« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

バルバスバゥ(球状船首)

バルバスバゥ(球状船首)

春夏秋冬 落ちぬ食欲を押さえるのは難しく,せめてもの思いで十kn 十mile のサイクリングを出来るだけするようにしている。

街中を走る時もあれば、河川敷を走る時もあり, 港の岸壁を走る時もある。
                     
                                                                      ブログランキング ヨット・ボート

今日 走ったのは港の岸壁で,普段は小型船が停泊する所に 珍しく大きな船が係留していた。

さすがにこのクラスの船のバルバスバゥは立派で,近付くと見上げるような大きさだ。

それにしてもこの頭(?)の姿は・・・,喫水線から上が無くて色が白ければ・・・
エイハブ船長の片足を食いちぎったモビーディックを思わせる。
眼の所にはサイドスラスターのでかい穴が開いて周りを睨む。
口は見えない。

船が大きくなるに従ってバルバスバゥの出っ張りは短くなり,小型船のそれよりはデザインが均一になり,迫力はあるが面白味に欠ける。

YouTubeに ”綱取り船の上にデカイ錨が落ちる”
と言う動画があったのを思いながら 見上げていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウー サブ!!

ウー サブ!!

二十八日の夜から二十九日朝にかけて雪が降った。

瀬戸内海でも雪が降るのは珍しい事ではないが,これだけ積もる事は滅多にないので、記念にウインチの上に雪だるまを作ってみた。
雪だるまは海を向いているので、目鼻はこちらからは見えない。

雪の重みでドジャーが垂れていたので雪かきもしなければ・・・。

たった五センチの積雪でも 慣れぬ私達は戸惑う。

慣れてはいても、雪国のヨット乗りは大変だろう。

                                                        ブログランキング ヨット・ボート

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まな板の上の鯖(サバ)

まな板の上の鯖(サバ)

釣りの下手なヨット乗りでも、海域と運(うん)さえ良ければ鯖の一匹くらいは釣れる。
この季節の鯖は脂が乗って特に美味い。

今日の成果は一匹だったので 少し手間をかけるために”締め鯖”にした。

誤解があってはいけないので付け加えるが、一匹しか釣れなかったのではなく 新鮮なまま持って帰ろうと思い 一匹釣れた時にトローリングセットを揚げたのだ。
大漁である必要はない!。

1 頭を落とし 三枚に降ろし 身をサッと洗う 。
2 身の両面に塩を振る(多めに)。
3 三〜四時間待ったらまな板の上に出し塩を酢水で洗い落とす。
4 手で薄皮を剥く(簡単に剥ける)。
5 骨抜きで中骨とあばら骨を抜く(一本たりとも残してはいけない)。
6 お好みの合わせ酢に漬ける。
7 酢に漬ける時間は各人の好みがあるので,試食をしながら決めて頂きたい。

カミさんは酒を飲まないが,台所の片すみに古酒(十年以上経った泡盛)を隠し持っていて,私が料理を作ると 出来具合に応じて湯割を出して来る(出ない時もある)。

今回は海の上が寒かったので 二杯請求して見よう。

ダメならいつもの日本酒かビールだ。

                        ブログランキング ヨット・ボート

不粋な話だが、鯖にはまれに”アニサキス”と言う寄生虫がついていて 以前 友人家族がその”アニサキス”被害にあった事がある。

胃が痛くなるらしい。

続きを読む "まな板の上の鯖(サバ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まっすぐに走れョ!!

まっすぐに走れョ!!

↑↑ この船だ!!

いつも遊んでいる海域の近くに中型のコンテナバースがある。

百メートルくらいの船だから ほぼ決まった航路を通って離岸,着岸をしている。
筈だった・・・・。

離岸したコンテナ船は 抜ける海峡に向けて真っすぐに走る筈だが この船はどうも私のヨットの前に前に向かって来る・・・。

私のヨットはお世辞にも速いとは言えないが,かと言ってわざわざ方向を変えてまで遅いヨットの前を通らなくてもいいんじゃナイカイ?

ポートタックのクロスだったので 十時から近付くコンテナ船を避けるにはタックするしかない。
泣く泣くタックした途端に敵は針路を大きく右に変えた。

キャプテン! しっかりして下さいョ。

                           ブログランキング ヨット・ボート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食介(食事介助) ③

母親が現在の特別養護老人ホームに移る前にお世話になっていたのは,主にご老人を預かる病院だった。

食事は各階にある食堂でする事になっていた。

あまり広くない(狭い!)食堂の壁添いに コの字に並んだ会議用のテーブルが置いてあり,食介(食事介助)が必要な人が並ぶ。

コの字に並んだ会議用テーブルの周りには十二、三人のご老人が座り,中に二人の介護スタッフが待ち構える。
一人で六,七人の食介は 双方共に大変で忙しく、「ハイッ!」 と声をかけられたら すぐに口を開かないと 食べ物が口に入らない。

                                                          ブログランキング 認知症

続きを読む "食介(食事介助) ③"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリッカ 冬眠中

フリッカ 冬眠中

覆(おう)われたブルーシートを取ると,名艇フリッカが現れる。

秋に上架して 長年塗り重ねた船底塗料を全部!剥ぎ取り,ハルを磨き,友人(私)の手を借りてマストトップに登ってウインデックスを修理し、年末には下架する予定だったが・・・寒くなった・・・雪まで降った。

ブログランキング ヨット・ボート

                                                      

続きを読む "フリッカ 冬眠中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

o(^-^)o ヤズ? ハマチ?

o(^-^)o ヤズ? ハマチ?

カミさんのお父さんは魚釣りが だ〜い好きで,ほぼ毎週末は釣りに出かける。

私の釣りと違い,近場では楽しくないのか 車を飛ばして日本海まで行き そこから魚船で沖に出る。

その努力と出費の甲斐がない時も たまにはあるが,今回はその甲斐があったようで   今朝ハマチが届いた。                        
                                    ブログランキング ヨット・ボート

                                               

続きを読む "o(^-^)o ヤズ? ハマチ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食介(食事介助) ②

母親は脳梗塞で入院した救急病院を三ヶ月で退院した後に,数ヶ所の病院と介護施設にお世話になった。三軒目くらいに ”介護老人保健施設” と言う所にお世話になった。

三階建ての建て物で居住区は二階と三階に別れ、それぞれの定員が七十名と大きな施設で,寝た切りの人以外は一階の大食堂で食事をする決まりだった。

食堂への移動にはエレベーターを使う。

ところがエレベーターは一基しかなく,車椅子だと四台で一杯になり一度に四人しか移動できない。
定員百四十人の内,寝た切りでない人は多分百人近く,一回に四人が移動して二十五往復。
最初の人が食堂に入り,最後の人が食堂に到着するまでに約一時間!
最初に食事を終えた人が食堂を出て,最後の人が食堂を後にするまでに約一時間!!

                                                                   ブログランキング 認知症

続きを読む "食介(食事介助) ②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方のマリンショップ?

地方のマリンショップ?

地方にはマリンショップなどと言う洒落(しゃれ)た店はないので、ヨット用品を探す時は マズ近くのホームセンターに行く。

私のヨットのセールドライブはオイルシールが チョィト甘く,年間に一リットルほどのギアオイルがエンジンベッドにこぼれる。

続きを読む "地方のマリンショップ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食介(食事介助)①

特別養護老人ホーム(特養)に入所しているご老人にとっての食事は闘いだ。

「食べなければ死んでしまうぞ!」
との 闘いであって,”楽しい食事”とは思いにくい。

闘うのは本人で 闘う相手も本人だ,両者共に力が拮抗していて味方がついていないと 勝率は五割以下になり,栄養不足で衰弱して行く。

味方になるのは介護スタッフか家族で,援護射撃として調理スタッフが作る ”ほど良い味の,食べ易い” 料理だ。

人間の三大欲望の一つであった筈の食欲は 認知症の深まりと共に無くなるご老人もいて、こう言う人はいくら強力な味方が居ても、いくら 強力な援護射撃があっても,最後には相手(自分)に負ける。

食欲が無くなり始めたご老人は体力(生きる力)が衰え,数回の入院を経て,やがて施設から居なくなる。

病院や介護施設での食事には色々な思いがあるので、後日②を書いてみたいと思う。

                                             

                                                                 ブログランキング 認知症

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(>_<) 俺達も寒いカモ!!

(>_<)俺達も寒いカモ!!

温暖な瀬戸内海にも北西の冷たい季節風が吹く。

近くのヨット乗り達は ご〜く一部を除いて自分達のヨットに近寄らなくなった。 あまり寒いからだろう。

続きを読む "(>_<) 俺達も寒いカモ!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金毘羅詣で Ⅱ

金毘羅詣で Ⅱ     巨大な本船用プロペラ

”金毘羅ふねふね 追い手に 帆かけて しゅらしゅっしゅしゅう”

金毘羅さんは昔から海上安全の守り神として全国に知られる。

以前は正月の三が日は各地から来た漁船やボート ヨットで 地元の港である多度津港は賑わっていた。

 

続きを読む "金毘羅詣で Ⅱ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分かっては イルが (;_;)

脳梗塞の発病以来 五年。

母親にスムースに食事をしてもらうのが難しくなるのは分かっていた。
つもりになっていた。

病院と介護施設を転々とした三年間は絶えず発熱と点滴,吸引の連続で 病院や施設から電話がかかる度にヒヤヒヤしていた。

現在の特別養護老人ホームに移ってからの ここ二年は もちろん良くはないが,以前よりは悪くない。

                                                                      ブログランキング 認知症

続きを読む "分かっては イルが (;_;)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マストの音色?

マストの音色?

メインセールをマストに巻き込むファーリングシステムになっている。

セールの巻き込み口が,四センチ幅で十メートルの長さで開いていて 風が吹くと音楽?を奏で始める。

続きを読む "マストの音色?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初乗り 二日目?

初乗り 二日目?

昨日 四メートル/秒の西風に恵まれて08年の初乗りを無事に終えた。

今朝になって倉敷の友人から電話があり
「今日はクルーが集まったので初乗りジャー」
「それはよかった どちらへお出かけかナ?」
「今から(0830)西に向かって行くから 出て来んか?」

続きを読む "初乗り 二日目?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

特別養護老人ホームの生活

特別養護老人ホーム(特養)に若干の介護が必要なご家族を預けているご家族には
あまり愉快な話ではないかも知れないが・・・・・

Hさん、男性 75歳 中度の糖尿病 脳梗塞による下肢のマヒ及び上肢の一部マヒ 軽度の認知症。 

Hさんは 二年前にこの特養に入所して来た。
食事は自力でできる、と言う事だった(らしい)。
                                  ブログランキング 認知症

続きを読む "特別養護老人ホームの生活"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

恒例の金毘羅詣で(^_^)

恒例の金毘羅詣で(^_^)

去年も大きな事故なくヨットで遊べた事のお礼と,今年も大事なくヨットで遊べるように金毘羅さんに参って来た。

                                                               

続きを読む "恒例の金毘羅詣で(^_^)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »