« 介護 ⅩⅡ 帰りたい? | トップページ | 干潮 満潮 »

一海里

一海里
船に乗っている人間は距離を表す単位で メートル キロメートルは 使わずに普通は 海里又は マイル(シーマイル)を使う。 海里と言うのは SeaMile の和訳 で普通は 略してマイルと 言う。

  一マイルの長さはメートルにすると 1852メートル。  地球はほぼ球型で 赤道に ナイフを入れて 二つに切り分けると  切断面は  ほぼ円型になり 中心から見た角度は 360度。   360分のⅠ の Ⅰ度の60分のⅠ(六十分の一度とは言わずに 一分と言う) この距離が一マイル つまり 1852メートルになる。 60進法 12進法の時計(クロノメーター)を用いて航海をし, 球体(360度)の表面の距離を測るのには都合が 良い。 一時間に 一マイル進む速度を 一ノット(Knot) と決めている。

 ちなみに 太陽の回る速度(実は地球の自転速度ダガ)は 一時間に子午線上で 十五度、 つまり、九百ノット 時速千六百六十キロ  スゴイ!

 地球の自転による遠心力は、高緯度の地域よりは 赤道近辺が 強く、 ロケットの打ち上げは なるべく赤道に近づいて行う。   体重も赤道の付近で 計ったほうが 少しは軽い ハズダ。

|

« 介護 ⅩⅡ 帰りたい? | トップページ | 干潮 満潮 »

ヨット①」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180527/13955433

この記事へのトラックバック一覧です: 一海里:

« 介護 ⅩⅡ 帰りたい? | トップページ | 干潮 満潮 »