« 介護ⅩⅤ 今度はBさんだ | トップページ | 介護 ⅩⅥ 振り回される »

ヨットのエンジン

ヨットのエンジン
ディンギーと言われる小型ヨットには積んでいないが ,少し大型のクルーザーと言われるヨットには 通常エンジンが積まれている。 

 出入港の時は、ヨットでもエンジンを使わねば、ならない。  風の向きと強さによってはそのままポンツーンから セーリングで出たり、セーリングでポンツーンに着けたりできるが そんな事は 年に数回もない。

 私の乗る30フィートのヨットに積んでいる三気筒の ディーゼルエンジンは 静かではなく、振動もするが、それがあるからこそ沖に出て セールを揚げてエンジンを止めるのが楽しみになる。  音も振動もなかったら 島に着くまでエンジンで走るかも知れない。

 エンジンを止めたヨットは 実に静かになり 遠くの船が起こした波を掻き分ける ザーッと言う音だけしか聞こえない。                                          風の力で少し傾いた船体(ハル)は、前後左右に軽く揺れながら 海面をかき分け、後に航跡を残しながら 舵を当てた方向へ進む(遅いが)。 海面を泳ぐカモメも、音もなしに近づくヨットには警戒心が薄く 頭を打ちそうになって慌てて逃げていく。           近くを帆走るヨットに手をあげて挨拶をし、また其々の方向に分かれて行く。

 ヨット乗りはこの開放感が好きなので、そのために なけなしの小遣いを遣い、ペンキだらけになってペンキを塗り、油だらけになってエンジンの整備をし、震える足を押さえながらマストに登る。

 逆説的だが、音と振動のするエンジンがなければ 音と振動のない所には行けない。 水を美味しく飲むためには、水を飲まない事。   物を美味しく食べるのには、物を食べない事。  と似ている。

 今日は半日セーリングを楽しみ、帰ってコクピットにペンキを塗り、エンジンの燃料フィルターを交換した。 ヨットで開放感を味わうためには 手を汚して 体を使わねばならない。

       http://kawanishi.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_869c.html

|

« 介護ⅩⅤ 今度はBさんだ | トップページ | 介護 ⅩⅥ 振り回される »

ヨット①」カテゴリの記事

コメント

大型タンカーやオフショア・オイルリグに関係してましたのでヨットやモーターボートの船体部の装備品を見ると可愛くて、可愛くてコレクションしたくなります。 クリートにしてもキャプスタンにしても実にキレイで可愛い。新品時から光沢がありますものね。
でも…コレクションに買うには結構なお値段で クウゥ

介護のお疲れ出ませんように。ヨットで気分転換と英気を養ってください。

投稿: 船だいすき | 2013年6月 2日 (日) 12時12分

船だいすきさん

初めまして!

商業船舶の規模に比べるとプレジャーボートヨットは可愛いモノです(笑)

時々救命艇の海上テストを見ますがワタシのヨットよりも大きい! おまけに速い!
       gawk

投稿: まさゆき | 2013年6月 2日 (日) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/14128503

この記事へのトラックバック一覧です: ヨットのエンジン:

« 介護ⅩⅤ 今度はBさんだ | トップページ | 介護 ⅩⅥ 振り回される »