« ・・日曜日だが・・・ | トップページ | 散らぬ桜 »

続・・・左舷付けの皆さんへ

続・・・左舷付けの皆さんへ

前回 少し触(ふ)れた舫(もやい)の先に付けた エスフックの使い道について・・・

エンジン特性を利用してポンツーンに着ける方法は 以前書いたが,東風(こち) が弱い時はもう少し簡単にポンツーンに着けている。

それが このエスフックの使い道だ。

ノウハウと言えるほど 大層なものではない(スイマセン)。
スターン側の舫に付けたエスフックを,とりあえずライフラインに 掛けるだけだ。

とりあえず掛けるだけで  クリートやウインチまで引いてはいけない ・・・ スターンを引き寄せるとバウが離れるからだ。

ボートフックで拾った舫の先端のエスフックを ライフラインに掛けると ヨットのスターンはポンツーンから離れる事はない・・ ので 慌てずにバウの舫を取れる。

バウ側の舫も スターン側の舫も 二点から取ってあるので バウ側をクリートに掛けると ヨットは 前後左右には動かない。
そしてゆっくりと スターン側の舫をクリートに掛ける。

簡単なので 慣れぬゲストにお願いするよりは、 自分でやった方が早い。

便利な方法だが 近所に真似をするヨットがいないのは どこかに欠陥があるのか?

  http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_b73c.html

  yacht                              ブログランキング ヨット

|

« ・・日曜日だが・・・ | トップページ | 散らぬ桜 »

ヨット④」カテゴリの記事

舶用品 ②」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/40958998

この記事へのトラックバック一覧です: 続・・・左舷付けの皆さんへ:

« ・・日曜日だが・・・ | トップページ | 散らぬ桜 »