« シングルハンド | トップページ | 誰のため? »

マリンショップ

マリンショップ
地方のヨット乗りにとっては ホームセンターもマリンショップを兼ねる。

ホームセンター側は充分な市場調査に基づいて 商品を揃えるのだろう。      以前は 八つ打ちのクレモナはなかったし, ボリエステルの網打ちもなかった,  今はローブの種類も増えたし, ステンレスのムアリングクリートも  シャックルも  チェーンまである。 運が良ければ 十キロのダンフォースが 千円で買える時だってある。

  マリンショップのない地方では マリンショップの必要性は 年々なくなり, その代わりに 鉄工所や 建材店,ユニクロとホームセンターがマリンショップに なりつつある。

ステンレスの加工部品が必要な時は、鉄工所の社長と話をすれば ほぼ思い通りのものが出来あがり、 ライフラインを新調する時は 近くの○○ロープの職人に頼めば すぐにスェージングをしてくれる。   レースをするヨットが揃いのユニホームを作る時には、ユニクロに行く。

 地方のヨット乗りは このような工夫をしながら 自分達のヨットの維持管理をしているので 特に 値段にはキビシー目を持っている。

|

« シングルハンド | トップページ | 誰のため? »

マリンショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/14604612

この記事へのトラックバック一覧です: マリンショップ:

« シングルハンド | トップページ | 誰のため? »