か去年はヨットの上に積もった雪で雪だるまを作れるくらい降ったと思うが‥ ‥。

         http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_3aa1.html

       snow                   snow              rain               ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

潮流の力

潮流の力

分かりにくいが手前のヨットはスターボーのクロス。
↓ の貨物船は振れ回しの錨泊中だが ちょっとおかしい‥振れ回しの錨泊なら風は前から吹き煙は後ろに流れる‥筈だが,貨物船の煙は前へ流れている。

狭い水道の近くに錨を入れた貨物船に当たる潮流の力は強く,特に大潮(おおしお‥満月や新月の頃の干満の差が大きい潮汐)の時にはこんな不思議な光景を見る事がある。

風を頼りに帆走るヨットは風向きに敏感だからこんな光景を見ると ウンッ? とウインデックスを見上げ
アァ潮流のせいか? と合点する。

サンタマリアのマストトップの旗が風上である筈の後方になびいている模型を見る事があるが実際の帆船では風は船首へ流れる。

だからトイレは風下の船首部にあり、今でもヘッドと呼ばれる。

       yacht           toilet   danger      ブログランキング ヨット

| | コメント (4) | トラックバック (0)

椿(つばき)の島 大飛(おおび)島

椿の島 大飛(おおび)島

岡山県笠岡市 大飛島の島興(おこ)しのテーマは島中に植生(はえ)る椿で ちょうどこの時期に真っ赤な花を咲かして落とす。

今年も倉敷の友人と大飛島で待ち合わせて椿見物だ。

午前中ははNE3〜4mで私はポートのクォーター,倉敷の友人は真ラン。
昼ご飯を食べて島一周の散歩をするうちに風はSW4〜5mに変わり,ま〜た私はポートのクォーターで バケツ一杯のワカメを収穫して倉敷へ帰る友人はま〜た真ランに近い。

昼ご飯をご馳走になりながらこんな事を言うのはナンだが,日頃の行いをポセイドンは見ているらしく 時々裁(さば)きを下す。

あいにく乗りそびれたムギちゃん、次回はご一緒しましょう。

      yacht       sun    xmas        ブログランキング ヨット

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »