« ジブファーラートラブル 続 | トップページ | 船底塗料の塗り替えは? »

アァ〜イィ〜ウゥ〜 老人ホーム編

アァ〜イィ〜ウゥ〜 老人ホーム編

三人の全介助のご老人のうちのお一人だ。

全介助のご老人だからといって元気がない訳じゃない。
生活はスタッフの手を借りねば成り立たないし,言葉での意志の疎通もしにくいが アァとかイィとかウゥとかは言える。

その言葉?の中には喜怒哀楽の気持ちが入っている‥のは 抑揚と僅かな表情で分かる‥時もある。

食事介助のスタッフ同士が要らぬ世間話を始めると,途端にアァイィウゥと声を出す‥
「コラッ 仕事中にムダ話しをすんじゃネェダヨ!」 と(私には)聞こえる,スタッフにもそう聞こえるようで 途端に世間話しをやめて本人に向かって優しく話しかける。

ご老人だけではないが食事の量は気持ちに大きく左右される‥食事を摂(と)れぬと体が保たない。 美味 不美味を含めて食事は生きる源(みなもと)だ。

            wheelchair                  riceball       cake            ブログランキング 認知症

老人ホームを含む サービス業の
スタッフを見る客?の目はきびしい。

サービス業の現場に出ると経験の有無に
かかわらず客からは一人前である事を
要求される。  同じサービス業でも・・
例えは悪いが、ポテトを揚げてコーヒーを
出せば良い・・現場とは、求められるものが
違う。 老人ホームのサービスが低下すると
生死に関わる。

サービスの質が収入にリンクすれば
個人のやる気と能力が分かりやすくなるのだが・・

|

« ジブファーラートラブル 続 | トップページ | 船底塗料の塗り替えは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/43810818

この記事へのトラックバック一覧です: アァ〜イィ〜ウゥ〜 老人ホーム編:

« ジブファーラートラブル 続 | トップページ | 船底塗料の塗り替えは? »