« また六島へ来(こ)られぇ | トップページ | ジブファーラートラブル 続 »

ジブファーラートラブル!

ジブファーラートラブル!

とは言っても本当はトラブルではなく整備不良だが‥

先日セーリングの帰りに写真の状態までしかジブが閉じなくなった。 ジブファーラーは便利な装備だが 両端にあるスイブルは回りやすいように年に一度くらいはCRCかシリコンスプレーを噴いてやらねばならない,怠ると写真のようになる。

たいていの場合は 開くが閉じなくなり‥アセル!

今回はここまで閉じたからストームジブ状態で帰ったが 運が悪いとシートを外(はず)して人力で開いてから降ろす事になる。

念のためにログブックをず〜っとさかのぼると前回のスイブル整備は07年07月だった。
去年は台風の接近がなく、ジブを降ろす必要がなかったからだろう。

何かあると反省するが 長く続かずに次のトラブルに遭遇する。

   ア〜ア

      yacht        bomb        ブログランキング ヨット

実はこのファーリングには もうひとつ
悩みがある。

下側のロープを巻き取るスイブルが
ホイルごとドラムから離れて5センチほど
上に揚がってしまう事がある。
使用上不便はないが・・見た目が悪い!

近いうちに何とかせねば・・と思いながら
三年になる

         weep

|

« また六島へ来(こ)られぇ | トップページ | ジブファーラートラブル 続 »

トラブル」カテゴリの記事

ヨット⑤」カテゴリの記事

コメント

同じ桟橋のご近所さんは、ジブファラーのドラムが塩で軸とくっついて、なかなか動かずに苦労されていました。私はハンクスですので、こうした苦労はありませんが、便利な艤装ですよね。ジブファラーは。そろそろ検討したいと考えています。

投稿: 俊介 | 2009年1月19日 (月) 22時34分

俊介さん

スムースに動くうちはマコトに便利な
道具ですが、イザ!トラブルになると
マコトにやっかいな道具になります。

今回はチョット油断しました(泣)。
             

投稿: まさゆき | 2009年1月19日 (月) 23時08分

今日は、いつも楽しく拝読しております。
少し、ヨットの舵の事で、お伺いしたいのですが
舵には「ラット」「ティラー」があるようですが
見た目は「ラット」の方がカッコが良い様に見えますが、「ラット」のメリットをご紹介くださいませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。

投稿: TENZO | 2009年1月20日 (火) 10時32分

ファーラーはメンテがしずらく、色々心配を抱えやすいですね
私のファーラーも持病を抱えてますが、脱着の手間と部品の入手が難しくそのまま使ってます
この状態だと強風時はトラブリそうなので船検用に入手したストームジブをファーラー用に直す予定
ジブファーラーはだましだまし使います(笑)

投稿: オリオン兵藤 | 2009年1月20日 (火) 13時03分

オリオン兵藤さん

昼から作業を始めてやっと終わりました。

しゃがみこむ腰は硬くなり、覗き込む目は
薄くなり・・
皆さんのお知恵をお借りした
おかげで今年一年は大丈夫でしょう。 

投稿: まさゆき | 2009年1月20日 (火) 15時59分

TENZOさん

コンニチハ・敢えてメリットだけを言うと

1 ティラーに比べて目線が高い。
2 正面を向いて操船できる。
3 初心者でも左右を間違えない。
4 舵角を固定しやすい。

ザッとこんな所でしょうか。 捜せばもっと
ありますが 当然リスクもあります。
                 

投稿: まさゆき | 2009年1月20日 (火) 16時11分

どうも有り難う御座いました。
私、ヨットに憧れておりまして、
遠い将来手に入れることを前提に
少しずつあれこれ夢抱いております(時々現実とのギャップにガックリ来ますが)
時々、私の夢にお付き合い頂けますでしょうか?
宜しくお願いいたします。

投稿: TENZO | 2009年1月20日 (火) 17時20分

TENZOさん

私のつたない知識と経験で何とかなる事なら
いつでもどうぞ!

私も夢と現実とのギャップにいつも
振り回されています。

投稿: まさゆき | 2009年1月20日 (火) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/43791463

この記事へのトラックバック一覧です: ジブファーラートラブル!:

« また六島へ来(こ)られぇ | トップページ | ジブファーラートラブル 続 »