« 小鳥が死んだ | トップページ | 風除けの日除け »

若手は若手?

全国的にそうなのかも知れないが,この地域では合板の FJやY15,K16CやY19 などを自作で作り始めたのが ヨットの草創期で,その時代を支えたのは 1940年から1945年生まれの 人達だった。

その頃から およそ三十年余,先輩達は六十代の半ばにさしかかり ヨットから離れた人もいるし ヨットを続けている人もいる。    私がヨットを始めたのは 三十年前で 草創期を支えた先輩達はまだ若く元気があり 同じ頃にヨットを始めた私や友人はまさに若手だった。  クルージングの段取りをし レースの運営に当たり 忘年会の場をあたり  花見用に錨を打った 嫌ではなかったしそれはそれで楽しかった(ナニシロ若手なので)。

 同じ時代にヨットを始めた 私や友人はほぼ同年代で、五十プラス、マイナス五、 そろそろ老後の事を考える年代なので 若手とは思えぬし ゲストから ”オジサン” 呼ばわりされるくらいなので 見た目も若手ではなかろう。

 先日、とあるヨットの会合があり出席した。 どうやって普及をさせて若者を引き込むか の 話だったのだが、その場には先輩達も出席していておっしゃった ”これからは 君達 若者に頑張ってもらわねば”    思わず友人と顔を見合わせた ”オレ達のことか?”        どうも私達の事らしい。  今まで三十年を若手で過ごし、このままでいくと たとえ歯が抜けても、腰が曲がっても あと十年は 私達は若者?でいられる。

 私の故郷は 高齢化が問題になる山間部で 今も親戚が住んでいる。 青年団の定年はナント六十! 六十五から老人会に入るそうで 老人会では七十は若手。  サバイバルの戦いは、今の所、百二歳まで続くそうだ。

|

« 小鳥が死んだ | トップページ | 風除けの日除け »

ヨット①」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/13745757

この記事へのトラックバック一覧です: 若手は若手?:

« 小鳥が死んだ | トップページ | 風除けの日除け »