« 続 続 ワッチ(見張る事) | トップページ | マストファーリング »

ワッチ(しっかり!と見張る事)

漁船にも軍艦にもあまり嫌われたくないので、これが最後だ。

車では 100対0 の事故がある。

それでも被害が大きい方が過失割合が少ない ワケではないのは 車に乗っている人は皆知っているし,”弱い方が(法規的に)強い” のではない事は 自転車に乗る人間と歩行者は知っている。
                                                           ブログランキング ヨット

たまたま弱くて被害が大きい方が(幸運にも?)保持船だったが 最終的に”船の安全”は船長の責任だ。
航海中はワッチ(しっかり見張る!)をせねば。

一方軍艦は?
野島崎南 四十キロと言えば東京湾入港の航路に近く、普通(軍艦と漁船以外)の船は自働操縦にはしない。
四時からの航海士官は 一等航海士で四〜八のワッチ中に横須賀に入港する予定だったので(多分)航海計画を変えたくなかったのだろう。

商船は(顧客から料金を頂くので)時間は守らねばならないが,軍艦は遅延しても、岸壁で待つ上官がイライラするだけで 怒る顧客はいない。

岸壁で待つ上官をイライラさせたくないだけの理由で、当直交代の連絡事項を四〜八直の一等航海士は聞き逃した。

走る凶器だ。

”誰を守らなければならぬか”

オーイ 誰か彼らに教えてやってくれ〜!

|

« 続 続 ワッチ(見張る事) | トップページ | マストファーリング »

ヨット④」カテゴリの記事

無題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/40264690

この記事へのトラックバック一覧です: ワッチ(しっかり!と見張る事):

« 続 続 ワッチ(見張る事) | トップページ | マストファーリング »