« 月の入り,日の出 | トップページ | 係船索 ホーサー 舫(もやい) »

球状船首(バルバスバウ)

球状船首(バルバスバウ)

上甲板船首部よりも出っ張ってんじゃないか?‥と以前から思っていたバルバスバウだが,やはり出っ張っていた。

なんなんだろうか,ないかいい事でもあるんだろうか? つい先日もハルサイドにバルバスバウを当てられて穴が開いて沈没した貨物船がいる。 甲板の方が前に出っ張っていたら修理ですんでたのになァ。

新しそうに見える船にこの傾向がある‥と言う事は長い方が設計が新しいのか?

これだけ長くする理由をご存知の人がおられたら後学のために教えて頂きたい。

      ship              aquarius                          ブログランキング ヨット

|

« 月の入り,日の出 | トップページ | 係船索 ホーサー 舫(もやい) »

バルバスバウ(球状船首)」カテゴリの記事

ヨット⑤」カテゴリの記事

コメント

バルバスバウはバウの浮力を大きくするのが目的という話です。

これがないとピッチングの時バウが海にもぐるというのは大げさかもしれませんが、そういう状態になりやすく危険だそうです。

特に船幅に対してバウの細い、スピードが出やすくした船型の船ではバルブの大きさ(長さ)が増すようです。

我々セイルボート乗りは風に対する角度にも波に対する角度にも敏感ですので、波を超える場合、波に対する進入角を30-45度くらいにしてピッチングを避けていますが、大きい船はどうも最短距離を直進するメンタリティーがあるようです。バルバスバウはそういう運行も助けているのではないでしょうか。

***

余談ですが、波に向かって直進の場合、波の波長が船艇の長さと合ってしまうと、ロッキング・チェアのようにピッチングが激しく、かつ、先に進まない、という状況にはまりますが、この状態をアメリカではロッキング・チェアと同じ原理で前後に揺れる子供の乗る木馬(ホビーホース)の名をとって「ホビーホーシング」といいます。

外洋では押し寄せる大きな波に直角に進むと原子力空母ほどの大きな船体でもホビーホーシングするそうです。

***

新西宮、カラノ7世の家永さんのブログにおもしろいものがあります。瀬戸内の底引き漁船。
⇒ バルバスバウ

投稿: boatlife2go | 2008年11月23日 (日) 01時20分

boatlife2goさん

なるほどネェ。 そう言う意味合いもあったのですか youtubeの嵐の動画を見るとひどく
ピッチングしているのがありますが バルバスバゥで少しは軽減するのかも・・

投稿: まさゆき | 2008年11月23日 (日) 16時01分

いやはや、小生の大間違いでした。失敬しました。まさゆきさんが以前書いておられるように、船艇のスピード、燃費がバルバスバウの目的ですね。決して浮力を得るためではないようです。

「バルバスバウはバウに先行する形で波を作る。その波とバウの作る波(バウ・ウェイブ)を干渉させ合い、バウ・ウェイブの影響を最小限に抑え、スピードが出やすくし、燃費を良くする。」

「セイルボートでは艇の長さ・形状に対しバルバスバウをどの長さ・形状にしたら良いかがまだ解明できていないことと、バルバスバウがあるとピッチングしやすい、という理由でまだ実用化されていない」らしいですね。バルバスバウがあるとピッチングしやすい、というのは初耳でした。
バルバスバウとヨット

すでに試している人もいるようです。日本のようでもありますが...
バルバスバウのセイルボート
続き

投稿: boatlife2go | 2008年11月24日 (月) 09時42分

boatlife2goさん

面白そうなハルとリグです。
周りの景色を見るとどうも私の地元の
ような感じですがこんなディンギーは
初目?です。

色んな愛好者がおられるものです。

投稿: まさゆき | 2008年11月24日 (月) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/43123088

この記事へのトラックバック一覧です: 球状船首(バルバスバウ):

« 月の入り,日の出 | トップページ | 係船索 ホーサー 舫(もやい) »