« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

お茶でもいかが?

お茶でもいかが?

母親がお世話になっている特別養護老人ホームの食堂に 写真のメニューが貼ってあり,午後三時のおやつの時に 入所者がお好みで注文すると スタッフがそれを用意してくれる。

特別養護老人ホームは治療をする所ではなく 暮らす所なので 生活には めりはりと リズムがあり 季節に応じた献立は出るし,毎日三時になるとおやつが出る。

そのおやつの時間になると入所者の人は各々が

”今日は(飲み物を)何にしようかいナ〜”

と 考えていてそれなりに楽しそうだ。

コーヒーが好きな人でも毎日では飽きるし,紅茶が好きな人でも同じだ・・・なので  今日の飲み物を考えるのは 楽しみだ。

蛇足ながら 紅茶の種類の所に
・ストレート
・ミルクティー
・レモネード
・・と・書いているのは 多分 レモンティー の事だろうなァ と 思っている。

                 cafe         ブログランキング 認知症

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルバスバウ(球状船首)

バルバスバウ(球状船首)

バルバスバウの目的は 造波抵抗を減らす(波を立てない)事だ。

バルバスバウを取り付けるのに 向いた船がある。
喫水の変化が少ない船・・・代表的には 軍艦と客船(他にもあるが)で 双方共に船の大きさに比べて積載重量の増減が少ない。

喫水の変化が大きい船・・・代表的には貨物船・・ は船の大きさに比べて積載重量の変化が大きく バルバスバウは(水から)出たり入ったりする・・のでバルバスバウの取り付けには向かない。

造波抵抗を減らす目的は 速力の上昇と経済性で(同じか?)  軍艦と客船は速力の上昇を求め, 貨物船は経済性を求める が 航海の半分近くは写真のように バルバスバウは海面上に出てしまって その効果はない。

いつも満載の喫水で航海すると 船会社の燃料経費の割合は 随分減るが 物流業界の競争は厳しく  トラックでも飛行機でも貨物船でも ”往復で満載”  と言う事には行かぬらしい。

ヨットと違い, 多量の燃料を必要とする動力船にとって  燃料節約は大きな問題で, 造船所 エンジンメーカー プロペラメーカー etc にとっては大きな市場になっている。

設計通りの効果を出すためには 規定量の荷物を積まなければならない。

いつも満載状態で航海するようになると 経費の減少 と売り上げの増加で,船員の給料は もう少し揚がるだろうし,貴重な油は有効に使えるようになるだろう。

          moneybag        ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救命艇のテスト・か?

救命艇のテスト・か?

沖を帆走(はし)っていたら救命艇のテスト?をしていた。

LOAが(多分)十メートルくらいか?
喫水の深さは分からないが WLからドッグハウスの天井迄 二メートル以上あるように見える。
ラウンドボトムの底にはウェイトが入っているのだろうが 初期復元力は少なそうだ・・が・・代わりに転覆時の安定性は悪そうだ。

簡単に波に翻弄されるが 万一転覆しても すぐに起き上がると言う事だ。

荒れた海でも安全?なボートは 乗り込む人間にとっても安全なボートだとは限らない。

”乗り心地の悪さ” は想像を絶し 乗員は両手で何かを掴み 四点式シートベルトで体を固定し ヘルメットは顎紐(あごひも)を締めて 船酔いと不安に耐えながら 一生懸命に祈(いの)り 耐える。

三日ほど揺られ続けても 救命艇はチャンと浮いているだろうが 閉じ込められた人間が無事(ぶじ)でいる保証はない。

テスト以外では、乗らないで済めば それに越した事はない。

        cd    ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散らぬ桜

散らぬ桜

特別養護老人ホームのロビーに飾ってある 花見用の桜は もうすぐ 一ヶ月を迎えるが散りもしないので 毎日が花見だ。

寒くもなく 暑くもなく 風も吹かず 雨も降らないので, スーパー車椅子に乗る痴呆老人には格好の花見会場だ。

いくら何でも この花を本物だとは思っていないが その大きさと数は小柄な老人を圧倒するのに充分で ・・・

♪♪ さくら〜さくら〜弥生の空は〜 ♪♪
と 尋常学校で教わった 唱歌も出て来る。

気分によって 食堂で一人 大声で しゃべり始める母親を連れ出すには 良い場所で ここなら大声を出しても誰の迷惑にもならない。

桜が終わると次は菖蒲(あやめ)の(花札では)季節になるので、この壁に菖蒲の花を咲かせてもらえれば また花見ができる。

桜よりはチョイト面倒かも知れないが・・・
                          http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_e027.html

       cherryblossom   ブログランキング 認知症

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・・・左舷付けの皆さんへ

続・・・左舷付けの皆さんへ

前回 少し触(ふ)れた舫(もやい)の先に付けた エスフックの使い道について・・・

エンジン特性を利用してポンツーンに着ける方法は 以前書いたが,東風(こち) が弱い時はもう少し簡単にポンツーンに着けている。

それが このエスフックの使い道だ。

ノウハウと言えるほど 大層なものではない(スイマセン)。
スターン側の舫に付けたエスフックを,とりあえずライフラインに 掛けるだけだ。

とりあえず掛けるだけで  クリートやウインチまで引いてはいけない ・・・ スターンを引き寄せるとバウが離れるからだ。

ボートフックで拾った舫の先端のエスフックを ライフラインに掛けると ヨットのスターンはポンツーンから離れる事はない・・ ので 慌てずにバウの舫を取れる。

バウ側の舫も スターン側の舫も 二点から取ってあるので バウ側をクリートに掛けると ヨットは 前後左右には動かない。
そしてゆっくりと スターン側の舫をクリートに掛ける。

簡単なので 慣れぬゲストにお願いするよりは、 自分でやった方が早い。

便利な方法だが 近所に真似をするヨットがいないのは どこかに欠陥があるのか?

  http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_b73c.html

  yacht                              ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

・・日曜日だが・・・

・・日曜日だが・・・

日曜日の夕方 四時半の特別養護老人ホームの駐車場。

来客用駐車場の右端にあるのは私の車で,他の車は見えない。
来客用の駐車場に車がないと言う事は ・・来客が(ほとんど)いない ・・ と言う事で ・・・

家族や知り合いが 面会に来ないご老人は 長くて退屈な一日を 過ごされたのだろう。

・・ イヤイヤ ・・この広くない駐車場も昼間は いっぱいで 居室やロビーは面会者で溢(あふ)れていたが・・・やっと来客が帰って スタッフと入所者は ・・ ホッと一息・・ でなければ,相当額の税金を使って運営される介護施設は 姥捨て山(うばすてやま)になる。

姥(うば)捨て山になるかどうか・・ こればかりは行政府の責任にする訳には行かない。

             wheelchair     ブログランキング 認知症

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続 ・・特装車椅子

続 特装車椅子

いくら何でも 傾き過ぎだろう。
・ ・ ↓ ↓ ・ ・
http://kawanishi.cocolog-nifty.com/photos/kaigo/080322_1846.html
               
と言う訳で 傾く方へ 板を入れて見た。

本人は愉快ではないだろうが むずがらぬ限り 食事はスムースに行く。

左側の視界を妨げるのでなるべく 顔と体を右に向ける・・・。

オ〜ッ! 静かにしているではないか。

金も知恵も使わずに,出たとこ勝負で 特別装備をしている が 車椅子は段々見てくれが悪くなる。

幸いに見てくれが悪くても 誰も困りはせず,本人が合点さえすれば改造は成功となる。

この次はどんな改造をするようになるのか・・せねばならぬのか・・もうしなくてもよいのか・・

年々 (頭も体も)衰えていく母親を見続ける事は 自身と考え併せると,時の流れで仕方がないが 楽しい事ではない。
                  shock  ブログランキング 認知症
            http://kawanishi.cocolog-nifty.com/photos/kaigo/071123_1833.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白石島 海水浴場

白石島 海水浴場

笠岡市 白石島の海水浴場は 北西から近付くと正面に見える(中央の白い浜)。

浜のすぐ沖には 白石灯台が建ち 中小船舶が西へ東へと行き交う景色は,いかにも瀬戸内海らしい。                                                

シーズンになってもネットを張らないので ヨットで近付くには都合が良く,ボート・ヨットでの訪問客が多いし 浜でもそれを嫌ったりはしない。

少し揚がった所に 国際交流ブィラ なる施設があり外国人客が多く訪れ,浜に降りて 食堂に入り 焼鳥を片手に冷や酒を啜(すす)る外国人もいる。

ヨットで行くのは楽しい浜だが,七,八十メートル沖に流砂を留める石組みがあり、干潮でも見えないので よ〜く ワッチをしながら 近付き,アンカーは前後に入れて頂きたい。

ヨットで行くのなら 西岸に 人の少ない綺麗な砂浜がある。
                                                                            wave    ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒーブツー(とどまる事)

ヒーブツー(とどまる事)

メインセールはポート側(風下)に,ジブセールはスターボード側(風上)にリードしてシバーせぬようにタイトにトリムしている。

メインセールのラフテンションが緩(ゆる)いのは 要らぬ世話なので放っておいて欲しい。                            

ベテランのレーサーと話しをしていたら
「ワシはヒーブツーを知らない」
と言うので実習に出た。

風速8ノット、風向二時,舵はラフィングアップに,船速は0,5ノットで風下へ,
8ノットの風でセールを揚げたまま0,5ノット と言うのは停(とど)まっているに等しい。

念のためにセールを降ろして漂流したら、方向を定めずに1,5ノットで移動した。

上マークでフィニッシュし コースを離れてヒーブツーにする。
昼食を食べて コーヒーを飲み終えるまで一時間ほど ・・・ のんびりしても まだ上マークから九百メートルしか 風下へ流されていない。

一マイル風下のスタートラインまでは余裕があるので 充分に作戦会議ができる。
近頃のレーサーは セールを大事にするあまり,フィニッシュしたらすぐにセールを降ろして機走を始めるので 何処に行くのか見当が付かない。

あまり移動したくない時にはアンカーを入れるか ヒーブツーしか方法はない。

其々(それぞれ)の艇体によって メインセールとジブセールの割合や 舵の切り角は違うので,自艇に合う方法は ご自分で研究して頂きたいが 知っておいて損はない。

速く帆走るのはスキル(技能)だが 停めるのはもっと重要なスキルだ。

再びセーリングを始めるには 風下にジブシートを引き込み,舵をミジップにすれば良い。
yacht             ブログランキング ヨット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笠岡市 真鍋(まなべ)島

笠岡市 真鍋(まなべ)島

全国に広がる真鍋さん達の出身地(らしい)

瀬戸内海に浮かぶ花の島

映画「瀬戸内野球少年団」 の撮影地

色々な形容詞を付けて呼ばれる 真鍋島に行った。

                                                                  ブログランキング ヨット

天神岬にある 天神さんの近くの天神公園の桜が見ごろだ・・・と聞きつけたので 倉敷の友人と港で待ち合わせた。

午前十時頃までは南西に進む友人のヨットにも、南東に進む私のヨットにも、公平に北風が吹き  申し合わせたように十一時には港の前で互いに確認した。

この友人とは年齢も環境も違うが  ヨットでの付き合いは二十年を越え,こまかい打ち合わせをしなくても 先に到着した方が係留場所を確保し,食料も過不足なく持ち寄れる。

ここ真鍋島の年中行事で 面白いのは ”走り神輿(みこし)” だ。
狭い街の路を青年と元青年が担ぐ神輿が勢い良く走り回る。

勇壮で活気があるお祭りで 長い歴史があるそうだ。

以前は旧盆の行事だったような記憶があるが、最近はゴールデンウイークに行われるので 興味がある人は見学に行くのも楽しい。

天神公園からの見晴らしも良く,多くの島々と岡山県の山々が見える。

東西に長い島で,南側の斜面には除虫菊を栽培する段々畑が並んでいた(三十年前まで)。
この風景が ”花の島” の所以(ゆえん)だが,現在は産業としての除虫菊の栽培はしていない。
それに替わって色とりどりの花が 植えてある。    yacht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マァマァ とっときィ

マァマァとっとき

夕食を終えてからも 特別養護老人ホームのスタッフは忙しく, 一人一人の入所者の話しにつきあう時間はない。

I さんは昨年の夏に入所された。
介助なしで生活できる希少な老婦人で 大正十一年生まれの八十六才だとご本人から聞いた。

痴呆もないように見えるが口癖がある。
・・「部屋の暖房が強くて暑い」・・
                                                  ブログランキング 認知症

一日に何度もスタッフを呼んで 暖房を弱めるように頼む・・がエアコンは停まっている。
スタッフが見当たらない時は,部屋から半身を出して私を手招きして エアコンを弱めるように言う。

「ハイョ 弱くしとくヨ」・・・と リモコンのスイッチを触る。

ご本人はそれで納得されて
「ア〜 よかったよかった」・・・と 喜んでくれる。

I さんは 私がスタッフではない事は分かっているので, 物事を頼むのには若干の遠慮がある。 何か礼をせねば・・と 思われたのだろう。

昨夜も 同じ事を頼まれて 同じ処置(?)をした所、 部屋から出る時に
「マァマァ おじさん これをとっときィ 」
と キヤンディーを頂いた。

喜んでもらって キヤンディーまでもらえるとは・・・リモコンを触るフリをする労働は 割りがイイ。                    cake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

座礁防止装置(GPS)

座礁防止装置(GPS)

ヨット用のGPSはこれを使っている。

先代のプロッターはカーナビで 停泊中はテレビが見られて便利が良かったが 壊れたので、写真のハンディGPSに替えた。

瀬戸内海では自分が何処にいるかが 分からぬ事はあまりないが,暗岩 洗岩 浅瀬 は覚え切れぬほどある。
                                                          ブログランキング ヨット

ベテランの地元のヨット乗りでも 座礁 座洲 の経験は(ほぼ)全員がある。

記憶力が減衰したスキッパーが座礁 座洲をしないためには この道具は役に立つ。
進路に 暗岩 洗岩 浅瀬 を表示し,レンジマーカーで距離も分かる。

画面サイズが2,8インチとコンパクトで距離レンジを広げると 標示 標識だらけで画面が見にくくなる。

使い始めて二年になり 暇にまかせてマニュアルを読むが 色々と機能があるので 熱が出そうになる。

瀬戸内海全部を入れたPECを使う友人も,その操作方法にまだてこずっていて、時々フリーズさせている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型 バルバスバゥ?

新型 バルバスバゥ?

新しい大型船には写真のような形状の船首部を見かけることが多くなった。

建造が新しいと言う事は設計が新しい と言う事で・・・多分 このデザインが造波抵抗が少ないのだろう。

私が持つ球状船首(バルバスバゥ)のイメージは戦艦大和(模型だが)だが それに比べると この船の船首部はどうも迫力に欠ける。
                                                              ブログランキング ヨット

航行している姿を見たいが 近づくとホーンを鳴らされそうなので近づけず,どれくらいの波を立てて航行しているのか分からない。

波静かな瀬戸内海では 風が起こす波よりは船が起こす波が多く、造波が少ない船が増える事は 日頃、波に翻弄(ほんろう)されている小型ヨット乗りとしては大歓迎だ。

私が普段 帆走る海域で大きな波を立てる船は,大型のタグボートと小型の巡視艇だが 双方共に もう少し減速してくれるだけで 起こす波の大きさはグーッと小さくなる。

・・・”立てる波が大きい” と言う事は(ヨット以外は)燃料を無駄にしている ・・・
と言う事だ。

速く走る船達ヨ!!

遅いヨットを見習えば 燃料代がずいぶん助かるゾ!!。      typhoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発動機(古いエンジン?)

発動機(古いエンジン?)

縦型単気筒 ツーサイクルディーゼルエンジン。

発動機の愛好者は どこからかこんな変わったモノを捜し出して来る。
友人の愛好者Fさんがどこからか持って来た時は赤錆だらけで
                               ブログランキング ヨット

「これは動かんデェ」
「ピストンが動けば ナンとかなるジャロー」・・と

温めたオイルをシリンダーに注入して 待つ事二日でフライホイールが少しづつ回り始めたので,周囲から分解を始めた。

ヨットのエンジンは実用品だから,動くようにするまでに金と時間をかけるが,Fさんのこのエンジンは動かなくても困る事はない。

・・が・・朝から夕方まで熱心にバラし 掃除し 調整し 組み付けし 塗装し 足りぬパーツを自身で作り ・・
結局二週間ほどで完動品にしてしまった。

動いたからと言って 畑を耕しも 水を汲んだりもしない。  wrench

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »