« ヨットでの 釣り | トップページ | 工夫? »

ヨットの釣果 Ⅰ

漁師ほどには釣れぬが 釣れる時には 釣りが下手なヨット乗りの仕掛けにも 太刀魚の数匹が掛かる事がある。

  三十センチ以下なら お姉さんを連れて来るように言い聞かせてリリースするが  それ以上だと 立派にお兄さん,お姉さんなので  スグに頭の後ろにナイフを入れて 楽にした後に  ビールを入れてある クーラーボックスに 入れる。   このサイズなら塩焼きか ムニエルに調度イイ。

  時には八十センチかそれ以上の太刀魚が掛かる事もある,    これは上半身が刺身になる  下半身はやはり塩焼きかムニエルだ。  太刀魚の刺身を作るには 切れる出刃包丁と両刄の包丁が要る。

 マズハ 頭を落とそう,これは出刃でストンと行こう  太刀魚は三枚には降ろせないので 五枚に降ろす。  背鰭側から慎重に出刃を入れて行く  何度か出刃を通して 骨から身を離して 中の太い骨の近くまで来たら 真ん中に出刃を入れて 骨に添って滑らせる。 出刃が骨まで届いたら その刄先を 背鰭側に向けて  また慎重に 滑らせる。      二、三回通すと 多分身が 離れる  これが上下左右で 五枚降ろしになる。 フィレ肉にした身は水で洗わず キッチンベーパーで拭く。

 サァ皮を剥こう。  先日 行った居酒屋で太刀魚の刺身を頼んだら、皮がついていた。これは刺身ではなく 切り身だ。  家族や友人にこんなものを食べさす訳には行かない。皮を剥くのには 両刃の包丁が良い 万能包丁で結構。                              皮を下に置き、 左手の親指と人差し指で 皮の端を押さえる、身と皮とのあいだに刃先をあてる、まな板に対して二十度くらいか、 その刃先を ユックリと前後させる、左手を固定しつつ 刃先は押さえずに ユックリと前後させながら 先へ進む、進む。

 ヨシッ! 皮が剥けて刺身になった。  料理人の感性で 切り分ける。 

 この一連の作業で 一番のポイントは 包丁が切れるかどうかだが 刃物が研げぬヨット乗りは 幸いにいない(多分)。    ヨク切れるからと言っても カッターナイフは 片刃なので 皮を剥くのには 向かない。      

|

« ヨットでの 釣り | トップページ | 工夫? »

料理」カテゴリの記事

近くの生き物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/13874101

この記事へのトラックバック一覧です: ヨットの釣果 Ⅰ:

« ヨットでの 釣り | トップページ | 工夫? »